すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

花 見

目黒川花見クルーズ
この桟橋から出発です
目黒川1

目黒川2

目黒川5

海上レストラン
目黒川26
目黒川27

海の白バイです
目黒川6

目黒川7

目黒川8

目黒川9

目黒川10

目黒川11

花いかだ
目黒川12

目黒川には50近い橋が架かっています
この橋は江戸時代、将軍が渡ったという「御成橋」
目黒川13

目黒川14

目黒川15

目黒川16

目黒川17

橋の上から沢山の人が桜を楽しんでいた。
目黒川18

目黒川19

目黒川20

目黒川21

この辺りは冬、桜と菜の花のイメージのイルミネーションが飾られる
目黒川22

ここにも海の白バイが・・
目黒川23

マウスオン2枚です 
<

水  門
目黒川3
この絵の中に「しながわ」という字が隠れているそうですが
探せますか?
目黒川4
所在地・・世田谷区、目黒区、品川区を流れ東京湾に注ぐ


スポンサーサイト
  1. 2017/04/14(金) 09:44:16|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

高尾の梅巡り

遊歩道梅林
高尾の梅1

高尾の梅2

高尾の梅3

高尾の梅4

高尾の梅5

高尾の梅6
マウスオン2枚です 
<

高尾の梅9

湯の花梅林
高尾の梅10

高尾の梅11

高尾の梅12

木下沢梅林・梅の里
高尾の梅13

高尾の梅14

高尾の梅15

高尾の梅16

高尾の梅17

高尾の梅18

高尾の梅19

高尾の梅20

高尾の梅21
高尾の梅22

みつまた
マウスオン2枚です 
<


翁草(オキナグサ)  キンポウゲ科の多年草
花が咲いた後の、白く長い綿毛がある果実の集まった姿を
老人の頭にたとえ、翁草と呼ばれている。
日本では、本州、四国、九州に分布し、
山地の日当たりのよい草原や河川の堤防などに生育しているが、
現在では各地で激減していて、絶滅危惧類に指定されている。
なのに、住宅の石垣に一株だけ燐と咲いていた。
おきなそう1

おきなそう2

おきなそう4
所在地・・東京都八王子市裏高尾町
  1. 2017/03/18(土) 09:17:35|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

深大寺 

だるま市
だるま市1

だるま市2

だるま市3

だるま市4

だるま市6

だるま市7

だるま市19

だるま市23

だるま市24

だるま市28

だるま市29

だるま市33

だるま市35

だるま市36

だるま市38

だるま市32


だるま市11

マウスオン2枚です 
<

だるま市13
だるま市15
だるま市16

だるまさんだけじゃないんです
だるま市9

だるま市10

だるま市17

だるま市18

だるま市39

参道には沢山の屋台が出て、お好み焼き、ケバブ、
串さし肉、鮎の塩焼き、あんず飴にわたあめ、
数え切れない・・・私はケバブとシャンピンを食べました。
美味しかった。
  1. 2017/03/06(月) 10:33:08|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

調布市

深大寺 節分豆まき
「節分」とは、季節を分けるという意味がある。
四季それぞれの変わり目はすべて「節分」だが、
特に立春の前日を重んじる。
これは立春をもって新たな年、
その前日を年越しとする考えがあるから。
新たな年を迎えるにあたり、
節分には邪気、魔物を払うという意味がある。

参道を練り歩いて
節分豆まき4

節分豆まき5

節分豆まき6
山門を入って
節分豆まき7
護摩堂へ向かう
節分豆まき8

節分豆まき10

節分豆まき11

節分豆まき12

節分豆まき13

節分豆まき14

節分豆まき16

節分豆まき17

節分豆まき18

舞台では鬼が・・・
節分豆まき20

節分豆まき21

節分豆まき23

節分豆まき22

いよいよ豆まきが始まる
節分豆まき

リオデジャネイロ金メダリスト・田知本遥さん
節分豆まき24
節分豆まき25

アテネ金メダリスト・現全日本柔道男子チームコ-チ・鈴木桂治さん
節分豆まき26

俳優・江藤潤さん
節分豆まき28

劇団前進座 紫野明日香さん・浜名実貴さん
節分豆まき30

ピーポ君(警視庁マスコット)ゲゲゲの鬼太郎 ・キュータ君(東京消防庁マスコット)
節分豆まき31

節分豆まき

節分豆まき1

節分豆まき2
所在地・・東京都調布市深大寺元町 5-15-1


  1. 2017/02/04(土) 11:20:49|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

浅  草

金龍の舞

昭和33年(1958)本堂再建を記念して創始奉納された
浅草寺の山号「金龍山」から名をとったこの舞は、
浅草寺縁起に観音示現の時、寺辺に天空から金龍が舞い降り、
一夜にして千株の松林ができたとあることから創作された。
松林に見立てた浅草寺幼稚園園児による松慈童(マツジドウ)と、
観音さまを象徴する蓮華珠(レンゲジュ)が1名、
これを守護する金龍(長さ約18㍍、重さ約88㌔)を8名が操作し、
浅草組合花組のお囃子の中、勇壮華麗な舞が行われる。

スタンバイOK
金龍の舞1

金龍の舞2
浅草寺幼稚園園児の松慈童
金龍の舞3

金龍の舞4

金龍の舞5

金龍の舞6

金龍の舞7
浅草組合花組のお囃子
金龍の舞8
宝蔵門をくぐって
金龍の舞9

マウスオン2枚です 
<

金龍の舞12
本堂の前に到着
金龍の舞13
ぐるっと一回り
金龍の舞14
いよいよ始まります
金龍の舞15

観音さまを象徴する蓮華珠
金龍の舞38

金龍の舞16
金龍の舞17

金龍の舞18

金龍の舞19

金龍の舞20

金龍の舞21

金龍の舞22

金龍の舞23

金龍の舞24

金龍の舞25

金龍の舞26

金龍の舞27

金龍の舞28

金龍の舞29

金龍の舞30

金龍の舞31

金龍の舞32

金龍の舞33

金龍の舞35

金龍の舞36
あ~あ 終わっちゃった・・・
金龍の舞37




浅草寺の裏で文楽の野外公演が開催されていた
文楽1

文楽2
所在・・台東区浅草 2-3-1

  1. 2016/10/22(土) 10:17:40|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR