すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

五反田

雉子神社

創建は文明年間(1469年 - 1487年) 
村民の霊夢により大鳥明神を祀っていた。
江戸時代、三代将軍・徳川家光が鷹狩りに来た時、
一羽の白雉が社地に飛び入ったのを稀なめでたいしるしとして、
家光から「以後雉子宮と称すべし」との言葉があり、「雉子ノ宮」と改称し
明治維新の際に雉子神社と改められる。
明治時代以前は隣接してある宝塔寺が別当寺だった。
明治43年(1910)に上大崎村にあった三島神社を合祀した。
平成6年(1994)境内に大きなビルが建ち
社殿はその一階部分に改築された。
マウスオン・クリック、3枚です 
<

雉子神社4 雉子神社5

雉子神社6

雉子神社7

境内社
マウスオン2枚です 
<
所在地:品川区東五反田 1-2-33 


宝塔寺
室町時代、応永8年(1401)の創建。
初めは品川の海岸近くにあり、のち目黒川沿いに移転して宝塔寺と名を変え、
さらに江戸時代初期の万治年間(1658~61)に、目黒川の水害を避けて現在地に移転。
祀られている元三大師(良源、慈恵大師)を参拝してから網を下ろすと
大漁になるといわれ、当時の漁民から厚い信仰を受けていた。
宝塔寺1

宝塔寺2

元三大師堂
宝塔寺3

地蔵堂
宝塔寺4
所在地・・品川区東五反田 1-2-29


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2015/12/27(日) 10:34:05|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

五反田

旗岡八幡神社
旗岡
マウスオン2枚です 
<

旗岡9 旗岡10

旗岡3
旗岡4

神楽殿
旗岡5

旗岡6 旗岡7
旗岡8

旗岡11
所在地・・品川区旗の台 3-6-12



法連寺
文永年間に当地を治めていた荏原義宗が篤く日蓮宗に帰依し、
息子の徳次郎を日蓮の高弟・日朗の弟子とさせた。
徳次郎は後に朗慶上人となり荏原氏の館跡に法蓮寺を開山した。
法蓮寺は隣接する旗岡八幡神社の別当寺になった。
江戸時代になると、旗岡八幡宮は二代将軍・徳川秀忠の祈願所となり、
39世代住職・日詮は江戸城大奥でも人気の僧であった。
法連寺1
法連寺2

法連寺4

法連寺3

荏原七福神・恵比寿神
法連寺5

法連寺6
所在地・・品川区旗の台 3-6-18




  1. 2015/12/25(金) 09:34:38|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五反田

小山八幡神社
長元3年(1030)頃に源頼信がこの地に誉田別尊を氏神として奉ったのが始まり。
後に妙見菩薩も誉田別尊と並んで祀られたので、
妙見八幡とも、この地の旧名を採って池の谷八幡とも呼ばれていた。
妙見菩薩は明治時代の神仏分離令により、
隣接してある別当寺だった摩耶寺に移された。

境内は小高い丘(古墳跡といわれている)の上に位置しているため
小山と呼ばれ、それが現在近辺の小山の地名の由来になっている。

かつては小山村全体が氏子の範囲だったが、
元禄時代に宗教上の軋轢により二分され、
三谷地区に三谷八幡神社が分祀されて現在に至っている。
二分されたが現在では祭りは両社合同で行うため両社祭りという。
マウスオン2枚です 
<


小山3 小山4
マウスオン2枚です 
<

境内社
マウスオン2枚です 
<

神楽殿
小山9

荏原七福神・大黒天
小山8

小山11 小山12
所在地・・品川区荏原 7-5-14



摩耶寺
寛文7年(1667)の創建。
延宝5年(1677)に祖師像、 延宝6年(1678)に摩耶夫人像が造られる。
多くの像は日蓮宗不受不施派の弾圧の際、
法華寺から当寺院に移されたもの。
釈迦の生母・摩耶夫人が祀られている摩耶堂は
天保年間(1830年~1843年)に造られた。
麻耶寺1

1978年に完成した本堂。
麻耶寺2

麻耶寺3
所在地・・品川区荏原 7-6-9



山谷八幡神社
隣接の小山八幡と深く関わり、長元3年(1030)源頼信の奉斎を始めとし、
大田道灌の尊崇あり江戸時代の始め宗教上の爭いから
三谷の名主石井助太夫が八幡神像を三谷の
出世稲荷社の宮地に遷座鎮祭し三谷地区の氏神とした。
山谷1

山谷2 山谷3
山谷4

山谷5
所在地・・品川区小山 5-8-7



金山地蔵尊
マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<


  1. 2015/12/23(水) 09:33:12|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五反田

攻玉社学園
江戸時代末期の文久3年(1863)近藤真琴は
開国して間もない日本が独立・発展するには外国の学問を
謙虚に学ばなければならないと痛感し、江戸藩邸に蘭学塾を開設。
明治2年(1869)攻玉塾に改称し、築地海軍操練所内に移転。
明治4年(1871)4年)、芝新銭座の慶應義塾跡へ移転。
明治5年(1872)、文部省より学制が頒布され、攻玉社として改めて開学。
明治後期には慶應義塾、同人社と併せて三大義塾として並び称された名門校。
攻玉社3

攻玉社1

攻玉社2
所在地: 品川区西五反田 5-14-2

旧中原街道
旧中原街道3

旧中原街道供養塔群
旧中原街道供養塔群1
マウスオン・クリック、3枚です 
<

旧中原街道
旧中原街道2

戸越地蔵尊
旧中原街道供養塔群5
マウスオン2枚です 
<

戸越地蔵尊5
旧中原街道供養塔群6
戸越地蔵尊4


池波正太郎旧宅
池波正太郎宅
  1. 2015/12/21(月) 09:36:29|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五反田

安楽寺
竪者法印良珊が開山。
赤坂山王の別当城琳寺末だったが、明治元年同寺廃寺に伴い、
三田西蔵院末となり、さらに明治43年9月に
他の同宗3ヶ寺(観音寺、宝塔寺、徳蔵寺)と共に
比叡山延暦寺の直末となった。
安楽寺4

安楽寺2

安楽寺5

白井権八と遊女小紫の連里塚
小紫は権八の処刑を悲しんで後追い自殺をしたという。
マウスオン2枚です 
<


安楽寺6  安楽寺11
安楽寺7

安楽寺3
安楽寺10
所在地:品川区西五反田 5-6-8



氷川神社
氷川神社1

氷川神社2

マウスオン2枚です 
<

氷川の滝(わき水)
氷川の懸泉(ケンセン)とも呼ばれた湧水の滝。
この付近は武蔵野台地の末端にあたり、湧き水が多くあった。
この滝は昔は飲み水として利用され、
夏ともなれば各地から涼を求めて人々が集まってきたという。
いったんは枯水状態になったが、境内の改修工事で再び湧き出すようになった。
昔ほどの勢いはないが氷川の滝としてその面影を残している。
氷川神社5

氷川神社6 氷川神社7
氷川神社8

氷川神社

氷川神社9 (2)

忍田稲荷大明神
マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地:品川区西五反田 5-6-3

  1. 2015/12/19(土) 09:45:28|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR