すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

奥の細道31  福島

岩谷観音
信夫山の中腹の岩壁に掘られた磨崖仏群(マガイブツグン)で、
西国三十三観音、地蔵尊 不動尊など60余体が刻まれている。
平安時代の末期に信夫郡一帯を支配していた 佐藤庄司基治の叔父と
伝えられる豪族・伊賀良目氏が、岩をくりぬいて造った御堂に
持仏の聖観音を祀った窟(イワヤ)観音に始まるとされる。
その後独立した観音堂が建立され、現在の観音堂は慶長19年(1614)に
再建されたもの。
信夫山は、東から熊野山(268m)、羽黒山、羽山の3峯で構成され、
これらを合わせて信夫三山と呼ばれることもある。
それぞれの山の名称からもわかるように、山岳信仰と結びついた山で、
熊野山には湯殿神社、羽黒山には羽黒神社、羽山には月山神社と、
出羽三山が勧請され祀られている。

観音堂
応永23年(1416)宥海法印が建立したと伝えられる。
俗名を尾形四郎憲春といい、伊賀良目氏の後裔にあたる。
聖観音の他、経文600巻が納堂されている。


梵 鐘


磨崖仏群 <
< < < < < < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

古峰神社
マウスオン2枚です 
<
コメントは左上の日時の下にあります。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/30(火) 09:54:57|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:19

東北の紅葉

16日から18日まで、奥の細道で福島~石巻まで行ってきました。
期待しなかった紅葉がd(⌒ー⌒) 最高 !!でした。
この辺りの奥の細道のUPは、大分先になるので、紅葉だけをUPします。

陸奥国分寺のモミジ
RIMG0212.jpg

イチョウ
マウスオン・クリック、3枚です
<


瑞鳳院


多賀城跡


松島湾・雄島
RIMG0590.jpg

瑞巌寺


塩竈神社  2枚目は横から写してみたの
マウスオン2枚です 
<


RIMG0374.jpg

RIMG0358.jpg


コメント欄は、左上の日時の下にあります。







  1. 2010/11/26(金) 10:28:28|
  2.   旅  
  3. | コメント:24

奥の細道30  福島城祉

福島城祉
信夫の一族、杉妻太郎行長の居城であった杉妻城が前身。
平城ではあるが、城の東方と南方は阿武隈川や荒川が流れており
天然の要塞でもある。豊臣秀吉の奥羽仕置により、
蒲生氏郷から信夫5万石を任された木村吉清が
城を大改築し福島城と改称した。文禄4年(1695)秀吉の命で城は
取壊され、上杉氏(1598~1664)、本多氏(1679~1682)
、堀田氏(1686~1700)と頻繁に領主は変わったが城は築かれず、
陣屋での支配が行われていた。元禄15年(1702)板倉氏が3万石で
信濃から入り城の整備をした。以来、明治2年(1869)まで167年間、
12代にわたり板倉氏の藩主が続いた。
現在は二の丸が福島県庁になっており、東側にある紅葉山公園は、
福島城内にあった庭園の跡であり、裏にはわずかに土塁が残っている。


二の丸外庭
マウスオン2枚です 
<


杉妻稲荷神社
杉妻城(福島城)の艮(ウシトラ)東北の守りとして西向きに
建っていたといわれている。杉妻社、杉妻明神ともいわれ、
杉妻の里の土産(ウブスナ)神として崇敬されてきた。
建物は天保11年(1840)の再建であるが、享保21年(1736)には
神祇管領から正一位を贈られている。小堂ながら、中には
画家・一明斎の絵馬や、文人・金沢椿山の書などが奉納されている。


土塁跡
マウスオン2枚です 
<


板倉神社
文化2年(1805)初代福島藩主・板倉重昌を祀った。
以後、代々の藩主をはじめ家臣の尊崇を集めた。
明治になって福島藩が、三河国重原に移った折り
社も移ったが、明治13年(1880)藩士や縁ある市民の
手によって、ここ紅葉山に旧神殿を移し、分霊をまつり
多くの市民の信仰を集めてきた。
拝殿内には、八代・勝長、十代・勝顕が献じた絵馬がある。


庭園の阿武隈川沿い、弁天山を借景として、
偕楽亭という料理があった跡


コメントは左上の日時の下にあります。

  1. 2010/11/22(月) 09:46:50|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:18

那須・芦野

芦野氏旧墳墓
20101108-171853-40627500.gif

芦野氏陣屋裏門
asinozinn.jpg

マウスオンして下さい。
  

最勝院
マウスオン2枚です 
<

明星院台明山三光寺 聖天さま
日本三所聖天(東京浅草の待乳山聖天、
埼玉県の妻沼聖天、那須町の三光寺聖天)の一つ。




bisixua.jpg

マウスオン2枚です 
<

芦野家陣屋跡
asinozinnyaato.jpg



asino1.jpg

asino2.jpg

コメントは左上の日時の下にあります。

  1. 2010/11/19(金) 18:40:27|
  2.   旅  
  3. | コメント:17

南千住素盞雄神社・

素盞雄神社
小塚原・三ノ輪・下谷通新町・三河島・町屋など区内でも
最も広い地域を氏子圏とする鎮守で「てんのうさま」とも
呼ばれる。修験道の開祖・役小角の弟子黒珍が、
住居東方の小高い塚を霊場と崇め、日夜斎戒礼拝していたところ、
延暦14年(795)の夜、荊石が微妙な光を放ち
その光のうちに翁の姿をした二神(素盞雄命・事代主命)が
現れて神託をつげた。そのため、その石は瑞光石と呼ばれ、
出現した二神を祭神として祀っている。
古くから疫病除けで知られ、安政5年(1858)江戸にコレラが
流行した際は、疫除守を求めて参詣者が群れ集まった。

クリック・8枚です。
<<>
<素盞雄神社>

瑞光石
素盞雄神社の祭神が翁に姿をかえて降臨した奇岩といわれ
「瑞光荊石」ともいう。この塚を「古塚」と呼んだ事から
「小塚原」という地名がついた。千住大橋架橋の際
この石の根が荒川(現隅田川)まで延びていたため、橋脚が
打ち込めなかったと伝えられている。


芭蕉の句碑      
2枚目は、句碑に刻んである原文と説明文です。



マウスオン・クリック、3枚です 


庚申塔群三基
マウスオンして下さい。



境内にある末社・三社
稲荷神社
マウスオン2枚です 
<


菅原神社
マウスオン2枚です 
<


福徳稲荷神社
マウスオン2枚です 
<


3・4日、留守にします。お返事は帰って来てからいたします(。-_-。)









  1. 2010/11/15(月) 09:15:56|
  2. 東  京
  3. | コメント:18

鑁阿寺と足利学校

鑁阿寺を開いた足利義兼の像
asikaganozou.jpg


足利氏の館跡にある鑁阿寺
マウスオン・クリック・Wクリック・4枚です。
 
<
熊子さんのソースをお借りしました。

日本最古の学校・足利学校
平安時代初期の天長9年(832)小野篁(オノノタカムラ)が創建したという説
鎌倉時代の初期、建長元年(1249)に鑁阿寺を開いた足利義兼が建てたという説
室町時代中期、永享11年(1439)に関東管領(カントウカンレイ)
上杉憲実(ウエスギノリザネ)が開いたという説などいくつかの説があるが、
学校の歴史が明らかになるのは室町時代中期以後
天文18年(1549)キリスト教の宣教師フランシスコ・ザビエルは
「日本国中最も大にして最も有名な坂東のアカデミー」と記し、
足利学校は海外にまでその名が伝えられた。
下野国足利庄五箇郷村(現栃木県足利市)にあったが、
明治5年(1872年)に廃校になった。
  
<
外 観
< < < < <
< < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
  1. 2010/11/05(金) 14:21:53|
  2.   旅  
  3. | コメント:22

始めまして!

gooブログを始めて2年になります。
旅やウォーキングなどの記録を、マウスオンやスライドショーを使って
投稿して来ましたが、gooでスライドショーが使えなくなるという事で
こちら「fc2」に移行する事にしました。
今まで、私の拙いブログに付き合っていただいた多くのブロ友の皆さん
そして新しく訪問くださる皆さん、これからも宜しくお願いします。
暫くの間はgooとfc2の両方で投稿します。

gooブログは
自由気ままに、生きてゆきたい!


画像の挿入の練習です。
三寸あやめ


へクソカズラ


コゴメウツギ

テーマ:はじめまして - ジャンル:ブログ

  1. 2010/11/02(火) 10:36:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:8

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (277)
  旅   (156)
街道巡り (335)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (11)
加  工 (0)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR