すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

大江戸街歩き   忠臣蔵ウォーク  

細川越中守下屋敷跡
7細川邸2
マウスオンして下さい。


17人が切腹した前庭
マウスオン・クリック、3枚です 
<


泉岳寺
慶長17年(1612)門庵宗関和尚(モンナンソウカ・
(今川義元の孫)を拝請して、家康が外桜田に創立した。
寛永18年(1641)の寛永の大火によって焼失した際、
家光が、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の五大名に命じて、
ここ高輪に再建され、以来江戸での浅野家の菩提寺となった。
赤穂義士の墓がある事で有名だが、かつては福島二本松城主・
丹羽家の援助による「泉岳寺学寮」が設けられ
曹洞宗学徒の研修の場であり、諸国の僧侶が参学する叢林だった。
後に吉祥寺の旃檀林学寮、青松寺の獅子窟学寮と統合して
駒澤大学に発展したほか、現在も僧侶が境内の学寮で
寮生活を行いながら大学に通学している。
山門は、入母屋造、本瓦葺・三間一戸八脚門で
天保年間に再建された。
楼上に極彩色の十六羅漢像が安置され、階下の天井には
銅彫大蟠龍がはめ込まれている。
また47士の墓に至る門は浅野家の鉄砲洲上屋敷
(現・聖路加病院)の裏門で、明治時代に移築されたもの。
<
中  門
< < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

大石内蔵助の像 


大石内蔵助の依頼を受けて討入りに使う武器などを調達し
後日、自首して追放になったとされている義商、 天野屋利兵衛の碑


赤穂義士の墓所
8泉岳寺4

浅野内匠頭、妻・阿りく、大石内蔵助義士たちの墓
クリック・5枚です。
<<
北斗さんのソースをお借りしました

討入りを果たした義士47人の内45人は、元禄16年(1703年)
2月4日に切腹した後、直ちに泉岳寺に埋葬されたが、
間新六の遺体は遺族が引き取っていった。
また寺坂吉右衛門は本懐成就後、内蔵助の命を受け、
瑶泉院及び京都、赤穂、亀山、姫路等の遺族、関係者を
歴訪して顛末を報じて後に江戸に戻り自首したが赦され、
麻布・曹渓寺で83才の天寿を全うした。
二人の供養墓は、後に他の義士の墓と一緒に建立された。
その他に、本人は討ち入りを熱望したものの
周囲の反対に遭い、討ち入り前に切腹した
萱野三平の供養墓があるので、
現在泉岳寺の墓碑は48ある。

吉良邸から泉岳寺まで、一緒に歩いていただいて
有難うございました(ツ _ _)ツ))

泉岳寺・・・港区高輪2-11-1
スポンサーサイト
  1. 2010/12/28(火) 11:37:42|
  2. 東  京
  3. | コメント:48

大江戸街歩き   忠臣蔵ウォーク・義士達が歩いた道

昔は川に橋が架かっていたが、今は道路に・・・


クリックして下さい⇒ 鉄砲州稲荷神社
20101223-114654-30151700.gif
富士山の溶岩で築いた富士塚
ここを富士信仰の場とした。


浅野内匠頭屋敷跡
時は過ぎ、明治16年には芥川龍之介の生家・耕牧舎という
牧場があった所・・・今は、聖路加病院
asano.jpg
asanotei.jpg

間新六供養塔  (築地本願寺)
本懐を遂げて泉岳寺へ向う途中、自身の供養を願い
携えていた手槍に書状と金子を結びつけ塀外から投げ入れたと
伝えられている。新六の墓だけがここにあるのは
檀家だったからでは、と伝えられている。
20101223-121947-38241100.gif

20101221tukizi.jpg
  1. 2010/12/26(日) 10:00:08|
  2. 東  京
  3. | コメント:22

大江戸街歩き   忠臣蔵ウォーク・義士たちが歩いた道

一之橋


江島杉山神社
マウスオン2枚です 
<

自動スライド2枚です。
20101222-173851-99137500.gif
マウスオン2枚です 
<


赤穂義士休息の碑(乳熊ビル前)
討入り本懐を遂げた義士たちが永代橋へ差し掛かった時
ここ乳熊味噌店・当主作兵衛が甘酒粥振舞い労ををねぎらった


堀部安兵衛の碑(亀島橋)
赤穂義士は永代橋を渡った後、直進せず、北上して
昔の豊海橋を渡って霊巖島に進み、越前堀と亀島橋の
東詰から南東の高橋を渡った。
自動スライド2枚です。
horibeyasubei.gif

コメント欄は左上の日時の下にあります。

  1. 2010/12/24(金) 09:12:04|
  2. 東  京
  3. | コメント:18

大江戸街歩き   忠臣蔵ウォーク

最近は少なくなったが、私が子供のころは
この時期になると必ずといっていいほど映画やテレビなどで
「忠臣蔵」をやっていた。14日の討入りの日は過ぎたが
泉岳寺に行って来た。
まずは本所松坂町の吉良邸跡
高家肝煎(筆頭)吉良上野介義央(ヨシヒサ)の屋敷は
江戸城呉服橋門内にあったが、刃傷事件の数ヵ月後
元禄14年3月、家督を子(実孫)の義周に譲って
本所松坂町に隠居した。元禄15年12月の討入りまで
わずか一年半の居住だった。
東西73間、南北35間、敷地2550坪あったとされる。
20101221akou1.jpg

この春に行った時にはなかった吉良上野介の像
20101221akou2.jpg

吉良上野介の首を洗ったといわれる井戸
20101221akou3.jpg
墨田区両国3-13-9

回向院
明暦3年(1657)江戸史上最悪の惨事となった明暦の大火
(振袖火事)で10万人以上が犠牲となった。
その多くが身元不明で引き取り手がなかったため、四代将軍・家綱は、
無縁塚を造り葬った。有縁・無縁・人・動物に関わらず、
生あるすべてのものに仏の慈悲を説くとして「諸宗山無縁回向院」と
名付けられ、後に安政大地震、関東大震災など様々な天災地変、
東京大空襲などの人災や事故の被害者、刑死者、
水子や動物など、ありとあらゆる生命が埋葬供養されている。
大石内蔵助が討入りの後、休息所に申し入れたが
係わり合いを恐れて、当時の住職が断った。
20101221ekouin.jpg

本 堂
20101221ekouin2.jpg

本堂に安置される阿弥陀如来は、かつては本堂を背にして
露天に安置されていた濡仏だった。丈六尺五寸五部、
蓮座三尺四寸五分もある大きな銅作りの坐像である。
その背面にある千体地蔵尊は、先祖の供養や家運や社運の
隆昌・繁栄を祈願する人々によって奉安されたもの。
20101221ekouin1.jpg
回向院・・・墨田区両国2-8-10

コメント欄は左上の日時の下にあります。
  1. 2010/12/22(水) 15:34:19|
  2. 東  京
  3. | コメント:12

奥の細道35 福島・桑折(コオリ)

旧伊達郡役所
明治16年(1883) 江戸期の桑折陣屋跡に建設され、
大正15年(1926)まで伊達郡の郡役所が置かれた。
その後、昭和44年(1969)まで諸団体や県の地方事務所が置かれた。
建設当初から位置が変わらない事でも珍しいとされ、昭和52年(1977)
明治期の建築様式を伝えるものとして国の重要文化財に指定された。
桑折町の大工山内幸之助と銀作が棟梁として造られた擬洋風建築で
和風建築の構造体に洋風建築の要素を取り入れたもの。
基礎は切石を積み、玄関ポーチを張り出し、正面は総二階建、
瓦屋根や二階ベランダとし、さらにその上部を塔屋とするなど
当時の役所建築の特徴も捉えている。入母屋など和風の要素と、
縦長のガラス入り上げ下げ窓や外壁のペンキ塗り下見板梁、
ファンライト、バージボード、柱飾りなどの洋風の要素が見られる。
RIMG0241.jpg

RIMG0238.jpg

RIMG0245600.jpg

20101216-112610-78998500.gif
伊達郡役所跡 ・・・福島県伊達郡桑折町陣屋12

芭蕉の田植塚
芭蕉が須賀川の等躬宅で詠んだ「風流の はじめやおくの 田植唄」
の句を、享保4年(1719)桑折の俳人・佐藤馬耳が、
敬慕する芭蕉の短冊を埋め「芭蕉翁」と刻んだ碑がある。
RIMG0259.jpg

マウスオン2枚です 
<


マウスオン2枚です 
<


コメント欄は左上の日時の下にあります。






  1. 2010/12/20(月) 10:03:41|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:12

奥の細道34  福島・飯坂

飯坂温泉
鳴子・秋保とともに奥州三名湯に数えられている。
2世紀頃には日本武尊が東征の折に訪れ、西行法師もこの湯を訪れ、
ここで「あかずして 別れし人のすむ里は 左波子(サバコ)の見ゆる
 山の彼方か」と詠み、芭蕉も奥の細道の途中に立ち寄ったとされる
歴史ある温泉地である。

中野不動尊
開山820年の古刹で、治承3年春、恵明道人が1匹のカモシカに
導かれ当地に入山し、未踏の地であった中野の山中に
洞窟が人々により長きに渡り掘られた。
本殿には「勅願仏」が祀られている。
「中野のお不動さま」と呼ばれ、成田山・新潟新発田とともに
日本三不動尊の一つでもある。
境内には厄除・眼守・三ヶ月の三不動明王が祀られており、
日本における六三除けの祈祷発祥の地といわれている。
又、とげぬき地蔵や不動滝、洞窟めぐりなどがあり
奥の院洞窟の中には「不滅の燈明」が燃え続けていて
願いが真剣であればどんなことでも叶えられるといわれている。
1 nakano
納札堂
3 nousatudou
大日堂
4 dainitidou
洞窟めぐり入口
4 kennreimon
寂光門
5 zixyaxtukoumon
5-3.jpg
本 堂
2 hondou
あんど釜
弘安6年(1283)頃、薬草を煎じて多くの病人を救った大釜で
人々が安堵したことから「あんど釜」といわれるようになった。
現在の釜は、明治年間に再鋳されたもの
6 andogama
中野不動尊・・・福島市飯坂町中野

コメント欄は、左上の日時の下にあります。


  1. 2010/12/17(金) 09:52:22|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:18

東京街歩き  都電・荒川線 沿線 栄町

東京書籍 印刷工場・事務棟・守衛所
東京書籍は、明治42年(1909)国定教科書の翻刻発行を
目的に創立された。以前は文京区白山にあったが事業拡大に伴い、
昭和11年に当地に移転した。カマボコ形をした工場は、
ダイヤモンドトラスという当時の先進的な工法が
使われている。立体トラスの一種で、昭和初期に日本で発明されたもの。
この構造は柱のない広い空間を造ることができるため、
屋内は印刷や製本の機械が作業しやすいように配置されている。
工場以外の建物は、大正期から昭和初期に流行した
アールデコ様式を取り入れた意匠で統一されている。
また、外壁はスクラッチタイルが全面に貼られている。
櫛で引いたような溝のついたタイルで昭和初期のビルなどに
良く使われていた。
マウスオン2枚です 
<


東京書籍・教科書図書館「東書文庫」
東京書籍創立25周年を記念して、昭和11年(1936)に竣工・開館した
日本の最初の教育資料図書館。国定教科書をはじめ、戦前から
現在に至る迄の貴重な教科書ならびに教育書15万冊以上の蔵書を誇り
一般公開されている。アールデコ様式を取り入れた意匠や
スクラッチタイル貼りの外観など事務棟と統一感のあるものとなっている。
マウスオン2枚です 
<
教科書図書館「東書文庫」・・・北区栄町48-23

コメント欄は左上の日時の下にあります。
  1. 2010/12/15(水) 10:40:59|
  2. 東  京
  3. | コメント:28

奥の細道33  福島

医王寺
天長3年(826)空海作の薬師如来像を祀り、
草堂を建てたことに始まったと伝えられる。
信夫荘司であった佐藤基治は、治承の昔(1177)大島城を居城として
奥州南部の広域を治め、大いなる権勢をもっていた。
信仰心が厚い基治は、居城とする大鳥城から眼下に望む薬師堂を
改築し、伽藍を多数建立し境内を整え、源氏の再興を祈願し
一族の菩提寺として寺門を興隆させた。
基治は、義経が平家討伐に向う時に兄弟を遣わし、忠義を尽くしたが
兄・継信は屋島の合戦で、義経の盾となり能登守教経の矢を受け
弟・忠信は京都での苦戦の折、義経を名乗って敵を引きつけ
主君を逃がして身代わりになった。その後、弁慶と共に
無事に奥州に下った義経は、平泉に向う途中に基治に会い
兄弟の武勲を讃え供養した。「乙和の椿」は基治の妻・乙和御前の
我が子を失った悲しみが乗り移ったのか、蕾のままで
開かずに落ちてしまう椿である。   芭蕉も訪れた名利。
<
<医王寺
<
<
<
<
<
<
<
<
<
Sakuraさんのソースをお借りしました

薬師堂の後側にある、上が基冶夫妻、下が継信・忠信の墓碑と石塔。




乙和の椿
マウスオン・クリック、3枚です 
<


芭蕉の句碑
「笈も太刀も 五月に飾れ 紙のぼり」
マウスオン2枚です 
<
医王寺・・・福島市飯坂町平野字寺前45

コメント欄は、左上の日時の下にあります。
  1. 2010/12/12(日) 19:57:31|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:12

奥の細道32  福島・信夫の里

文知摺観音堂
綾形石の自然の石紋と綾形、そしてしのぶ草の葉形などを
摺り込んだ「もちずり絹」(石に布を当てて、草でもじれ乱れた模様を
摺す)の発祥地として知られている。芭蕉も訪れ
「早苗とる 手もとや昔 しのぶずり」と詠んでいる。
境内には、悲恋を伝えるもちずり石のほか観音堂、多宝塔などがある。

石の伝説 
遠い昔の貞観年中のこと。陸奥国按察使・河原左大臣源融が、
おしのびでこのあたりまで来た。夕暮れ近いのに道もわからず、
困り果てていると、この村の長者が通りかかった。
源融は出迎えた長者の娘、虎女の美しさに思わず息をのみ、
虎女もまた公の高貴さに心を奪われた。こうして二人の情愛は深まり、
源融の滞在は一月余りにもなった。やがて源融をむかえる使いが
都からやって来た。源融は始めてその身分をあかし、
また合う日を約して去った。再会を待ちわびた虎女は慕情やるかたなく、
「もぢずり観音」に百日詣での願をかけ、満願の日になったが都から
何の便りもない。嘆き悲しんだ虎女が、ふと見ると、
「もぢずり石」の面に慕わしい源融の面影が彷彿とうかんで見えた。
なつかしさのあまり虎女がかけよると、それは一瞬にしてかきうせた。
虎女は遂に病いの床についてしまった。
「みちのくの忍ぶもぢずり誰ゆえに、みだれそめにし我ならなくに」
                    (河原左大臣源融)
源融の歌が届いたのは、丁度この時だった。
虎女は源融の歌をひしと抱きしめながら、その短い生涯を閉じた。
もぢずり石を「鏡石」ともいうのは、このためだと伝えられる。

鐘  楼


芭蕉像と句碑
「早苗とる 手もとや昔 しのぶずり」
マウスオン2枚です 
<


文知摺石と綾形石
マウスオン2枚です 
<


足止め地蔵尊
家出人や走り人があるとき、この地蔵尊の足のあたりを縛っておくと
必ず無事に帰って来るというところから、こう呼ばれるようになった。
後に危険から身を守り、足の怪我や病にも、ご利益があると信仰を集めた。


三十三観音堂兼経蔵
安政4年(1857)安洞院11世・大箸慧琳和尚が
西国三十三観音霊場を擬して、三十三観音像を安置
依然からあった経蔵と併設した。


観音堂
この方形造りのお堂は、宝永6年(1709)に安洞院3世・漢補和尚が
1万人の浄財を集めて改築した。本尊は行基菩薩・一刀三礼の作といわれる
2寸2分(6.5cm強)の木造観音で、33年毎にしか開帳されない秘仏。
667.jpg

放生池


夜泣き石
古来から、この石に祈願すると小児の夜泣きがやむとつたえられている。


河原左大臣源融と虎女の墓


多宝塔
マウスオンして下さい。



文知摺観音  福島市山口字寺前5  

コメント欄は、左上の日時の下にあります。
  1. 2010/12/08(水) 08:16:35|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:24

房 総

笹川湖


立ち枯れの木


筒森モミジ谷
立つ位置を少し変えると、写りこみが変わる
マウスオン2枚です 
<

クリック・5枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

露出を変えて!
マウスオン2枚です 
<

コメント欄は、左上の日時の下にあります。
  1. 2010/12/04(土) 08:28:35|
  2.   旅  
  3. | コメント:32

房総の旭日

九十九谷の旭日



















  1. 2010/12/02(木) 14:33:02|
  2.   旅  
  3. | コメント:14

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR