すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

鎌倉を歩く・・西御門

頼朝の墓
大蔵幕府跡が一望できる大倉山中腹にある高さ約2mの 層塔
建久10年(1199)1月13日没(享年53歳)
前年の12月27日、御家人稲毛重成 が亡妻の追善供養のため 相模川に架橋し
頼朝はその落成式出席の帰路落馬したことが原因といわれている。
墓の下方の平地は当時の幕府跡である。
2011217yoritomonohaka1.jpg
頼朝の墓のすぐ隣に・・・
2011217yoritomonohaka2.jpg
2011217yoritomonohaka3.jpg
頼朝の墓・・鎌倉市西御門2-6  白旗神社

毛利季光・大江広元・島津忠久の墓
頼朝の墓所の右奥の坂を登ると・・
2011217sansinohaka1.jpg
山腹に鳥居があり、石段を上ると・・・
2011217sansinohaka2.jpg
石垣の中に3つのやぐらの墓がある。
左側・大江広元の子で、のちの中国地方の大名の毛利氏の祖といわれる 毛利季光墓。
中央・源頼朝の招きで鎌倉にきて、公文所や政所の別当として幕府の政治を進めた
大江広元墓。
右側・頼朝の子でのちの南九州地方の大名、島津氏の祖といわれる 島津忠久墓。
といわれているが島津重豪が整備したり、
後に毛利家が墓を移したとみられていて定かではない。
2011217sansinohaka3.jpg
2011217sansinihaka4.jpg
2011217sansinohaka5.jpg


スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 10:46:48|
  2. 鎌  倉
  3. | コメント:20

奥の細道54  松島

瑞巌寺
天長5年(828)慈覚大師円仁の創設と伝えられ、奥州一の禅寺で、
伊達家累代の菩提寺である。現在の建物は慶長14年(1609)政宗が
桃山様式の粋をつくし、5年の歳月をかけて完成させたもの
建物にあたっては、諸国から名工130人を集めたほか、
建材の桧・杉・欅も熊野から運ばれた。
Zuigannzisannmonn.jpg

延命地蔵
ブロンズ製。文久3年(1863)鋳造。
右手に錫杖、左手に宝珠を持ち、蓮台に座し左足を垂下させる。
zuiganzianmei.jpg

六地蔵塔
マウスオン2枚です 
<


法身窟
マウスオン2枚です 
<

20110127-220805-20124000.gif
瑞巌寺・・宮城県宮城郡松島町松島字町内91番地


今回はコメント欄を閉じさせていただきます。

  1. 2011/02/27(日) 19:28:00|
  2. 奥の細道

鎌倉を歩く・・二階堂

杉本寺
坂東三十三観音の第1番札所で、天平6年(734)僧行基が
自刻の十一面観音を安置して開創。
頼朝入府以前からあるといわれる、鎌倉最古の寺。
茅葺き屋根の本堂に11面観音像が祀られている。
鎌倉初期の火災の時、3体の本尊が自ら境内の杉の木の下に避難して
難を避けたという縁起から杉本観音と呼ばれる
<
仁王門
<
<
<
<
<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

境内にある熊野権現堂・白山権現堂
20110223-132251-60136800.gif
杉本寺・・鎌倉市二階堂903

釈迦堂口切通し
大町、名越と釈迦堂があったとされる釈迦堂ガ谷とを結ぶ洞門。
元仁元年 (1224)三代執権・北条泰時が父義時の菩提を弔うため、
この谷戸に釈迦堂を建立した為にこの地名がついた。今は幻のお堂だ。
地元の人は「しゃかんど」と呼んでいる。
ここは大倉幕府、杉本城(杉本寺)と名越、三浦方面を結ぶ重要な道であり、
特に北条氏と覇を競っていた三浦氏にとって、軍事的要衝であった。
宝治元年(1247)6月5日、五代執権・北条時頼の時、安達泰盛の軍勢に攻められ、
三浦泰村一族は自刃、三浦氏は滅亡した。
現在は、土砂崩れの危険のために通行止めになっている。 2011217syakadouguti2.jpg
釈迦堂口切通し・・大町3
続きを読む
  1. 2011/02/26(土) 08:58:17|
  2. 鎌  倉
  3. | コメント:20

奥の細道53  松島

五大堂
大同2年(807)坂上田村麻呂が東征の折、毘沙門堂を建立し
天長5年(828)慈覚大師円仁が五大明王像を安置したことから
五大堂と呼ばれるようになった。現在の建物は慶長9年(1604)
政宗が再建したもので、東北地方最古の桃山建築である。
伝説では、慈覚大師円仁が五大明王を安置したところ、
坂上田村麻呂が祀った毘沙門天が光を発して沖合いの小島に
飛び去り、その島が毘沙門島となったと伝えられる。
godaidou.jpg

五大堂からの眺め
godaikesiki.jpg

すかし橋
五大堂は瑞巌寺守護のために五大明王が祀られている堂宇で
島全体が聖域とされている。五大堂への参詣には
身も心も乱れのないように脚下をよく照顧(ミツメテ)して
気を引き締めさせるための配慮として、江戸時代中期に造られた
5daisukasibasi.jpg
五大堂・・宮城県宮城郡松島町松島字町内111

今回はコメント欄を閉じさせていただきます。

  1. 2011/02/25(金) 18:31:49|
  2. 奥の細道

鎌倉を歩く・・二階堂

鎌倉宮
護良親王(モリアガシンノウ)を祭神とし、別名を大塔宮(オオトウノミヤ)という。
護良親王は後醍醐天皇の皇子で、父とともに鎌倉幕府を倒し
建武中興(建武の新政)を実現したが、その後、足利尊氏との対立により
足利方に捕えられて東光寺に幽閉された。
建武2年(1335)の中先代の乱の混乱の中で尊氏の弟の直義の命で、
家来である淵辺義博(フチベノヨシヒロ)によって殺められた。
武家から天皇中心の社会へ復帰させることを目的とした
建武中興に尽力した親王の功を賛え、明治2年(1869)明治天皇は
護良親王を祀る神社の造営を命じた。
2011217kamakuraguu1.jpg

2011217kamakuraguu2.jpg

2011217kamakuraguu3.jpg

2011217kamakuraguu4.jpg

厄割り石
「盃に大きく息を吹きかけ 横の石に投げて割り
体の(わるいもの)を祓って下さい」  初穂料百円
2011217kamakuraguu5.jpg

本殿の後方にある土手の穴が、親王がおよそ9ヶ月間、幽閉されていた土牢
2011217kamakuraguu8.jpg
2011217kamakuraguu7.jpg
御構廟(オカマヘドコロ)  淵辺義博が護良親王の首を置いた所
2011217kamakuraguu9.jpg
鎌倉宮・・鎌倉市二階堂154
  1. 2011/02/24(木) 08:42:12|
  2. 鎌  倉
  3. | コメント:18

奥の細道52  松島

西行の戻し松
西行法師がこの地で「月にそふ 桂男のかよい来て
  すすきはらむは 誰が子なるらん」と一首を詠じて
悦に酔っていると、鎌を持った一人の童子が、その歌を聞いて
「雨もふり 霞もかかり 雨も降りて はらむすすきは
誰れが子なるらん」と詠んだ。
西行は驚いて、そなたは何の業をしているのか聞くと
「冬萌きて夏枯れ草」を刈って業としていると答えた。
西行はその意味が分からなかった。
童子は大人の多い霊場松島を訪れると恥をさらす
と、さとしたので西行は恐れてこの地を去ったという。
桂男とは美男子・業とは仕事・「冬萌きて夏枯れ草」とは麦のこと
   マウスオン2枚です 
<

雄  島 
  見仏上人が12年間もの長きにわたって修行を続けた島で
ときの鳥羽天皇が千本の松を贈って偉業を讃えたことから
「千松島」→「松島」と呼ばれるようになったという
地名発祥説のある島。中世の松島は「奥州の高野」ともいわれ、
僧侶や巡礼者たちの修行場で、岩窟には修行僧らが刻んだ
石の塔婆である板碑や仏像が多く見られる。また歌枕の
一つでもある事から島内には歌碑も多く、芭蕉や曽良の句碑もある。 <
< < < < < < < < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

クリックして下さい、別画面がでます。


1raikennohi.jpg


今回はコメント欄を閉じさせていただきます。
  1. 2011/02/23(水) 17:52:31|
  2. 奥の細道

鎌倉を歩く・・二階堂

荏柄天神社
長治元年(1104)この地に天神の霊が降臨し、人々により祀られたのが始まり。
福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と共に三天神社といわれる古来の名社。
治承4年(1180)源頼朝が、鎌倉大蔵の地に幕府を開いた時、
当社が鬼門の方位にあたるため、その守護神として尊崇し社殿を造立した。
以来、足利・北条・豊臣・徳川の各氏によっても守られ近世に至った。
明治の神仏分離令により別当が去ると一時荒廃したが明治6年(1873)村社に列した。
現在では学問の神・正直者・努力を重ねるものを助ける神として
年間、多くの人々が参拝し、社殿はいつも「祈願」「お礼」の絵馬で覆われている。
本殿は鶴岡八幡宮造営の余った木材で修理を繰り返し、
鎌倉最古の木造建築として残されている。
境内にそびえる大銀杏は、鶴岡八幡宮の大銀杏に次ぐ大きさ。
2011217egaratenzin1.jpg

2011217egaratenzin3.jpg

2011217egaratenzin2.jpg

2011217egaratenzin4.jpg

2011217egaratenzin5.jpg

2011217egarazinzin10.jpg

自動スライド2枚です
20110220-121311-56744600.gif
境内に咲いていた 三椏
2011217egaratenzin9.jpg
荏柄天神社・・鎌倉市二階堂74
続きを読む
  1. 2011/02/22(火) 09:46:03|
  2. 鎌  倉
  3. | コメント:22

奥の細道51  松島

松島湾のカモメ




松島湾の島々
クリック・9枚です。
<<>
<仁王島>


今回はコメント欄を閉じさせていただきます。


  1. 2011/02/21(月) 16:04:57|
  2. 奥の細道

鎌倉を歩く・・二階堂

瑞泉寺
嘉暦2年(1327)夢窓疎石の開山。
初代鎌倉公方の足利基氏は、夢窓疎石に帰依して当寺を中興した。
以後、鎌倉公方足利家の菩提寺となっている。
この寺は、文学や学問とゆかりの深い寺でもある。
鎌倉時代には五山文学の拠点として栄え、近世には徳川光圀が自信の
鎌倉旅行を「新編鎌倉志」として編纂をさせたという。
境内には、久米正雄の墓、高浜虚子、久保田万太郎、吉野秀雄、
大宅壮一、山崎方代、吉田松陰などの碑がある。
本堂裏の庭園は夢窓疎石による岩盤を削って作られた禅宗様庭園で、
書院庭園の起源となった。背後の山頂には一覧亭にいたると呼ばれる
景勝地があったが、現在は入ることができない。 <
< < < < < < < < < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

RIMG0087.jpg
瑞泉寺・・神奈川県鎌倉市二階堂710
  1. 2011/02/20(日) 11:45:38|
  2. 鎌  倉
  3. | コメント:14

奥の細道50  塩竈


マウスオンして下さい。
<
志波彦神社
< < < < <

non_nonさんのブログの小技からお借りしました。


マウスオンして下さい。


isengama.jpg
志波彦神社・・宮城県塩竃市一森山1-1


御釜神社
鹽竈神社の東参道(裏参道)入口の鳥居から
南に約100m行った塩竈市中心部の商店街にある境外末社
「塩竈」と言う地名の由来となった鹽竈神社の神器「神竈」を安置している。
この神社は、塩土老翁神(シオツチオジノカミ)という
海水を煮て塩をとる方法を教えてくれた神さまを祀っている。
塩土老翁神が塩作りを教えた時、海水や塩を運搬させた牛が
石に変わり、藤で作った牛引きの鞭もいつしか枝葉が茂り、
それをまつったのがこの牛石藤鞭社と言われている。
今でも古来の方法で塩を作る「藻塩焼き神事」というのが
毎年7月に行われている。
クルック・7枚です。
<<御釜神社

non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
御釜神社・・宮城県塩竈市本町6-1

今回はコメント欄を閉じさせていただきます。
  1. 2011/02/19(土) 15:07:39|
  2. 奥の細道

会津の旅 ③

七日町
会津若松から会津ライナーに乗り換えて七日町(ナヌカマチ)にいった。 2011212aidutetudou.jpg


七日町駅
ここは無人駅だが、駅舎内にある会津17市町村のアンテナショップ「駅カフェ」が人気。
駅前の「七日町通り」は昔ながらの情緒を残していて会津の観光名所ともなっている。 2011212nanukamatieki2.jpg
会津若松市七日町4-20

渋川問屋
マウスオン2枚です 
<

街並み
クルック・8枚です。
<<菓子 長門屋
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

マウスオンして下さい。



戊辰戦争の悲しみを残す阿弥陀寺
慶長8年(1603)蒲生秀行の時代に下野国の良然の開山。
明治元年(1688)の戊辰戦争後、会津藩戦死者の遺骸は
西軍の命で放置されたまま、さわる事も許されなかった。
幾度もの嘆願で埋葬が許可されたのは、翌2年2月だった。
埋葬地は阿弥陀寺と長命寺に限られ、阿弥陀寺には
千三百柱にものぼる遺骸が埋葬された。
春・秋の彼岸には、手厚い供養会が行われている。
自動スライド2枚です。 20110218-091224-32844700.gif

御三階
マウスオン2枚です 
<
  1. 2011/02/18(金) 09:24:40|
  2.   旅  
  3. | コメント:14

奥の細道49  塩竈

塩竈神社
松島湾を眼下に見下ろす一森山の頂上にあり、
創建1200年以上という、歴史と陸奥国一ノ宮としての格式を誇る。
昔から航海安全、大漁満足、家内安全、安産の神様として
厚く信仰されている。社頭に残る鉄灯籠は、
文治3年(1187)藤原秀衡の三男・忠衡が奉献したもの。
クリック・5枚です。
<<>
<>
撫で牛
「商売は牛の涎」
牛は撫でるとよく涎を出すとこるから、
「商売が牛の涎のように、 細く長く続くように」祈願する
RIMG0322.jpg
マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<
樹齢500年の多羅葉(タラヨウ) 20110125-170340-03666200.gif
塩竈神社・・塩竃市一森山1-1
今回はコメント欄を閉じさせていただきます。
  1. 2011/02/17(木) 14:12:49|
  2. 奥の細道

奥の細道48  多賀城

末の松山と沖の石
末松山宝国寺の本堂の奥に、樹齢470年を越える「末の松山」
老松がそびえている。また近くには池の中に、奇岩が幾重にも重なった
「沖の石」があり、ともに陸奥を代表する歌枕として慕われ続けた。

クリック・3枚です。
<<>
<>

樹齢470年の松
20110125-024613-68589800.gif

「沖の石」
20110125-025939-74772800.gif
末の松山と沖の石・・多賀城市八幡2丁目


今回はコメント欄を閉じさせていただきます。


  1. 2011/02/16(水) 13:53:43|
  2. 奥の細道

会津の旅 ②

大内宿
< < < < < < < < < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

マメコバチの巣
葦を束ねて巣を作る
マウスオン2枚です 
<
名物「ネギそば」
20110214-181651-00888300.gif
  1. 2011/02/15(火) 14:10:29|
  2.   旅  
  3. | コメント:26

会津の旅 ①

大内宿
会津若松と日光を繋ぐ会津西街道又は下野街道と呼ばれる街道の宿場町。
宿が形成されたのは、承応3年(1654年)頃と考えられ、
鎌倉時代から会津と関東を結ぶ街道としてかなりの往来があった。
江戸時代に入り街道が整備されると会津西街道は
会津藩、新発田藩、村上藩、米沢藩の参勤交代に使用され、
経済的にも廻米道として利用されるなど重要視された。
又、回りが高い山々に囲まれている為、独立した宿場町として発展し、
本陣をはじめ旅籠や問屋などが設けられ賑わいをみせていた。
明治維新後は街道制度が廃止され主要交通機関から外れた事で
大内宿も次第に人や物資の往来が現象し衰退していった。
この事は宿の町並みが残される大きな要因となり
昭和に入っても旧街道の両側には茅葺屋根の建物が軒を連ねていた。
藩政時代の厳格な町割りによって決められた一軒あたりの屋敷面積は
95坪(171平方m)建坪40坪(約72平方m)の家屋は街道に沿って
3尺(約90cm)の緑を付けその前に「オモテ」と呼ばれる
3間幅(約5.4m)の広場を設置し整然とした町並みになっている。
昭和56年(1981)妻籠宿、奈良井宿に次いで全国3番目の
重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
2011213ooutisyuu1.jpg
会津西街道は、五街道の幹線や付属の諸街道に対して
支線の意味で、脇往還、脇道と呼ばれていた。
若松へ約4里半(16.5km)田島へは5里(20km)
当時の一日行程は約8~10里とされていたので
大内宿は中宿にあたり、本街道の間宿にあたり昼食のための
休憩の宿場であった。江戸時代には江戸と会津(61里・約244km)を
結ぶ街道で、宿場として重要な役割を果たしていた。


町並みの特徴
旧街道の両側にほぼ均等に割られた屋敷割り。
主屋は茅葺き寄棟造りで妻を街道に面している配置。
屋敷は二座敷を併置し、街道に面する旧宿駅住居の形式。
二座敷の表及びその前後を化粧で飾る軒形式。
2011213ooutisyuku9.jpg

2011213ooutisyuku19.jpg

雪が降ったり、止んだり・・・
20110214-175720-98687400.gif
大内宿・・南会津郡下郷町大字大内


コメントは次回にお願いします。
 

  1. 2011/02/14(月) 23:27:47|
  2.   旅  

奥の細道47   仙台・多賀城

陸奥国分寺跡
8世紀の中頃、鎮護国家を祈るため聖武天皇は国ごとに
国分寺を造ることを命じた。陸奥国分寺国分尼寺は、
最も北にある寺となった。伊達政宗が整備した薬師堂、
仁王門が残っており、芭蕉や大淀三千風の句碑・石仏がある。
<
仁王門
< < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

RIMG0214.jpgRIMG0213.jpg
陸奥国分寺跡・・仙台市若林区木ノ下2丁目8-28

多賀城碑
多賀城を修造したときの記念碑といわれており、
碑身は高さ約1.86m、幅約1m、厚さ約50cmの砂岩である
碑文の前半には、主な土地から多賀城までの距離が、
後半には多賀城が神亀元年(724)大野朝臣東人によって創建されたこと、
天平宝字6年(762)藤原恵美朝臣によって改修されたことが彫り込まれている。
この碑は「壷碑(ツボノイシブミ)とも呼ばれ、江戸時代初めの発見以降、
歌枕として広く世に知られていた。
芭蕉も旅の途中にこの碑を訪れ「奥の細道」には
深く感動したことが記されている。
群馬の多胡碑、栃木の那須国造碑と共に 日本三古碑の一つ。
tagamina.jpg
narazidaisiro.jpg
マウスオン・クリック、3枚です 
<
多賀城碑覆堂
ta.jpg
多賀城碑・・多賀城市市川字田屋場
今回はコメント欄を閉じさせていただきます。
  1. 2011/02/13(日) 12:49:53|
  2. 奥の細道

奥の細道46  宮城・仙台

榴岡天満宮
学問の神様といわれる「菅原道真」を祀る神社で、伊達家の崇敬社でもある。
本殿や拝殿、山門や神楽殿など多くの建物が造営され「照星閣」と称されていた。
芭蕉も訪れていて、総ケヤキ造りの社殿の立つ境内には芭蕉をはじめ
多くの文人墨客の句碑や歌碑が立っている。
20110116-141946-61113900.gif

マウスオン2枚です 
<

芭蕉の句碑
66-12
榴岡天満宮・・仙台市宮城野区榴ケ岡23


今回はコメント欄を閉じさせていただきます。


  1. 2011/02/12(土) 10:49:32|
  2. 奥の細道

大江戸街歩き   業平

春慶寺
元和元年(1615)浅草森田町に真如院日理上人によって創建された。
その後、寛文7年(1667)に浅草から本所押上村に移転、400年の歴史を持つ。
江戸時代から「押上の普賢さま」と呼ばれ多くの参詣人で賑わった。
天明(1781~89)の頃に活躍した浮世絵師・勝川春潮の「押上村行楽}には
石の道標に「押上村」「普賢菩薩」という文字が見られ
春慶寺にお参りに行く事が、当時の人々の大きな楽しみだった。
又「東海道四谷怪談」の作者、四世・鶴屋南北の菩提寺である。
20110211-154515-97330300.gif
四世・鶴屋南北の墓
201123   syunkeizi2
ビルの中に書院・本堂・客殿・観音堂そして地下にはお墓まで・・

檀家からお供物も、みんなに分けて・・・

普賢大菩薩
現在安置されている普賢大菩薩は、百済の聖明王が霊夢によって
自ら模像したものを、推古天皇の10年(602)頃に
百済の観勒法師が守護して日本に持って来て、聖徳太子に預けたものと
言われている。春慶寺に祀られたのは、寛保2年(1742)で、
以後「押上の普賢さま」として、人々に親しまれ信仰されている。
この立像は、約10cmという小像でありながら
豊かな面相、細やかな裳、彩色が残されている。
RIMG0064.jpg
見返りの白象
釈迦ゆかりのインドでは、象は仏菩薩の使いとされ
大地をしっかり踏みしめて歩く態度が「実践力」を
象徴するものと尊ばれて来た。仏法守護の普賢菩薩は
6本の牙をもった白象にのっている。6本の牙は
六根(眼・耳・舌・身・意)つまり人間の身心を
白い色は、清浄をあらわしている。
普賢さまは、精進努力する者を励まし、懺悔反省する者に
活路を示し、よき方向に導く開運の菩薩といわれている。
RIMG0065.jpg
春慶寺・・東京都墨田区業平2-14-9


押上天祖神社
延元年間(1336-)から祀られていたと云われ、明治5年村社に指定された。
201123  osiagetenzin
押上天祖神社・・東京都墨田区業平2-13-13

明日から雪の会津に行ってきます。
コメントのお返事は帰ってからいたします。
  1. 2011/02/11(金) 09:27:33|
  2. 東  京
  3. | コメント:26

河津さくら


8日・9日に友人達と熱海に行ったので、足を延して
河津桜を見に行ったが、殆ど咲いていなかった(ノд-。)クスン
かろうじて咲いていた数本を写して来た。

河津さくら
河津桜の由来
昭和30年頃に、河津町田中地区に住む飯田勝美氏により
河津川沿い豊泉橋上流で発見された。
花が咲いたのは約10年後の昭和41年1月下旬、
その後の調査で新種の桜と判明したのち、
昭和49年に河津で生まれた桜にちなんで「河津桜」と命名された。
また最初に見つかった原木は、田中地区にある
飯田家の庭で今も美しい花を咲かせている。
河津桜は、早咲きの大島桜と寒緋桜(カンヒザクラ)の
自然高配種と推定され、染井吉野に比べると
咲き始めから終わりまでが1ヶ月以上と長いのが特徴。
201128kawazu1.jpg

201128kawazu2.jpg

201128kawazu3.jpg
殆どがこんな蕾だった(x_x;)
201128kawazu4.jpg
今はこんな・・・満開の時には下の写真のように素晴しい・・
201128kawazu5.jpg

201128kawazu6.jpg

e94180.jpg

PICT4419.jpg
静岡県賀茂郡河津川河畔

コメントは閉じさせていただきます。


  1. 2011/02/10(木) 11:04:35|
  2.   旅  

奥の細道45  宮城・仙台

(ja022.src=='http://blog-imgs-17.fc2.com/t/a/i/taishi445/20110306093856a0d.mid"'){ja022.src='http://blog-imgs-17.fc2.com/t/a/i/taishi445/20110306093856a0d.mid" ';}"><

瑞凰寺
寛永14年(1637)二代綱宗によって創建された
伊達家の菩提寺
瑞凰寺

板  碑
マウスオン2枚です 
<


RIMG0143.jpg

RIMG0139.jpg


瑞鳳殿
寛永13年(1636)70歳で生涯を閉じた伊達政宗の遺命により
この地に造営された霊屋(墓所)。国宝に指定された豪華絢爛な
廟建築だったが、昭和20年の戦災で惜しくも焼失した。
現在の建物は昭和54年(1979)に再建されたもの。
RIMG0098.jpg

zuihoudenn.jpg


伊達政宗の墓所・瑞鳳殿
zuihoude.jpg

zuihodenn.jpg

二代綱宗の墓所・善応殿
RIMG0129.jpg

zennoudenn.jpg

三代忠宗の墓所・感仙殿
RIMG0125.jpg
BGMはSakuraさんのソース、曲は北斗さんからお借りしました

瑞凰寺・・仙台市青葉区霊屋下23-2

今回はコメント欄を閉じさせていただきます。

  1. 2011/02/09(水) 09:55:23|
  2. 奥の細道

大江戸街歩き   亀戸

龍眼寺
応永2年(1395)に創立、開山は良博大和尚が柳源寺と号して創建。
39世・元珍が萩を好み、元禄6年(1693)に境内に植え、明和7年(1770)
住持義海が更に増殖して、江戸時代から萩の名所として有名。
亀戸七福神(布袋尊) <
客 殿
< < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

芭蕉句碑
明和5年(1768)、其日庵三世溝口素丸が建立した。
都内には芭蕉句碑が37基ほどあるが、その中で最も古い句碑。
芭蕉は、元禄2年(1689)3月、「奥の細道」の旅に出発したが、
「ぬれて行・・・」の句は、小松に滞在中の7月26日、
観水亭での句会で吟じたもの。龍眼寺で吟じた句ではないが
同じ萩の名所であることから、素丸が芭蕉の代表的な萩の句碑をここに建立した。
濡れて行 人もおかしや 雨の萩
龍眼寺・・江東区亀戸3-34-2


天祖神社
推古天皇の治世(593-628)の創建。
その後衰退していたが、応永10年(1403)に復興した。
天正年間(1573-91)に疫病が流行した時、織田信長が
流鏑馬を行わせたところ、たちまち収まったので
以来病気を治す神社として有名になった。
毎年9月16日、子供歩射(ビシャ)が行われている。
亀戸七福神(福禄寿)
20110206-084353-74809700.gif
境内にある太郎稲荷神社
樋口一葉の「たけくらべ」にも出てくる。 20110206-084500-77665700.gif
201123tensozin5.jpg
江東区亀戸3-38-35
  1. 2011/02/08(火) 08:11:03|
  2. 東  京
  3. | コメント:20

奥の細道44  宮城・仙台

芭蕉の辻
昔、この辺りが仙台宿の中心地だった。
側のビルの窓に、明治初期の芭蕉の辻を描いた大きなパネルが展示されている
当時は辻の四隅に2階建て入母屋造りの櫓風建物が陣取り、
長屋風の店蔵がつづいている。
交差点の際に「芭蕉の辻」の碑と、「道標」が据えられている。
道標には「北 津軽三厩迄 四十五次 百七里二十二丁 奥道中」、
「南 江戸日本橋迄 六十九次 九十三里 奥州街道」と標されている。
江戸から仙台まで宿場の数は中山道と同じなのに、
道のりはようやく奥州街道の半分近くに過ぎない。
奥州街道は日本最長の道である。
道標には、仙台までが奥州街道、仙台から北は奥道中と書いてある。
広い奥州のうちでもこれから北はさらに奥まった地域だという事なのか。
芭蕉と曾良はここで奥州街道と別れ、松島に向かった分岐点。

マウスオン・クリック、3枚です
<


仙台東照宮
天正19年(1591)徳川家康が葛西大崎一揆の視察を終えて
帰路のおり、この地で休息した。
御祭神ゆかりの地として鎮座地に選ばれたという。
慶安2年(1649)幕府への忠義を示すため二代藩主・伊達多忠宗は、
東照宮造営を三代将軍・家光に願い出て許しを得、
着工以来五年の歳月を経、承応3年(1654)に完成した。
toushogu.jpg

RIMG0166.jpg

tousixyouguu.jpg

tousixyougu.jpg

toukagura.jpg

uekara.jpg
BGMはSakuraさんのソース、曲は北斗さんからお借りしました

仙台東照宮・・仙台市青葉区東照宮1-6-1

今回はコメント欄を閉じさせていただきます。

  1. 2011/02/07(月) 09:16:46|
  2. 奥の細道

大江戸街歩き   亀戸

亀戸銭座跡
江戸時代に銅銭が本格的に鋳造されたのは、寛永13年(1636)
幕末までに造られた銅銭は全て寛永通宝といい「寛永通宝」の文字が
打ち出されている。寛文3年(1663)から天和3年(1683)まで、
この場所に「亀戸銭座」があった。「寛永通宝」の裏面は無印のものが多いが、
造られた場所の文字が入る事があり、この時造られた銅銭には
「文」の文字が入っているので「背文銭」といわれ、明和5年(1768)に、
ここで造られた真鍮銭には21本の波模様があるので「波銭」いわれた。
201123   kameidozeniza


亀戸天神社
学問の神様として知られる菅原道真を祀る。
下町の天神さまとして親しまれている。
九州太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐が、寛文元年(1661)
天神の小祠に道真ゆかりの飛梅で彫った天神像を奉祀したのが始まり。
徳川幕府は本所の町を、江戸の大半を焼き尽くした明暦大火の被害による
復興開発事業の土地とさだめ、四代将軍・家綱はその鎮守神として祀るよう
社地を寄進した。寛文2年(1662)大宰府の社にならい、
社殿・楼門・回廊・心字池・太鼓橋などが造営された。
古くは九州大宰府天満宮に対して東の宰府として「東宰府天満宮」
あるいは「亀戸宰府天満宮」といわれていたが、明治6年(1873)に
東京府社となってから亀戸神社となり、昭和11年(1936)に亀戸天神社と改称。
20110205-150037-51904200.gif

梅まつりは始まっていたが・・・まだ早かったo( _ _ )o
マウスオンして下さい。


201123  kameidotenzin6

紅梅殿
寛文2年(1662)に太宰府天満宮の御神木である飛梅の実生を勧請した。
現在の社は昭和63年(1988)に再建された。
「飛梅伝説」
道真が京の都を去る時に詠んだ
「東風吹かば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」
その道真の愛した梅が、あるじを慕って一夜にして京都から
道真の住む大宰府の屋敷の庭へ飛んできたという

201123  kameidotenzin8

摂末社・・ 御嶽神社鳥居
道真の教学上の師である延暦寺第十三代座主、法性坊尊意僧正を祀る。
「卯の神」として知られ、正月初卯、二の卯、三の卯には、卯槌や卯の神札が授与される。
201123 kameiditenzin3

神牛座像
菅原道真は承和12年(845)6月25日、乙丑年生まれ。
延喜3年(903)に亡くなったが、葬送中、遺体を乗せた車を引く黒牛が動かなくなり、
その場所を墓所と定めた。その後、その場所に社殿を建立し、
御霊を祀ったことが太宰府天満宮の起源で、その年も乙丑年だった。
また、道真が京都から大宰府へ向う途中に
白牛によって難から逃れることができたとも伝えられている。
道真と牛との縁は深い。神牛(シンギュウ)に触ることにより病気を治し、
知恵を得るといわれている。
201123 kameidotenzin4
亀戸天神の梅
20110205-164715-35521800.gif
亀戸天神社・・東京都江東区亀戸3丁目6番1号

  1. 2011/02/06(日) 08:06:10|
  2. 東  京
  3. | コメント:18

スカイツリー

スカイツリーと本社ビル
201123   569m
2011年2月3日・・569m
2011233.jpg
コメントは閉じさせていただきます。
  1. 2011/02/05(土) 10:44:51|
  2. 東  京

奥の細道43  宮城・増田宿・笠島

衣笠の松
マウスオンして下さい。
  

RIMG0051.jpg


藤原実方朝臣の墓
中古三十六歌仙の一人。藤原行成卿との争いがもとで
長徳元年(995)に陸奥守に左遷され、笠島道祖神の前を
乗り打ちして奇禍にあい、そのまま病に落ち、帰らぬ人となったという。
美貌と風流を兼ね備え『源氏物語』の主人公・光源氏のモデルといわれている。
西行法師や芭蕉のゆかりの地であり、句碑がある。
マウスオン・クリック、3枚です
<

実方が陸奥守として下向した際、人々が節句にもかかわらず
菖蒲を葺かないのを見て、理由を尋ねたところ、陸奥国には
そのような習慣はなく、菖蒲も生えていないとのこと
実方は、浅香の沼の花かつみというものがあるので
それを葺くように命じたことから、陸奥国では節句に
菰を葺くようになったという伝えがある。
クリックして下さい、別画面がでます。


西行がこの地を訪ねた時、実方の墓の哀れに心をよせたすすき
(かたみのすすき)
朽ちもせぬ その名ばかりを とどめおきて 枯野のすすき 形見にぞみる
20110113-025937-85711600.gif

芭蕉句碑
笠島はいづこ 五月の ぬかる道
マウスオン2枚です 
<
藤原実方朝臣の墓・・名取市愛島(めでしま)





  1. 2011/02/04(金) 08:53:54|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:12

奥の細道42  宮城・岩沼

竹駒神社
承和9年(842)小倉百人一首で知られる小野篁(タカムラ)が陸奥守に
任命された時、東北開拓、産業開発の大神として創建された。
京都の伏見稲荷、茨城の笠間稲荷と共に日本三大稲荷に数えられている。
20110111-153208-82986300.gif

芭蕉の句碑
佐くらより 松盤二木を 三月越し
tabasixyou.jpg


武隈の松
竹駒神社の北にあり、この地に昔からある名木で、二股に分かれた
珍しい松、歌枕の地として有名で、藤原元善に詠み込まれた後、
藤原実方や橘季通、西行法師、能因法師、芭蕉など、
数多くの歌人に詠まれ、慕われ続けた。
現在の松は七代目で、史跡公園の片隅には八代目が準備されている。
マウスオンして下さい。
  

takekomabasixyou.jpg

マウスオン2枚です 
<
竹駒神社・・宮城県岩沼市稲荷町1-1





  1. 2011/02/02(水) 08:48:07|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:14

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR