すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

鎌倉を歩く   紫陽花

鎌倉に紫陽花を見に行った。
沢山の種類の素晴しい紫陽花を堪能してきた。

ダンスパーティー     マウスオン2枚です 
<

かまくら
かまくら

     自動スライド2枚です 
20110626-174302-03189700.gif
珍しい花形でしょう?
東慶寺
八丈千鳥 マウスオン2枚です 
<


長谷寺
<<<<<
Sakuraさんのソースをお借りしました







東北地方大震災のために中止になっていた
奥の細道ツアーが再開しました。明日から三日間行ってきます。

スポンサーサイト
  1. 2011/06/27(月) 21:34:16|
  2. 鎌  倉
  3. | コメント:16

大江戸街歩き   文京区

慈照院
徳川家康の生母・お大の方の妹、慈照院が開基となって
寛永8年(1631)に創建された。
RIMG0112.jpg

RIMG0110.jpg
慈照院・・文京区小石川 4-12-6             


善仁寺
安和2年(969)に創建された。
それから250年ほどたった頃、東国を巡歴していた親鸞聖人は
善仁寺で休憩され、一杯の水をご所望した。
井戸が深く水を汲むのに大変苦労している様子を見て
手にしていた杖で地を掘ると、清水がこんこんと湧き出た。
これが現在の極楽水と言われている。
古来小石川屈指の古刹として法燈をかかげ、江戸時代には大いに栄えていたが
徳川家康が傳通院を創建し、母君の菩提寺として、その周辺に寺院が立ち並び
賑わいの中心は徐々に善仁寺周辺から傳通院周辺へと移っていった。
RIMG0113.jpg

RIMG0116.jpg
極楽水
RIMG0119.jpg
歴史を語る 大楠
RIMG0122.jpg
善仁寺・・文京区小石川 4-13-19

今回はコメントを閉じさせていただきます。次回宜しくお願いします。
続きを読む
  1. 2011/06/25(土) 13:15:30|
  2. 東  京
  3. | コメント:4

大江戸街歩き   文京区

沢蔵司(タクゾウス)稲荷
元和6年(1620)に、伝通院塔頭寺院として現在地に創建された。
伝通院の学寮に沢蔵司という修行僧がいた。僅か3年で宗義を極めた。
ある日学寮長の夢の中に現れ
「余は千代田城の内の稲荷大明神である。
かねて勉強をしたいと思っていた長年の希望ここに達した。
今より元の神に帰るが、長く当山(伝通院)を守護して、恩に報いる」
と告げて暁の雲に隠れたという。
そこで伝通院の住職は、境内に沢蔵司稲荷を祀った。
沢蔵司稲荷
沢蔵司稲荷・・文京区小石川 3-17-12              


真珠院
真珠院1

真珠院
真珠院・・文京区小石川 3-7-4


  1. 2011/06/23(木) 15:34:06|
  2. 東  京
  3. | コメント:16

水元公園


自転車親父さん主催のオフ会で、水元公園に行って来ました。
小雨が降ったり止んだりでしたが、
雨に濡れた花菖蒲はd(⌒ー⌒) 最高 !!でした。
水元公園は東京23区の中でも、最大規模の面積をもつ水郷公園で
園内には多種多様な植物が育っていて、特にサクラや
ハナショウブの季節は、花見客やカメラマンで賑わいます。
また季節を問わず、週末を中心に釣や余暇を楽しむ人たちで賑わっています。

クリック9枚です。


<<
北斗さんのソースをお借りしました

水元公園a

水元公園c

水元公園h
水元公園・・東京都葛飾区・埼玉県三郷市 続きを読む
  1. 2011/06/21(火) 18:58:36|
  2. 東  京
  3. | コメント:13

大江戸街歩き   文京区

源覚寺
寛永元年(1624)伝通院三世・定誉が
徳川秀忠から隠居地として境内1344坪を拝領して起立。
眼病にご利益のある閻魔と、歯痛にご利益のある地蔵を祀るお寺。
江戸時代後期、眼病を患った老婆に閻魔が
自らの右目を与えて癒し、それに感謝した老婆が
自分の好物のこんにゃくをお礼に供えたという故事により、
本堂の閻魔像にはこんにゃくが供えられ、「こんにゃくえんま」とも呼ばれる。
また、歯痛を抱える人は境内にある「塩地蔵」に塩を供えて祈り、
完治の折には塩の量を倍にしてお礼参りをすることになっている。
源覚寺
片目の閻魔王
2011525.jpg

閻魔王坐像の詳しい説明は、マウスオンして下さい。

塩地蔵尊
源覚寺 塩地蔵尊
源覚寺・・文京区小石川 2-23-14
  1. 2011/06/19(日) 22:10:06|
  2. 東  京
  3. | コメント:12

大江戸街歩き   文京区

小石川後楽園
寛永6年(1629)水戸徳川家初代藩主・徳川頼房が
江戸上屋敷内に造った、築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)を
嫡子の徳川光圀(水戸黄門)が改修、明の遺臣朱舜水(朱之瑜)の
選名によって「後楽園」と命名して完成させた。
7万平方㍍以上の広大な園内には、蓬莱島と徳大寺石を配した大泉水を中心に、
梅、桜、ツツジ、花菖蒲などが植えられ、四季を通じて情緒豊かな景色が広がる。
また中国の文人たちが好んで歌った西湖や廬山もとり入れている。
光圀は朱舜水を設計に参加させたといわれ、中国的、儒教的な趣好が濃厚。
明治2年(1869)の版籍奉還により、旧藩主徳川昭武が邸宅とともに新政府に奉還した。
なお、昭和12年(1937)隣接する旧東京砲兵工廠跡地に
プロ野球興行を主たる目的として造られた野球場は小石川後楽園にちなんで
「後楽園球場」と名付けられた。

内 庭
内  庭
園内は、大別すると内庭と後園(後楽園)に
  別けられ、内庭は書院の庭だった。
江戸時代は「うちの御庭」と呼ばれていた。
江戸の大名屋敷が殆ど消滅した現在
書院の庭の旧態を残す貴重な存在である。


得仁堂
光圀が建てた園内最古の建物。
光圀が感銘を受けた伯夷叔斉の木像が
安置されている。
名前の由来は、論語の
「仁を求めて、仁を得たり」による。
得仁堂
屏風岩

屏風岩
屏風のように真直ぐに屹立しているところから、
こう呼ばれるようになった。
三代将軍・家光が、しばしば訪れた時に
この近くの松の枝に手拭いを掛け
河原の石に腰をおろしたといわれている。



九八屋
江戸時代の風流な酒亭の様子を現わした。
名の由来は「酒を飲むに昼は九分、
夜は八分にすべし」と酒のみならず、
万事控えるを良しとするとの教訓
九八屋
神田川上水跡


神田川上水跡
昔、神田川は、ここを流れていた。


稲田
これは農民の苦労を、水戸光圀が
彼の嗣子・綱条の夫人に教えようと作った
田圃で、現在は毎年、区内の小学生が、
5月に田植え9月に稲刈りをしている。
稲 田


小石川後楽園
小石川後楽園・・文京区後楽 1-6-6
続きを読む
  1. 2011/06/17(金) 07:50:48|
  2. 東  京
  3. | コメント:14

新宿御苑

右が山桜、左が染井吉野だって!
桜2本

( ̄へ ̄|||) ウーム  根元は、どう見ても一本の木だけど・・・
桜二本

こういうの、結構すきなの・・・
新宿御苑3

新宿御苑7

新宿御苑11

ニワナナカマド
新宿御苑1

タイサンボク
新宿御苑2

モミジ
新宿御苑6

八重ドクダミ
新宿御苑12
続きを読む
  1. 2011/06/15(水) 20:44:00|
  2. 東  京
  3. | コメント:9

大江戸街歩き   北区

西ヶ原一里塚
マウスオンして下さい。


西ヶ原一里塚
西ヶ原一里塚・・北区西ヶ原 2-13-4


七社神社
火災により古記録を焼失したため、創建年代等については不詳であるが、
古くから西ヶ原村の鎮守であった。
もとは無量寺の境内(現在の古河庭園内)にあったが、
明治初年の神仏分離の後、現在地へ遷座した。
七社神社


七社神社1
七社神社・・北区西ヶ原 2-11-1 


平塚神社
中世の豪族・豊島氏の館があり、源義家が奥州征伐から凱旋した時
にこの館に滞在し、 その礼に鎧と守り本尊の十一面観音像を譲ったといわれている。
境内の裏手にはその鎧を埋めたと伝えられる甲冑塚がある。
平塚神社
平塚神社・・北区上中里 1-47-1 




  1. 2011/06/13(月) 09:05:25|
  2. 東  京
  3. | コメント:12

大江戸街歩き   北区

正受院
弘治年間(1555-58)大和国に住み不動即我の密法を修していた
学仙房という僧が、霊夢によって武蔵国に来てこの寺を開いた。
本堂の左側には、江戸時代後期の探検家として知られ、多くの書物を残した
近藤守重甲冑姿石像がある。
石神井川の洞窟の中にあったものを、明治のはじめ今の場所に移された。
また、赤ん坊の納骨や供養をしていることから、「赤ちゃん寺」とも呼ばれている。
正受院1

正受院2

正受院3

正受院4

正受院6

正受院7
正受院・・北区滝野川 2-49-5
  1. 2011/06/11(土) 06:45:51|
  2. 東  京
  3. | コメント:8

大江戸街歩き   北区

金剛寺(紅葉寺
この辺りは、八代将軍・吉宗の命により、カエデが植樹され
この寺も紅葉寺として今も親しまれている。
また源頼朝が伊豆で挙兵した後、隅田川を渡って武蔵国へ攻め入る時に
金剛寺あたりに陣を張ったといわれている。
頼朝が信仰し、江戸時代も広く信仰された松崎弁天が安置されている。
詳しくは、マウスオンして下さい。


金剛寺2

金剛寺3

金剛寺1
金剛寺・・北区滝野川 3-88-17


松崎弁財天洞窟跡
マウスオンして下さい。


20110603-094438-57107300.gif





続きを読む
  1. 2011/06/09(木) 08:49:06|
  2. 東  京
  3. | コメント:10

大江戸街歩き   北区

王子神社
中世に熊野信仰の拠点となった神社。
王子村は古くは岸村といっていたが、元亨2年(1322)当地の領主豊島氏が
社殿を再興し、紀州熊野三所若一王子が勧請され、王子村と改められた。
王子神社鳥居

20110602-211414-98614100.gif

関 神社
「これやこの 行くも帰るも 別れては
知るも知らぬも 逢坂の関」の和歌で知られる蝉丸公は、
延喜帝の第四皇子、髪の毛が逆髪である事に嘆き悲しむ姉、逆髪姫のために
侍女の古屋美女に命じて「かもじ・かつら」を考案し
髪を整える工夫をしたことから音曲諸芸道の神、髪の祖神と崇敬を集めていて
関蝉丸神社として、滋賀県大津の逢坂山に祀られている。
その神徳を敬仰する人達が、かもじ業者を中心として江戸時代に奉斎された。
関 神社
王子神社・・北区王子本町 1-1-12
  1. 2011/06/07(火) 07:29:00|
  2. 東  京
  3. | コメント:14

大江戸街歩き   北区岸町

王子稲荷神社
関東稲荷総社の格式を持ち、江戸時代から庶民に親しまれてきた。
落語『王子の狐』で有名。古くは岸稲荷ともいった。
荒川流域が広かった頃、その岸に鎮座したところからついたといわれる。
創設は不詳だが、源頼義が奥州追討の時に、深く崇敬した。
毎年、大晦日の夜に関東一円の稲荷神社から狐が集まって
参詣したという伝承が残っていて
除夜とともに近くの装束稲荷を出発する地元の人々による
「大晦日狐の行列」が王子稲荷へ向かいたいへんな賑わいとなる
この社の狛狐は鍵を持っているが、これは関東の稲荷を管理していた証だろうか?
王子稲荷神社

王子稲荷神社 拝殿 

王子稲荷神社・
本宮社
本宮社
願掛け石
願い事を念じながら「お石様」を持ち上げ、予想した重さよりも
軽く感じたら、願い事が叶いやすく、
重く感じたら、叶いずらいので、まだまだ努力が必要
との言い伝えがある。
20110602-093051-56874800.gif
王子稲荷神社・・北区岸町1-12-26
  1. 2011/06/05(日) 08:37:10|
  2. 東  京
  3. | コメント:16

大江戸街歩き   北区

地福寺
参道は、かつての王子の名産であったお茶栽培の名残りをとどめる
「茶垣の参道」となっている。境内には「四国八十八カ所お砂踏み」と
「母娘遍路像(救らいの像)」がある.
地福寺1

地福寺3 安じて、親族(ウカラ)と暮らせるその日まで
隔てなく命輝くその日まで
母娘の遍路の旅は果てない
地福寺2
地福寺・・北区中十条 2-1-20


名主の滝
江戸時代の安政年間に、王子村の名主・畑野孫八が、その屋敷内に滝を開き、
茶を栽培して、一般の人々が利用できる避暑のための施設とした事に始まる。
名称もそれに由来している。嘉永3年(11850)の安籐広重による
『絵本江戸土産』に描かれた『女滝男滝』が名主の滝にあたる。
明治の中頃に、畑野家から貿易商である垣内徳三郎の所有となり、
氏は、好んでいた塩原(栃木県)の景に模して、庭石を入れ楓を植え清流をつくり
奥深い谷の趣の有る庭園として開園としたようだ。
名主の滝公園
今は、節電のため、滝に水は流れていない o( _ _ )o
名主の滝
節電前の滝
nanutaki.jpg
名主の滝公園・・北区岸町 1-15-25


三平坂
名主の滝公園の北側に沿って台地へ登る曲がりくねった坂道。
名前の由来は、江戸時代の絵図にある三平村の名をとったとも
室町時代の古文書にある十条郷作人三平の名をとったともいわれている。
農家の人が水田や名主の滝に行くのに利用していた。
三平坂


続きを読む
  1. 2011/06/03(金) 08:32:59|
  2. 東  京
  3. | コメント:12

大江戸街歩き   北区

十条富士塚
富士神社3

20110526-205859-17029400.gif

篠原演芸場
昭和26年(1951)開館。 現在、都内で2つしかない大衆演芸場で
熱いファンは数多く、公演日は毎回長蛇の列ができる。
マウスオン2枚です 
<

篠原演芸場・・北区中十条2-17-6
 
  1. 2011/06/01(水) 09:39:21|
  2. 東  京
  3. | コメント:12

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR