すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

写真講座   

山下公園
この日は雨だったので、早々に切り上げて
中華街でランチを楽しんだ(^ー^* )フフ♪
その前に望遠にして、バラを主役に、日本郵船を脇役に・・・
11201.jpg

11202.jpg

11203.jpg
(・・*)(..*)ウ・・ウウン 難し~い


次の週は神代植物公園でバラを撮影・・・
< < < < < < < < < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

圧縮効果の練習と前ボケ・後ろボケ
112017.jpg 112018.jpg

明日から、一日まで奥の細道の最終地、永平寺から大垣まで
歩いて (’_’?)...ン?来ますので、
コメントは閉じさせていただきます(ツ _ _)ツ 
スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月) 23:48:36|
  2. 横  浜

奥の細道88 村上

岩船神社
大化4年(648)、朝廷の命を受けた阿部比羅夫(アベノヒラフ)が 
越・信濃の民を選び、蝦夷に対する最前線基地 「磐舟柵」を築いたという
「岩船」地区の歴史は古く「磐舟柵」が築かれる前すでに
石の小祠が祀られていたという。柵が作られて1300年を経て、
今なお住民に篤く信仰される石船神社の原初の形である。
63042.jpg

鳥居脇にある花咲きて七日鶴見る麓かなの芭蕉句碑
63060.jpg

本  殿
63039.jpg
63041.jpg

磐舟柵跡の石碑
63043.jpg

文月や六日も常の夜には似ずの芭蕉句碑
63044.jpg

岩船港につながる川と最明寺
63046.jpg
岩船神社・・村上市岩船三日市9-20
  1. 2011/11/26(土) 21:23:23|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:10

奥の細道87   村上

編集していて、手違いで10月18日に投稿してしまいました。
奥の細道の順番を追いたくて、ここに移行しましたので
コメントは閉じさせていただきます。


黒塀プロジェクト
63032.jpg

63033.jpg

63034.jpg

63036.jpg

63037.jpg

63038.jpg

続きを読む
  1. 2011/11/25(金) 15:19:31|
  2. 奥の細道

奥の細道86   村上

旅籠久左衛門跡 「井筒屋」
江戸時代から続いている旅籠
現在も一日一組、国の登録有形文化財である
明治期の町屋の風情を残す部屋に 泊まれます。
63020.jpg
自動スライド2枚です。
20111018-134527-36209200.gif
井筒屋・・村上市小町1-12

味匠 喜っ川(ミショウ キッカワ)
寛永33年創業の、伝統ある鮭製品のお店
自動スライド2枚です。
20111018-141213-24527300.gif
明治時代の町屋の中で、天井から吊り下る沢山の塩引き鮭
63026.jpg
店の前に・・・
63025.jpg
所在地・・村上市大町1-20

  1. 2011/11/23(水) 09:58:32|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:6

奥の細道85  村上   

武家屋敷・旧若林家
明和6年(1769)の火災以後18世紀末に建てられた中級武家屋敷
若林家の祖は甲斐武田氏の遺臣で延宝2年(1674)以降
代々内藤家に仕え村上藩では当初200石(後150石)の中級上位の武士
寄棟、茅葺、曲屋形式(東西棟は居室系、南北棟は座敷系で構成されてる。)
18世紀末から大きな改造が少なく村上城下の中級武家屋敷の様子を残すもの
建築にあたっては多くの古材を使うなど、建物自体は非常に質素なもので
当時の武士の暮らしぶりを良く表している。
6309.jpg

63012.jpg

63011.jpg

63010.jpg
旧若林家・・村上市三之町7-13

続きを読む
  1. 2011/11/21(月) 14:14:01|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:8

奥の細道84  鶴岡

塩俵岩
名前の由来は、何百枚もの俵を積み上げたように見えるところからついた
201162928.jpg

芭蕉の句碑
あつみ山や 吹浦かけて 夕涼み
201162929.jpg
塩俵岩・・山形県鶴岡市温海

念珠関の跡
白河関、勿来関と共に奥羽三大関所の一つに数えられる関所。
最初の関所は今から1300年ほど前にこの地より少し南の地点にあったが、
1600年頃に現在の地に移設されたと言われる。
江戸時代には「鼠ヶ関御番所」と言われ、明治時代に関所が廃止されるまで
重要な役割を果たしてきた。現在は大正時代に立て替えた柱や石垣の一部が残り、
かつての番所は今でも民宿として利用されている。
文治3年(1187)に源頼朝の追討を逃れて奥州に向かう源義経が海路を北上し
ここ念珠関で上陸したという説から、有名な勧進帳の舞台になった所ともいわれている。
クリックして下さい、別画面がでます。
念珠関の跡
念珠関の跡・・山形県鶴岡市鼠ケ関地内

弁天島(義経上陸の記念碑)
義経一行が兄頼朝の追討を逃れて平泉に赴く際、最後の関門となったのが、
越後と出羽の国境、鼠ヶ関(念珠関)であった。
弁天島の入口ともいえる場所には、弁天様の御社 厳島神社がある。
6304.jpg

6306.jpg

6305.jpg

6307.jpg
続きを読む
  1. 2011/11/19(土) 17:12:11|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:12

奥の細道83 鶴岡

山王日枝神社
創建年代は詳ではない。
当地方第一の古社と伝えられ、出羽国田川郡大宝寺村草創の時より
すでにあったと言われている。
鶴岡市大字日枝字坂本の日枝神社を上山王とし、
当社を下山王とす、ワンセットの神社であった。
家康の長男の徳川信康を祀る復鎮神社が鎮座、
城主の酒井氏が先祖の忠次ぐの行状を悔い、御羽車御霊社として
信康の霊を勧請したと言う。
出羽三山神社の三大祭りのひとつである松例祭の際、
当社に羽黒山の山伏が集結、参拝する。
6297.jpg
6298.jpg
弁天さま
6299.jpg
弁天島にある芭蕉の句碑 珍らしや山を出羽の初茄子。
62910.jpg
62911.jpg
山王日枝神社・・山形県鶴岡市山王町2-26


内川乗船地跡
元禄2年(1689)の春に江戸を出て、陸奥から出羽を
めぐっていた芭蕉は、6月10日(陽暦7月26日)に
羽黒山を下り、鶴岡城下の庄内藩士・長山重行宅で地元の
俳人たちと誹諧を楽しむ3日間を過ごした。
13日には、この内川の船着場から船で酒田に赴いた。
当時の酒田通いの船は、内川から赤川を経て最上川河口の
酒田まで7里(約28km)ほぼ半日を要したという。
62912.jpg
内川乗船地跡・・山形県鶴岡市山王町

長山重行邸跡
元禄2年(1689)6月10日(陽暦7月26日)芭蕉は羽黒山を下って、
鶴岡城下に住む庄内藩士 長山五郎右衛門重行の屋敷に入った。
芭蕉は出羽三山参拝の疲れかすぐに休息したが、
夜になって曽良・重行・呂丸と歌仙をまいたという
「めずらしや山をいで羽の初茄子」は、
その時の芭蕉の発句で、食膳に供された鶴岡の名産「民田なす」が
目にとまったものと言われている。
長山重行は、呂丸や岸本公羽と共に蕉門の偉人として、
鶴岡俳壇に重きをなした人物で、元禄13年に外に屋敷替えになるが、
屋敷跡が残る山王町のこの界隈は、今も長山小路と呼ばれている。
62914.jpg

民田なす
鶴岡に古くから伝わる在来野菜の1つで、小ぶりで歯応えがよく漬物にピッタリ。
marunasu-1.jpg

長山重行邸跡・・山形県鶴岡市山王町
  1. 2011/11/17(木) 18:32:05|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:6

奥の細道82  酒田

山居倉庫(サンキョソウコ)
米穀倉庫(2重屋根・倉の内部は湿気防止構造
ケヤキ並木と自然を利用した低温管理倉庫)
明治26年(1893)酒田米穀取引所の付属倉庫として
旧庄内藩酒井家により当時の鵜渡川原村に建設され、
同年11月1日開業。管理・運営も酒井家が行った。
昭和14年(1939)取引所は米穀配給統制法によって廃止されたが、
倉庫は引き続き財団法人北斗会、庄内経済連、
全国農業協同組合連合会庄内本部(JA全農庄内)と所轄を移しながら
現在も運用されている。平成19年(2007)時点で12棟が残る。
うち1棟が「庄内米歴史資料館」、2棟が「酒田市観光物産館
酒田夢の倶楽(クラ)」として一般開放されている。
6291.jpg
ケヤキ並木
6292.jpg

6293.jpg

6294.jpg
二重屋根
土蔵と屋根の間に、空間を作り、風通しをよくし
土蔵内の温度を上げないようにした構造。
6295.jpg

三居稲荷神社
明治26年、倉庫を建設する時、旧藩主・酒井家の
太郎稲荷および徳川家の禎祥稲荷の二柱を勧請して
従来から鎮座する山居稲荷神社に合祀して
山居稲荷神社と改名した倉庫鎮守の神
6296.jpg
所在地・・山形県酒田市山居町1丁目

続きを読む
  1. 2011/11/15(火) 08:27:34|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:10

奥の細道81  酒田

本間家旧本邸
本間家は相模国本間村の出身で、新潟を経て永禄年間(1558)酒田に移住。
(1688)久四郎原光(モトミツ)が初代で、主に蝋・古物・薬・瀬戸物を扱う商人になった。
その後、商業以外でも金融や地主の道でも成功し成長していった。
発展の礎を築いたのは本間家3代・光丘(ミツオカ)で、庄内藩酒井家のために
幕府の巡見使一行の本陣宿として明和5年(1768)に新築し献上。
幕府の命により莫大な出費が必要になった時や、凶作により資金不足になった時に
本間家は資金を援助し、後に500石の士分を許され、庄内藩の御用商人となった。
「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」と歌われたほどの豪商で
第2次世界大戦前までの本間家は、土地が約3千町歩、小作人は約2千7百人ほどで
日本一の大地主の名をはせていた。
本間家旧本邸の中は、中央の仏間を挟んで武家屋敷と商家造りに別れ
全国的に見ても大変珍しい造りとなっている。
南には長屋門、東には薬医門があり、土蔵の中には
天下泰平五穀豊穣を願った七社の宮がある。
母屋は桟瓦葺(さんがわらぶき)の平屋書院造り。
201162964.jpg

201162965.jpg

201162966.jpg

201162967.jpg

201162968.jpg
向い側にある別邸
本間家旧本邸の道路を挟んで本間家の別館
今は土産品店で、本間家に関する資料や瓦などが一部展示されてる。
2011629690.jpg
本間家旧本邸・・山形県酒田市2番町12-13
続きを読む
  1. 2011/11/13(日) 07:45:12|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:12

奥の細道80  酒田

日和山公園
文化10年(1813)港近くの丘に常夜灯を設置したことに始まり、
古くから港・酒田のシンボルとして親しまれてきた。
酒田港繁栄の基礎を築いた河村瑞賢の像や、日本最古の木造六角灯台、
往時を活躍した千石船(1/2で再現)船頭衆に利用された方角石、
常夜灯などの文化遺産が点在している。
マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

日和山公園・・酒田市南新町一丁目

日枝神社
天明4年(1784)に本間光丘によって建立された。
本殿・拝殿は、入母屋、瓦葺き、正面に大きな千鳥破風があり、
向拝の幅は2間あり4本の柱で支え、上部は唐破風が設えてある。
秋田県南部から山形県北部の社寺建築に見られる
力士像の形態を継承しながら、日枝神社(日吉神社)特有の猿信仰
(猿は神の使いとされる)と結び付いたと思われる。
山王鳥居
201162953.jpg
随神門
元々天明7年に建てられてたが、明治27年の
酒田大地震で完全に倒壊、本間光輝が8年の歳月をかけ
明治35年に再建した。
201162954.jpg
拝殿
201162955.jpg
日枝神社・・酒田市日吉町一丁目地内
続きを読む
  1. 2011/11/11(金) 17:14:47|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:8

奥の細道79  酒田

不玉亭
201162938.jpg

201162939.jpg

旧鎧屋

酒田を代表する廻船問屋で、江戸時代を通じて繁栄し
日本海海運に大きな役割を果たした鐙屋惣左衛門の邸宅。
酒田は、江戸時代には「西の堺、東の酒田」と謳われた豪商の街。
西回り航路の重要港として栄えた。
201162940.jpg

201162941.jpg

201162942.jpg
裏  庭
201162945.jpg

201162946.jpg
マウスオン2枚です 
<
千石船の模型
201162950.jpg
中  庭
201162947.jpg

マウスオン2枚です 
<

旧鎧屋・・山形県酒田市2番町12-13 続きを読む
  1. 2011/11/09(水) 14:03:59|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:10

浅草・白鷺の舞

浅草寺の白鷺の舞
昭和43年(1968)の「東京百年祭」を記念して創始奉納された。
京都八坂神社の祇園祭の鷺舞を参考にして、
浅草寺縁起の遷座(センザ)式に登場する「白鷺の舞」を再興したもの。

本坊から守護童子が出発・・・
11031.jpg

11032.jpg
大傘                    楽人
11033.jpg 11034.jpg

11035.jpg 11036.jpg
華麗に舞う白鷺たち
クリック7枚です。
<<>
<>

11071.jpg 11072.jpg
続きを読む
  1. 2011/11/07(月) 08:25:48|
  2. 東  京
  3. | コメント:12

奥の細道78  象潟                                           

蚶満寺
仁寿3年(853)慈覚大師の開創と伝えられ、
かっては名勝であった象潟(九十九島)の要にあった。
201162910.jpg

201162911.jpg
象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、
かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、
文化元年(1804)の大地震で干潟に変わった。
201162912.jpg

蚶方(キサカタ)の美景と神功皇后の伝説によりこの地を占い、
皇后山干満珠寺と号したという。
神功皇后の伝説とは、神功皇后が三韓征伐の帰路、大シケに遭って象潟沖合に漂着し
小浜宿禰が引き船で鰐淵の入江に導き入れたが、
そのとき皇后は臨月近かったので清浄の地に移したところ、
無事に皇子(のちの応神天皇)を産み終えたという
その後、象潟で半年を過ごし、翌年の4月鰐淵から出帆し、
筑紫の香椎宮に向かったという。寺の名は、干珠・満珠を
皇后が持っていたことに由来するとされる。
201162913.jpg 201162914.jpg
元禄2年6月、芭蕉が訪れて「九十九島(ツクモジマ)」景観を絶賛している。
ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、
「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、
象潟や 雨に西施が ねぶの花
(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)と詠んでいる。
にかほ市は、この句が縁で、西施が生まれた中華人民共和国浙江省諸曁(ショキ)市と
姉妹都市提携を結んでいる。

山 門
木造切妻造瓦葺の八脚門(12坪)江戸中期の建立と推定。
201162915.jpg

本 堂
201162917.jpg

201162916.jpg 201162918.jpg 201162919.jpg

201162921.jpg 201162922.jpg
蚶満寺・・秋田県にかほ市象潟町象潟島
続きを読む
  1. 2011/11/05(土) 10:23:36|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:8

奥の細道77 象潟

奥の細道最北の地・象潟

RIMG0164 奥の細道最北の地
20116298.jpg

熊野神社
クリックして下さい、説明文がでます。
 熊野神社

マウスオンして下さい。


201162931.jpg
熊野神社・・秋田県にかほ市象潟町一丁目塩越


欄干橋
201162935.jpg

201162934.jpg

マウスオンして下さい。


201162937.jpg
欄干橋・・秋田県にかほ市象潟町一丁目
  1. 2011/11/03(木) 08:14:43|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:10

奥の細道76  遊佐

十六羅漢岩

マウスオンして下さい。

<
< < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

らかん1 らかん2
らかん3 らかん4
らかん5 らかん6
十六羅漢岩・・山形県飽海郡遊佐町吹浦

出羽二見
夫婦岩とも呼ばれ、掛けられた注連縄の真ん中に
見える夕日が撮影のスポットとして有名。 20116299.jpg
出羽二見・・山形県遊佐町吹浦字西楯 続きを読む
  1. 2011/11/01(火) 08:12:23|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:10

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR