すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

奥の細道114

全昌寺
大聖寺城主山口玄蕃の菩提寺だった寺院。
12123200.jpg
1212321.jpg

芭蕉座像
顔いっぱいに笑みをたたえた面目
あごを突き出し、背を丸めて座る、老境に達した芭蕉を
個性的に表現した肖像彫刻
像底部に「杉風薫沐作之」と刻まれている。
1212333.jpg

慶応3年(1867)に完成された五百羅漢は、総計517体の仏像が
完全に具備し、仏工の仕様書、一体一体の寄付者を記録した台帳が現存し
造立年代、願主、世話人、寄進者まで明確に知り得ることは
全国的にみても稀なことである。
マウスオン・クリック、3枚です 
<


元禄2年(1689)松尾芭蕉が全昌寺を訪れ宿泊し、
庭掃いて いでばや寺に 散る柳  芭蕉 
終夜(ヨモスガラ)秋かぜきくや うらの山  曽良と残している。
1212325.jpg

1212324.jpg
石川県加賀市大聖寺神明町
スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 17:28:23|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:3

奥の細道113   山中温泉

鶴仙渓(カクセンケイ)
大聖寺川の中流にあり、こおろぎ橋から黒谷橋までの、約1kmの区間をいう。
砂岩の浸食によって数多くの奇岩が見られる景勝地であり、
南北に長い山中温泉街の東側を並行し、温泉客の散策地としても人気が高い。

蟋蟀橋(コオロギバシ)       
元禄時代以前からかかっている橋で
山中温泉の代名詞ともいえる名勝
この付近は岩石が多く、行く路は危なかったので
行路危(コオロギ)と言われ
また秋の夜 可憐に鳴く蟋蟀にちなんで名づけられたともいわれる。
マウスオン2枚です 
<


1212224.jpg
1212226.jpg

あやとり橋
こおろぎ橋より更に800m下流に架かる橋。
華道草月流家元の勅使河原宏の作で、
竜がうねりを見せるような独特の形に、
鮮やかな赤紫が目を引き、強烈なインパクトを与える。
1212227.jpg

1212229.jpg 1212231.jpg

1212230.jpg 1212232.jpg

マウスオン2枚です 
<

1212236.jpg
芭蕉の句碑  やまなかや 菊はたおらじ 湯のにほい
1212245.jpg
1212234.jpg 1212237.jpg

1212238.jpg

マウスオン・クリック、3枚です
<


黒谷橋
あやとり橋から更に500m下流に架かる橋。
コンクリートアーチ橋で昭和10年(1935)8月竣工。
白を基調とし、大正時代を思わせるようなレトロ調の意匠が特徴
欄干と親柱は御影石を使用、床板は小石を洗い出ししている。
マウスオン2枚です 
<

石川県加賀市山中温泉
  1. 2012/04/28(土) 14:32:23|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:6

奥の細道112     山中温泉

菅原神社
1212318.jpg

1212320.jpg

マウスオン2枚です 
<


1212313.jpg

栢野大杉
境内にある4本の神木のうち、最大のもの。
古くから著名であったため、栢野の大杉や栢野の大スギなど別表記も多い。
昭和3年(1928)11月に、明治・大正・昭和期の植物学者三好学
(東京大学教授、日本植物学会長)が内務省の嘱託として、
樹齢2,300年と鑑定、国の天然記念物に指定された。
指定名称は栢野の大スギ。
樹高約54.8m、根元周約11.5m(径3.41m)、胸高幹周9.6m(径3.0m)
地上高4.9mで幹周5.1mと5.75mの2つに分岐し分岐部直下の
幹周約9mの二又の杉の巨木である。
なお、境内に立つ他の3本の杉も、栢野大杉よりは小振りながら
各胸高幹周8.8m、6.65m、7.8mの巨木で平成17年(2005)8月
菅原神社の大スギの名称で、石川県指定天然記念物に指定されている。
この地域の原始植生時代の林相の残存との見方もあるが、
4本の杉で長方形を成す位置関係、太さ、推定樹齢、
土器の出土等を勘案すれば自然林ではなく、神を祀り植樹されたとも考えられる。
1212314.jpg
1212315.jpg
1212316.jpg
盤持石
当地区に古くから伝わっていた、力自慢を競うのに用いた石
青年達が労働の余暇や祭事の時に、神社の境内に集まって力比べに興じた。
古老の話によると、5千貫(75kg)の石を持ち上げたら
一人前として認められ、労賃が一人前貰うことが出来た。
それだけに青年達は、一人前になろうと懸命に盤持に挑戦した。
この競技は昭和初期まで行われた。
1212317.jpg
所在地・・石川県小松市長谷町ツ18-3

  1. 2012/04/27(金) 15:27:14|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:3

新中住協・コミュニティ祭

警視庁騎馬隊
新川中原のコミュニティ祭に警視庁の騎馬隊が来た。

11枚です。クリックして下さい
<<
 non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

1242312.jpg
続きを読む
  1. 2012/04/23(月) 20:24:16|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

大江戸街歩き   国分寺④

旧本多家住宅長屋門
124171.jpg
124173.jpg


お鷹の道
124176.jpg

マウスオン・4枚です。
<<<<
Sakuraさんのソースをお借りしました








真姿の池
マウスオンして下さい。

1241710.jpg
1241714.jpg
1241715.jpg
1241716.jpg

マウスオン・クリック、3枚です 
<

所在地・・国分寺市東元町3丁目


不動橋の桜
1241717.jpg
石橋供養塔
不動橋は以前は石橋だった。
この塔は、常に人に踏まれている石橋を供養する意味と
石橋を渡って村内に疫病や災いが入るのを防ぐ意味があり
天保3年(1832)に造立された。
庚申塔には延享2年(1745)2.18の記年銘がある。
不動明王と刻み込まれているが、いつ、誰が造立したのかは判っていないが
この石にちなみ、不動橋と名づけられた。
1241718.jpg
  1. 2012/04/21(土) 07:08:02|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

大江戸街歩き    国分寺③

伝鎌倉街道
鎌倉時代に幕府所在地の鎌倉と各地を結び
周辺諸国の武士団や物資を運ぶ幹線道路が整備された。
当時は武蔵野国内を通過する道を上の道、中の道、下の道と呼んでいた。
鎌倉以前の東山道と道筋が重なる上の道が、現在の鎌倉街道にあたる。
RIMG0054.jpg


尼寺北方の塚
当時は、この塚の所までが海岸線だった。
RIMG0055.jpg


桜の名所黒鐘公園
国分尼寺跡と伝鎌倉街道に隣接する。
マウスオン2枚です 
<


国分寺
天平13年(741)聖武天皇の命により、鎮護国家を祈願して
国分寺建立の詔が出され、僧寺は僧20人をおき、尼寺は尼僧10人をおき、
各国には国分寺と国分尼寺が一つずつ、国府区域内か周辺に置かれた。
多くの場合、国庁とともにその国の最大の建築物であったが
律令体制が弛緩し、官による財政支持がなくなると、国分寺・国分尼寺の多くは廃れた。

武蔵野国分寺は東西8町、南北5町半という諸国の国分寺の中でも
有数な規模だった(東大寺が最大で東西南北とも8町)
国分寺崖線の南側すぐの位置にあり、かつては東山道武蔵路(今の鎌倉街道)を
挟む形で東側には武蔵国分寺、西側には武蔵国分尼寺があった。
現在は、両寺院の間を府中街道とJR武蔵野線が通過している。


武蔵国分尼寺跡
1241425.jpg
マウスオン2枚です 
<



武蔵国分寺跡
現在は史跡公園に整備され 市民の憩いの場になっている。
マウスオンして下さい。

クリック5枚です。


<<
北斗さんのソースをお借りしました

七重塔跡
国分寺造営の詔に「造塔の寺は国の華たり」と象徴的に記されたいる塔は
金字金光明最勝王経を安置する国分寺の重要な施設だったが
承和2年(835)雷火で焼失した。
マウスオン2枚です 
<


現在の国分寺
1241611.jpg

124167.jpg 124169.jpg

楼  門
マウスオン2枚です 
<


仁王門
1241610.jpg

薬師堂
124168.jpg
所在地・・国分寺市西元町

  1. 2012/04/18(水) 20:14:05|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大江戸街歩き   国分寺②

熊野神社
和歌山県の熊野大神を勧請したといわれるが縁起や創建は定かでない。
文明18年(1486)聖護院道興准后御東行の際に詠まれた
朽ち果てぬ 名のみ残れる恋ヶ窪 今はた訪ふも 知記りならずやという
御歌御奉額があったが、兵火によって社殿とともに焼失した。
松尾芭蕉の句碑ひょろひょろと なお露けしや をみなえし
地元の俳人可尊の句碑がある。
20124148.jpg
20124149.jpg
201241411.jpg 201241410.jpg
所在地・・国分寺市西恋ヶ窪1-21-17



恋ヶ窪用水
マウスオンして下さい。



マウスオン2枚です 
<

1241421.jpg


遺跡公園
ここ府中武蔵台のあたりは、4000年前も住宅地だった。
この柄鏡形敷石住居跡は縄文時代中期のもの。
縄文時代の竪穴住居跡は地面を掘り込んだだけの作り方が多いが
この住居跡は床に数多くの川原石が平に敷き詰められている。
石の上には深鉢形土器が置かれ、縁石の間からは打製石斧が発見された。
円形部分の中央には炉が作られ、突き出した部分には深鉢形土器が埋められている。
この遺跡からは縄文時代の竪穴住居が80軒程発見された。
今から9000前のものと4000年前のものと考えられる。
1241423.jpg
1241422.jpg
  1. 2012/04/16(月) 09:24:49|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大江戸街歩き    国分寺①


国分寺にある、日立製作所、中央研究所は
東京ドーム5個分という広い敷地の中に広々とした庭園がある。
この研究所の敷地は、通称ハケと言われる国分寺崖線に位置していて
その豊富な湧水量は、東京を流れる野川の主要な源流の一つとなっている。
124141.jpg

姿見の池
かつては付近の湧水や恋ヶ窪用水が流れ込み清水を湛えていた。
現在の府中街道とほぼ同じ道筋にあたる東山道武蔵野路や
鎌倉上道の宿場町であった恋ヶ窪の遊女達が、朝な夕なに
自らの姿を映して見ていたことから姿見の池と呼ばれるようになった。
マウスオン・クリック、3枚です 
<


東福寺
元和7年(1621)の建立といわれるが定かでない。
境内には傾城墓という石塔と一葉松(ヒトハマツ)がある。
傾城夙妻太夫は、鎌倉時代初頭の恋ヶ窪宿場の遊女で
武将・畠山重忠との悲恋の伝説が残されている。
一葉松は珍しい松で夙妻太夫の一途な思いの表れと伝えられる。
124146.jpg

傾城墓と一葉松
マウスオン2枚です 
<

所在地・・国分寺市西恋ヶ窪1-39-5
  1. 2012/04/14(土) 23:25:30|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

大江戸街歩き   銀座⑦

金春屋敷跡
1232811.jpg


煉瓦遺構の碑
かつて銀座には世界でも珍しい規模の煉瓦街があった。
英人ウォートルスの設計で明治5年から10年かけて
国家予算の4%弱の費用をかけて作った述べ1万460米という
壮大なものだった。
昭和63年、金春通り会地域から永年探し求めていた遺構の
一部がされ、大部分は江戸東京博物館に展示されたが
その一部を新煉瓦歩道に史跡として建立した。
マウスオン2枚です 
<


銀座新橋
1232815.jpg


芝口御門跡
1232816.jpg
1232817.jpg
1232818.jpg 続きを読む
  1. 2012/04/12(木) 08:37:32|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大江戸街歩き   銀座⑥

あずま稲荷神社
戦後、復興後のあずま通り・三原小路に火災が続発する。
町内の人たちは不思議に思い調査したところ
この一角にお稲荷さんが祀られていたことが判明。
町内一同相談し、京都伏見稲荷講中をつくり
あずま稲荷大明神と命名。
京都伏見稲荷大社にお参りし御霊を勧請し
氏神さま、山王日枝神社に祈祷を願い、現在地に鎮座した。
すると以後全く火事にあわず、霊験あらたかに今日に至っている。

a123281.jpg
所在地・・中央区銀座 5-9-19


123282.jpg

今、話題のユニクロ・銀座店
123283.jpg


一橋大学発祥の地
一橋大学の前身・商法講習所は明治8年9月、森有礼の私塾という形で
渋沢栄一、福沢諭吉、大久保一翁らが力を合わせて始めたもので
当初は銀座尾張町にあった。明治の初期にあって商業貿易教育に貢献し
明治18年東京商業学校として文部省の管轄に入った。
123284.jpg

ライオン・ビアホール
明治44年(1911)築地精養軒(上野精養軒の前身)が銀座4丁目の角に
カフェー・ライオンを開店したときから続いている。

123285.jpg


豊岩稲荷神社
銀座7丁目にある縁結びと商売繁昌の神社。
ビルとビルの間にひっそりとあり、見つけにくいが
縁結びということもあり、多くの女性に親しまれている。
明智光秀の家臣が主家の再建を願って祀ったという伝説もある。
マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・中央区銀座 7-8-14


八官神社
江戸時代には境内がある立派な神社だった。
明治以降、周りが拓けてあっという間にビルの中に埋もれてしまった。
このビルは以前は八官ビルといわれ、1・2階が引き抜けになっていて
鳥居と社殿があったらしい。幸運を招くということで
宝くじを買う前に参拝する人が多いとか・・・
1232810.jpg
所在地・・中央区銀座 8-4-5
  1. 2012/04/10(火) 08:36:45|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大江戸街歩き   銀座⑤


銀座の代表的な三つのデパートの屋上に
神社があるって、ご存じでしたか?


松  屋
龍光不動尊
元々は、鎌倉時代の名匠の作で、高野山中院にあった霊験あらたかな仏像。
障りを幸いに転じ、願望成就、家内円満、商売繁盛に利益あるといわれている。
龍光は流行に通ず、として、ファッション関係の人の祈願にも利益多しとか・・
1232741.jpg
所在地・・中央区銀座 3-6-1


三  越
銀座出世不動尊
1232742.jpg

1232743.jpg
1232744.jpg

1232745.jpg
1232747.jpg 1232746.jpg


松坂屋
護(カクゴ)稲荷神社
文化12年(1815)伏見稲荷から根岸の里へ勧請。
明治14年(1881)のある夜、神守の老爺が
神殿付近で白狐を見かけ、その跡に三河豊川稲荷大明神像を
描いた掛け軸1巻を発見したので、店主に告げ
社殿に神霊とともに祀った。
松坂屋が名古屋から、上野広小路に進出したのが明治5年だが
それから30年ほどの間に上野店が2回、名古屋本店、京都仕入店と
火災にあったこのが、火防の神を祭った背景にあるようだ。
関東大震災、大正14年の日暮里大火の時、神殿、松坂屋社宅は
すべて無事だったという。昭和4年に分霊して屋上に奉安した。
1232748.jpg

懐かし~い・・昔はどこのデパートの屋上にもあったのよね~
1232749.jpg
続きを読む
  1. 2012/04/08(日) 01:33:14|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

大江戸街歩き   銀座④

銀座発祥の碑
江戸の銀座は幕府の銀貨を扱う役所の所在地を指していた。
金貨の金座は日本橋本石町、今の日本銀行。
慶長17年(1612)駿河の銀座が江戸に移されたという。
これにちなみ、銀座を町名とした。
1232730.jpg


朝日稲荷神社
東京ならではかもしれない特徴を持つ「朝日稲荷神社」。
写真のようにビルの1階に張り付いている神社だが、
パイプで屋上とつながっており、屋上にある本殿まで願いが伝わる仕組み。
古来より当地に鎮座し、守護神として厚く奉斎され
遠近の崇敬を集めていたが、安政の大地震により社殿が倒壊し
三十間堀に幽没、社殿も荒廃した。
大正6年に銀座を襲った大海嘯により、三十間堀より
霊体があらわれ、建築業館岡某が当地に奉安したが
震災により転地を余儀なくされた。
マウスオン2枚です 
<
所在地・・中央区銀座 3-8-10


1232733.jpg

宝童稲荷神社
江戸中期、この一帯をおさめていた名主の弥左衛門は
次々と子供を失ったことから、江戸城内の紅葉山に祀られていた
子育祈願の宝童稲荷神社の分祀を願い出たところ許され
町内の氏神として祀ったのがはじまり。
現在も、健やかな子供の成育に御利益があると伝えられる子育て稲荷。
1232734.jpg
所在地・・中央区銀座 4-3-14


真珠珠記念碑
御木本幸吉は安政5年(1858)三重県鳥羽町に生まれ
行商等をしたのち真珠の養殖に着手。
明治38年、其作佳吉の指導を受けて、ついに真円真珠の養殖に成功し
ただちに「ミキモト・パール」として輸出を始め、
その名は世界に知れわたった。
昭和28年、幸吉95歳の時、真珠王の名を馳せた功績に対し
銀座の誇りであるとして碑が建てられた。
1232740.jpg

1232735.jpg

1232736.jpg

1232737.jpg
三原小路
1232739.jpg
続きを読む
  1. 2012/04/04(水) 23:31:56|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR