すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

山陽道(広島県)   尾道

千光寺
千光寺1

千光寺3

三重岩(ミカサネイワ)
千光寺第一の巨岩
千光寺4 三重岩ミカサネイワ

芭蕉の句碑   マウスオン2枚です 
<

鼓 岩
千光寺第二の巨岩
岩の上を小石で打つとポンポンと鼓のような音がする。
右側のノミ跡は、大阪城の築城の時
石垣材として、割かけた跡といわれている。
千光寺2
所在地・・尾道市東土堂町 15-1

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/09/29(土) 07:48:08|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山陽道(広島県)   尾道

浄土寺
創建年代等については不詳、聖徳太子が開いたとも伝えられる。
この寺が文書等にあらわれるのは鎌倉時代中ごろからのことで、
鎌倉時代後期に真言律宗系の僧定証によって中興された。
その後1325年(正中2年)に焼失したが復興され、
室町時代に入るとこの寺の五重塔が備前国の利生塔に指定された。
古くは多くの末寺を有したが、江戸時代中期には数ヶ寺であったという。
クリック・3枚です。
<<>
<長~い階段の途中をJR山陽線の線路が横切ってる。>

本 堂  (国宝)
浄土寺7
多宝塔  (国宝)
浄土寺5
阿弥陀堂
浄土寺4
子安堂
浄土寺8
文殊堂
浄土寺6
マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<
所在地・・尾道市東久保町 20-28 
  1. 2012/09/27(木) 08:33:51|
  2. 街道巡り
  3. | コメント:7

山陽道(広島県)   尾道

正念寺
時宗(ジシュウ)の遊行31代・同念上人の開基。
中国地方でも僅かしか残っていない時宗の寺院。
時宗とは鎌倉時代、伊予の豪族であった河野氏出身の
一遍智真上人によって開かれた「鎌倉新仏教」の一つ。
マウスオン2枚です 
<

延命井
昔から「飲めば延命長寿を招く」と言われ親しまれている。
街道を旅行く人々の渇きを癒してもらうために接待として茶を出していたので
「防地の茶堂(ボウジノサボウ」の名で親しまれていた。
今でも近隣や尾道の人以外にも、遠くから水を汲みに来る人が絶えない。
観光で古寺めぐりをする人々の渇きを癒す場所ともなっており、
今でも延命井は、その役割を果している。
正月には、新年に新たに湧き出した水を汲む行事「若水汲」が行われる。
正念寺3
正念寺4
所在地・・福山市尾道市西久保町1-5

続きを読む
  1. 2012/09/25(火) 12:16:36|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

山陽道(広島県)   福山

薬師寺
延暦23年(804)、弘法大師が渡唐の途中、
立ち寄り海上安全を祈願したのが始まりといわれ、
紀州熊野三社権現を勧請して蓮華寺、金剛寺(廃寺)とともに
開創された三山のうちの一つ。
現在の伽藍は天文12年(1543)、復興されたもの。
薬師寺1
薬師寺2
所在地・・福山市今津町 1352 


蓮華寺 (脇本陣跡)
剣大明神の別当寺とし、庄屋・河本家の檀那寺でもあった。
江戸時代、河本家が本陣、蓮華寺が脇本陣の役目を果たしていた。
蓮華寺1
蓮華寺2
蓮華寺3
所在地・・福山市今津町 775 


今津本陣跡
今津本陣跡1
マウスオン2枚です 
<



  1. 2012/09/24(月) 09:30:59|
  2. 街道巡り
  3. | コメント:2

山陽道(広島県)   福山・鞆の浦

鞆の町並み
鞆の浦3
町の隅に・・・
鞆の浦1

いろは丸事件談判跡
慶応3年(1867)4月19日、坂本竜馬が指揮する海援隊は
大洲藩船「いろは丸」に武器・商品を乗せ長崎を出航したが、
23日鞆港への回航途中、備後灘の六島沖の海上で紀州藩の「明光丸」と衝突、
機関部に損傷を受け宇治島の南方4km、水深27mの海底に沈没した。
この事件後、坂本竜馬は「明光丸」の船長・高柳楠之助と、
鞆港に近い福禅寺の客殿対潮楼で6日間に渡り損害賠償交渉を行った。
その間、鞆での交渉中に宿泊していた宿。
鞆の浦2

マウスオン2枚です 
<

鞆城跡
鞆の浦9
マウスオン・クリック、3枚です 
<

鞆の浦20鞆の浦21鞆の浦22
大伴旅人の歌碑
マウスオン2枚です 
<


所在地・・福山市鞆町  続きを読む
  1. 2012/09/22(土) 12:33:58|
  2. 街道巡り
  3. | コメント:4

山陽道(広島県)   福山

福禅寺  対潮楼
平安時代の950年頃、空也による創建と伝えられる。
現在の本堂と隣接する客殿(対潮楼)は江戸時代の元禄年間(1690年頃)に建立された。
江戸時代を通じて朝鮮通信使のための迎賓館として使用され、
日本の漢学者や書家らとの交流の場となった。
正徳元年(1711)に従事官の李邦彦が客殿からの眺望を
日東第一形勝(朝鮮より東で一番美しい景勝地という意)と賞賛し、
延享5年(1748)に正使の洪啓禧が客殿を「対潮楼」と名づけた書を残す。

いろは丸沈没事件の際、海援隊と紀州藩の交渉の場となった。


福禅寺
対潮楼1
対潮楼2

対潮楼12
正面の多宝塔のある島を弁天島
右側の半円形の島を皇后島
弁天島・皇后島以外の島を仙酔島という
対潮楼3
対潮楼5
対潮楼6


大東亜戦争の時に陸軍の大砲で使われた望遠鏡
カメラをあてて写すと ( = ̄+∇ ̄=)v 多宝塔が・・・
マウスオン・クリック、3枚です 
<

所在地・・福山市鞆町鞆 2  

続きを読む
  1. 2012/09/21(金) 10:37:45|
  2. 街道巡り
  3. | コメント:4

山陽道(広島県)   福山

明王院
芦田川に面した愛宕山の麓にあり草戸稲荷神社が隣接している。
明王院の前身である常福寺は、大同2年(807)弘法大師によって創建。
中世には門前に草戸千軒町(川底に埋もれた中世遺跡として著名)が栄えた。
江戸時代には福山藩主となった水野家・阿部家の庇護の下で繁栄した。

本  堂
明王院2
明王院8
マウスオン2枚です 
<

十王堂
閻魔大王を筆頭とする十人の王が祀ってある。
明王院5

明王院6
七福神
明王院7
所在地・・福山市草戸町 1473   続きを読む
  1. 2012/09/19(水) 10:55:26|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山陽道(広島県)   福山

福山城
江戸期の城。久松城、葦陽城(イヨウジョウ)とも呼ばれる。
かつては2重の堀や瀬戸内海へ抜ける運河を持ち
五重の天守と7基の三重櫓を有する大規模な城郭だった。

元和5年(1619)西備後10万石の大名として入封した水野勝成が翌年着工し、
2年余で天守閣などの主要部は完成したが、全部完成まで13年を費やした。
城は平山城で、山陽道にも近く、西側を流れる芦田川は、
水運の便と同時に自然要害をなした。
譜代大名として、最初に中国地方に配置され、幕府からの援助も大きく、
そのころ解体された徳川家康造営の伏見城の建物が移築されている。
水野氏は5代で断絶し、宝永7年(1710)からは阿部正邦に変わり、
以後、阿部氏が明治維新まで相継いだ。
戦災で焼失した天守閣は、昭和41年(1966)復原された。
福山城5

福山城2
マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

福山城9
所在地・福山市丸之内 一丁目   続きを読む
  1. 2012/09/17(月) 22:22:22|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山陽道(広島県)   神辺宿   

廉塾・菅茶山旧宅
  菅茶山(1748~1827)は川北村に生まれ、
19歳のとき京へ上り、朱子学を学んだ。
郷里へ帰って塾を開き、これがのちに廉塾と呼ばれた。
ここでは全国から常時20人くらいの塾生が学んでおり、
頼山陽も塾頭をしていたこともあった。
当時の講堂・寮舎・居宅等が現存し、講堂の前には塾生が
筆や硯を洗ったといわれる水路や、菜園・養魚池も往時の姿をとどめている。
廉塾1 <
< < < < < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。 続きを読む
  1. 2012/09/16(日) 06:18:50|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山陽道(岡山県)   荏原

早雲の里荏原駅
岡山県井原市東江原町にある、井原鉄道井原線の駅。
北条早雲(伊勢盛時)の故郷であり、
当時は備中国後月郡荏原庄(エバラノショウ)と呼ばれていことにちなむ。
単式1面、島式1面の2面3線のホームを持ち、
列車交換が可能な地上駅。
1・2番のりばが島式ホーム、3番のりばが単式ホームである。
無人駅であり、跨線橋を使って直接ホームに入る形になっている。
北側駅前ロータリーの「早雲の里交流センター」が、待合所としての機能を果たしている
駅舎がないの (゚Д゚) ハア??
歩道橋からホームへ・・・キップは??
車内で買うんじゃない?だって    な~るほど
線路1
線路2

北条早雲の碑
北条早雲1
マウスオン2枚です 
<

中国地方の子守唄
岡山県の西南部、井原市高屋町が発祥の地とされ、
この付近に伝わる古い子守歌を1938年に山田耕筰が編作した。
子守唄3
マウスオン2枚です
<

所在地・・早雲の里荏原駅    
  1. 2012/09/14(金) 15:40:53|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

山陽道(岡山県)   矢掛(ヤカゲ)宿

矢掛宿
全国の宿場で、本陣と脇本陣が残っているのは、ここ山陽道矢掛宿だけ。

旧本陣石井家
石井家は屋号を佐渡屋といい、矢掛町の庄屋を務めながら、
酒造業を営んでいたが、寛永12年(1635)に本陣職を命じられた。
現存する本陣の建物は江戸時代中期に建てられた裏門・西蔵・酒蔵などを除き、
本陣施設としての御成門・玄関・御座敷をはじめ主屋の主要建物は
江戸時代後期(天保年間~安政年間)にかけて再建されたもの。
本陣の屋敷地は間口約36m、奥行約90m、面積約3,200m2で
十数棟の建物が建っていて、それらはほとんど改変されることなく保存されている。
本陣・石井家1
マウスオン2枚です 
<
関 札
本陣・石井家7
マウスオン2枚です 
<

頼杏坪書の屏風  裏は猫の画
マウスオン・クリック、3枚です 
<

井戸
マウスオン2枚です 
<

所在地・・小田郡矢掛町矢掛 3079    続きを読む
  1. 2012/09/13(木) 09:42:32|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山陽道(岡山県)   倉敷

吉備寺
奈良時代に建立され、その後吉備真備(キビノマキビ)の一族の氏寺となった。
真備は、地方豪族出身者としては破格の出世であり、学者から立身して
右大臣になった。霊亀2年(716)22歳の時に、遣唐留学生となり
19年の長い間全盛期の唐で過ごした。
留学生として有名なのは、阿倍仲麻呂と吉備真備の2人、
2人は唐の記録にも残っている。
さらに751~754年の2年間も遣唐副使として、唐に渡り60歳で帰国した。
有名な唐の僧、鑑真を招く任務があった。
吉備寺1
山  門
吉備寺2
本  堂
吉備寺7

吉備寺3


マウスオンして下さい。

吉備寺5
吉備寺6
所在地・・倉敷市真備町箭田3652-1 
  1. 2012/09/12(水) 11:28:21|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山陽道(岡山県)   足守

緒方洪庵誕生地
緒方洪庵4

緒方洪庵1
マウスオン2枚です 
<
産湯の井戸
産湯の井戸
所在地・・岡山市足守

続きを読む
  1. 2012/09/10(月) 09:45:30|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

山陽道(岡山県)  足守

旧足守藩侍屋敷

江戸時代、足守藩の国家老・杉原家の屋敷だった。
表門(長屋門)、唐破風の屋根の玄関、桁行(正面左右の長さ)の長い母屋
内蔵と湯殿、米倉の土蔵など、当時のたずまいがほぼ完全に近い形で残され
伝統的な武家書院造りの構造をもつ母屋は、 現代和風建築の原型ともいわれている。
自刃の場にもなる仏間は、柱が逆目となっている。
池泉を主にした遠州流の小庭園があり、その外側の土塀には、
藩主来訪時に使用する御成門がある。

クルック・7枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
所在地・・岡山市北区足守752     続きを読む
  1. 2012/09/08(土) 08:26:23|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

富士花鳥園

フクロウ 
昔から天眼力・神通力に長けた鳥
魔除けの鳥として、大変縁起の良い鳥とされており
中国では魔を払いのける鳥
ギリシャでは知恵・学問の神とされています
首が回る事から・・・お金に不自由しない
頭が回転する事から・・・知恵袋
不苦労・・・苦労しない
福老・・・長寿で、幸せな老後     
福籠・・・福がたまる
福朗・・・朗らかで幸せになる
福廊・・・福が集う

写真の上にマウスを載せると名前がでます。
ワシミミズク ウサギフクロウ
クロオビヒナフクロウ  マウスオン2枚です 
<
 
オナガフクロウ アカアシモリフクロウ
インドコキンメフクロウ  マウスオン2枚です 
<

カラフトフクロウ アメリカワシミミズク
ニセメンフクロウ  マウスオン2枚です 
<

メガネフクロウ マッキンダーワシミミズク
アナホリフクロウ  マウスオン2枚です 
<

アメリカオオコノハズク アフリカオオコノハズク
アカスズメフクロウ  マウスオン2枚です
<

ハイガオメンフクロウ RIMG0162.jpg
インドオオコノハズク スピックスコノハズク
RIMG0108.jpg RIMG0091.jpg
富士花鳥園には、ひよこみたいな小さいのから
鷲のように大きい梟が、何十種類もいる。
フクロウ大好きの私は、花をそっちのけで梟ばかり写しちゃった(ー) フフ
でも。。本物はやはり少し怖いかも・・・
所在地・・静岡県富士宮市根原 480-1
  1. 2012/09/06(木) 09:12:23|
  2. 動物・鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

横  浜


一度は行きたいと思っていた、坂本竜馬の妻・おりょうが
一時期働いていたという、老舗料亭 田中家
念願かなって友人5人と行って来ました。
田中家は、神奈川宿が賑わっていた当時から続く唯一料亭で
文久3年(1863)に創業。
田中家の前身の旅籠「さくらや」は、安藤広重の「東海道五十三次」にも描かれていて
高杉晋作やハリスなども訪れています。
m08011.jpg
m080111.jpg
m080113.jpg

おりょうさん
おりょうは勝海舟の紹介で、明治7年に勤めた。
英語が話せ、月琴も弾けたので外国人の接待に重宝された。
m080110.jpg
所在地・・神奈川県横浜市神奈川区台町11-1

続きを読む
  1. 2012/09/04(火) 09:02:43|
  2. 横  浜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

山梨  武田八幡神社


マウスオンして下さい。


二の鳥居
二の鳥居
石鳥居と総門
石鳥居と総門
総  門
総   門
舞  殿
舞   殿
拝  殿
拝   殿
本  殿
本   殿
若宮八幡神社
マウスオン2枚です 
<

一石百観音石
武田八幡宮の神宮寺に、宝永6年(1709) 天下太平国土安全を祈願して造立。
その後、竜岩山玉保寺の境内に移された。
玉保寺が廃寺となり、明治17年(1884) 信徒達によって現地
(武田八幡宮石鳥居の手前約5m)に動座された。
碑は高さ1.7m、ほぼ三角形の板石で頂部に弥陀三尊の種子を陰刻、
その下部に西国・秩父・板東の観音像一百体を7段に配刻したもの。
一石百観音石
所在地・・山梨県韮崎市神山町北宮地 1185




  1. 2012/09/02(日) 15:03:05|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR