すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

山陽道   西条宿

酒蔵通り
灘・伏見と並び銘醸地として知られる西条は
江戸時代は西国街道沿いに細長く連なる宿場町・四日市であった。
明治の中頃、西条と名を変え、停車場(現在の山陽本線西条駅)をつくった。
これを機会に、街道沿いの商家が次々に酒造りを創め、
酒蔵が建ち、現在の酒蔵通りになった。
西条駅周辺には、現在も8社の蔵元があり、赤レンガの煙突と
赤瓦屋根、なまこ壁や白壁が美しい。

クルック・6枚です。
<<賀茂鶴第三醸造場
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

賀茂鶴酒造・・福神井戸
マウスオン2枚です 
<

白牡丹酒造・・冥加の水
酒蔵10

西條鶴酒造・・天保井水
酒蔵12

亀齢(キレイ)酒造・・万年亀(マネキ)井戸
酒蔵13 マウスオン2枚です 
<

酒蔵15

酒蔵17

酒蔵18

酒蔵19

酒蔵20

酒蔵21

酒蔵22

酒蔵23

酒蔵24

御茶屋本陣跡
西条は山陽道の宿場町として栄えた。
通常、大名が参勤交代の際などに宿泊する本陣は、地元の名家が運営していたが、
西条四日市宿は重要な拠点として、広島藩浅野家の直営だった。
明治維新後は賀茂郡役所、のちに賀茂地方事務所として使用された。
現在の門は当時の表御門を復元したもの。
本陣25 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 08:50:42|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

奥多摩を歩く

二日目は御岳駅から川沿いを歩いた
奥1

クリック・13枚です。
<<
 non_nonさんのブログの小技からお借りしました。


大日寒山寺
中国の蘇州にある寒山寺の風光が、この地によく似ていることから
仏舎利を奉じ寺塔を建立した。
マウスオン2枚です 
<
続きを読む
  1. 2012/10/30(火) 09:17:38|
  2. ウォーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

奥多摩・むかし道を歩く

ホリデー快速に乗って奥多摩駅
奥多摩駅

そこからバスで奥多摩湖(小河内ダム)
奥多摩湖

むかし道入口   ここから21人で歩く      クルック・7枚です。
<<スタート
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

クリック・5枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

マウスオン2枚です
<

マウスオン2枚です 
<
続きを読む
  1. 2012/10/29(月) 12:55:55|
  2. ウォーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大江戸街歩き   代々木八幡宮

代々木八幡宮
建暦2年(1212)、源頼家の近習・近藤三郎是政の家来、荒井外記智明の創建。
頼家が修禅寺で暗殺された後、武蔵野国代々木野で主君の冥福を祈る日々を送っていた。
建暦2年8月15日夜、鎌倉八幡大神から宝珠のような鏡を授かり、託宣を受ける夢を見た。
同年9月23日、元八幡の地に小祠を建て鶴岡八幡宮より勧請を受けたのが始まり。
作家・平岩弓枝の実家でもある。

マウスオン・クリック、3枚です 
<

代々木八幡4

代々木八幡6

代々木八幡5
マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<
作家・平岩弓枝の家
平岩家
所在地・・渋谷区代々木 5-1-1
  続きを読む
  1. 2012/10/28(日) 09:05:12|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

大江戸街歩き   代々木

代々木公園
かつて「代々木の原」と呼ばれた大日本帝国陸軍の代々木練兵場だった。
第二次世界大戦で日本の敗戦後には占領アメリカ軍施設・ワシントンハイツとなり、
昭和39年(1964)の東京オリンピックで代々木選手村として使用された後に再整備され、
昭和42年(1967)に代々木公園として開園した。
代々木公園の敷地は540,529.00m²あり、東京23区内の都市公園のなかでは、
葛西臨海公園、水元公園、舎人公園に次いで4番目に広い。
公園は原宿駅、代々木公園駅、明治神宮前駅、代々木八幡駅に隣接していて
原宿、表参道、渋谷から人々が多く集まる場所でもあり、明治神宮に隣接している。

クルック・7枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

1990年11月、日本とメキシコ合衆国の友好親善のシンボルとして
メキシコ合衆国から、東京都に寄贈されたもの。
古代メキシコ神話の文化神ケツァルコアトゥルの化身
「羽毛のある蛇」を表している。
代々木公園5
所在地・・渋谷区代々木神園町・神南二丁目   続きを読む
  1. 2012/10/27(土) 08:02:10|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

大江戸街歩き   代々木

竹久夢二旧居跡
渋谷東急ハンズの前の道を入った所にあった。
何十回、いや、もっと・・ここを歩いていたのに気付かなかった。
竹久
所在地・・渋谷区宇田川町 31                           

山路愛山終焉の地
ここもハンズの近く・・・
史論家として知られる山路愛山は、元治元年(1864)浅草に生まれた。
明治29年から大正6年、54歳で没するまでここに住み、
普選運動や東京市電車賃値上げ反対運動を推進しながら多くの作品を発表した。
代表的な著書に 「現代日本教会史論」「日本人民史」「豊太閤」「西郷隆盛」
「足利尊氏」などがある。社会・文学・歴史評論を展開した明治の評論家。 
山路
所在地・・渋谷区宇田川町 13                          

スマイル 福島!
福島

渋谷区役所
渋谷区役所

二二六事件慰霊像
昭和11年2月26日、皇道派将校によりおこされたクーデター
226事件の首謀者 青年将校17名の処刑場
旧陸軍刑務所敷地跡の一角に立つ観音像。

マウスオンして下さい。


226事件1
226事件2
所在地・・渋谷区宇田川町 1-10 
  
国木田独歩住居跡
二二六事件慰霊像を過ぎた所にあった。
明治4年(1871)銚子に生まれ、同29年ここに移り住み
名作「武蔵野」の構想を練った。また「源叔父」「欺かざる記」も
ここで執筆したが、翌30年麹町に移った。
国木田独歩住居跡1
所在地・・渋谷区宇田川町 1-21                        


  続きを読む
  1. 2012/10/26(金) 08:01:06|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

大江戸街歩き   

鍋島松濤公園
江戸時代に、紀州徳川家の下屋敷があった所で
明治9年(1876)に佐賀の鍋島家に払い下げられた。
鍋島家は茶園を開いて松濤園と名付け、「松濤」という名で
茶の販売も行っていた。昭和7年(1932)に茶園は廃止され、
湧水池のある一角が児童遊園として整備され、東京市に寄贈された。
マウスオン2枚です 
<
所在地・・渋谷区松濤 2-10-7 
                         
麻生太郎邸
マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・神山町 20-37

警視総監・官舎
門の前には、交番(?)がある。
警視総監官邸

松濤

観世能楽堂
能楽には江戸時代の四座一流(観世・宝生・金春・金剛・喜多流)の流れがあるが、
そのひとつである観世の中心的な団体である観世会の本拠地。
観世会は明治33年(1900年)に設立され、はじめ新宿区小川町にあったが、
高速道路や地下鉄の建設にともなって、昭和47年(1972)現在地に移った。
座席数は552席、観世会、東京観世会、荒磯能、観世文庫などの
能楽公演が年間を通じて行われ、古典芸能の伝承と発展につとめている。
マウスオン2枚です 
<
所在地・・渋谷区松濤 1-16-4  
  1. 2012/10/25(木) 08:59:57|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

大江戸街歩き   道玄坂

百軒店(ヒャッケンダナ)
大正13年(1924)に、東京府豊多摩郡渋谷円山町の
円山三業地に隣接する形で、開発された商店街。
かつては渋谷の中心街だった地域。現在の道玄坂二丁目辺り。
西武の前身である箱根土地の堤康次郎が、旧中川伯爵邸を分譲し
前年の関東大震災で被災した下町の名店を誘致、
まだ郊外の田舎町に過ぎなかった渋谷町は被害が微少だった事もあり、
聚楽座(劇場)キネマ座(洋画封切館)上野精養軒、資生堂、
山野楽器、天賞堂など117店が集まった。
その後、 山手線、 東急田園都市線、都電、 東急東横線、井の頭線、
地下鉄の渋谷駅が開設され、ターミナル駅となった事に伴う集客効果もあり
浅草六区を凌ぎ東京一と評されるまでとなる。
しかし震災の傷も癒え浅草・銀座が復興するとともに多くの店が去り、
替わってカフェーやバーなどの飲食街として息を吹き返すしたが
東京大空襲(1945)によって全焼する。
戦後は、喫茶店、バー、飲み屋、大衆食堂、洋食店
そして興業系の映画館が建ち並び大人が集う繁華街として再び盛況を取り戻した。
東京オリンピック開催前後は渋谷=道玄坂=百軒店という構図だった。
時の流れとともに、百軒店はマンション、風俗店が混在するようになり、
ラブホテル街へと変貌を遂げ現在に至っている。

百軒店
百軒店1

千代田稲荷
長禄元年(1457)に太田道潅が江戸城、築城の時に守護神として、
城内に京都の伏見稲荷を勧請してきたことに始まる。
その後、徳川家康が江戸城を拡張した慶長七年(1602)に城内から渋谷宮益に移し、
江戸城の別名をとって「千代田稲荷」と称したと伝えられる。
千代田稲荷
所在地・・道玄坂 2-20-8  

  1. 2012/10/24(水) 10:51:58|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大江戸街歩き   円山町

道玄坂地蔵 
地蔵1
マウスオン2枚です 
<

円山

神泉駅 
神泉駅

12年前の平成9年(1997)3月8日に起きた東電OL殺人事件
東京電力に勤めるOLの渡辺泰子さん(当時39歳)が、
渋谷区円山町のアパート喜寿荘の101号室で殺害された。
神泉駅の踏切を渡って5メートルと離れていないところにある古いアパート。
地下には「まん福亭」という飲み屋があり、当時のままアパートは残っていた。
階段を上がってすぐの部屋が101号室。 
喜寿
所在地・・渋谷区円山町 16
  1. 2012/10/23(火) 08:53:01|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

大江戸街歩    道玄坂

道玄坂
渋谷駅ハチ公口前から目黒方面へ向かう上り坂
坂名は、この坂に出没して山賊野盗のふるまいをしたという
和田義盛の残党、大和田太郎道玄に因むとも
道玄庵という庵があった事に由来するともいわれる。
道玄坂

坂を少し上って左折した所に東京新詩社跡がある。
与謝野鉄幹は明治34年(1901)麹町から渋谷に移り住み
晶子と結婚した。東京新詩社の機関誌『明星』を12号から発行し、
晶子も歌集『みだれ髪』を刊行した。
詩歌革新を目指して盛んに文学活動を行ったが、
明治37年に千駄ヶ谷に移るまでに、
この近くに2度住まいを変えている。
千駄ヶ谷に移り住んでから、東京新詩社は最盛期を迎え、
晶子も歌集『恋衣』や『夢の華』などを刊行したが、
新詩社の機関誌『明星』が100号で廃刊される事態となり、
明治42年に神田駿河台に移った。
東京新詩社跡

道玄坂6

坂を上った左手に三つの碑がある。
道玄坂1
与謝野晶子歌碑
マウスオン2枚です 
<

道玄坂道供養碑
渋谷氏が北条氏綱に亡ぼされた時(1525)その一族の
大和田太郎道玄が、この坂の傍に道玄庵を造って住んだ。
それでこの坂を道玄坂というといわれている。
江戸時代ここを通る青山街道は神奈川県の人と物を江戸に運ぶ
大切な道だった。
明治になり品川鉄道(山手線)ができると渋谷附近は開けだした。
近くに住んだ芥川龍之介・柳田國男がここを通って通学した。
坂下に新詩社ができたり、林芙美子が夜店を出した思いでもある。

  1. 2012/10/22(月) 11:38:45|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

大江戸街歩き   渋谷

渋谷駅前
渋谷駅前

忠犬ハチ公
飼い主の大学教授・上野英三郎では、大変な愛犬家で、
出かけるときには常に渋谷駅までハチを伴っていた。
ハチを飼い始めた翌年、大正14年(1925)、上野は急死した。
上野の死後、ハチは毎日渋谷駅前で故主の帰りを待ち続けたと
いわれ、それが新聞記事として紹介されたところ人々に
感銘を与え、「忠犬ハチ公」と呼ばれるようになった。
大東亜戦争中に逸失したが戦後再建され、現在も渋谷のシンボル
として、また渋谷駅前における待ち合わせの目標となっている。

ハチ公の向い側に 初代・玉電が展示されている。
玉電

恋文横丁跡
丹羽文雄の小説・恋文に由来する。
映画化されてから、渋谷で最も有名になった横丁。
朝鮮戦争当時、英語のできない女性のために
アメリカ兵相手のラブレターを書く代書屋があった。
主人公は、ここで代筆屋を営んでいた。
横丁は、昭和40年に焼け、今は109が建っている。
これより奥に36軒の店があった。
戦後の混乱、物資不足、それに係事という重荷まで背負い
彼らの足どりは重く乱れがちであった。
しかし、彼らは希望と繁栄とロマンを求め
その小路を恋文横丁と名付けた。
くじらや恋文横丁跡

  1. 2012/10/21(日) 07:14:28|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

横浜   中華街

媽祖廟 
航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神。
特に台湾・福建省・潮州で強い信仰を集め、日本でもオトタチバナ信仰と混淆しつつ広まった。

媽祖は宋代に実在した官吏の娘、黙娘が神となった。
建隆元年(960)、福建省興化府の官吏林愿の7女として生まれた。
幼少の頃から才気煥発で信仰心も篤かったが、16歳の頃に神通力を得て
村人の病を治すなどの奇跡を起こし「通賢霊女」と呼ばれ崇められた。
しかし28歳の時に父が海難に遭い行方知れずとなる。
これに悲嘆した黙娘は旅立ち、その後、峨嵋山の山頂で仙人に誘われ神となったという。

マウスオン2枚です 
<

媽祖廟3

塀の瓦が龍のように見える。
媽祖廟7
媽祖廟6
太鼓楼
媽祖廟8
鐘 楼
媽祖廟9

媽祖廟4  媽祖廟5
所在地・・横浜市中区山下町 136
  1. 2012/10/20(土) 08:20:45|
  2. 横  浜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

横浜   中華街

関帝廟
関帝廟3

初代・関帝廟は、明治4年(1871)に建立したが
大正12年(1923)の関東大震災で・・・
二代目は、昭和20年(1945)戦災で・・・
三代目は、昭和61年(1986)不審火で・・・焼失した。
現在の関帝廟は、四代目で(1990)に再建された。
マウスオン2枚です 
<

商売の神様としての由来
関羽は、武将として兵站に精進し、記帳にもたけて、
昔の中国社会で使われていた簿記法(大福帳)を発明した。
関羽の誠を尽くし約束事を守る精神が商人にとって最も大事であることから
商売の神様として祀られることになった。

関帝廟5 関帝廟4
所在地・・ 横浜市中区山下 町 140

  1. 2012/10/18(木) 09:34:04|
  2. 横  浜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

横浜   馬車道

みなとみらい線の馬車道駅で降りて港に向かう

横浜市第二庁舎

海岸

みなとみらい

赤レンガ倉庫 
横浜港にある歴史的建築物の愛称で、正式名称は新港埠頭保税倉庫。
2号館は明治44年(1911)1号館は大正2年(1913に竣工。
保税倉庫としての役割は平成元年(1989)までに終え、しばらく放置されていた。
平成14年(2002)に、1号館は展示スペース、ホールなどの文化施設、
2号館は商業施設となり、付近一帯は広場と公園を備える赤レンガパークとして整備され、
横浜みなとみらい21地区の代表的な観光施設となっている。
赤レンガ倉庫
赤レンガ倉庫2
赤レンガ倉庫3
所在地・・横浜市中区新港 1-1-2

人力車じゃなくて・・人力自転車?
自転車

  1. 2012/10/17(水) 10:18:52|
  2. 横  浜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小淵沢

三分の一湧水
戦国時代の頃、水争いをしていた三つの村に等配分するために
武田信玄が築いた。堰の真ん中には三角石柱があり
三つの村に均等に水が流れる。
八ヶ岳の懐から現在も一日に約8500トンという豊かな湧出量を保ち、
水温は年間を通じて約10℃。
マウスオン2枚です 
<

 クルック・8枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

マウスオン2枚です 
<
  1. 2012/10/16(火) 08:47:39|
  2. ウォーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小淵沢

小淵沢まで車で行って
小淵沢1
小海線で
小淵沢2
甲斐小泉駅へ
小淵沢3
甲斐小泉駅の近くにあった古戦場跡      マウスオン・クリック、3枚です 
<

棒  道  (大門嶺口)
武田信玄(1521-73)が開発した軍用道路。
八ヶ岳南麓から西麓にかけての甲信国境(甲斐国(山梨県)と信濃国(長野県)の境)を
ほぼまっすぐ一本の棒のように走っているので棒道と呼ばれる。
甲斐国北西部の逸見筋(北杜市域)山梨県北杜市(旧北巨摩郡小淵沢町、長坂町)や
長野県富士見町には現在も上の棒道、中の棒道、下の棒道の三筋が残っている。
今回歩いたのは、上の棒道
道沿いに一丁(約109m)おきに30数基の観音像がある。
棒道1
マウスオン2枚です 
<
11枚です。クリックして下さい
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
途中から八ヶ岳高原ラインに出た! 棒道17
上から見た棒道
棒道18
 
  1. 2012/10/15(月) 09:05:48|
  2. ウォーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

山陽道   竹原

森川邸
元竹原町長森川八郎が建てた、大正期の豪邸で質の高い和風住宅。
大正初期に造成した敷地に石垣及び土塀を巡らせ、
主屋、風呂場、及び便所、離れ座敷、茶室、隠居部屋、
土蔵、表門、脇門の8棟の建物を配している。
茶室は不二庵の作。また、座敷に面して庭園が設けられている。
この住宅で特に評価されるのは、後世の改造が少なく、
大正期の姿をよく保っていること、母屋や離れ座敷だけでなく、
風呂場や便所などの付属屋までもが完存しているからである。
マウスオン2枚です 
<
所在地・・竹原市中央 3-16-25

初代郵便局跡
マウスオン・クリック、3枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

酒造用井戸
竹原13

照蓮寺1
クリック・3枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。 続きを読む
  1. 2012/10/13(土) 09:41:59|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

山陽道   竹原

竹原

西方寺 
  山門→本堂→普明閣      マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・竹原市中央 5-1-35
 
< < < < < < < < < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

この胡堂(恵美須)は1500年代に出雲の国より分神を迎えて建てられた。
大国主命 事代主命を祀り、塩田と酒造によって栄えた
下市村(竹原)の人々が、家運隆昌に掛ける心の支えとなし、
又 出雲の国に因んで、善男善女の縁結びに幸運を運ぶと伝えられている。
竹原12

続きを読む
  1. 2012/10/11(木) 09:26:58|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山陽道

菅公手掘井戸
菅公の手掘井戸1

菅公の手掘井戸2

菅公の手掘井戸3

この長い、長~い階段の上にある甑天満宮
激暑に負けて登れなかった(≧◯≦)・゜゜・。 今年の暑さはなんだ・・・
菅公の手掘井戸4
所在地・・三原市本郷町 
  1. 2012/10/10(水) 09:26:05|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

山陽   三原

三原城跡 
永禄10年(1567)毛利元就の三男・小早川隆景によって築城。
三原湾に浮かぶ小島や中州をつないで砦を築き水軍の拠点とした。
当時は海に浮いているように見えたため浮城と呼ばれた。
三原城址1

三原城跡2
三原城跡3
三原城跡5
三原城跡6
三原駅ロータリーにある小早川隆景の像
小早川隆景
所在地・・三原市館町602-17
  1. 2012/10/09(火) 08:48:36|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

山陽道   三原

米山寺 
仁平3年(1153)に天台宗の寺として建てられた寺院で、
嘉禎元年(1235)小早川氏4代・茂平が、境内に念仏堂を建立して氏寺とした。
米山寺1

米山寺2

以来、小早川家の菩提寺で初代・実平から17代隆景までの
宝篋印塔(国の重要文化財)20基の墓が整然と並んでいる
米山寺4
米山寺5


米山寺宝篋印塔
重要文化財、鎌倉時代後期 元応元年 1319年、花崗岩、高さ 223.4Cm
この石塔は、小早川家の墓塔ではなく、供養塔として造られた。
米山寺7

菅茶山文学碑
米山寺6
所在地・・三原市 沼田東町納所
  1. 2012/10/07(日) 12:23:36|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

山陽道   三原

糸碕神社
天平元年(729)に豊前国宇佐八幡宮より応神天皇の産髪を勧請した事に創まる。
広島県内で最も古い神社とされる。
瀬戸内海に面し、長井の浦と呼ばれる風待ちの浦として『万葉集』にも詠まれている
RIMG0547.jpg

本 殿
現在の本殿は、宝暦9年(1759)に再建された。
RIMG0540.jpg

樹齢500年といわれるクスノキ
胸高幹囲13㍍、樹高30㍍以上で枝の展開も大きく
樹勢は今なお盛んである。
ことに地上2㍍余におよぶ根本の肥大はいちじるしい。
マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<
所在地・・三原市糸崎町 8-10-1

続きを読む
  1. 2012/10/05(金) 15:20:00|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山陽道(広島)   因島

白滝山

  駐車場に磨崖仏
因島1

クリック12枚です。
<<>
<五百羅漢のもとへ>

十字架観音像
因島14十字架観音像

マウスオン2枚です 
<

因島20

さあ~ この上に五百羅漢が・・・ 因島22

続きを読む
  1. 2012/10/02(火) 09:08:11|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山陽道   尾道

天寧寺
天寧寺1

天寧寺2

天寧寺3

天寧寺4

天寧寺5

天寧寺6
所在地・・尾道市東土堂町 15-1  
続きを読む
  1. 2012/10/01(月) 07:10:29|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR