すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 佐賀

長崎街道
長崎街道1

旧古賀銀行
明治18年に両替商をしていた古賀善平が設立した銀行で、
大正8年頃には、九州の5大銀行のひとつに数えられるまでに成長。
大正15年、恐慌により休業に追い込まれた。
現在は歴史民俗館として大正5年当時の姿に復元されている。
マウスオン2枚です 
<

たたみ恵比須     マウスオン・クリック、3枚です 
<

長崎街道5

長崎街道16

長崎街道17

長崎街道19

呉服恵比須     マウスオン・クリック、3枚です 
<

長崎街道20

八坂神社   マウスオンして下さい。


長崎街道23

長崎街道7

長崎街道8 長崎街道9
長崎街道10

成就院
長崎街道11

宝当恵比須天
長崎街道12
所在地・・佐賀市柳町                         
スポンサーサイト
  1. 2014/04/29(火) 09:14:50|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 佐賀

龍造寺八幡宮
建久年間(1190~1199)に鶴岡八幡宮から勧請され、
慶長9年(1604)に佐賀城内から現在地に遷座された。
石鳥居は慶長9年(1604)の刻銘を持つ肥前鳥居で、
マウスオンして下さい。

マウスオン2枚です 
<


龍造寺2

マウスオンして下さい。

マウスオン2枚です 
<


本殿は大型の入母屋造社殿で、建築年代は19世紀中期
屋根は銅板葺、正面に千鳥破風、向拝に軒唐破風を付し、
華やかな外観を呈している。
龍造寺3-1 龍造寺3-2
マウスオン2枚です 
<


拝殿は入母屋造銅板葺、正面に軒唐破風、向拝三間を設けている。
龍造寺3-4

境内には市指定の保存樹である楠をはじめ、
樹齢を重ねた樹木が多い。


楠神社
日本で最初に楠公父子を祀った神社
龍造寺5-1 龍造寺5-2
龍造寺5

子育て(子授け)恵比須社
人間の子供を抱いた、我が国初の恵比須さま
マウスオン2枚です 

所在地・・佐賀県佐賀市白山 1-3-2 

  1. 2014/04/27(日) 09:52:44|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 久留米

水天宮
マウスオンして下さい。


水天宮1

水天宮1-1 水天宮1-2

水天宮2

水天宮3-1 水天宮3-2
水天宮3

本 殿     マウスオン2枚です
水天宮10 水天宮11 


水神社
水天宮7 水天宮8
水天宮6

水天宮の脇を流れる豊後川
水天宮12

水天宮13 水天宮14
水天宮15

マウスオン2枚です 
<

真木神社
水天宮18
山梔窩 (クチナシノヤ)    マウスオン2枚です 
<
所在地・・福岡県久留米市瀬下町 265-1

続きを読む
  1. 2014/04/25(金) 10:15:23|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 久留米

遍照院
江戸時代の勤皇家で、蒲生君平、林子平とともに、
寛政の三奇人といわれる高山彦九郎の墓がある。
遍照院

遍照院2

遍照院3

高山彦九郎の墓
クリック・3枚です。
<<文①
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。


寺町の奥の方にあり、北山杉までもってきた
京都御所ふうの純日本式庭園が美しい。
遍照院8
遍照院9
所在地・・福岡県久留米市寺町 56

   続きを読む
  1. 2014/04/23(水) 10:10:35|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 久留米

久留米城
室町時代後期の永正年間(1504年 - 1521年)に
この地の土豪が篠原城と称した砦程度のものを築いたのが始まり。
天文年間(1532年~1555年)には御井郡司の某が修築した。
この時代は豊後国の大友宗麟と肥前国の龍造寺隆信が争っていて、
この地は双方の勢力が拮抗する場所で度々城主が入れ替わった。
久留米1
クルック・3枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
篠山神社   マウスオン2枚です 
<

久留米城6-1 久留米城6-2 久留米城6

マウスオン2枚です
 

マウスオン2枚です
 

マウスオン・クリック、3枚です 
<

本丸御殿跡
久留米城17

マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・福岡県久留米市篠山町 
  1. 2014/04/21(月) 09:47:56|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 朝倉

古処山のふもとに城下町として栄えた秋月

秋月1
マウスオン2枚です 
<

秋月4

秋月5

秋月6

秋月7

マウスオン2枚です 
<

秋月11
秋月10

秋月12
秋月13

秋月14
秋月21

秋月16
クリック・4枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
マウスオン2枚です 
<


秋月城跡
中世・戦国時代の古処山城の麓にあった秋月氏の館跡を利用して築かれた平城。
福岡藩の支藩秋月藩の藩庁であり黒田氏が居城していた。
一筋に掘られた堀と石垣を築き二重櫓や平櫓を並べていた。
秋月30
マウスオン2枚です 
<

秋月24
クリック・3枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

明治期に廃城となり払い下げられた後、
現在跡地には黒田長興を祀った垂裕神社が建てられている。
堀、石垣、裏門であった長屋門、旧大手門である黒門が
垂裕神社の神門として移築され現存する。
マウスオン2枚です 
<
所在地・・福岡県朝倉市秋月
  1. 2014/04/19(土) 09:46:09|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 筑紫野

山家(ヤマエ)宿
江戸時代、長崎街道沿いの筑前六宿
原田・山家・内野・飯塚・木屋瀬・黒崎の一つだった。
山家宿は、慶長16年(1611)に桐山丹波によって建設された。
桐山丹波は、初代山家宿の代官となり、
黒田長政の24臣の一人として黒田藩のお家騒動に際しても、
黒田家の存亡の危機を救ったことでも有名。
マウスオン2枚です 
<

山家10

山家8

山家7


山家6

山家5

山家3

山家4

山家宿郡屋敷
山家2

山家12

マウスオン2枚です 
<

山家15

山家17

山家11

山家21

マウスオン2枚です 
<


山家22

小倉屋
山家23

長崎屋    マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・福岡県筑紫野市山家
  1. 2014/04/17(木) 10:45:34|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 太宰府

太宰府政庁跡
七世紀後半に、大和朝廷は那の津の官家をここに移し、
奈良・平安時代を通して、九州を治め、
我が国の西の守り(防衛)外国との交渉の窓口となる役所(大宰府)とした。
その規模は平城京、平安京に次ぐ大きなものであり、
南北22条、東西24坊の都市計画があったという。
与えられた権限の大きさから、遠の朝廷(トオノミカド)とも呼ばれる。
面積は約25万4000平方メートル、甲子園の約6.4倍である。
その規模をしのばせる立派な礎石が残 り、
そこを中心に門や回廊、周辺の役所跡等が整備されている。
太宰府跡1

太宰府跡2

太宰府跡3
マウスオン2枚です    撮影 3月26日
<

太宰府跡5

太宰府跡6

正殿跡(都府楼跡石碑)
太宰府跡8

太宰府跡9
小野 老(ヲノノ オユ)の歌碑 マウスオン2枚です 
<

太宰府跡13
マウスオン・クリック、3枚です 
<

大伴旅人(オオトモノタビト)の歌碑
マウスオン2枚です 
<
所在地・・福岡県太宰府市観世音寺 4-6-1                        
  1. 2014/04/15(火) 10:25:58|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

桜・・幸手市権現堂堤

権現堂桜堤
約1000本のソメイヨシノが1kmにわたって咲き誇る。

桜の便りに誘われて、友人のご主人の好意に甘えて
幸手の権現堤に花見に行きました。
運悪く、3月末から4月初めの桜の開花時に
いくつもの予定が入っていて
4月3日、雨の降る中での花見でしたが
なの花の優しい香りに包まれて
どこまでも続く桜並木となの花のコラボを堪能しました。

< < < < < < < < < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。


幸手14 幸手15
所在地・・埼玉県幸手市大字内国府間 887-3
続きを読む
  1. 2014/04/13(日) 10:53:07|
  2.   花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 太宰府

観世音寺

源氏物語にも登場する観世音寺は、
天智天皇が母君斉明天皇の冥福を祈るために発願され
80年後の聖武天皇の天平18年(746)に完成した。
古くは九州の寺院の中心的存在で、
沢山のお堂が立ちならんでいたが、
現在は江戸時代初めに再建された講堂と金堂があるのみ。
東大寺、下野薬師寺とともに「天下三戒壇」のひとつ。
平安時代以降は徐々に衰退したが、
仏像をはじめとする文化財を豊富に有する
クリック・3枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

鐘 楼
観世音4

講 堂(本堂)
観世音5

金 堂(阿弥陀堂)
観世音6

観世音7

地蔵菩薩     マウスオン・クリック、3枚です 
<

鑑真和上が中国から請来したといわれる菩提樹
観世音15

観世音17

観世音18

五重塔心礎
観世音19

日本最古の梵鐘(国宝)
マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・福岡県太宰府市観世音寺 5-6-1
  1. 2014/04/11(金) 11:51:22|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 太宰府

太宰府天満宮

太宰府1

太宰府2

     菅原道真を祭神として祀る天満宮の一つ
     京都の北野天満宮とともに全国天満宮の
     総本社とされ、道真の霊廟として篤く
     信仰されている。

太宰府4
延壽王院    マウスオン2枚です 
<


太宰府5-3

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

常夜灯の上で逆立ちしている狛犬
太宰府6-2 太宰府6-4 太宰府6-3

太宰府6-5 太宰府6-6

心字池と太鼓橋
この神池は心という字を かたどったものであり
太鼓橋と直橋の三つの神橋は仏教思想にいう
現在・過去・未来の三世一念の相を現わしたもの。
この池の橋を渡ることによって、三世の邪念を祓うともいわれ
参拝者の身を清める橋でもある。
太宰府7
過 去
太宰府8
今王社
太宰府9
現 在
太宰府10
志賀社
太宰府11
未 来
太宰府12
心字池
太宰府13

楓 社   マウスオン2枚です 
<

麒 麟
中国の伝説上の動物。
この麒麟が太宰府天満宮の聖域の境界線、
すなわち「結界」になっていて麒麟の胸から本殿側が聖なる領域。
長崎のグラバー邸で有名なグラバー氏がこの麒麟像を
こよなく愛し、数回に渡って太宰府天満宮を訪れては
麒麟の像を鑑賞していた。
グラバー氏は、友人が設立したビール会社を
引き受け、その時に名前をキリンビールに変えた。
太宰府14-1
      鶯  像
     幸運を運ぶ天満宮の守り鳥


太宰府15-1 太宰府15-2

太宰府15-5
太宰府15-3 太宰府15-4

太宰府16-5 太宰府16-6

楼 門
太宰府15

飛 梅    マウスオン2枚です 
<


太宰府16-1  太宰府16-2


本 殿
太宰府16
所在地・・福岡県太宰府市宰府 4-7-1 
  1. 2014/04/09(水) 11:31:47|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

九州の街道を巡る (長崎街道~豊前街道) 田川

三井田川炭坑跡

炭坑節の碑
♪香春岳から~ 見下ろせば~ 
伊田のたてこうが~ 真正面 12時下がりの
サマちゃんが~ ケージに~ もたれて 思案顔
サノヨイヨイ

♪月が~ 出た出た 月が出た~
三井炭坑の上に出た~ あんまり~ 煙突が
 高いので~ さ~ぞや~ お月さん 煙た~かろ
サノヨイヨイ 
炭田13

炭坑節発祥の地
炭田10


マウスオンして下さい。


マウスオン2枚です 
<

第二竪坑櫓は現存しない。
炭田3

三井田川炭鉱伊田第一竪坑櫓。
明治42年完成。深さ約300メートル、高さ約23メートル。
炭田6
ケージ
人や炭車をのせて坑内外を往復した二段式ケージ。
エレベーターの函のような役目をしていた。
炭坑節の一番に♪ケージに~ もたれて 思案顔、と歌われている。
炭田7

種田 山頭火の句碑
炭田8
9600型蒸気機関車
炭田11

炭田12

炭田9
所在地・・福岡県田川市伊田 2734-1                        



鴨生公園にある 山上憶良歌碑
山上1

山上2
                      
  1. 2014/04/06(日) 10:41:44|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る   長崎街道~豊前街道   小屋瀬宿

小屋瀬宿 (コヤノセシュク)

長崎街道の起点である小倉から2番目の宿場。
博多を経て唐津に至る唐津街道が分岐している。
街道と遠賀川の水運で栄え、旧街道沿いには当時の町並みが残っている。

マウスオンして下さい。


クリック・10枚です。
<<郡屋(家)跡
 non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

マウスオン・クリック、3枚です 
<

旧高崎家住宅  (伊馬春部生家)
小屋瀬20

永源寺     マウスオン2枚です 
<

小屋瀬宿本陣の門     マウスオン2枚です
<
所在地・・福岡県北九州市八幡西区木屋瀬 続きを読む
  1. 2014/04/04(金) 10:34:20|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る   長崎街道~豊前街道   小倉


長崎街道
江戸時代、九州で唯一の脇街道だった。
小倉から筑前六宿を経て、肥前に入り
長崎に至る25宿、57里(228km)の道のり。
当時の人は、この距離を約一週間で歩いたそうだ。

豊前街道
熊本を基点として、植木、山鹿、南関から久留米を経て
豊前、小倉に至る道。
参勤交代道として栄え、大名行列の休憩所が設けられるなど
街道沿いの町は賑わいをみせたという。




長崎街道
マウスオンして下さい。


常盤橋
マウスオン2枚です 
<



小倉城
天正14年(1586)、秀吉の九州平定に参加した官兵衛は、
毛利・吉川・小早川軍とともに豊前小倉城を攻めた。
翌15年(1587)、九州を平定した秀吉は、
大坂への帰路小倉城に立ち寄り、それから赤間が関に渡った。
赤間が関で官兵衛に対して、豊前6郡を与える知行宛行状を出した。
また、慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いの際に西軍・石田三成方に属した
小倉城主毛利勝信を黒田官兵衛が攻め落城させたといわれる。
慶長7年(1602)細川忠興により築城されたが戦乱により焼失。
現在の天守閣は昭和34年(1959)に復元されたもの。
小倉城20
復元天守閣
小倉城4

小倉城5

小倉城6
水 堀
小倉城7
本丸の空堀
小倉城8
八坂神社に続く多聞口門跡
小倉城9
所在地・・福岡県北九州市小倉北区城内 2


八坂神社
元和3年(1617)に小倉城主・細川忠興が
鋳物師町に創建したもので、昭和9年に今の小倉城北の丸跡に遷座された。
小倉の鎮守として初詣にはたくさんの人が訪れ、
7月には全国3大祇園の一つに数えられる小倉祇園祭りがある。
小倉城とつながる道が社殿の横にあり、
その道を行くと天守閣の横の広場に出る。
小倉城18

小倉城19
城の敷地の一角にあるので神社の社務所なども城郭造りに なっていて、
違和感のないように造られている。
小倉城15

小倉城11 小倉城12
本 殿
小倉城16

神楽殿(右)と三本松高倉稲荷神社(左)
小倉城10

三本松高倉稲荷神社の前には
狐と狛犬が仲良く並んでいる。
小倉城13 小倉城14
所在地・・福岡県北九州市小倉北区城内 2-2

  1. 2014/04/02(水) 10:58:57|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR