すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る  (唐津街道~平戸街道)  長崎

瑞雲寺

応永9年(1402) 勝尾岳北麓に松浦代勝によって開基。
松浦・壱岐300余りの寺の首領。
瑞雲寺7

瑞雲寺2

瑞雲寺3

鎖国により、母と平戸に想いを馳せながら国外に追放された、
オランダ商館長の娘コルネリアの供養塔と
種田山頭火の歌碑
マウスオン・クリック、3枚です 
<
長崎県平戸市鏡川町 256


光明寺
光明寺5
山 門
光明寺1
本 堂
光明寺2
経 堂
光明寺3
鐘 堂
光明寺4
長崎県平戸市鏡川町258



坂を登る途中で手前の光明寺、瑞雲寺などの寺院と重なって見える風景は
「寺院と教会の見える風景」として平戸を代表する景観

瑞雲寺8


松浦隆信の墓
マウスオン・クリック、3枚です 
<



平戸ザビエル記念教会
ザビエル記念教会
左側にのみ八角塔があるアンシンメトリー(左右非対称)な景観を作っている。
マウスオン2枚です 
<

マウスオンして下さい。

ザビエル記念教会 3
マウスオン2枚です 
<
長崎県平戸市鏡川町 259-1


スポンサーサイト
  1. 2014/07/29(火) 09:41:53|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る  (唐津街道~平戸街道)    

平戸港
長崎県北西部の平戸島。
平戸11

同年、フランシスコ・ザビエルも来航した。
平戸1 平戸2

平戸10

ひらと3

オランダ埠頭
マウスオン2枚です 
<

平戸和蘭商館跡
ひらと11
ひらと10
マウスオン2枚です 
<

ひらと12

マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・長崎県平戸市
  1. 2014/07/27(日) 09:16:34|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る (唐津街道~平戸街道)  佐賀 

伊万里

鍋島藩窯として栄え、300有余年の歴史を誇る。
伊万里焼は、有田を中心とする肥前国(現代の佐賀県および長崎県)で
生産された磁器の総称で、製品の主な積み出し港が伊万里だったことから、
伊万里焼と呼ばれたが、有田焼、三川内焼、波佐見焼なども含む。
マウスオンして下さい。


マウスオン2枚です 
<
橋の両側の欄干には、大きな壺が・・そしてその上には狛犬がいる。
マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<

伊万里7

伊万里8

伊万里9

伊万里10

伊万里11

伊万里12

登り窯     クリック・3枚です。
<<
平 窯
伊万里16

マウスオン2枚です 
<

伊万里19

伊万里20

伊万里21
所在地・・佐賀県伊万里市大川内 続きを読む
  1. 2014/07/24(木) 09:58:34|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

九州の街道を巡る (唐津街道~平戸街道)  佐賀

唐津の町

マウスオン・クリック、3枚です 
<


時の太鼓
4代目藩主土井氏時代、この場所に時を告げる鐘が置かれ、
のちに金附堂、時太鼓堂、撞鐘堂となって時刻を告げていた。
現在は午前7時から午後7時までの間、
一時間おきに中から武家人形と大太鼓が出てくるからくり時計。
マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・佐賀県唐津市北城内 6-41 北城内児童公園内(藩政下の二の丸)


旧唐津銀行本店
明治中期以降、石炭産業の発達と鉄道の普及は
唐津市に空前の繁栄をもたらした。
旧唐津銀行本店は、明治45年(1912)竣工の
市民生活や産業界を財政面で支える金融機関として、
又急速に流入する西洋文化の象徴として
大島小太郎によって建設された。
平成9年まで金融機関として利用され続けたが、
(株)佐賀銀行より市に寄贈された唐津の近代化を象徴する建物。

赤レンガ調タイルと白御影石とのコントラスト、
アーチ窓、御影石バルコニーや歯飾付き銅板製の三角屏風など
辰野様式の外観を色濃く残している。
特に各室に備えられている暖炉が石炭を燃料として
用いられていたことは、地域産業を背景としたもの。
クリック・5枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
所在地・・佐賀県唐津市本町 1513-15


マウスオン・クリック、3枚です 
<



唐津20 唐津21

唐津22                         
  1. 2014/07/22(火) 09:35:10|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る  (唐津街道~平戸街道)  福岡 

名護屋城跡

海岸線沿いに細長く広がる松浦郡の北東部の小さな湾内に位置し、
中世には松浦党の交易拠点の一つだった。
もともと松浦党の旗頭・波多氏の一族、名護屋氏の居城、垣添城があったが、
豊臣秀吉は大陸への進攻を企図した時、
前線基地として大掛かりな築城を行った。

波戸岬の丘陵を中心に170,000平方mにわたり築かれた平山城の陣城。
五重天守や御殿が建てられ、周囲約3km内に120ヵ所ほどの陣屋がおかれた。
城の周囲には城下町が築かれ、最盛期には人口10万人を超えるほど繁栄した。
名護屋城跡2

名護屋城跡3

名護屋城跡4
鯱鉾池
名護屋城跡5
江戸時代の島原の乱の後に一揆などの立て篭もりを
防ぐ目的で人為的に破却された石垣。
マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<

名護屋城跡10

名護屋城跡11

名護屋城跡12

名護屋城跡13

名護屋城跡14
三の丸井戸跡
城内の高台で唯一残っている
名護屋城跡16三の丸井戸跡
三の丸
本丸より一段低い所に位置する
マウスオン2枚です 
<
本丸大手
三の丸と本丸を結ぶ通路
名護屋城跡18
本丸跡
名護屋城跡20
マウスオン2枚です 
<

名護屋城跡25
今でも発掘は続いている。
名護屋城跡24

秀吉の死後、大陸進攻が中止されたために城は廃城となり
建物は寺沢広高によって唐津城に移築された。
所在地・・佐賀県唐津市鎮西町名護屋 1931-3
  1. 2014/07/20(日) 09:40:39|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る  (唐津街道~平戸街道)  福岡

今津元寇防塁跡
元寇防塁(ゲンコウボウルイ)は、鎌倉時代に北部九州の
博多湾沿岸一帯に築かれた石による防塁。
蒙古襲来(元寇)に備えて築かれた。
弘安の役の際には防塁が築かれた所からは
モンゴル・高麗軍は一切上陸することが出来なかった。
元寇防塁は中山平次郎の命名で、石築地(イシツジイ)が本来の呼び名。
高さ・幅は平均して2mあり、総延長は福岡市西区今津から
福岡市東区香椎までの約20kmに及ぶ。
内部には小石を詰め、陸側に傾斜を持たせて海側を切り立たせている。
築地には楯を並べて旗を立て、河口や波打ち際には乱杭が設けられた。
今津元寇防塁跡1

今津元寇防塁跡2

今津元寇防塁跡3
マウスオン2枚です 
<
所在地・・福岡市西区今津 
  1. 2014/07/18(金) 10:29:51|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る (唐津街道~平戸街道)  福岡

曹洞宗 金龍寺

永正5年(1508)怡土郡高祖村に、高祖城主原田弘種の菩提寺として創建。
慶長16年(1611)福岡藩士高橋伊豆によって荒戸山に移転。
慶安2年(1649)福岡藩二代藩主黒田忠之公によって、この地に移転。
金龍寺1
マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<

東洋のアリストテレスと讃えられる近代の天才学者
貝原益軒(カイバラエキケン)の銅像    マウスオン2枚です 
<

マウスオンして下さい。


曹洞宗 金龍禅寺
金龍寺7
所在地・・福岡県福岡市中央区今川 2-3-23 続きを読む
  1. 2014/07/16(水) 10:19:12|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る (唐津街道~平戸街道)  福岡 

光雲(テルモ)神社

明和6年(1766)福岡藩主・黒田継高が、初代・黒田孝高(龍光院殿、如水)と
その子で初代福岡藩主・黒田長政(興雲院殿)を福岡城内に祀った。
社名は両神の法名から一字ずつとったもの。
明治42年(1909)現在地の西公園に遷座した。
光雲2

光雲3

長政が愛用した水牛の兜の像
光雲5

福岡藩士で黒田二十四騎の一人・母里友信(太兵衛)の銅像
銅像下部には母里をモデルとした民謡「黒田節」の歌詞
マウスオン2枚です 
<

後ろを向いている狛犬は珍しい・・
光雲7-1 光雲7
拝  殿
光雲9

マウスオン2枚です 
<

マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・福岡県福岡市中央区西公園 13-1 
  1. 2014/07/14(月) 09:18:15|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

九州の街道を巡る  (唐津街道~平戸街道)  福岡 

櫛田神社

天平宝字元年(757)松阪にあった櫛田神社を勧請したのに始まる。
天慶4年(941)小野好古が藤原純友の乱を鎮めるために
京都の八坂神社に祈願し、平定した後に素盞嗚神を勧請した。
平安時代末期、平清盛が所領の肥前国神埼の櫛田神社(櫛田宮)を、
日宋貿易の拠点とした博多に勧請したとの説もある。
戦国時代に荒廃したが、天正15年(1587)豊臣秀吉によって
博多が復興される時に現在の社殿が造営された。
博多祇園山笠の追い山のスタート地点。
櫛田1

櫛田2 櫛田3
楼 門    クリック・4枚です。
<<
北斗さんのソースをお借りしました

中神門
櫛田15

櫛田8 櫛田9
櫛田10-1

マウスオン2枚です 
<

マウスオン・クリック、3枚です 
<

拝  殿
櫛田14

マウスオン2枚です 
<


マウスオン2枚です 
<

マウスオン・クリック、3枚です 
<

力  石
櫛田24

櫛田25

櫛田30 櫛田31
櫛田29

稲荷神社
櫛田26

博多塀
櫛田28博多べい

大正天皇行幸殿
櫛田27
所在地・・福岡県福岡市博多区上川端町 1-41
  1. 2014/07/12(土) 09:44:28|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る  (唐津街道~平戸街道)  福岡

福岡城跡
慶長5年(1600) 黒田孝高・長政父子は関ヶ原の戦いの功績により
豊前国中津16万石から、一躍筑前一国52万3千石を
得て名島城入城した。便宜上から名島城を廃し
慶長6年(1601)に築城が開始され、7年後の慶長12年(1607)に竣工した。
福岡城2

福岡城3

福岡城4
天守台跡
福岡城5
埋門跡
福岡城6埋門跡

福岡城7
井 戸
福岡城8
多聞櫓
福岡城9多聞櫓

福岡城10

名島門 
マウスオンして下さい。

福岡城名島門
マウスオン2枚です 
<

潮見櫓
福岡城18潮見櫓
下之橋御門
福岡城17下之橋御門

福岡城15

福岡城19
大濠公園
福岡城20大濠公園
福岡城大濠公園
所在地・・福岡市中央区
 
  1. 2014/07/10(木) 10:32:22|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る  (唐津街道~平戸街道)  福岡 

崇福寺

仁治元年(1240)湛慧により太宰府に建立された。
慶長5年(1600)福岡藩初代藩主・黒田長政によって
現在地に再建され、黒田家の菩提寺として庇護を受けた。

山門~庫裏へ
山門は福岡城の本丸表御門を移築
クリック・4枚です。
<<山 門
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

マウスオン・クリック、3枚です 
<

名島城遺構を移築した唐門
崇福寺8旧名護屋城門

地蔵堂
崇福寺16

黒田家歴代墓所
藤水門で仕切られた一郭が黒田家の墓所となっている。
崇福寺9
黒田孝高(如水)や長政をはじめ、4代藩主・綱政、6代藩主・継高、
7代藩主・治之、9代藩主・斉隆の墓がある。
崇福寺10

崇福寺11
所在地・・福岡市博多区千代 4-7-79 

  1. 2014/07/08(火) 09:29:22|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る (唐津街道~平戸街道)  福岡 

筥崎宮
延長元年(923)の創建。
元寇の際に亀山上皇が「敵国降伏」を祈願し、
神門に「敵国降伏」の扁額が掲げられた。
以来、海上交通・海外防護の神として信仰されている。
京都の石清水八幡宮、大分の宇佐神宮とともに日本三大八幡宮の一つ。
社名の「はこ」の字は円筒状の容器を意味する「筥」
この宮がある地名・駅名などは「箱崎」
筥崎八幡神に対して恐れ多いという理由からだそうだ。
筥崎1

筥崎2

筥崎3 筥崎4

筥崎5

筥崎6

筥崎7

筥崎8

筥崎9

マウスオン・クリック、3枚です 
<

マウスオン・クリック、3枚です 
<

木造亀山上皇御神像(銅像原型)      
マウスオンして下さい。

マウスオン2枚です 
<


マウスオン2枚です 
<
所在地・・福岡県福岡市東区箱崎 1-22-1  

続きを読む
  1. 2014/07/06(日) 09:13:45|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

九州の街道を巡る (唐津街道~平戸街道)  福岡 

香椎宮 (カシイグウ)

仲哀天皇、神功皇后を主祭神とし、応神天皇、住吉大神を配祀。
香椎の名は敷地内に香ばしい香りの棺懸(カンカケ)の椎に由来する。
仲哀天皇9年(200)熊襲征伐の途中、橿日宮(カシヒノミヤ)で
急逝したため、神功皇后が祠を建て神霊を祀ったのが起源。
養老7年(723)神功皇后自身の神託によって朝廷が社殿の造営を始め、
神亀元年(724)に竣工。この2つの廟をもって香椎廟という。
古くから朝廷の崇敬厚く、祈願・奉幣等は宇佐神宮に次ぐ扱いを受け、
伊勢神宮、氣比神宮、石清水八幡宮と共に本朝四所と称された。

香椎1

香椎2

門をくぐって振り返ると開という字に見えるという
修復工事中だったので・・残念   マウスオン2枚です 
<

香椎5 香椎6

マウスオン・クリック、3枚です 
<

中  門
香椎11

拝  殿
  香椎12

幣殿と奥に本殿
香椎13

奏楽殿
香椎14

向かって左が稲荷神社、右が鶏石神社
香椎18

マウスオン2枚です
<

香椎24


神社の裏手から出ると目の前に


沙庭斎場
仲哀天皇の進取革新の内外政策は開闢以来の大偉業であるため、
常に沙庭(サニワ)をたてて、神の教えを乞請された聖地。
沙庭が国史に現れたのはこの地が最初である。

仲哀(チュウアイ)天皇 許志比宮址(カシヒノミヤアト)
筑紫の訶志比宮に遷宮して天下を治められたと
古事記に書いてある宮の跡で、8年正月21日(199)に、ここを都と定めた。
天皇が崩御するや、ただちに天皇の神霊を祭神とした神社は他にはない。
朝廷廟として特別の尊崇を捧げられる。
奈良朝に大宰府の官人が京から下るとき、まず香椎に参詣し始めて入府する。
春秋の大祭には帥(ソチ)国郡司を引き連れて必ず参拝し、
宣命を奏するのが通例であった。
クリック・4枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

棺掛椎
仲哀天皇のご偉業を完遂しようとして、神宮皇后は天皇の喪を秘し
天皇の御棺をこの椎の木に立て掛けられて、
天皇がここにいるかのようにして御前会議を開いた。
この時、御棺より良い香りが漂ったことから、
香椎の名前が起こったとの地名伝説もある。
香椎26香椎27
所在地・・福岡県福岡市東区香椎 4-16-1



武内屋敷跡と不老水
マウスオン2枚です 
<

クリック・5枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。


続きを読む
  1. 2014/07/04(金) 09:10:44|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

九州の街道を巡る   唐津街道~平戸街道   福岡


唐津街道
長崎街道から分かれて、玄界灘に沿って博多を経由して
肥前国松浦郡唐津に至る。
途中に本陣が13ヶ所あった。
古代は大陸の文化が伝わる道で、
玄 に立ち向かった武士たちが行軍した。
豊臣秀吉の朝鮮出兵や福島藩、唐津藩の参勤交代で使われ、
幕末は武士たちが行き交った。

平戸街道
肥前国松浦郡日の浦から江迎・佐々・早岐を経て
彼杵思案橋で長崎街道に合流する
およそ14里(役57.5km)の道のりで、途中に韓進6ヶ所
一里塚13ヶ所が設置された。




宇美八幡宮
神功皇后が三韓征伐からの帰途に応神天皇を産んだ地に、
敏達天皇3年に応神天皇を祀った。
「宇美」の地名も「産み」に由来する。
平安時代ごろから石清水八幡宮と本末関係になった。
鎌倉時代初期から安産の神として信仰されるようになった。
宇美1

宇美2 宇美3
宇美4

宇美5

宇美6 宇美7 宇美8

宇美9 宇美10
宇美11

天然記念物 湯蓋の森
マウスオン2枚です 
<

八幡宮の御母神
宇美14
宇美15
宇美16

子安の石    
拳大の石が納められていて、妊婦は安産を祈願してこの石を持ち帰り、
出産後は別の新しい石を添えて返すという風習がある。 

マウスオン・クリック、3枚です
<

あちこちにある大樟の木が、神社の歴史を物語る
宇美22

宇美23

宇美24
所在地・・福岡県糟屋郡宇美町宇美 1-1-1
  1. 2014/07/02(水) 09:12:44|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR