すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る   薩摩街道~薩摩南街道  熊本

松井神社
明治14年(1881)松井氏の旧家臣団をはじめ、
ゆかりのある人々により創建。
祭神は肥後細川氏筆頭家老だった松井家初代松井康之、2代興長。
樹齢三百数十年の梅の名木 臥竜梅が有名。
細川忠興(三斎)が「八代から百花の魁となる人材出でよ」と念じて、
自ら植えたと伝えられている。
松井神社1

松井神社2

マウスオン・クリック、3枚です 
<

松井神社6
マウスオン2枚です 
<


織田信長供養塔(五輪塔)
寛永9年(1632)、細川家が豊前国から肥後国に入り、
藩主・細川忠利の父・忠興(三斎)は八代城に入城した。
忠興の妻・玉子(ガラシャ)は明智光秀の娘で、
その縁組は織田信長の仲介による。
忠興が信長追福のため、丹後国宮津に創建した泰巌寺は
信長の法号『総見院殿泰巌信齢大居士』にちなむ。
豊前国府を経て、八代の平河原町に移され、のちにこの地へ移されたが
明治に廃寺、この五輪塔だけが今は高校の片隅に残っている。
松井神社9
所在地・・熊本県八代市北の丸町 2-18
スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 08:29:55|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

九州の街道を巡る   薩摩街道~薩摩南街道  熊本

薩摩街道
江戸時代に整備された脇往還のひとつで
鹿児島街道とも呼ばれる。
熊本の札の辻を出発点とし、白川を下り
宇土、八代、日奈久、三太郎峠、佐敷、津奈木
水俣を経て鹿児島に至る街道。

南薩摩路
薩摩街道の伊集院から分岐して、薩摩半島南端の
枕崎・指宿を経て鹿児島に至る道筋。

八代城跡
元和8年(1622)加藤忠広の命により
加藤正方が球磨川河口に築城した。
一国一城令後に築城許可となった珍しい城で
石垣には八代で採れる石灰岩が使用され
その美しさから白鷺城とも呼ばれた。
石垣と堀の一部が残っている。

一国一城令(1615年)の中、熊本藩内に2つの城
(熊本城、八代城)が存在しえたのは、薩摩藩への備えとして、
島原の乱の舞台となった天草のキリシタン弾圧の備えとして、
また異国船への備えとして、江戸幕府より特例が与えられたためだという。

大天守石垣
廊下橋門9

廊下橋門10廊下橋門11
廊下橋門
八代城跡8


城跡に建てられた八代宮
明治13年(1880)後醍醐天皇の皇子で、
征西将軍としてこの地で足利軍と戦った懐良親王を主祭神とし、
懐良親王歿後に征西将軍職を継いだ良成親王を配祀として創建。
地元では「将軍さん」の愛称で呼ばれている。
廊下橋門14

八代城跡1

八代城跡6 八代城跡7

八代城跡2

拝殿と本殿
マウスオン・クリック、3枚です 
<

霊 社
マウスオン2枚です 
<
所在地・・熊本県八代市松江城町 7-34
  1. 2014/11/28(金) 11:49:37|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

三溪園の菊まつり

三溪園
17.5haの敷地内の3つの渓谷にまたがって広がる三渓園の園内には
京都や鎌倉などから移築された、歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されている。
これは生糸貿易により財を成した実業家であり、
美術愛好家、茶人として知られる原 三溪(原 富太郎)氏が
精魂込めて造った大庭園で、明治39年から公開されている。
三溪園1

三溪園2

旧燈明寺三重塔
マウスオン・クリック、3枚です 
<

旧燈明寺本堂
三渓園10

合掌造・旧矢篦原(ヤノハラケ)家住宅
三渓園9

旧東慶寺仏殿
三渓園11

横笛庵
三渓園12

三渓園13

鶴翔閣
明治42年(1909)建築。
横山大観など原三渓と交流のあった文化人がここに出入りした。
三渓園6
所在地・・横浜市中区本牧三之谷 58-1


ティータイム   おままごと
おままごと


秋の行事として人気が高いのが「三溪園菊花展」
大菊、懸崖、古典菊、小菊盆栽など様々に形作られた菊花を
園内で約500点を展示し、秋の庭園に彩りを添える。

前垂型懸崖
前垂型懸崖

静岡型懸崖
静岡型懸崖

肥後菊      マウスオン2枚です 
<

菊9  菊10

菊12  菊11
                            
伊勢菊12  菊14

ざる作り  
菊16

盆栽
マウスオン2枚です 
<

菊7

菊3 菊4

菊6 菊5

  1. 2014/11/25(火) 09:38:08|
  2. 横  浜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山梨県忍野村

忍野八海
富士山の雪解け水が地下の溶岩の間で、約20年の歳月をかけてろ過され、
湧水となって8か所の泉をつくる。
忍野八海からの湧水は山中湖を水源とする相模川水系の桂川と合流する。
国指定の天然記念物、名水百選に指定。県の新富嶽百景にも選定されている。
富士山-信仰の対象と芸術の源泉の構成資産の一部として
世界文化遺産に登録されている。
マウスオンして下さい。


忍野3
人工池
忍野4
人工池
忍野6

忍野7

忍野8

忍野9

忍野10

湧 池
マウスオン・クリック、3枚です 
<

濁 池
マウスオン・クリック、3枚です 
<

菖蒲池
マウスオン2枚です 
<

鏡 池
マウスオン2枚です 
<

銚子池
マウスオン2枚です 
<

御釜池
マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・山梨県南都留郡忍野村忍草

今回は六池しか廻れなかった (U_U)。。。
  1. 2014/11/23(日) 09:36:09|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山梨県河口湖畔

久保田一竹(クボタイッチク))美術館
室町時代に栄え、こつ然と姿を消した幻の染め「辻が花」。
久保田一竹(1917.10.7-2003.4.26)は20歳の時、その美しさに魅了され
独自の技法による染色芸術「一竹辻が花」を完成。
日本国内はもとより多くの海外展により高い評価を得ている。
マウスオン2枚です 
<

インドの古城に使われていた数種類の扉を組み合わせた正門
一竹3

一竹4

一竹5

一竹6

一竹7

一竹8

一竹10

一竹11

一竹12

一竹13

一竹14

一竹15

一竹16

普賢菩薩佛洞     マウスオン2枚です 
<
恐竜みたいな・・・
一竹18

一竹20

一竹21

一竹22

一竹23

一竹24

一竹25
所在地・・山梨県南都留郡富士河口湖町河口 2255


紅葉回廊 クリック・5枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

紅葉回廊10
マウスオン2枚です 
<

河口湖
マウスオン2枚です 
<


  1. 2014/11/21(金) 09:32:31|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る   天草街道~人吉街道  熊本

五高記念館園  旧第五高等中学校本館

明治20年(1887)5月、熊本区に設立された
官立高等中学校を母体とする旧制高等学校。
全国で5校のナンバースクールの高等中学校の一つ。
仙台の旧制二高、金沢の四高に次ぐもの。
初期の教員は校長を始め一高からの転出者が多く、
一高をモデルとした全寮制と寮自治が志向された。
文科・理科よりなる修業年限3年の高等科が設置された。
入学者は九州出身者が多く、卒業後の進学先は
地元の九州帝国大学よりも東京帝国大学が多かった。
新制熊本大学の前身校の一つであり、
法文学部および理学部の構成母体となった。
旧制高等学校の中では飛びぬけて校地が広く、
他の旧制高等学校が2万坪を標準としたのに対し、
5万坪の敷地を誇り、陸上用グラウンドと
野球用グラウンドを別々に設けるなど、
かなり余裕がある使いかたをしていた。
戦後、男女共学になり女子学生を受け入れた。
マウスオン2枚です 
<

五高3
マウスオン2枚です 
<

五高6

昔と今・・・  マウスオン2枚です 
<

五高9

五高10

五高11

五高12

マウスオンして下さい。

所在地・・熊本市中央区黒髪 2-40-1

  1. 2014/11/19(水) 10:27:17|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る   天草街道~人吉街道  熊本

熊本藩主・細川家墓所    泰勝寺跡
この地には江戸時代を通じて肥後熊本藩主・細川家の菩提寺だった
龍田山泰勝寺が建っていたが、明治初年の神仏分離令後に廃寺となった。
細川1
細川2細川4
手を清めて
細川5
墓所へ
細川6

細川7

細川8

細川9

細川10

細川11

細川13

細川14

茶室「仰松軒」(コウショウケン)    マウスオン2枚です 
<
所在地・・熊本市中央区黒髪・立田自然公園内
  1. 2014/11/17(月) 10:06:41|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る   天草街道~人吉街道  熊本

徳富記念公園

徳富1
徳富2-1徳富3

徳富5
徳富4

明治9年に花岡山でのキリスト教信仰の誓いに参加して、
熊本を追われた 蘇峰は、同志社に学び、明治13年に熊本に帰ってきた。
時は自由民権運動の盛んな時期であり、 彼もさっそくその運動に参加した。
そして民権私塾といわれる大江義塾を建てた。
徳富11
徳富6

明治19年、「将来之日本」という本を出版し、
東京で大変な評判となり、意を決して大江塾を 閉じて一家をあげて上京した。

作家・徳富蘆花は明治33年「不如帰」「自然と人生」で有名になり
明治34年「思い出の記」、明治36年「黒潮」の名作を書いた文豪。

庭にはその時代からあった椎(シイ)の古木や、
蘇峰の師・新島譲(同志社大学を設立した人)から
アメリカ土産にもらったカタルパ(キササギ)の種が
芽ぶき今は2世、3世となり大木に育っていた。
徳富9
マウスオン2枚です 
<
所在地・・熊本市大江 4-10-33

  1. 2014/11/15(土) 09:26:48|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る   天草街道~人吉街道  熊本

水前寺成趣園  通称・水前寺公園
熊本藩細川氏の初代藩主細川忠利が
寛永13年(1636)頃から築いた水前寺御茶屋が始まり。
寛文11年(1671)孫の細川綱利の時に、泉水・築山などが作られた。
豊富な阿蘇伏流水が湧出して作った池を中心にした
桃山式回遊庭園で、築山や浮石、芝生、松などの植木で
東海道五十三次の景勝を模したといわれる。
水前

水前寺1

マウスオン2枚です
<

水前寺4

水前寺5

水前寺6
クリック・3枚です。
<<


水前寺11
向かって左が
水前寺10
向かって右が
水前寺12

水前寺13

水前寺14

水前寺15

水前寺16


明治11年(1878)に肥後細川家の歴代藩主を祀る出水神社が園内に創建。
出水1

出水2

マウスオン2枚です 
<

五葉の松
細川忠利愛用の盆栽の松で、樹齢400年を越えている。
出水5

出水7

出水8
所在地・・熊本市中央区水前寺公園 8-1
  1. 2014/11/13(木) 09:34:08|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

九州の街道を巡る   天草街道~人吉街道  熊本

熊本洋学校教師館・ジェーンズ邸
アメリカ南北戦争北軍の退役将校の
リロイ・ランシング・ジェーンズは
熊本藩が明治4年(1871)、熊本洋学校を開校した時に赴任し
明治9年(1876)の廃校まで勤務。
多くの優秀な人材をを育てた。
長崎から大工を招いて造った邸宅で、
住居として建てられた熊本最初の洋風建造物。
コロニアル風木造2階建で、柱頭にはブドウの図柄を刻み、
形式は大阪泉布観(センブカン)とよく似ている。
明治9年(1876)洋学校は閉鎖された。
西南戦争で焼け残り、県の官舎となった。
その後、有栖川宮熾仁親王宿舎にあてられ
ここで佐野常民の博愛社の創設が許可されたので、
日本赤十字の発祥の地となっている。
ジョーンズ1

ジョーンズ5
愛の手 とこしえに 
ジョーンズ6

マウスオン2枚です 
<

単色のステンドグラスが廊下に映り込んで美しかった!
ジョーンズ7

ジョーンズ8

ジョーンズ9

マウスオンして下さい。



夏目漱石は熊本に滞在した4年3ヶ月の間に、6回転居している。
3番目に住んだ家は大江にあったが、今はジェーンズ邸の敷地内にある。
漱石はここから草枕の旅に出たという。
マウスオン2枚です 
<

夏目3

ジェーンズ邸の2階から見た漱石邸
夏目4
所在地・・熊本市中央区水前寺公園 22-16
  1. 2014/11/11(火) 09:15:42|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る   天草街道~人吉街道  熊本

熊本城

熊本市北区植木町の中心から南に伸びる舌状台地の尖端、
茶臼山丘陵一帯に築かれた平山城。
中世に千葉城、隈本城が築かれ、
安土桃山時代末期から江戸時代初期にかけて加藤清正がこれを取り込み、
現在のような姿の熊本城を築いた。
日本三名城の一つとされ、清正流(セイショウリュウ)と呼ばれる
石垣の上に御殿、大小天守、五階櫓などが
詰め込んだように建てられ、一大名の城としては日本一である。
細川氏の居城となった後も盛んに改築が行われ、
明治時代の初めまでは大半の建物が撤去されずに現存していたが、
熊本鎮台が置かれた後に建物や石垣、曲輪の撤去や改変が行われ、
西南戦争で一部の建物を残して天守を含む御殿や櫓など主要な建物を焼失した。
長塀と坪井川

西大手櫓門    マウスオン2枚です 
<

熊本城2

熊本城3

熊本城4

熊本城6

熊本城7

マウスオン2枚です 
<

西南戦争で焼け残った宇土櫓
マウスオン2枚です 
<
宇土櫓から見た西大手櫓門
熊本城11

大天守・小天守の前で加藤清正が待っていた。
大天守は石垣の上から 29.5m、外観は3層、内部は6階地下1階 鯱の大きさ1.2m          
小天守は石垣の上から19m、外観は2層、内部は4階地下1階 鯱の大きさ0.9m
熊本城14

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

熊本城13
本丸御殿
熊本城21

熊本城22
マウスオン2枚です 
<

熊本城25

マウスオン2枚です 
<

マウスオン・クリック、3枚です 
<

マウスオン2枚です 
<


熊本城33
所在地・・熊本市中央区本丸 1-1
  1. 2014/11/08(土) 09:30:46|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

東京街歩き 浅草

白鷺舞
慶安5年(1652)の浅草寺慶安縁起絵巻の祭礼行列「鷺舞」の姿を
浅草観光連盟が昭和43年に東京百年の記念行事として復興した。

鷺舞は京都・八坂神社の祇園祭りが起源で
千百年以上の昔から悪疫退散の為に奉納伝承され、
非常に盛んだったと云われるが、いつしか中絶し、
慶安2年(1369)に京都から山口に八坂神社を勧請建立する時に
山口の祇園祭りの神事として登場、
天文11年(1542)島根県津和野の城主吉見正頼が山口から移し、
今日では全国的に有名になっている。
白鷺舞1

白鷺舞2

白鷺舞3

白鷺舞4

白鷺舞5

13枚です。クリックして下さい
<<文①
 non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
所在地・・台東区浅草 2-3-1 浅草寺・境内
 
  1. 2014/11/06(木) 09:50:13|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る   天草街道~人吉街道  熊本

街道筋にあった

人吉城3
マウスオン2枚です 
<


人吉城跡
市内中央部を流れる球磨川の南側に位置し、
球磨川とその支流胸川の合流点の山に築かれていて、
北側と西側は球磨川と胸川を天然の堀とし、
東側と南側は山の斜面と崖を天然の城壁として、
巧みに自然を利用している。
球磨川沿いに三の丸を配し、その南に二の丸、
さらに丘陵上に本丸があった梯郭式の平山城。
本丸には天守は築かれず護摩堂があったといわれる。  
幕末に築かれた石垣の一部には、
ヨーロッパの築城技術である槹出工法(ハネダシコウホウ)を
応用した武者返しと呼ばれる独特の石垣がある。
この武者返しは城壁最上部に平らな石がやや突き出して積んであり、
ねずみ返しのように城壁越えを阻止すると共に、
割合簡単に落下させられるようになっており、
城壁に張り付いた敵への攻撃にも使えるようにしている。
この城壁は日本の城では他に函館の五稜郭と鶴岡城にしかない。
人吉城は鎌倉時代にはじまり明治に廃城するまで相良氏600年の城としてつづいた。
人吉城6

人吉城7

人吉城8

水の手門
人吉城11
マウスオン2枚です 
<

武者返し    マウスオン2枚です 
<

堀合門  (復元)
人吉城14

人吉城15
御下門
人吉城16
人吉城17

側を流れる球磨川
人吉城18

犬童球溪之記念碑    マウスオン2枚です 
<
所在地・・人吉市麓町

  1. 2014/11/04(火) 09:28:51|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る   天草街道~人吉街道  熊本

永国寺

応永15年(1408)の創建。
実底超真和尚が開山。相良氏第9代相良前続の開基。
開山の実底超真和尚が描いたとされる幽霊の掛け軸が伝わっていて、
俗に「幽霊寺」と呼ばれる。
近郷のある男の妾が本妻の嫉妬に悩んで身投げした後、
幽霊となって本妻を苦しめていた。
実底超真和尚が、幽霊の醜い姿を描いて幽霊に見せると、
驚いた幽霊は和尚の引導を請い成仏したという。
山 門
永国寺1
楼 門
永国寺2
本 堂
永国寺3

マウスオン2枚です 
<

千手堂
マウスオン2枚です 
<

千人塚石塔 (耳塚)
マウスオン・クリック、3枚です 
<


西南戦争の時には、田原坂で敗れた西郷隆盛が
33日間この寺に本営を置いた。
明治10年(1877)6月の人吉市街戦で寺は焼失。
明治24年(1891)に現在の本堂の再建した。
マウスオン2枚です 
<

人吉二番隊士の碑
マウスオン2枚です 
<
所在地・・人吉市土手町 5
  1. 2014/11/01(土) 09:27:23|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR