すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎

天岩戸神社
岩戸川を挟んで東本宮と西本宮がある。
東西両本宮は元来は独立した別の社だった。
ともに皇祖神天照大神を祀るとはいえ、
創祀以来皇室や朝廷からではなく在地住民からの信仰を主としている。

天岩戸神社 西本宮
創祀の時代を詳かにしないものの、
岩窟(天岩戸)を神体とするのは、
古くからの信仰形態を示すもの。
瓊瓊杵尊が天岩戸の故事を偲び、
その古跡に鎮祭したのが起源。
古来、天ノ岩戸について「拝殿有、四方見通に建たり、前ニ鳥居有」
とあるのみで神社としては記載はされていない。
天保12年(1841)この地を訪れた豊後の医師賀来飛霞は
その紀行文に、「殿アリ扁シテ(扁額に)天磐戸ト書ス」
と書いていて、簡素な遥拝所としての造りだったと考えられる。
明治4年(1871)に「天磐戸神社」と改称されるまでの旧称は
「天磐戸」(神社とは書かれていない)
明治6年(1873)村社に列し、同30年に社殿の造営が行われた。
天岩戸1

天岩戸神楽30番戸取 (手力男命が岩の戸を取り払い給う舞)の像。
天岩戸33
天岩戸34

天岩戸2

天岩戸3

天岩戸5 天岩戸4

神 門
天岩戸6

拝 殿
本殿はなく、岩戸川の対岸の神域(天岩戸)を遥拝する。
マウスオン2枚です 
<

天岩戸9

神体「天岩戸」は撮影禁止

マウスオン・クリック、3枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

芭蕉句碑
「梅が香にのつと 日乃出る山路哉 はせを」
俳聖松尾芭蕉の句集[炭俵]の中の、なじみ深い句で、
まさに、高千穂地方早春の光景そのもの。
天岩戸31
所在地・・宮崎県西臼杵郡高千穂町大字岩戸1073-1



天岩戸神社東本宮
創祀時代不明、昌泰年間(898-901年)の古記録に、
思兼神が天岩戸より出御した天照皇大神に、
東本宮の地に造営した社殿への鎮座を願ったのが創まりという。
その後の由緒も詳らかにしえないが、元禄4(1691)年『高千穂旧記』の
寺社一覧表の中に「岩社 岩神」(岩神はこの付近の地名)とあり、
これが当時の東本宮を指すと考えられる。
参道に現存する石灯籠には天保11年(1840)と刻まれている。
豊後の医師賀来飛霞は、たまたま行き当たった秋祭りの様子とともに
「土人ニ問ヘバ天磐戸大明神ナリト、石磴(石段)ヲ登リテ、茅檐(かやぶき)ノ祠アリ。
祠ノ中ニ二神輿アリ。」などと書いている。
明治4年(1871)に「氏神社」と改称されるまでの旧称は「氏社」
明治6年に村社に列した。
東本宮は西本宮とはだいぶ違って社務所もなく、
ひっそりとしていて自然が手付かずの状態で広がっている。
天岩45

両社ともに戦後は神社本庁に所属し、昭和45年に合併した。

スポンサーサイト
  1. 2015/04/28(火) 09:37:47|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎

延岡城跡
江戸時代に高橋元種によって築かれた平山城。
築城当初は縣城と呼ばれたが、後に延岡城へ改称された。
縣は古代以降土持氏の支配する所であり、
この城も高橋元種の築城以前に存在した土持氏の城館を
改修増築した可能性もあるという。
城主は高橋氏ののち、有馬・三浦・牧野・内藤氏と替わった。
延岡2
北大手門   (復元)
延岡3

延岡4
延岡5
延岡6

延岡7

延岡8

延岡9

マウスオン2枚です 
<


本丸跡に建つ内藤政擧像
延岡13

若山牧水の歌碑
延岡14
 
なつかしき城山の鐘なりいでぬをさなかりし日聞きしごとくに
マウスオン2枚です 
<


マウスオンして下さい。

延岡18
所在地・・宮崎県延岡市東本小路
  1. 2015/04/25(土) 09:35:18|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎

西郷隆盛宿陣跡  (薩摩郡の解散地)

西郷5

明治10年に西南戦争が勃発し、西郷隆盛率いる薩軍は
政府軍との攻防戦が続いたが、少数の兵力では勝ち目はなく、
西郷軍は北川へと敗走した。
北川町の俵野の児玉熊四郎邸に宿陣をはった西郷は、
ついに薩軍解散の命を出し、陸軍大将の軍服を裏庭で焼いた。
マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

西郷9
西郷8
西郷さんが飲んでいた井戸
西郷10


その後、可愛岳突破を敢行し、鹿児島に辿り着いた西郷は
城山で自決し、西郷軍は崩壊した。
マウスオンして下さい。

マウスオンして下さい。


西郷札
西南戦争中、西郷隆盛率いる西郷軍(薩軍)によって
軍費調達のために発行された戦時証券、軍票。
軍資金不足に陥った西郷軍が、1877年に発行したのが「西郷札」。
「札」というが、実際は布製の「布幣」だった。
寒冷紗を2枚合わせて、その芯に紙を挟み堅固にしたもの。
通用期間三年の不換紙幣だった。
十円(淡黄色)・五円(鼠色)・一円(浅黄)・五十銭(淡黄)
二十銭(黄色)・十銭(藍色)の六種が存在したが、
発行当初から信用力に乏しく、少額札は多少の流通があったと伝えられる。
十円、五円等の高額紙幣は西郷軍が軍事力を背景に
実効支配地域内で無理矢理に通用させていた。
マウスオンして下さい。

所在地・・宮崎県延岡市北川町長井 6727


俵野地蔵尊堂    マウスオン2枚です 
<

西郷13 西郷14  
  1. 2015/04/22(水) 09:34:58|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎

美々津の町並み
耳川(美々津川)右岸から石並川流域を占め、
西部は尾鈴火成岩の山地、沿岸部は宮崎平野の北縁をなす。
古くから港としてにぎわいをみせ、室町時代には
日明貿易港としても発展していたことが知られ、
江戸時代は高鍋藩の上方交易港、
明治・大正時代は入郷地帯を後背圏とする物資の移出入港となり
美々津はその港町として栄えた。
江戸時代中期の元文5年(1740)には洪武通宝
(洪武帝の時代に中国で作られた銭貨)240枚が
掘り出されたとの記録がある。
当時の建物、敷地割が残り、瀬戸内船運の西端にあたり、
上方風の商家、操船・水運業者の家、漁家が連なり、
国の重要伝統的建造物群保存地区として選定される。
美々津1

美々津2

神武天皇御親率の東征水軍御進発の聖地
日本海軍発祥之地碑
建立 昭和17年(紀元2602年)9月10日、
復元 昭和44年(紀元2629年)9月12日
建立・復元の経緯と碑文の由来
日本海軍は、天皇が統帥(とうすい)された海軍でありました。 
このことから国が、神武天皇御親率の水軍が、はじめて編成され、
進発した美々津の地を「日本海軍発祥之地」と定め、
紀元2600年記念事業の一環として建立されました。 
碑文の文字は、時の内閣総理大臣海軍大将米内光政閣下の揮毫により、
碑面に刻記されたのであります。 
この碑は、大東亜戦争の終戦直後進駐米軍によって碑文が破壊されましたが、
昭和44年に至り地元有志の強い要望により、
防衛庁(現 防衛省)(海上自衛隊)などの協力を得て
現在のとおり復元されたのであります。
平成4年9月12日 「日本海軍発祥之地」碑顕彰保存会
                        説明板より 
              
マウスオン・クリック、3枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

この町のホストはみんな同じ
美々津6

町のあちこちに井戸があって
側には必ず水神が祀ってあった。      マウスオン2枚です 
<

美々津15

美々津16

美々津20

美々津17

美々津22

美々津21

美々津23

美々津24
所在地・・宮崎県日向市美々津町
  1. 2015/04/20(月) 09:41:19|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎

美々津

立磐(タテイワ)神社
耳川が日向灘へと流れ込むところ、美々津大橋の近くに鎮座。
神武天皇東遷の時、美々津港より船出に当り、
航海の安全を祈念して、この埠頭に住吉大神を祀った。
永禄の頃から地頭の崇敬あり、祭礼行事も殷盛だったが
天正6年(約440年前)大友氏と島津氏との戦火にかかり、
宝物文献記録等皆烏有に帰した。
其後元和9年に再興し、寛文宝永の頃修復して、
領主より神領を供されて社殿を増築、
明治初年まで歴代藩主が崇敬した神社。
立磐1

立磐2 

境内には神武天皇御腰掛岩があり、
玉垣を巡らして岩そのものを御神体としている。
マウスオン2枚です 
<

立磐6

立磐7 立磐8

立磐9

立磐14

ご神木の根元の幹の空洞に小さな鳥居
マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・宮崎県日向市美々津町3419
  1. 2015/04/18(土) 10:39:16|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎

都農神社  (日向国一の宮)
神武天皇即位の6年前、天皇が東征に向かう時に
鎮祭したことに始まる。
神功皇后が三韓征伐に際して舟の守護神として
吐乃大明神を勧請した皇后が凱旋後に社殿を造営したとも伝わる。

都農町一帯には縄文時代以来の遺跡が分布するほか、
円墳や前方後円墳など20基以上の古墳(都農古墳群)もあり、
当社鎮座地付近からも土器・石器類が出土している。
このように早くから人が居住していたことが知られ、
守護神としての当社の歴史も太古の昔に遡るものとされる。

東側入口の鳥居
都農1

都農16

参 道
都農2

都農11

神 門
都農3

御神象      マウスオン2枚です 
<

拝殿と本殿
マウスオン2枚です 
<

本殿右の手摩乳・足摩乳神社
都農8

本殿左の素盞嗚神社
都農9

熊野神社
マウスオン2枚です 
<

神楽殿
都農10

都農17

都農14

都農15
所在地・・宮崎県児湯郡都農町大字川北 13294
  1. 2015/04/15(水) 10:15:04|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

千鳥ヶ淵
4月6日  葉桜になっていた!
千鳥ヶ淵1

花  筏
千鳥ヶ淵2

近代美術館工芸館
千鳥ヶ淵3
千鳥ヶ淵5

北白川宮能久親王銅像
幕末・明治時代の日本の皇族、陸軍軍人。
マウスオン2枚です 
<

乾門の向かいにある紅枝垂れ桜
千鳥ヶ淵8

平川門近くの八重桜    マウスオン2枚です 
<

うこんの桜
千鳥ヶ淵11

千鳥ヶ淵12

この幹の瘤、顔に見えませんか?
千鳥ヶ淵15

  1. 2015/04/12(日) 09:40:20|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

東郷寺 
東郷家の別荘・農園跡に、東郷平八郎没後の
昭和15年(1940)に建立、
映画『羅生門』のセットのモデルになったといわれる。
東郷1

東郷6

東郷2

マウスオン2枚です 
<

花びらが舞っているのが見えるでしょうか?
東郷4
所在地・・府中市清水が丘 3-40-10



神代植物園
RIMG0007-2.jpg
RIMG0007-1.jpg
マウスオン・クリック、3枚です 
<

八重紅枝垂れ
マウスオン2枚です 
<

源平枝垂れ(ハナモモ)
一本の木に紅白の花が咲き、その花を源氏の白旗、
平家の赤旗に例えたのが名前の由来。
マウスオン・クリック、3枚です 
<


神代植物園11

はなもも
神代植物園10
所在地・・調布市深大寺元町 5-31-10


  1. 2015/04/10(金) 09:22:12|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  鹿児島

平和の塔
高さ37m、塔の四隅には和御魂(ニギミタマ)・幸御魂(サチミタマ)
奇御魂(クシミタマ)・荒御魂(アラミタマ)の四つの信楽焼の像、
正面中央に秩父宮雍仁親王の書による「八紘一宇」の文字が刻まれている。
内部には神武東征などを記した絵画があるが非公開。

マウスオンして下さい。


八紘一宇(ハッコウイチウ)とは、
古代中国でしばしば用いられた慣用句を元とし、
道義的に天下を一つの家のようにする、という意味
マウスオン2枚です 
<

武人を表現 荒御魂
荒

農耕人を表現 幸御魂
幸

漁人を表現 奇御魂
奇

商工人を表現 和御魂
和


はにわ園
宮崎県の西都市には国の特別史跡である西都原古墳群があり、
そこから出土した「舟形埴輪」や「子持家形古墳」は
貴重なもので国の重要文化財に指定されている。
平和3

平和5

平和4

平和6

平和7
所在地・・宮崎県宮崎市下北方町越ヶ迫 6146


佐土原城跡
中世の典型的な山城で自然の地形を利用した佐土原城は
難攻不落の城であり、伊東氏の日向国48城支配の要の城だった。
平成9年の発掘調査で佐土原城は、
山城には珍しく南九州では例を見ない天守台(天守閣)を備え、
金箔瓦を使っていたことが、明らかになった。
元亀3年(1572)に、日向国の支配をかけて
火蓋が切られた木崎原の戦いで伊東氏は島津氏に破れ、
島津義弘の弟島津家久が佐土原城主となり島津の支配下となった。

豊臣秀吉の九州遠征で島津氏は敗れるが、
佐土原は島津家久に安堵されるが
関ヶ原の戦い(1600)に敗れた佐土原はその後、幕府直轄領となり、
1603年に島津以久が佐土原藩の藩主に命ぜられ、
代々支配を続けて明治を迎えた。
この間、佐土原城は日向国の政治・文化の中心地として栄えた。
佐土原1

佐田原1

佐土原2

佐土原3
佐土原4
所在地・・宮崎県宮崎市佐土原町上田島 8202-1

  1. 2015/04/07(火) 09:48:37|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎

宮崎神宮
神武天皇が東征以前に宮を営んだ地で、
神武天皇宮(社)、神武天皇御廟などと称されていたが、
明治6年(1873年)に宮崎神社、同11年「宮崎宮」と改称した。
地元では「神武さま」と呼ばれ親しまれている。
宮崎1

樹齢100年のラクウショウ
宮崎2

宮崎3

宮崎4

宮崎5

宮崎6

宮崎7

神 門
宮崎8

拝 所
宮崎9

拝 殿
宮崎10

儀式殿
宮崎11 宮崎12
宮崎13

護国神社
マウスオン2枚です 
<

宮崎16

五所稲荷
宮崎17

宮崎18

宮崎19

宮崎20 宮崎21
宮崎22
所在地・・宮崎県宮崎市神宮 2-4-1
  1. 2015/04/04(土) 10:13:57|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

九州の街道を巡る    日向街道・神話街道  宮崎

青島神社
宮崎市の南東部海岸付近にある周囲860m、
面積約4.4ha、高さ約6mの島で青島海岸とは弥生橋で結ばれている。
島の中に青島神社があり、神聖な場所であるため
祭日以外に一般人が立ち入ることは禁じられていたが
元文2年(1737)以降、弥生(旧暦の3月)後半の一時期に限り
一般人の参詣が許されるようになり、
明治以降は年間を通して立ち入りできるようになった。

クリック・4枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

鬼の洗濯岩
島周辺の岩盤が、3000万年~100万年前に
海床に規則的に堆積した砂岩と泥岩の互層が傾き
海上に露出したものが、波の浸食を受け
堅さの違いにより凹凸を生じたもの
マウスオン2枚です 
<

青島8 青島9

青島12

青島32

青島33

玉の井    マウスオン2枚です 
<

拝殿      マウスオン2枚です 
<


青島31
クリック・5枚です。
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
青島23 青島24

マウスオン2枚です 
<

青島27

マウスオン2枚です 
<
所在地・・宮崎県宮崎市青島 2-13-1
  1. 2015/04/01(水) 10:18:42|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (278)
  旅   (167)
街道巡り (340)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (15)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR