すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県中津市

福沢諭吉旧居
天保5年(1835)大坂の中津藩蔵屋敷で、13石2人扶持の
下級武士福澤百助の次男として生まれた。
1歳6ヶ月の時、父の死去により母子6人で中津に帰郷、
貧しくとも信念を持った少年時代を過ごし、
14歳になって儒学者白石照山の塾に入った。
安政元年(1854)19歳の時に、兄の薦めで蘭学を学ぶために長崎に遊学。
翌年からは大坂の緒方洪庵の適塾で猛勉強に励んた。
安政5年(1858)には、藩命により江戸の中津藩中屋敷に蘭学塾を開いた。
これが慶應義塾のはじまり。
西洋の語学力と知識をたくわえたいと考えた諭吉は、
万延元年(1860)「咸臨丸」に乗り込み渡米。
以後、ヨーロッパ諸国も歴訪し、社会の制度や考え方などに
旺盛な好奇心で見聞を広めた。
その後「西洋事情」「学問のすゝめ」「文明論之概略」などを
続々と著し、当時の日本人に西洋文明の精神を伝えた。
福澤3

現存する家は16歳の時に買って移り住んだもので、
母屋の他、自らが改造して二階を勉学に使った土蔵が残っている。
幼少の頃の家はすぐ前の土地にあった。
福澤2

福澤4

福澤8

福澤20

福澤22

台所
福澤23

天井についているプロペラみたいな物は
ご飯が傷まないように、おひつを乗せて置く台。
福澤24

福澤17

便所の汲み取り口
福澤18

あちこちに井戸がある。
福澤16

マウスオン2枚です 
<


福澤10
マウスオン2枚です 
<


福澤7
福澤11

マウスオン2枚です 
<


マウスオン2枚です 
<


諭吉がおよそ15年間、少年期を過ごした宅跡
福澤26

福澤27
マウスオン2枚です 
<
所在地・・大分県中津市留守居町 586

スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 09:36:01|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県中津市

青の洞門1
マウスオン2枚です 
<


青の洞門
寛延3年(1750)に第1期工事が完成し、最終的に開通したのは宝暦13年(1763)。
諸国遍歴の旅の途中ここに立ち寄った禅海和尚が、
断崖絶壁に鎖のみで結ばれた難所で通行人が命を落とすのを見て
ここにトンネルを掘り安全な道を作ろうと、
托鉢勧進によって掘削の資金を集め、
石工たちを雇ってノミと槌だけで30年かけて掘り抜いた。

歌川広重の「豊前 羅漢寺 下道」には、
この洞門が豊前国の名所として描かれている。
マウスオン2枚です 
<


青の洞門7

青の洞門8
天 井
青の洞門10

青の洞門11

青の洞門12

青の洞門13

青の洞門16


第1期工事の完成後には、通行人から人4文、
牛馬8文の通行料を徴収したという話が伝わっていて、
この洞門は日本最古の有料道路ともいわれている。


青の洞門15

明治39年~明治40年にかけて陸軍日出生台演習場への
輸送路整備のために大改修が行われ、車両が通過できるよう拡幅された。
青の洞門17

青の洞門18

青の洞門19

青の洞門20

マウスオン2枚です 
<
所在地・・大分県中津市本耶馬渓町樋田


菊池寛の「恩讐の彼方に」は、
禅海和尚の逸話を元にして書かれたもの。
青の洞門23


  1. 2015/07/29(水) 10:00:23|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県宇佐市

宇佐神宮
全国に約44,000社ある八幡宮の総本社。
石清水八幡宮、筥崎宮(または鶴岡八幡宮)とともに
日本三大八幡宮の一つ。
神仏分離以前は神宮寺の弥勒寺と一体のものとして、
宇佐八幡宮弥勒寺と称していた。
大分県北部、国東半島付け根に立つ御許山(標高647m)山麓に鎮座する。

本殿は小高い丘陵の小椋山(亀山)山頂に鎮座する上宮と
その山麓に鎮座する下宮とからなり、その周りに社殿が広がっている。
八幡宮の総本社であり古くから皇室からの崇敬を受けているほか、
称徳天皇時代の宇佐八幡宮神託事件でも知られる。
宇佐神宮1

全国に4台しか保存されていない「クラウス号」
マウスオン2枚です 
<

種田山頭火歌碑
マウスオン2枚です 
<

神武天皇聖跡菟狭顕彰碑
マウスオン2枚です 
<


宇佐神宮8

宇佐神宮9 宇佐神宮10

宇佐神宮11
黒男神社
宇佐神宮12
神宮庁
宇佐神宮14
春宮神社
宇佐神宮15

呉 橋
普段は渡れない呉橋だが、本殿遷座祭の時だけ
二日間限り、一般開放される。
宇佐神宮42

マウスオン2枚です 
<

宇佐神宮45

宇佐神宮47

マウスオン2枚です 
<

宇佐神宮50
宇佐神宮51


いよいよ本宮に向かう
宇佐神宮16

宇佐神宮17

宇佐神宮18
本宮の前にある若宮神社
宇佐神宮19

西大門  この先に国宝の本殿があるのだが
この日は74年ぶりに天皇陛下の勅使を迎えての
本殿遷座祭があり本殿への参拝はできなかった
宇佐神宮20

宇佐神宮22

宇佐神宮25
宇佐神宮26
宇佐神宮27
宇佐神宮29
宇佐神宮30
宇佐神宮31
宇佐神宮32

下 宮
宇佐神宮33

宇佐神宮34

宇佐神宮35

宇佐神宮36
宇佐神宮37
宇佐神宮38
宇佐神宮39
寄り添う木
宇佐神宮40
本宮に向か参道
宇佐神宮41
所在地・・大分県宇佐市南宇佐 2859


宇佐神宮は、とっても広いです。
まだまだ沢山の摂社、末社がありますが
廻りきれませんでした。 続きを読む
  1. 2015/07/27(月) 10:13:29|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県津久見市・別府市

大友宗麟の墓所 津久見:大友公園

大友宗麟は戦国時代、中北九州6ケ国を支配した武将。
キリシタン大名でもあった。
天正11年(1583)津久見に切支丹天徳寺を建てて隠居し、
信仰生活に入ったが、同15年島津に敗れて没した。
当初はキリスト教式の墓だったが
秀吉のキリスト教禁令により仏式に改葬された。
宗麟の死後200年を経た寛政年間(1789~1801)に
荒れはてていた墓を建て直したもの。
昭和52年には建築家磯崎新氏の設計のもと、
キリスト教式の墓が建てられた。
マウスオン2枚です 
<

大友3
キリスト教式の墓
大友5
仏式の墓
大友4

マウスオン2枚です 
<
所在地・・大分県津久見市大字津久見字ミウチ


吉弘神社
豊後国の戦国大名・大友氏の家臣で屋山城城主・吉弘鎮信の子。
慶長5年(1600)豊後の杵築~別府を舞台に繰り広げられた
石垣原の戦いで、黒田軍と激戦の末に亡くなった
大友軍の勇将 吉弘統幸(ムネユキ )が祀られている。
吉弘神社14

吉弘神社1

吉弘神社2 吉弘神社3

マウスオン2枚です 
<



マウスオンして下さい


マウスオン2枚です 
<


マウスオン2枚です 
<
所在地・・大分県別府市石垣西  6-6-19

  1. 2015/07/25(土) 10:03:49|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県臼杵市

臼杵城下町
臼杵城下町1

安土桃山時代から続く歴史ある商店街八町大路
臼杵城下町2
臼杵城下町3

臼杵城下町4

臼杵城下町5

臼杵城下町6

臼杵城下町7


二王座歴史の道
阿蘇山の噴火で形成された溶結凝灰岩で出来た丘の上にあり
凝灰岩を掘削して作られた「切通し」の小道がいたるところに残っている。
臼杵城下町8

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<


臼杵城下町13

マウスオン2枚です 
<

臼杵城下町17

臼杵城下町18

マウスオン2枚です 
<

臼杵城下町21

マウスオン2枚です 
<

稲葉家土蔵
江戸時代に臼杵を治めていた稲葉家ゆかりのもの。
臼杵城下町24

マウスオン2枚です 
<
所在地・・臼杵市本町・二王座 

  1. 2015/07/23(木) 09:45:03|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

九州の街道を巡る    肥後海道~中津街道  大分県臼杵市

臼杵城跡
護国神社
臼杵城跡14

臼杵城跡15

臼杵城跡16

臼杵城跡17

臼杵城跡18 臼杵城跡19

臼杵城跡20
狛犬のように両側に・・・
臼杵城跡21
臼杵城跡22 

臼杵城跡23
マウスオン2枚です 
<



マウスオンして下さい



  1. 2015/07/21(火) 10:12:57|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

九州の街道を巡る    肥後海道~中津街道  大分県臼杵市

臼杵城跡
丹生島は北、南、東を海に囲まれ、
西は干潮時に現れる干潟の陸地でつながるのみという
天然の要害をなしていた。
丹生島の丹生とは金属鉱石の産出する島という意味。

永禄4年(1561)、毛利氏との戦いに敗れた大友義鎮は、
翌永禄5年(1562)に臼杵湾に浮かぶ丹生島一つを城郭化して
干潟を干拓して城下を形成し、大分府内大友館から移った。
ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスの記録によると、
城下には多くのキリスト教の施設が建立され城内には礼拝堂もあった。

天正14年(1586)の島津軍の侵攻(丹生島城の戦い)に対して
国崩しと呼ばれたポルトガルから入手の大砲、フランキ砲を動員するなどして
島津軍を退けたが、城も城下も大きく損失した。
その翌年、大友義鎮は死去した。

関ヶ原の戦いの後、慶長5年(1600)に美濃国郡上八幡より
5万石で稲葉貞通が入封、以降、明治維新まで稲葉氏15代の居城となった。
臼杵城跡2

臼杵城跡3

臼杵城跡4

臼杵城跡5

臼杵城跡6
畳  櫓
臼杵城跡7
大門櫓
臼杵城跡9

マウスオン2枚です 
<

臼杵城跡12

臼杵城跡32

臼杵城跡33
空 堀
臼杵城跡34

臼杵城跡35

日名子実三作 「廃墟の像」
マウスオン2枚です 
<

日名子実三作 「大友宗麟像」
マウスオン2枚です 
<

佛狼機砲碑 (フランキ砲)
臼杵城跡31


臼杵城跡40
マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<

臼杵城跡37

臼杵城跡43

臼杵城跡44
所在地・・大分県臼杵市大字臼杵字丹生島 91
  1. 2015/07/19(日) 10:10:34|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県臼杵市

臼杵磨崖仏
国宝の石仏群
4群60余躯の磨崖仏

磨崖仏造営の時期や事情を証する史料は一切残っていないが
仏像の様式などから大部分は平安時代後期、一部は鎌倉時代の作と推定される。

山岳仏教の衰退と共に忘れ去られてしまった磨崖仏は
1000年の風雨に曝され続けた。
元々阿蘇山からの火砕流が溶結した凝灰岩に掘られた石仏は脆く、
また参拝者によって自然にできた道が大雨の際は川に変わり石仏を削り取った。
現在、多くの石仏の下半身が切り取られたように無くなっているのはそのため。
臼杵磨崖仏

臼杵磨崖仏2

観音の水
マウスオン2枚です 
<


臼杵磨崖仏5
臼杵磨崖仏6


臼杵磨崖仏7
臼杵磨崖仏8

臼杵磨崖仏10


臼杵磨崖仏13
臼杵磨崖仏14


臼杵磨崖仏15
臼杵磨崖仏16


臼杵磨崖仏17
臼杵磨崖仏18


臼杵磨崖仏19
臼杵磨崖仏20

山王山
臼杵磨崖仏21

マウスオン2枚です 
<

臼杵磨崖仏25
マウスオン2枚です 
<

臼杵磨崖仏29


劣悪な環境の中で仏頭の多くが剥落した。
中でも、最も有名な古園石仏群の大日如来像の仏頭は、
平成6年(1994)に保存修復が完了するまでの間、
仏体下の台座に置かれたままだった。
仏頭が再び体とつながったことで、参拝すると首がつながる、
会社でリストラ(解雇)されないという俗説が生まれた。
マウスオンして下さい


臼杵磨崖仏31
臼杵磨崖仏31-1

臼杵磨崖仏32
臼杵磨崖仏34
臼杵磨崖仏35
臼杵磨崖仏36
臼杵磨崖仏37

臼杵磨崖仏40

臼杵磨崖仏42

臼杵磨崖仏41
所在地・・大分県臼杵市深田

  1. 2015/07/17(金) 09:24:45|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県臼杵市

西光寺
文禄3年(1594)に播州三木(現在の兵庫県三木市)から転封された
岡藩初代藩主中川秀成が、その翌年の文禄4年(1595)に
恵明上人を迎えて、中川家の菩提寺として代官町に建立した。
西光寺11

安政5年(1858)に再建された現在の本堂には銃眼状の小窓が残っている。
小窓は二層入母屋造の本堂の正面に6つ、背面に2つ、側面に8つずつあり、
藩主の菩提寺であったこの寺院が軍事的な役割を果たしていたことを窺わせる。
寺院の堂宇が銃眼を備えている例は、全国的に見ても珍しい。
西光寺3

西光寺4

鐘楼は、棟札から元禄4年(1691)建立、大分県内で最古の鐘楼。
鐘楼に吊るされた梵鐘には、慶長14年(1609)5月27日鋳造の銘がある。
西光寺5
所在地・・大分県大分市小野鶴 70
  1. 2015/07/15(水) 10:10:31|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県竹田市

岡城跡
標高325㍍の断崖絶壁にそびえ立つ堅城。
文治元年(1185)に緒方惟義が源頼朝に追われた源義経を迎えるために築城した。
南北朝時代の建武元年(1334)に後醍醐天皇の支持を受けた
大友氏一族の志賀貞朝によって拡張され、岡城と名付けられた。
岡城跡1

岡城跡2

岡城跡3

岡城跡6
マウスオン2枚です 
<

岡城跡7

岡城跡8

岡城跡9

(゚Д゚) エッ??・・木の間に猿が∑o(*'o'*)oマウスオン2枚です と思ったらo( _ _ )o
<

岡城跡12

岡城跡13

岡城跡14

岡城跡15

岡城跡16

岡城跡17

岡城跡18

マウスオン・クリック、3枚です 
<

岡城跡22

岡城跡23

岡城天満神社
マウスオン2枚です 
<

岡城跡27

岡城跡28

瀧廉太郎は、幼少期を竹田で過ごし
この岡城を曲のイメージにして荒城の月を作曲した。
マウスオン2枚です 
<

岡城跡31

岡城跡33

岡城跡34

岡城跡36
所在地・・大分県竹田市大字竹田 2761

  1. 2015/07/13(月) 09:45:47|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る    肥後海道  大分県

今市宿 
今市宿1

今市宿2

今市宿3-1
今市宿5

今市宿4

今市宿6

今市宿7

今市宿8

安楽寺
寛永12年の創建
マウスオン2枚です 
<

今市宿12

今市宿13

今市宿14

今市宿15

マウスオン2枚です 
<


マウスオンして下さい


マウスオン2枚です 
<


萬生寺
今市宿20

マウスオン2枚です 
<

マウスオンして下さい


今市宿24

今市宿25

今市宿26
マウスオン2枚です 
<

今市宿29 今市宿30
マウスオン2枚です 
<


マウスオン・クリック、3枚です 
<


今市宿36
所在地・・大分県大分市今市 

  1. 2015/07/11(土) 09:19:55|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県

野津原宿 
慶長6年(1601)熊本城主・加藤清正が前年の関ヶ原役後
徳川家康から豊後国内の海部、大分、直入三郡のうち
二万石を宛行われ、熊本から鶴崎までの道筋に
五ヶ所の宿場町を造った。

野津原神社
マウスオンして下さい

野津原1

野津原2

野津原3

野津原4 野津原5
マウスオン2枚です 
<
所在地・・大分県大分市大字野津原 1757
 


野津原9


法護寺
野津原10

マウスオン2枚です 
<

野津原13

清正公殿
マウスオン・クリック、3枚です 
<

野津原17

野津原18
所在地・・大分県大分市大字野津原 734
  1. 2015/07/09(木) 09:23:50|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県大分市

遊歩公園

ザビエル像
マウスオン2枚です 
<

伊東ドン マンジョ像
遊歩公園3

西洋医学発祥記念像
遊歩公園4

遊歩公園5

西洋劇発祥の記念碑
遊歩公園8

遊歩公園9
マウスオン・クリック、3枚です 
<

大分県庁
遊歩公園12



  1. 2015/07/07(火) 09:42:05|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県大分市

府内城跡
大分市街の中心にある梯郭式平城。
府内城跡1

安土桃山時代後期、府内に12万石で入封した福原直高が
府内の荷落に築城を始めたが、福原氏は改易され、
早川長政の府内領再封を経て、関ヶ原の戦いの後に
3万5千石で入封した竹中重利が完成させた。

江戸時代には府内藩2万1000石の藩庁が置かれていたが、
明治初期に本丸・東丸・西丸の建造物以外は破却され、
堀の一部が埋め立てられた。
さらに第二次世界大戦時の大分空襲により櫓が数棟焼失した。

現在、城跡は大分城址公園になっている。
本丸跡北西隅に人質櫓(二重櫓)と西丸に宗門櫓(平櫓)が現存し、
3棟の二重櫓と大手門、土塀、廊下橋が復元されていて、
三の丸跡には、大分県庁・大分市役所などがある。

マウスオン2枚です 
<

府内城跡4

府内城跡5

府内城跡6
大友宗麟銅像
府内城跡7

マウスオン2枚です 
<

府内城跡21
マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

府内城跡14

マウスオンして下さい

マウスオン・クリック、3枚です 
<


府内城跡22
所在地・・大分県大分市荷揚町 4
  1. 2015/07/05(日) 10:23:05|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県豊後高田市

熊野磨崖仏  
山麓にある胎蔵寺の脇から急な山道を300㍍くらい上ると、
熊野磨崖仏1

熊野磨崖仏2

熊野磨崖仏3

熊野磨崖仏4

熊野磨崖仏5

熊野磨崖仏6

鳥居の先は鬼が一夜にして積み上げたという伝説が残る
自然石を乱積にした石段になる。
熊野磨崖仏7

熊野磨崖仏8

熊野磨崖仏9

熊野磨崖仏10


この急峻な石段を登ると左手の岩壁に刻まれた2体の巨大な磨崖仏が現れる。
マウスオンして下さい


熊野磨崖仏13

大日如来像
高さ約8㍍のくぼみ(龕(ガン))の中に彫り出されている。
螺髪等の造形的特徴から、不動明王像よりも制作年代が下ると推定されている。
通常の大日如来像は菩薩形(髻を結い、装身具を着ける)に造形されるが、
本像は頭髪を螺髪としており、本来の像名は不明である。
重要文化財指定名称は「如来形(ニョライギョウ)像」となっている。
マウスオン2枚です 
<


不動明王像
比較的軟らかく加工しやすい岩壁に刻まれていて風化が進行しているため、
明王像ではあるが憤怒の相は現さず、口元に柔和な笑みを浮かべているように見える。
左右両脇には高さ約33㍍の矜羯羅童子、制多迦童子像の痕跡が認められる。
マウスオン2枚です 
<


その姿あまりに自然で周囲の景色に溶け込んでいる。


その先の石段を登りきると熊野神社がある。
熊野磨崖仏17

熊野磨崖仏19

熊野磨崖仏21

熊野磨崖仏22

熊野磨崖仏23

熊野磨崖仏24

登るのも難行だったが、下るのはさらに危険だった。
熊野磨崖仏25
所在地・・大分県豊後高田市平野
  1. 2015/07/03(金) 10:21:44|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州の街道を巡る    豊前街道  大分県豊後高田市

真木寺
六郷満山本山本寺・伝乗寺の堂宇の1つとして建立された。
伝乗寺はかつて六郷満山の本山八ヵ寺中でも
最大の規模を誇り、満山の中心的寺院として隆盛を極めたが、
その草創については確たる文献もなく、幻の大寺とされている。
大堂に収められた9体の仏像はその名残と伝えられ、
地元の人々の厚い信仰によりこの地で大切に保管されてきた。
いずれも国の重要文化財に指定され藤原時代の傑作。

マウスオンして下さい


マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<


真木大堂 4

マウスオン・クリック、3枚です 
<



マウスオン2枚です 
<

真木大堂 13
所在地・・大分県豊後高田市田染真木 1796


元宮磨崖仏
室町時代後期の作と伝えられる磨崖仏は、
中央に不動明王、その向かって右にコンガラ童子と多聞天、
左に持国天、最左端に地蔵菩薩がそれぞれ刻まれているが、
不動明王の左脇にかつて刻まれていたと思われるセイタカ童子は、
完全にその姿を失っている。
マウスオン2枚です 
<
狛犬?
元宮磨崖仏4 元宮磨崖仏5
所在地・・大分県豊後高田市真中
  1. 2015/07/01(水) 10:20:26|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR