すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  香川

満濃池
香川県地方は、瀬戸内地方特有の高温募雨で
山が浅く、灌漑用水の確保のため、1万6千余の溜池があるが
その中でも満濃池は周囲約20km、貯水量1,540万tの
日本最大の灌漑用のため池といわれる。
空海が改修したことでも知られ、満濃太郎とも呼ばれる。

大宝年間(701-704)頃 讃岐国の国守 道守朝臣が創築。
弘仁9年(818) 洪水による決壊。
弘仁12年(821) 空海が築池別当として派遣され、
約3カ月後に改修完了したが、その後も決壊、復旧を繰り返す。
元暦1年(1184) この年の決壊後、寛永8年の改修まで復旧されず、
池跡には民家、田畑が作られ、「池内村」となる。
寛永5年(1628) 高松藩・藩主 生駒高俊の命により
普請奉行 西嶋八兵衛が改修着手。
寛永8年(1631) 高松藩による改修完了。
安政1年(1854) 地震により破堤。
明治3年(1870) 復旧工事完了。
この後、三度の嵩上工事と土器川から取水する為の
天川導水路工事を行い、貯水量を増加させた。
満濃池2

満濃池3

満濃池4

満濃池5


神野神社1
神野神社2 神野神社3
マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<

神野神社4

神野神社7
所在地・・香川県仲多度郡まんのう町
スポンサーサイト
  1. 2015/09/30(水) 10:28:51|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  徳島

大歩危(オオボケ)小歩危(コボケ)
吉野川中流域に位置する渓谷。
吉野川西岸の徳島県三好市山城町西宇地区の歩危茶屋付近から
高知県長岡郡大豊町大久保地区の一部までと、
その対岸の徳島県三好市西祖谷山村の一部を指す総称。
夏には多くのラフティング・カヤック愛好者が集まり、
大歩危峡遊覧船で知られる。
大歩危1

大歩危2

大歩危3

大歩危4

大歩危5


祖谷の蔓橋
かずら橋1

かずら橋2

かずら橋3

かずら橋4

かずら橋5
所在地・・徳島県三好市西祖谷山村善徳


琵琶の滝1

琵琶の滝2
  1. 2015/09/28(月) 09:50:25|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  徳島

美馬脇町の卯建の町並み
江戸時代から藍の集散地として栄え、吉野川の水利を利用して、
藍の仲買を業とする大商人達の家々が
吉野川筋に並行して位置する南町に軒を並べて大いに繁栄した。
これらの豪商達は、二階建ての立派な家を建て、二階と一階との間で、
隣家との境界部には卯建(ウダツ)という白壁の防火壁を作り、
これに立派な装飾を付けた瓦を張り、互いに権勢を競い合った。

卯建があるということは、二階建ての瓦葺きの
立派な家があることを意味し、資産家の象徴だった。
そのため、一向に出世せず、まとまった財産が出来ないような人々のことを
うだつが上がらない人と表現されるようになった。
うだつ1

うだつ2

うだつ6

うだつ5

うだつ11

うだつ13

うだつ14

うだつ16

うだつ9

うだつ15

<<<<<
Sakuraさんのソースをお借りしました





うだつ19

うだつ20

うだつ16

うだつ21

うだつ15


卯建の町並みを抜けた川向いにあるオデオン座
1934年、回り舞台や花道を備えた本格的な芝居小屋として建てられ、
演劇や映画などを通じてこの町の人々に親しまれてきた。
映画の斜陽化とともに観客の足も遠のき、取り壊されることになっていたが、
山田洋次監督の映画の舞台になったことをきっかけに、
平成11年には建設当時の西洋風の外観に修復され、
現在はイベントホールとして利用されている
マウスオン2枚です 
<
所在地・・徳島県美馬市脇町大字脇町
  1. 2015/09/26(土) 10:05:22|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  徳島

興源寺
蜂須賀家菩提寺。
天正14年(1586)に家政によって下助任町に移され、
2代藩主・忠英によって寛永13年(1636)に大雄山興源寺と改められた。
蜂須賀家代々の霊廟と築地塀で隔てられた墓所。

マウスオンして下さい


興源寺1
興源寺2

家祖 蜂須賀正勝 ( 小六)と正室・松の墓
夫婦の墓は、ここだけ
マウスオン2枚です 
<


藩祖 蜂須賀家政の墓
興源寺5

三代 忠英の墓
興源寺3代

七代 宗員の墓
興源寺7代

八代 宗英の墓
興源寺8代

興源寺9

興源寺10
所在地・・徳島県徳島市下助任町 2-45
  1. 2015/09/24(木) 09:47:34|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  徳島

徳島城跡
山城と城山の周囲の連郭式の平山城。
蜂須賀氏が正門として建てた鷲の門。
廃城令で徳島城が廃城となった後も、鷲の門だけは残されていたが、
1945年(昭和20年)の徳島大空襲によって焼失したが
平成元年(1989)に復元された。
マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<


徳島城跡5
マウスオン2枚です 
<


石垣の石には、眉山の三波川変成岩(結晶片石)が使われている。
岩石の種類は、青石(緑簾石‐アクチノ閃石片岩・緑簾石‐藍閃石片岩)
紅簾片石・石英片岩、なお、表御殿庭園の庭石には、眉山の石のほか、
鳴門・淡路の海岸から舟で運ばれた石も使われている。
運送の難から、内陸で採れる石材は使われていない
徳島城跡9

折れ曲り塀
徳島城跡6

徳島城跡10

蜂須賀家政銅像
マウスオン2枚です 
<

弁天池
徳島城跡15

徳島城跡16

徳島城跡17

マウスオンして下さい

徳島城跡19


徳島城跡20
徳島城跡21

徳島城跡26

徳島城跡22
マウスオン2枚です 
<


徳島城跡25
所在地・・徳島県徳島市徳島町

  1. 2015/09/22(火) 09:40:39|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  徳島

旗山八幡
寿永4年(1185)源義経は屋島に逃れた平家に奇襲をかけるため、
大阪市堂島から20隻の船で漕ぎ出し、紀淡海峡を南下、
折からの暴風雨に乗じて、通常2日かかる行程を
わずか6時間、2月18日早朝に阿波の国勝浦(現在の小松島市)に漂着し
奇襲を前に軍勢の士気を高める為、
旗山の山頂に源氏の白旗を掲げた。

義経が率いた軍は、精兵わずか150余騎、
地元の新居見城主・近藤六親近の先導を受け、
現在の小松島市を横断して土佐街道を北へ進み、
勝浦川を渡り、平家方の熊山城(徳島市)、
桜間城、石井町を攻め破り、
夜を徹して難所とされる大坂峠を越えて讃岐国に入った。
19日には、屋島に近い牟礼に押し寄せ、
背後から平家軍を攻撃、義経軍の奇襲を受けてあわてた平家軍は海に逃れ、
源氏は屋島の戦いに勝利した。
義経1

義経2

八幡神社
義経3

王子神社
義経6

義経の騎馬像
高さ6.7m、幅(馬の前後方向)4.4m、
奥行き(馬の左右方向)2.15m、重さ5.5t、騎馬像では日本最大。
マウスオン2枚です 
<

所在地・・徳島県小松島市 旗山




  1. 2015/09/20(日) 09:44:14|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  徳島

地蔵寺
境内にある「宝寿水」は足利公方阿波藩主・蜂須賀公が
来訪の折に所望し賞賛された名水と伝えられている。
元和7年(1621)、代官山内松軒寺沢六右衛門が檀那となり中興され
歴代藩主の庇護と近郷在住の人々の信仰の道場として維持されてきた。
明治に小松島に点在した塔頭子院6カ所、 観音寺・阿弥陀寺・
宝性寺・般若寺・真福寺・薬師寺を併合する。
弘法大師が開基した寺のあとを頼んでいた住職がいねむりをしていたため
四国八十八カ所霊場からはずしたとする「いねむり大師」、
寛政年間には地蔵菩薩の錫杖にねずみが突きとめられていたという
「鼠つき地蔵」などの言い伝えがある。

山門  (仁王門)
地蔵寺1

地蔵寺4
地蔵寺3

太子堂
地蔵寺5

寳珠殿
地蔵寺6 地蔵寺7
地蔵寺8

鐘楼と多宝塔
地蔵寺9

本  堂
地蔵寺10

地蔵寺12
地蔵寺11
所在地・・徳島県松島市松島町 11-26


  1. 2015/09/18(金) 10:43:03|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  徳島

金泉寺 コンセンジ
四国八十八箇所霊場の第三番札所。
天平年間(729-749)聖武天皇の勅願により行基が本尊を刻み、創建。
弘仁年間(810-824)に、空海(弘法大師)が訪れた時に、
水不足解消のため井戸を掘り、黄金井の霊水が湧出したことから金泉寺とした。
元暦2年(1185)に、源義経が屋島に向かう途中、立ち寄ったとの記録がある。

山門(仁王門) 入母屋造
金泉寺1

金泉寺2

鐘楼
金泉寺13

本 堂
金泉寺3

護摩堂
金泉寺4

大師堂
金泉寺5

観音堂
金泉寺6

天満宮
金泉寺8 金泉寺9
金泉寺10

祠    マウスオン2枚です 
<

阿弥陀堂
金泉寺16

倶利伽羅龍王
金泉寺15

弁慶の力石
マウスオン2枚です 
<
所在地・・徳島県板野郡板野町大寺字亀山下 66

  1. 2015/09/15(火) 09:45:17|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  徳島

霊山寺
四国八十八箇所霊場の第一番札所
天平年間(729-749)聖武天皇の勅願により、行基が開創。
弘仁6年(815)に、空海(弘法大師)が訪れ21日間(三七日)留まって修行した。
その時、天竺(インド)の霊鷲山で釈迦が仏法を説いている姿に似た
様子を感得し、天竺の霊山である霊鷲山を日本、
和の国に移すとの意味から竺和山霊山寺と名付け第一番札所とした。

発心の門
霊山寺

山門(仁王門)は入母屋造の楼門
霊山寺2

太子堂 
霊山寺3

多宝塔
霊山寺5

本 堂
霊山寺4

鐘 楼
霊山寺6

三鈷松
霊山寺7

霊山寺8

霊山寺9 霊山寺10

霊山寺12 霊山寺13

霊山寺11

霊山寺14

霊山寺15

霊山寺16
所在地・・徳島県鳴門市大麻町板東塚鼻 126
  1. 2015/09/13(日) 09:42:06|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  徳島

潮明寺
瀬明寺1

瀬明寺2

瀬明寺3

瀬明寺4

紀貫之の歌碑
鳴門町土佐泊は昔、土佐と京都との海上交通の要路にあたり
行き帰りの船が寄港していたので、土佐の泊の名が起こった。
承平5年(935)平安時代の歌人・紀貫之が土佐の国司の任を終え
都へ帰る途中、土佐泊へ寄港した時に詠んだ
東しこ路越(としころを 住し所の南(な)にしおへは
きよ流(る)浪をも阿はれ(あわれ)とぞ見る
瀬明寺5

所在地・・徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字高砂 22



土御門(ツチミカド)火葬塚
承久3年(1221)の承久の乱の時、
土御門上皇は何も関与していなかったので
処罰の対象にはならなかったが、
父である後鳥羽院が遠流であるのに、
自分が京にいるのは忍びないと、自ら申し出て土佐国に流された。
後により都に近い阿波国に移された。
鎌倉幕府も後鳥羽・順徳両上皇とは違って、
守護に対して阿波の宮殿を造営させるなどの厚遇振りを見せている。
寛喜3年(1231)10月に出家し、同月崩御。
土御門は争い事は好まず、温和で和歌に造詣が深かったという。
土御門2

土御門4
所在地・・徳島県鳴門市大朝町池谷

  1. 2015/09/11(金) 10:01:31|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

四国の街道を巡る    伊予街道~阿波別街道  徳島

今回から四国 街道巡りです

阿波十郎兵衛屋敷
人形浄瑠璃「傾城阿波鳴門」で知られる板東十郎兵衛の屋敷跡。
マウスオン2枚です 
<

浄瑠璃3

浄瑠璃4

浄瑠璃6
浄瑠璃7
所在地・・徳島市川内町宮島本浦 184



小宰相局(平通盛の妻)墓地
寿永3年(1184)2月、一の谷の合戦で、
義経の鵯越(ヒヨドリゴエ)の逆落としにより大敗を期し
一族とともに讃岐の屋島に落ちていく船中で、
通盛の討ち死の報せを聞いた小宰相は
夫恋しさのあまり、小鳴門の海に19歳の身を投じてしまった。
その時、小宰相は懐妊していた。
局1

局2

局3

局6
往時は海淵だったこの高い崖の上から身を投げた・・
局7
所在地・・徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字高砂

  1. 2015/09/09(水) 10:32:35|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

台東区蔵前

西福寺
元々、松平家・徳川家発祥の地である三河国松平郷にあった寺だが
家康が関東に入国する時に現地に移転した。
マウスオン2枚です 
<

西福寺4
所在地・・台東区蔵前 4-16-16



龍宝寺
慶長4年(1599)4月に、徳川家康の命により、
戦勝祈願・天下泰平を祈念するために、
江戸城の東南の鬼門にあたる神田駿河台の地に建立された。
「川柳」の始祖柄井八右衛門(1718~1790)の墓がある事ことから
別名「川柳寺」とも呼ばれている。
八右衛門は、龍宝寺の門前に住み、名主差配をしていたが、
その一方、川柳と号し、前句付の点者として名を馳せ、
のちに、俳号の川柳が文芸名となった。
マウスオン2枚です 
<


初代川柳辞世の句碑『木枯や跡で芽を吹け川柳』
龍宝寺4
龍宝寺3
所在地・・台東区蔵前 4-36-7



蔵前神社
元禄6年(1694)石清水八幡宮として建立、
昭和22年に隣接の稲荷神社と相殿・北野天満宮とを合祀、蔵前神社と改称した。
蔵前神社1

蔵前神社2
蔵前神社3

マウスオンして下さい


マウスオン2枚です 
<


蔵前神社7 蔵前神社8
蔵前神社9
所在地・・台東区蔵前 3-14-11




榧寺
天正年間(1575年頃)から草庵として創始、
慶長4年(1599)に増上寺中興開山の観智国師法名貞蓮社源誉上人が
池中山盈満院正覚寺として開山した。
境内に鬱蒼と茂っていた榧の木が、寺宝を火災から護っていたことから、
江戸時代から榧寺と称されていました。
榧寺1

榧寺5
所在地・・台東区蔵前 3-22-9

  1. 2015/09/07(月) 09:55:33|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

墨田区

安田庭園
元禄年間に常陸国笠間藩主・本庄因幡守宗資により大名庭園として築造。
安政年間に隅田川の水を引いた潮入回遊庭園として整備された。
明治に入り、旧岡山藩主・池田章政の邸宅となる。
明治22年(1889)、安田財閥の祖である安田善次郎が所有。
大正11年(1922)、彼の遺志にもとづき東京市に寄贈されたが、
翌大正12年(1923)の関東大震災によりほとんど旧態を失った。
東京市によって復元され、昭和2年(1927)、市民の庭園として開園。
昭和42年(1967)、東京都から墨田区に移管され、現在は墨田区が管理。
かつては隅田川の水を取り入れ、隅田川の干満を利用し、
眺めの変化を鑑賞する庭園だった。
安田庭園1

水門跡     マウスオン2枚です 
<

心字池
安田庭園2

雪見灯篭
安田庭園6

安田庭園5


安田庭園7
所在地・・墨田区横網 1-12-1


国技館
国技館1


隅田川テラス
マウスオン2枚です 
<


蔵前橋
蔵前橋

厩橋
厩橋

柳橋      マウスオンして下さい

柳橋5
柳橋1
柳橋2
屋形船の乗り場
柳橋3

石塚稲荷神社
石塚稲荷神社

隅田川テラスのなまこ壁
隅田川テラス15
隅田川テラス16
隅田川テラス17

首尾の松
マウスオンして下さい


マウスオン2枚です 
<


  1. 2015/09/05(土) 09:18:21|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

墨田区

紅葉橋
大横川親水公園緑道1

大横川親水公園緑道
大横川親水公園緑道2
大横川親水公園緑道3
大横川親水公園緑道4
大横川親水公園緑道5
大横川親水公園緑道6
大横川親水公園緑道7
大横川親水公園緑道8
所在地・・吾妻橋3丁目、業平1丁目、東駒形4丁目、横川1丁目、本所4丁目、

マウスオンして下さい



野見宿彌神社  大相撲縁
野見宿彌神社1

野見宿彌神社2

マウスオン2枚です 
<

歴代横綱の石碑
野見宿彌神社6
所在地・・墨田区亀沢 2-8-10
  1. 2015/09/03(木) 09:38:23|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

墨田区

桃青禅寺
法光明幢禅師を開山として寛永3年(1626)に創建した。
松尾芭蕉が数年にわたり、当寺に寄宿していたことから、
山号は松尾芭蕉、寺号は松尾芭蕉の俳号桃青で
芭蕉山桃青寺と号している。
江戸時代には寺内にあった芭蕉堂が著名だった。
貞享4年(1687)に生まれた俳人長谷川馬光の墓がある。
マウスオン2枚です 
<

桃青禅寺3
所在地・・墨田区東駒形  3-15-10


本所


篠塚地蔵尊
東駒形2丁目と本所2丁目に掛けての商店会、
通り会の道筋にある小さな地蔵の社を
地域の人たちがずーと大切に守っている。
一條天皇の治世(993~996年)に恵心僧都によって像刻と伝えられ、
元弘3年(1333年)新田義貞が家臣の篠塚五郎政景に命じて
地蔵尊を世良田(群馬県)に迎え、見事に北条氏を滅ぼし、
戦勝後に霊夢に導かれ、この地に安置したという。
関東大震災の難は逃れたが東京大空襲で地蔵堂は焼失した。
地蔵尊は竹の塚に運ばれ難を逃れ、昭和43年に地元有志により、
地蔵堂を建て替え本尊の分体を造立して安置、今日に至る。
勅願寺のために区画整理時も対象から外れ、650年近くこの地に鎮座している。
マウスオン2枚です 
<
所在地・・墨田区東駒形 2-8-1


王 貞治氏の母校・本所中学校
本所1
本所2

本所3


妙見山別院
能勢妙見山の唯一の東京別院。
能勢頼直の代に江戸の下町本所に下屋敷を賜ったため、
安永3(1774)年、屋敷内に堂宇を建立し妙見大菩薩のご分体を祀ったのが始まり。
親子鷹でおなじみの勝小吉と勝海舟親子の熱烈な信仰を得ていたことで有名。
妙見山1

妙見山5 妙見山6
妙見山2

マウスオン2枚です 
<
所在地・・墨田区本所  4-6-14

  1. 2015/09/01(火) 09:49:21|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR