すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

東京ドイツ村

イルミネーション
4時30分→5時       マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<

ドイツ村5

ドイツ村6

ドイツ村7

ドイツ村8

ドイツ村9

ドイツ村11

ドイツ村12

ドイツ村13
反対側から見ると・・・    マウスオン2枚です 
<

ドイツ村16

ドイツ村17

ドイツ村18

ドイツ村19

ドイツ村20

ドイツ村21

ドイツ村22

ドイツ村23

ドイツ村24

マウスオンして下さい

所在地:千葉県袖ケ浦市永吉 419


一年間、拙いブログを見ていただいて有難うございました。
来年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト
  1. 2015/12/29(火) 10:10:10|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

五反田

雉子神社

創建は文明年間(1469年 - 1487年) 
村民の霊夢により大鳥明神を祀っていた。
江戸時代、三代将軍・徳川家光が鷹狩りに来た時、
一羽の白雉が社地に飛び入ったのを稀なめでたいしるしとして、
家光から「以後雉子宮と称すべし」との言葉があり、「雉子ノ宮」と改称し
明治維新の際に雉子神社と改められる。
明治時代以前は隣接してある宝塔寺が別当寺だった。
明治43年(1910)に上大崎村にあった三島神社を合祀した。
平成6年(1994)境内に大きなビルが建ち
社殿はその一階部分に改築された。
マウスオン・クリック、3枚です 
<

雉子神社4 雉子神社5

雉子神社6

雉子神社7

境内社
マウスオン2枚です 
<
所在地:品川区東五反田 1-2-33 


宝塔寺
室町時代、応永8年(1401)の創建。
初めは品川の海岸近くにあり、のち目黒川沿いに移転して宝塔寺と名を変え、
さらに江戸時代初期の万治年間(1658~61)に、目黒川の水害を避けて現在地に移転。
祀られている元三大師(良源、慈恵大師)を参拝してから網を下ろすと
大漁になるといわれ、当時の漁民から厚い信仰を受けていた。
宝塔寺1

宝塔寺2

元三大師堂
宝塔寺3

地蔵堂
宝塔寺4
所在地・・品川区東五反田 1-2-29


続きを読む
  1. 2015/12/27(日) 10:34:05|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

五反田

旗岡八幡神社
旗岡
マウスオン2枚です 
<

旗岡9 旗岡10

旗岡3
旗岡4

神楽殿
旗岡5

旗岡6 旗岡7
旗岡8

旗岡11
所在地・・品川区旗の台 3-6-12



法連寺
文永年間に当地を治めていた荏原義宗が篤く日蓮宗に帰依し、
息子の徳次郎を日蓮の高弟・日朗の弟子とさせた。
徳次郎は後に朗慶上人となり荏原氏の館跡に法蓮寺を開山した。
法蓮寺は隣接する旗岡八幡神社の別当寺になった。
江戸時代になると、旗岡八幡宮は二代将軍・徳川秀忠の祈願所となり、
39世代住職・日詮は江戸城大奥でも人気の僧であった。
法連寺1
法連寺2

法連寺4

法連寺3

荏原七福神・恵比寿神
法連寺5

法連寺6
所在地・・品川区旗の台 3-6-18




  1. 2015/12/25(金) 09:34:38|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五反田

小山八幡神社
長元3年(1030)頃に源頼信がこの地に誉田別尊を氏神として奉ったのが始まり。
後に妙見菩薩も誉田別尊と並んで祀られたので、
妙見八幡とも、この地の旧名を採って池の谷八幡とも呼ばれていた。
妙見菩薩は明治時代の神仏分離令により、
隣接してある別当寺だった摩耶寺に移された。

境内は小高い丘(古墳跡といわれている)の上に位置しているため
小山と呼ばれ、それが現在近辺の小山の地名の由来になっている。

かつては小山村全体が氏子の範囲だったが、
元禄時代に宗教上の軋轢により二分され、
三谷地区に三谷八幡神社が分祀されて現在に至っている。
二分されたが現在では祭りは両社合同で行うため両社祭りという。
マウスオン2枚です 
<


小山3 小山4
マウスオン2枚です 
<

境内社
マウスオン2枚です 
<

神楽殿
小山9

荏原七福神・大黒天
小山8

小山11 小山12
所在地・・品川区荏原 7-5-14



摩耶寺
寛文7年(1667)の創建。
延宝5年(1677)に祖師像、 延宝6年(1678)に摩耶夫人像が造られる。
多くの像は日蓮宗不受不施派の弾圧の際、
法華寺から当寺院に移されたもの。
釈迦の生母・摩耶夫人が祀られている摩耶堂は
天保年間(1830年~1843年)に造られた。
麻耶寺1

1978年に完成した本堂。
麻耶寺2

麻耶寺3
所在地・・品川区荏原 7-6-9



山谷八幡神社
隣接の小山八幡と深く関わり、長元3年(1030)源頼信の奉斎を始めとし、
大田道灌の尊崇あり江戸時代の始め宗教上の爭いから
三谷の名主石井助太夫が八幡神像を三谷の
出世稲荷社の宮地に遷座鎮祭し三谷地区の氏神とした。
山谷1

山谷2 山谷3
山谷4

山谷5
所在地・・品川区小山 5-8-7



金山地蔵尊
マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<


  1. 2015/12/23(水) 09:33:12|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五反田

攻玉社学園
江戸時代末期の文久3年(1863)近藤真琴は
開国して間もない日本が独立・発展するには外国の学問を
謙虚に学ばなければならないと痛感し、江戸藩邸に蘭学塾を開設。
明治2年(1869)攻玉塾に改称し、築地海軍操練所内に移転。
明治4年(1871)4年)、芝新銭座の慶應義塾跡へ移転。
明治5年(1872)、文部省より学制が頒布され、攻玉社として改めて開学。
明治後期には慶應義塾、同人社と併せて三大義塾として並び称された名門校。
攻玉社3

攻玉社1

攻玉社2
所在地: 品川区西五反田 5-14-2

旧中原街道
旧中原街道3

旧中原街道供養塔群
旧中原街道供養塔群1
マウスオン・クリック、3枚です 
<

旧中原街道
旧中原街道2

戸越地蔵尊
旧中原街道供養塔群5
マウスオン2枚です 
<

戸越地蔵尊5
旧中原街道供養塔群6
戸越地蔵尊4


池波正太郎旧宅
池波正太郎宅
  1. 2015/12/21(月) 09:36:29|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五反田

安楽寺
竪者法印良珊が開山。
赤坂山王の別当城琳寺末だったが、明治元年同寺廃寺に伴い、
三田西蔵院末となり、さらに明治43年9月に
他の同宗3ヶ寺(観音寺、宝塔寺、徳蔵寺)と共に
比叡山延暦寺の直末となった。
安楽寺4

安楽寺2

安楽寺5

白井権八と遊女小紫の連里塚
小紫は権八の処刑を悲しんで後追い自殺をしたという。
マウスオン2枚です 
<


安楽寺6  安楽寺11
安楽寺7

安楽寺3
安楽寺10
所在地:品川区西五反田 5-6-8



氷川神社
氷川神社1

氷川神社2

マウスオン2枚です 
<

氷川の滝(わき水)
氷川の懸泉(ケンセン)とも呼ばれた湧水の滝。
この付近は武蔵野台地の末端にあたり、湧き水が多くあった。
この滝は昔は飲み水として利用され、
夏ともなれば各地から涼を求めて人々が集まってきたという。
いったんは枯水状態になったが、境内の改修工事で再び湧き出すようになった。
昔ほどの勢いはないが氷川の滝としてその面影を残している。
氷川神社5

氷川神社6 氷川神社7
氷川神社8

氷川神社

氷川神社9 (2)

忍田稲荷大明神
マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地:品川区西五反田 5-6-3

  1. 2015/12/19(土) 09:45:28|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

五反田

中原街道
武蔵国・相模国を結ぶ街道としてかなり古くからある道で、
徳川家康によって、江戸時代の東海道が整備されるまでは
東海道の一部としても機能していた。
東海道整備後は、江戸虎ノ門から平塚中原をつなぐ脇街道とされる。
現在の国道1号桜田通りから東京都道・神奈川県道2号線
および神奈川県道45号線に相当し、高座郡寒川町一之宮の田村の渡し、
または、四之宮の渡しで相模川を渡り、平塚市の中原御殿へ達している。
中原街道2

インドネシア共和国大使館
インドネシア


徳蔵寺
織田信長、豊臣秀吉が政権を握った安土桃山時代の 初期の
天正年間(1573~91)、梁誉道元大和尚によって
武蔵野国荏原郡大崎村 に草創された。
慶応4年(1868)、260余年にわたった 徳川幕府が崩壊し、
明治新政府が樹立されると神仏分離令が公布され、
廃仏毀釈運動が起こり、全国各寺院は一様に荒廃への道を辿った。
徳蔵寺も境内地をすべて官有地とされ、
数年間にわたって無住の時代がつづいたが
明治9年(1876)元海大和尚が入山し、寺運興隆への基礎が確立された。
徳蔵寺1

徳蔵寺2

徳蔵寺3

徳蔵寺4 徳蔵寺5-1

徳蔵寺14
マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

徳蔵寺15

マウスオン2枚です 
<
京都品川区西五反田3-5-15



柳生1
柳生2
柳生3
所在地・・品川区西五反田3-4


  1. 2015/12/17(木) 09:36:46|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五反田

池田山公園の紅葉

江戸時代、岡山城主・池田氏の下屋敷があったところで
付近一体の高台は「池田山」という名称で呼ばれた。
廃藩置県以降も池田氏の屋敷として使われていたが、
宅地化され、山の手有数の高級住宅街として知られるようになった。
園内には江戸時代の回遊式庭園が整備・保存されて一般に公開されている。
池田山公園1

池田山公園2

池田山公園3

池田山公園4

池田山公園5

池田山公園6

池田山公園7

池田山公園8

池田山公園9

池田山公園10

池田山公園11

池田山公園12
所在地・・品川区東五反田 5-4


皇后美智子さまの実家の正田家の邸宅もあったが
現在は建物はなく跡地はねむの木の庭という小さな区立公園になっている。
池田山公園13

池田山公園14
2015.12.8 撮影

  1. 2015/12/15(火) 09:36:39|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

二子玉川


行善寺
行善寺1

マウスオン2枚です 
<

行善寺4

行善寺5
所在地・・世田谷区瀬田 1-12-23



江利チエミの墓がある
法徳寺

法徳寺5

法徳寺1

法徳寺2

江利チエミの立像
マウスオン2枚です 
<
所在地・・世田谷区瀬田 1-7-7

  1. 2015/12/13(日) 09:27:14|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

二子玉川

慈眼寺
徳治元年(1306)法印定音が巡錫の途上、この地を通ったとき
里人が滝ケ谷戸崖の中段から降三世明王を発掘したのをゆずりうけ
郷士長崎四郎左衛門に告げ、小堂を建て祀ったことに始まる。
長崎家の菩提所であり祈願所でもあった。
慈眼寺1

慈眼寺2
所在地・・世田谷区瀬田 4-10-3


瀬田玉川神社
永禄年中(1558〜1570年)に、この村の下屋敷に創建されたが、
寛永3年(1626)に長崎四郎左衛門嘉国が寄進して現在地に移転した。
神社は国分寺崖線上の高いところにあることから、
明治41年(1908)の勅令によって他の八幡社、熊野社、大神宮(天祖社)
六所宮などを合祀して玉川神社となり、後に瀬田玉川両地区の氏神様として
瀬田玉川神社と呼ばれるようになった。
瀬田玉川神社1

瀬田玉川神社2

瀬田玉川神社3
所在地・・世田谷区瀬田 4-11-31


瀬田アートトンネル
国道246号線の下を横断する瀬田ずい道を改築し、
照明とモザイク壁画が美しいアートトンネルとして再生。
暗い・臭い・恐いなどの悪いイメージがあるトンネルの概念を一変する見事な芸術作品。
アートトンネル1
アートトンネル2
アートトンネル3
アートトンネル4
アートトンネル5


夕日坂
世田谷区瀬田一丁目と二丁目の境にある西に向かって下る 狭く短い坂道
夕日が美しく見えることから名付けられた
マウスオン2枚です 
<


  1. 2015/12/11(金) 10:58:15|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

二子玉川



岩崎1


三菱二代目社長・岩崎彌之助と四代目社長・小彌太父子二代によって
設立された、コレクションの数々が収蔵されている美術館や
古典籍を保存した文庫館
岩崎12

マウスオンして下さい

岩崎4


岩崎10

岩崎2
岩崎5 岩崎6
マウスオン2枚です 
<

岩崎11
所在地・・世田谷区岡本 2-23-1


旧小坂家住宅  (歴史的建造物)
昭和13年(1938)、実業家で政治家の小坂順造氏の別邸として建てられた。
小坂氏は長野市の生まれ、信濃銀行取締役、信濃毎日新聞社取締役社長などを
歴任したほか、衆議院議員、貴族院議員を務めた。
小坂家1

小坂家5

小坂家2

小坂家3

小坂家4
所在地・・世田谷区瀬田 4-41-21

  1. 2015/12/08(火) 10:05:38|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

二子玉川


岡本1
岡本2


岡本民家園
主屋は長崎家の旧居で
江戸時代後期の典型的な農家の家屋敷を再現している。
岡本3

<

岡本6

岡本7

マウスオン2枚です 
<

岡本10
所在地・・世田谷区岡本 2-19-1


岡本村の開村当時からの鎮守社
岡本八幡神社
岡本11

岡本12

拝 殿
岡本14 岡本15
岡本13

神楽殿
岡本16

岡本18

岡本17

岡本19
所在地・・世田谷区岡本 2-21-2


  1. 2015/12/05(土) 10:12:54|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

二子玉川

きしべの道
国分寺崖線に沿って残る豊かな緑や水辺」の風景をたどりながら歩く道

多摩川堤通り
きしべ2
昔は大山道
きしべ1
谷川緑道
きしべ3

きしべ4

きしべ5

きしべ6

きしべ7

きしべ8
砧線跡歩道
きしべ9
きしべ10
きしべ11
きしべ12

吉澤橋
きしべ16

マウスオンして下さい


マウスオン2枚です 
<

きしべ17 きしべ18

きしべ20

きしべ21

きしべ22

きしべ23

きしべ25

坂を上って住宅地へ・・
富士見1
富士見2

松任谷由美さんの家     マウスオン・クリック、3枚です 
<

ノーベル生理学医学賞を受賞した大村智氏の家
富士見7

旧大原麗子さんの家
富士見9

  1. 2015/12/02(水) 09:51:05|
  2. 大江戸街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR