すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

我が家の藤

今年も沢山、咲いてくれました。
藤1

藤2

藤4

藤5

藤6

藤7
藤8
藤9
藤10
藤11
藤12
スポンサーサイト
  1. 2016/04/28(木) 21:11:35|
  2.   花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鎌倉を歩く

甘縄神明宮
和銅3年(710)行基が草創し、豪族・染谷時忠が創建した
鎌倉最古ともいわれる由緒ある神社。
源氏と縁が深く、源頼朝が社殿を修理したと「吾妻鏡」は伝える。
また、北条政子や実朝も参拝したとある。
静かで由比ガ浜を一望できる高台にあり、万葉集にも登場する
鎌倉の名の歌の舞台となった場所はこの神社周辺ともいわれ
子宝の御利益がある神社としても知られている。

鎌倉時代初期の御家人で安達一族の祖・安達盛長氏の邸宅があった所。
北条時頼の母・松下禅尼の実家であり北条時宗の誕生の地でもある。
弘安8年(1285)の霜月騒動の時、御家人筆頭の安達泰森は、
平頼綱軍に攻められ激しい戦闘の末、安達一族は滅亡した。
甘縄神明神社1

マウスオン2枚です 
<
所在地・・ 鎌倉市長谷1-12-1


報国寺1
本  堂
報国寺2

報国寺3

報国寺4

報国寺5

報国寺6

報国寺7

報国寺8
足利氏のやぐら
報国寺の開基・足利家時や永享の乱で自刃した足利義久のものだと考えられている。
やぐらの中には多数の五輪塔が置かれている。
報国寺9

報国寺11
所在地・・鎌倉市浄明寺 2-7-4
  1. 2016/04/25(月) 09:40:10|
  2. 鎌  倉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

鎌倉三大洋館

鎌倉文学館
加賀百万石、前田家の鎌倉別邸だった。
前田家のお姫さまだった酒井美意子さんの名著『ある華族の昭和史』にも登場
鎌倉にゆかりの文学者たちの直筆原稿などが常設展示。、
春と秋には600㎡のバラが咲き誇る。
鎌倉文学館1

鎌倉文学館2

マウスオン2枚です 
<
所在地・・神奈川県鎌倉市長谷 1-5-3


旧華頂宮邸
昭和4年に華頂博信(カチョウヒロノブ)侯爵邸として建てられたが
華頂夫妻が住んだのは数年のみで、その後たびたび所有者が代わり、
平成8年に鎌倉市が取得した。
外観は、西洋民家に見られるハーフティンバースタイル(柱、粱をそのまま外部に現し、
その間を石材、土壁などで填めたもの)で、整然とした感じがする
戦前の洋風住宅建築を代表するもの。

北側から  
旧華頂宮邸1
旧華頂宮邸2

フランス敷庭園と南側全景
マウスオン2枚です 
<


旧松崎邸和館 門から和館を見る
東京・上大崎の茶室と門を昭和46年に移築し昭和52年には増築された。
戦前の日本文化をしのばせる貴重な建築物。
旧華頂宮邸5
所在地・・鎌倉市浄明寺2丁目


  1. 2016/04/22(金) 09:23:07|
  2. 鎌  倉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

桐生三大朝市

桐生天満宮古民具骨董市
東京東郷神社、川越骨董市と並ん
関東三大骨董市と呼ばれるほどの賑わいを見せる骨董市で
毎月第一土曜日、日の出とともに開催されます。
鉄瓶、火箸などの生活道具から古書、カメラ、陶磁器、版画、刀剣
着物・端切れ・家具・ブリキのおもちゃなど、実に幅広い品ぞろえでした。
桐生1

桐生2

桐生3

桐生4

桐生5

桐生6

桐生7

桐生8

桐生9

桐生10

桐生11

桐生12

桐生13

桐生14
五右衛門風呂の釜、こんな物まで・・
桐生15

桐生16

桐生17

桐生18

桐生19

桐生20

桐生21

桐生22

桐生23

桐生24

桐生25

桐生27
所在地・・群馬県桐生市天神町 1-3-4



買場紗綾市(カイバサヤイチ)
買場5

買場6

買場7

買場8

買場9

買場1

買場2
マウスオン2枚です 
<
所在地・・群馬県桐生市本町一丁目



桐生楽市
広い本町通りの両側の歩道のあちこちに沢山のお店が並んでいます。
桐生楽市1

桐生楽市2

桐生楽市3

桐生楽市4

桐生楽市5
所在地・・群馬県桐生市本町三丁目
  1. 2016/04/19(火) 09:58:28|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

桐生市

重要伝統的建造物群保存地区
きりゅう1

刺青?   マウスオン2枚です 
<

きりゅう4

きりゅう7

きりゅう8

きりゅう11

きりゅう12

きりゅう13

マウスオン2枚です   葵の紋 でしょうか?
<

きりゅう16

きりゅう17

きりゅう18

きりゅう19

きりゅう20

きりゅう22

きりゅう23

きりゅう24

有鄰館 (ユウリンカン)
マウスオンして下さい


有鄰館1
有鄰館3

有鄰館2

有鄰館4

有鄰館7

有鄰館9
有鄰館10
からくり人形公民館
マウスオン2枚です 
<


無鄰館
旧北川織物工場の現在の名称。
現存する鋸屋根工場は、大正5年(1916)に建築され
昭和35年頃まで操業していた。
現在は、建築設計事務所のほか
彫刻家、画家たちの創作工房として利用されている。
きりゅう25
桐生市本町1-5-5

  1. 2016/04/16(土) 09:51:30|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

桐生市

群馬大学 工学部
群馬大学1

工学部守衛門   (旧桐生高等染織学校門衛所) 
群馬大学5-2
群馬大学2

旧桐生高等染織学校正門
群馬大学5-3
群馬大学3

工学部同窓記念会館   (旧桐生高等染織学校本館・講堂) 
大学の敷地内にある淡いグリーンの洋館。
大正5年、国立染織学校講堂として建設されたもので、当時では珍しいモダンな建物。
群馬大学5-1
群馬大学4
所在地・・群馬県桐生市天神町 1-5-1

  1. 2016/04/13(水) 10:17:45|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

桐生市

桐生天満宮
桐生天満宮1

桐生天満宮2
桐生最古織物市場発祥の地 機神の社
桐生天満宮3

桐生天満宮9

江戸豪商由来の財福稲荷神社    マウスオン2枚です 
<

桐生天満宮5

桐生天満宮9 桐生天満宮10
本 殿
桐生天満宮6
神楽殿
桐生天満宮8

<マウスオン2枚です 
<
桐生天満宮7
群馬県桐生市天神町 1-2-1

  1. 2016/04/10(日) 10:10:10|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

桜 満 開

千鳥ヶ淵
江戸城内濠のひとつで、昭和30年(1955)および60年代に多くの桜が植栽された。
現在では都心で有数の花見名所となり、ボートや緑道から、
水面まで枝を伸ばす桜を眺めることができる。
北の丸公園、千鳥ケ淵公園などを含め
て約1000本のソメイヨシノ、オオシマザクラなどがある。
千鳥ヶ淵1

千鳥ヶ淵2

田安門
千鳥ヶ淵3

千鳥ヶ淵4

千鳥ヶ淵5

千鳥ヶ淵6

千鳥ヶ淵7

千鳥ヶ淵8

千鳥ヶ淵9

ひこばえ
千鳥ヶ淵10

千鳥ヶ淵11

千鳥ヶ淵12

千鳥ヶ淵13

千鳥ヶ淵14

ボートに乗るための行列、・・まだまだ続いていました
千鳥ヶ淵15

千鳥ヶ淵16

千鳥ヶ淵17

千鳥ヶ淵18

東御苑・・大奥跡あたりでしょうか?
千鳥ヶ淵19

千鳥ヶ淵20
所在地・・千代田区九段南2周辺
  1. 2016/04/07(木) 09:28:40|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

桜 満 開

神代植物園
神代1


神代
マウスオン・クリック、3枚です 
<

神代6

神代4

神代5

源平枝垂れ (はまもも)マウスオン2枚です 
<

神代9
神代10

神代11

神代12

神代14

アーモンド
神代15

マウスオン2枚です 
<
所在地・・調布市深大寺元町2・5丁目、深大寺北町1・2丁目、深大寺南町4丁目


  1. 2016/04/04(月) 10:36:05|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

四国  宇和島街道  愛媛県

内子町六日市の町並み ②
内子56

火防地蔵
六日市は宝暦12年(1762)と寛政2年(1790)に二度も大火に見舞われた。
その度に、大火がここで鎮火したことにより、火災防止を願って
この地に地蔵堂が建てられた。
内子41

内子42


内子43

内子45 内子46
マウスオン2枚です 
<


マウスオンして下さい

内子50

内子48

内子55

内子57

内子座
江戸末期から明治にかけて栄えた内子は、
その財政的なゆとりから文化活動も盛んだった。
その象徴のようなものが内子座の建設で1916年に創建され、
歌舞伎、人形芝居、落語、映画上映でにぎわったと言われる。
老朽化が進んで取り壊されようとした時、再び町民の熱意が集まり、
昭和60年10月再出発した木造2階建て瓦葺入母屋造りの趣のある建物。
内子58
内子60
内子61
内子62

内子70
内子63
マウスオン2枚です 
<

内子66
内子67

マウスオンして下さい

内子69
所在地・・愛媛県喜多郡内子町平岡甲 168
  1. 2016/04/01(金) 10:47:02|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR