すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

四国の街道を巡る     高知県

土佐国分寺
聖武天皇が発した「国分寺建立の詔」により全国に建立された国分寺の一つ。
天平13年(741)に行基が千手観世音菩薩を刻み本尊として安置し開創。
その後、弘仁6年(815)空海(弘法大師)が毘沙門天を刻んで奥の院に安置、
その頃真言宗の寺院となった。
国分寺周辺は古代から中世まで土佐国の国府の所在地であり、
「土佐日記」の作者紀貫之も国司として4年間当地に滞在した。
寺は度々兵火に遭ったが、永禄元年(1558)には長宗我部国親、元親によって金堂が再建。
明暦元年(1655)に土佐藩二代藩主山内忠義が山門を寄進した。
大正11年(1922)に境内全域が国の史跡に指定された。

山 門  (仁王門)  
仁王門

鐘楼
土佐国分寺2

開山堂
開山堂

大師堂
大師堂

金堂
土佐国分寺3

庭 園
土佐国分寺10
土佐国分寺12
客 殿
土佐国分11

光明殿
光明殿

酒断地蔵尊
マウスオン2枚です 
<
所在地・・高知県南国市国分 546


国分寺の隣に小さな神社  総 社
土佐国分寺18 土佐国分寺19
土佐国分寺15 

土佐国分寺20


スポンサーサイト
  1. 2016/05/31(火) 10:14:39|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

四国の街道を巡る     高知県

桂浜
上竜頭岬が北東端に、下竜頭岬が南西端にあり、その間に挟まれて弓形に砂浜が延びている。
近くには、天正19年(1591)長宗我部元親が北側の丘陵部に浦戸城を築き、
一時この地が岡豊城に代わって土佐の中心地になった時期もあったが
初代土佐藩主として土佐入りした山内一豊がこの地では手狭であると感じ、
慶長8年(1603)高知城を築いて移ったため浦戸城は廃城になった。
マウスオン2枚です 
<

桂浜3

坂本龍馬銅像
マウスオン・クリック、3枚です 
<

マウスオンして下さい


桂浜1
桂浜2
所在地・・高知県高知市浦戸 6



古今集の庭・紀貫之邸跡
土佐日記の作者、古今和歌集の撰者として知られる紀貫之が、
国司として赴任したことにちなんだ場所
古今和歌集の和歌32首にちなんだ草木と曲水の流れが配され
平安朝を想わせる。紀貫之邸跡も隣接している。
紀貫之1

紀貫之2

紀貫之3

紀貫之5

紀貫之6

紀貫之12

紀貫之7
紀貫之8

紀貫之9
紀貫之10

マウスオンして下さい

所在地・・高知県南国市比江


四国の鯉のぼりは、鰹のぼりだった
桂浜9 桂浜10

  1. 2016/05/28(土) 09:27:32|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四国の街道を巡る     高知県

高知城26
マウスオン2枚です 
<

マウスオンして下さい




若宮八幡宮
源頼朝は平氏を討ち果たした文治元年(1185)に
京都六条にあった祖父源為義邸跡に石清水八幡宮を勧請し
六條若宮八幡宮を創建した。
この時、土佐国吾川郡一円を六條若宮八幡宮の神領とし、
鎮護のために同年12月30日、当地にも若宮八幡宮を分祀した。

戦国時代の永禄3年(1560)長宗我部元親は初陣に臨み、
若宮八幡宮馬場先に陣を構え、初陣を勝利で飾った。
以来、元親は合戦のたびに当社で戦勝祈願を行うようになった。
江戸時代に入り山内氏が土佐藩主となって以後も崇敬され
藩主祈願八社の一つとされた。
若宮八幡宮1

若宮八幡宮2 若宮八幡宮3

若宮八幡宮4

若宮八幡宮5 若宮八幡宮6
若宮八幡宮7

拝殿 幣殿 本殿
マウスオン2枚です 
<

天満宮
若宮八幡宮17

若宮八幡宮18 若宮八幡宮19

若宮八幡宮9
若宮八幡宮10

若宮八幡宮11
マウスオン2枚です 
<

若宮八幡宮20
若宮八幡宮21
所在地・・高知県高知市長浜 6600

  1. 2016/05/25(水) 09:38:01|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四国の街道を巡る     高知県


クリックして下さい⇒国宝 高知城


山内一豊の銅像
マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<

高知城1

高知城9
マウスオン2枚です 
<

板垣退助・銅像
マウスオン・クリック、3枚です 
<


高知城14

高知城15

高知城16
高知城17

高知城18

山内千代の銅像
マウスオンして下さい

高知城19

高知城21

高知城22

マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<

二ノ丸跡
高知城30

マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<


マウスオンして下さい

高知城6

マウスオンして下さい

高知城33

マウスオンして下さい

高知城35

高知城37
黒鉄門
高知城38
所在地・・高知県高知市丸ノ内 1-2-1


続きを読む
  1. 2016/05/22(日) 09:20:35|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四国の街道を巡る     高知県

高知市内歴史探訪

出雲大社土佐分祠
鳥居の前にあった説明版と
土佐国出雲7
大国主と白兎の像
土佐国出雲6

土佐国出雲1

マウスオン2枚です 
<
拝 殿
土佐国出雲2
所在地・・高知県高知市升形 5-29



坂本龍馬生誕地
龍馬1

龍馬2

龍馬3
龍馬4
所在地・・高知市上町 1-7


後藤象二郎生誕地
上士・後藤助右衛門の長男として天保9年(1838年)に生まれ
板垣退助や岩崎弥太郎らとは幼友達だった。
吉田東洋に学び、東洋亡き後を受け継ぎ土佐藩の産業振興に努めた。
意気投合し、行動をともにしていた龍馬とは当初、政敵関係にあったが
龍馬の船中八策をもとに山内容堂公に大政奉還建白を勧めた。
明治になってからは大阪府知事を経て参議に就任した。
マウスオン2枚です 
<
所在地・・高知市与力町 5-18


板垣退助生誕地
高知6

高知9
高知8
所在地・・高知県高知市本町 2-3-18(高野寺)


片岡健吉生誕地
板垣退助誕生地・高野寺のすぐ近くに
高知10
高知11


山内容堂生誕地
土佐藩の15代藩主山内豊信。
隠居してから容堂(ようどう)と号した。
型破りの向こうっ気の強い殿様だったが、学問を好み、
よく時代をみきわめて勇敢に行動したという。
有名なのは慶応3年10月3日に容堂の名で大政奉還の建白書が提出されたこと。
高知19

高知24
所在地・・高知県高知市追手筋 2-3-1


吉田東洋遭難の地
土佐藩参政・吉田東洋の屋敷に程近い場所。
東洋は本名正秋、通称元吉で、15代藩主山内豊信(容堂)に信任され、
安政改革を推進、文武館を建設。「海南政典」を編纂したが、
公武合体策を堅持したため、武市瑞山率いる土佐勤王党の刺客
(那須信吾・安岡嘉助・大石団蔵)によって
文久2年(1862)4月8日、城からの帰宅途中暗殺された。
高知23
現在、新図書館等複合施設「オーテピア」 建設中
マウスオン2枚です 
<
所在地・・高知県高知市追手筋 2-1


武市瑞山殉節の地
文久元年に土佐の郷士(下級武士)らで構成された土佐勤王党を結成し、
尊攘運動を進めたが、前藩主・山内容堂によって投獄され、
1年半の牢獄生活のあと、この地で切腹した。
武市は龍馬と遠縁にあたり、龍馬も一時期、土佐勤王党に加盟していた。
マウスオン2枚です 
<
高知県高知市帯屋町 2-5-18

  1. 2016/05/19(木) 10:01:25|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四国の街道を巡る     高知県

高知市内歴史探訪

旧山内家下屋敷長屋
山内1

山内2

山内3

山内5 山内6

山内4

山内9
所在地・・高知県高知市鷹匠町 1-3-35


山内神社
土佐藩初代藩主山内一豊、同夫人、および土佐藩歴代藩主を祀る。
社格は別格官幣社で、現在は神社本庁等に属さない単立神社。
江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。
山内10

山内11

山内12 山内13
山内14

大政奉還を果たした山内容堂の座像。
山内15
西神門
山内16
拝 殿
山内17
所在地・・高知県高知市鷹匠町 2-4-65

神社の横を流れる鏡川
高知1


  1. 2016/05/16(月) 10:02:01|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四国の街道を巡る     香川県

雲井の御所跡

保元元年(1156)7月保元の乱に敗れた崇徳上皇が
京の仁和寺をでて8月3日、讃岐松山ノ津に着船し
国府の役人綾高遠の邸宅を仮御所にして3年間過ごした場所。
上皇はその御所に於いて都を懐かしみ
ここもまたあらぬ雲井となりにけり空行く月の影にまかせて  崇徳院 と詠んだ。

雲井1

側を流れる綾川
雲井2

雲井3

天保6年(1835)高松藩主が「雲井御所之碑」を建立した。
雲井4

雲井5

雲井6

江戸時代に 綾氏が植えた大蘇鉄
雲井9
二代目蘇鉄
雲井10

弁天堂
マウスオン2枚です 
<
所在地・・香川県坂出市林田町
  1. 2016/05/13(金) 09:16:53|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

四国の街道を巡る    香川県

白峯寺

弘法大師が弘仁6年(815)この地を訪れ、衆生救済の請願をした。
智証大師が貞観2年(860)に白峯大権現の神託を受けて
千手観世音菩薩を霊木に刻み安置したという。
後に、長寛2年(1164)崇徳天皇が讃岐流刑地で没し、この地に陵墓が造られ
建久2年(1191)に、慰霊のために陵墓近くに頓証寺が建立され、
応永21年(1414)に後小松天皇は崇徳天皇の成仏を願い
自筆の額(勅額)を頓証寺に奉納し、これが現在の白峯寺になった。
マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<

白峯寺2

マウスオン2枚です 
<



白峯寺26 白峯寺27
白峯寺8

頓証寺殿
白峯寺15
白峯寺10 白峯寺11
マウスオン2枚です 
<


白峯寺19 白峯寺20

マウスオン2枚です 
<


白峯寺18
マウスオン2枚です 
<
所在地・・香川県坂出市青海町 2635

  1. 2016/05/10(火) 09:14:49|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

四国の街道を巡る    香川県

源平屋島合戦の地巡り

源平屋島合戦6
源平屋島合戦7

源平屋島合戦8

源平屋島合戦9

源平屋島合戦10


義経弓流し跡
当時この辺りは遠浅の海だった。
源平屋島合戦14
源平屋島合戦13


源平屋島合戦31 
マウスオン2枚です 
<

駒立岩
マウスオン2枚です 
<

マウスオン・クリック、3枚です 
<


景清錣引き
源平屋島合戦34
源平屋島合戦35


源平屋島合戦11
源平屋島合戦12

源平屋島合戦1
源平屋島合戦2
マウスオン2枚です 
<
太夫黒の墓(馬)
源平屋島合戦5


洲崎寺 (佐藤継信菩提寺)
大同年間(806 - 810)に弘法大師により創建された。
源平合戦の際に負傷した源氏方の兵士がこの寺に運ばれた。
戦いが激しくなると戦災により当寺院は焼亡した。
源義経の身代わりとなり戦死した佐藤継信は本堂の扉に乗せられ、
源氏の本陣があった瓜生ヶ丘まで運ばれた。
これが縁で継信の菩提寺となり毎年3月19日には慰霊法要が行われている。
義経は焼亡した寺院を再建したと伝えられている。
マウスオン2枚です 
<

源平屋島合戦20

源平屋島合戦22
源平屋島合戦23

源平屋島合戦25
所在地・・香川県高松市牟礼町牟礼字宗時 2691

  1. 2016/05/07(土) 09:04:14|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

四国の街道を巡る    香川

屋島寺
律宗の開祖・鑑真が天平勝宝6年(754)に当地を訪れて開創。
古代山城の屋嶋城が閉鎖されたため、その跡地に寺院を創設した。
ここから1kmほど北の北嶺山上には屋島寺の前身とされる千間堂の遺跡がある。

屋島寺23
屋島寺1

東大門
屋島寺2

屋島寺3

千躰堂
屋島寺4

三躰堂
屋島寺15

一願不動尊     マウスオン2枚です 
<

大師堂
屋島寺5

七福神
屋島寺8

熊野権現社
屋島寺9

蓑山大明神
屋島寺10
屋島寺11 屋島寺12

屋島寺13
屋島寺14

四天門
屋島寺17

屋島寺18

屋島寺19

本 坊
屋島寺20

屋島寺21
屋島寺22
所在地・・香川県高松市屋島東町字屋島峯 1808


屋島寺24


  1. 2016/05/04(水) 09:37:44|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の桜

今年は桜の開花が早かったので、まだ咲いているのかドキドキでしたが・・・

横手市の桜
横手1

マウスオン2枚です 
<


角館の桜
角館1

角館2

角館3

角館4

マウスオン2枚です 
<


角館7

数日遅かった(;へ:) 満開だったら綺麗だったさろうな~
角館8

角館9

桧木内川堤のソメイヨシノ
角館10

角館11

角館12

角館13

角館14

角館15
所在地・・秋田県仙北市角館町



久保田城跡の桜
角館16

角館17

角館18
所在地・・秋田県秋田市千秋公園 1-39



  1. 2016/05/01(日) 10:09:03|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR