すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

文化探訪   静岡県

三島スカイウォーク
長さ400mの歩行者用吊り橋で、日本一高い富士山
日本一深い駿河湾、日本一長い三島スカイウォークの
3つの日本一を1度に楽しむことが出来る。
季節ごとに表情が変わる雄大な富士山や広大な駿河湾
最高地上70.6mの高さから、雄大な自然と三島の街が見渡せる。
三島1

三島2

三島3

三島4
所在地・・静岡県三島市笹原新田 313



韮山反射炉
ぐる~っと一回りしました
韮山5

韮山11

韮山7

韮山6

韮山9

韮山4

韮山8

韮山1
韮山2


鉄製24ボンドカノン砲
韮山13

左側
韮山14
右側
韮山15
韮山16

鋳台 (鋳型を置くところ)
韮山12

韮山17
韮山18

韮山19
韮山20
所在地・・静岡県伊豆の国市中字鳴滝入 268


スポンサーサイト
  1. 2016/11/30(水) 09:27:51|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   岩手県

奥州街道
奥州街道1
奥州街道4

奥州街道5

マウスオンして下さい

マウスオンして下さい



マウスオンして下さい

奥州街道6

奥州街道7

奥州街道9
  1. 2016/11/27(日) 09:12:20|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   岩手県

常夜灯
常夜灯1
常夜灯2

常夜灯3

常夜灯4


日本中央の碑
日本中央の碑1

マウスオン2枚です 
<

日本中央の碑4

マウスオン2枚です 
<

日本中央の碑8

日本中央の碑9


マウスオンして下さい

所在地・・青森県上北郡東北町字家ノ下タ 39-5 39-6

  1. 2016/11/24(木) 09:04:06|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   岩手県

恐山
恐山

恐山1

恐山2

恐山3
総  門
恐山4
本  堂        マウスオン・クリック、3枚です 
<
宿  坊
恐山5

恐山9

恐山10
山  門
恐山11

恐山49
恐山50

恐山12
男の湯  (軍師の湯)
恐山13
女の湯に2棟ある (古滝の湯) (ひゑの湯)
恐山14

恐山15

恐山16

恐山17

恐山18

恐山19 恐山20
恐山21 恐山22

恐山23
恐山24

恐山25

恐山26

恐山27

恐山28

恐山29
みたま石
恐山30

無間地獄
恐山32

恐山33
大子堂
恐山34

恐山35

恐山36
空風火水地 大師説法の地
恐山37

恐山38

恐山39

恐山40

恐山41

恐山42

恐山44

恐山45

恐山46

恐山47

恐山48
俗世と霊界を隔てる三途の川と太鼓橋
恐山51
所在地・・青森県むつ市田名部字宇曽利山  3−2
  1. 2016/11/21(月) 10:02:28|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   岩手県

斗南藩
明治元年(1868)の戊辰の役に敗れ、廃藩の憂目にあった会津藩は、
翌明治2年、斗南藩としての再興が許され、旧盛岡藩領の北部へ移封された。
現在の青森県下北郡・上北郡を中心に会津から移住してきた藩士と
その家族は2,600世帯、17,300余人と記録されている。
この内、新しい藩庁が置かれた田名部(現むつ市)を目指して
新潟港から新政府借上げのアメリカの蒸気船ヤンシー号に乗船し
日本海廻りの海路をとって移住してきた一団1,800名が
この沖の大平橋に到着したのが明治3年6月10日だった。
斗南藩6
斗南藩7

斗南藩士上陸の地碑
碑は鶴ヶ城の石垣と同じ慶山石を会津から取寄せて使用し、
会津若松の方角に向って建てられている。
斗南藩8

斗南は、戊辰戦争に敗れた会津のサムライたちが抱いた
最後の夢の大地だったのかもしれない。
その夢は無情にも過酷な現実の前に打ち砕かれ、
数個の断片とわずかな残照を残したのみで、文字通り霧の如く消え去った。
しかし、会津武士としての誇りを失わず、決してうなだれることなく
逆境に胸を張り続けた彼らの生き様は、
今も「斗南」という名とともに下北の地に生き続けている。
斗南藩5

斗南藩9

斗南藩14

斗南藩15

斗南藩11

斗南藩17

斗南藩18


斗南藩
IMG_0003-11.jpg

斗南藩2

斗南藩3
所在地・・青森県むつ市


  1. 2016/11/18(金) 10:01:00|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   岩手県

九戸城跡
中世の平山城で、主に南部氏の一族である九戸氏が居城した。
西側を馬淵川、北側を白鳥川、東側を猫渕川と、
三方を河川に囲まれた天然の要害で、城内は空堀によって、
本丸、二の丸、三の丸、若狭館(ワカサダテ)、外館(トダテ)
松の丸などの曲輪群を形成し、本丸の一部には東北最古の石垣をもつ。
東北地方では有数の規模だったが江戸初期に廃城になった。

マウスオンして下さい


九戸城跡2

九戸城跡3

九戸城跡4

九戸城跡5

九戸城跡6

九戸城跡7

九戸城跡8

九戸城跡9

九戸城跡10

九戸城跡11

九戸城跡12

九戸城跡13

九戸城跡14
所在地・・岩手県二戸市福岡城ノ内



二戸市歴史民族資料館に展示してあった
日本最古の酒の自動販売機
上に五銭白銅入り口
下の左が酒出口、右がゆゆぎ水出口
DVC00136.jpg
  1. 2016/11/15(火) 10:59:33|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   岩手県

石川啄木銅像     マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<


啄木歌碑5

啄木歌碑6-1 啄木歌碑7

啄木歌碑8-1 啄木歌碑9

啄木歌碑10-1 啄木歌碑11

啄木歌碑12-1 啄木歌碑13

啄木歌碑14

啄木歌碑15-1 啄木歌碑16

啄木歌碑17-1 啄木歌碑18

啄木歌碑19-1 啄木歌碑20

さるの腰掛?
マウスオン2枚です 
<

啄木歌碑23-1 啄木歌碑24

啄木歌碑25-1 啄木歌碑26

啄木歌碑27-1 啄木歌碑28

啄木歌碑29
所在地・・盛岡市新庄岩山 岩山展望台下


  1. 2016/11/12(土) 11:11:33|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   岩手県


宝徳寺1
宝徳寺2
マウスオン2枚です 
<

宝徳寺10
宝徳寺11

宝徳寺5

宝徳寺7

宝徳寺9



石川啄木記念館
マウスオン2枚です 
<

宝徳寺14



宝徳寺15

宝徳寺16

啄木と子供たち      マウスオン2枚です 
<

宝徳寺19

宝徳寺20
マウスオン2枚です 
<
宝徳寺25
宝徳寺26
宝徳寺27

マウスオン2枚です 
<


宝徳寺29

宝徳寺30
マウスオン2枚です 
<

宝徳寺33
所在地・・岩手県盛岡市玉山区渋民字渋民 9

この日の昼食は
宝徳寺34


  1. 2016/11/09(水) 09:54:19|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   岩手県

啄木新婚の家
啄木は、明治38年(1905)5月、東京で処女詩集「あこがれ」を出版し
それをみやげに帰郷の途についたが、
金策の必要から途中、仙台に下車して土居晩翠を訪ねた。
仙台医学専門学校には郷友、猪狩見竜、小林茂雄たちが在学中で、
彼らと遊んで10日ほど滞在した。
その間、盛岡市帷子の借家には、月末に結婚式を挙げる予定の
婚約者・堀合節子が待っていたが、啄木は遂に姿を見せなかった。
そこでその夜この家で、級友上野宏一(画家)の媒酌で
珍妙な「花婿のいない結婚式」がおこなわれた。
仙台をたった啄木は盛岡駅を素通りして渋民に行き、
この家に顔を見せたのは6月4日だった。
そしてはじめて新婚の夫婦と両親、妹光子の5人が揃って家庭をもった。
啄木は20歳。この家で書いた随筆「閑天地」は連日、
岩手日報の紙上をにぎわし、「我が四畳半」は、
新婚の夢、あたたかな情景を描いている。
ほかに「妹よ」、「明滅」、「この心」などがある。
啄木一家は3週間後の6月25日に中津川のほとり加賀野磧かわら町四番戸に転居した。
現在、盛岡市内の啄木遺跡といえるのは、この啄木新婚の家だけである。
啄木2

啄木3

啄木4
所在地・・岩手県盛岡市中央通 3-17-18


啄木9
マウスオン2枚です 
<

啄木5

啄木8

マウスオンして下さい


啄木11

啄木12

啄木13

啄木14



  1. 2016/11/06(日) 10:22:39|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   岩手県

桜山神社
社殿が盛岡城三の丸跡にあり、江戸時代中期の寛延2年に創建され
南部藩の総鎮守として信仰された。
桜山神社1

桜山神社3 桜山神社4

桜山神社2

桜山神社6 桜山神社7
桜山神社5

マウスオン2枚です 
<

桜山神社10

桜山神社12
桜山神社11

稲荷神社       マウスオン2枚です 
<

桜山神社15


盛岡城跡
北上川と南東部を流れる中津川の合流地にあった
花崗岩丘陵に築城された連郭式平山城で南部(盛岡)藩南部氏の居城。
盛岡城跡1

盛岡城跡2
本丸の北側に二の丸が配され、本丸と二の丸の間は空堀で仕切られ
現在は朱塗りの橋が架かっているが、
存城当時は廊下橋(屋根付橋の一種)が架けられていた。
盛岡城跡3

盛岡城跡4

盛岡城跡5
南部利祥中尉銅像の台座
盛岡城跡6

盛岡城跡7

盛岡城跡8

盛岡城跡9

盛岡城跡10

盛岡城跡11

盛岡城跡12

盛岡城跡13

盛岡城跡14

石割桜      マウスオン2枚です 
<

盛岡城跡17

盛岡城跡18
盛岡城跡19
所在地・・岩手県盛岡市内丸




  1. 2016/11/03(木) 11:02:08|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR