すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

東北の旅   山形県

春雨庵
紫衣事件で流罪になった沢庵和尚が住んだという。
京都大徳寺百五十三世の沢庵禅師は元和法度や紫衣事件に抗議したため、
幕府によって1629年上山に流罪になった。
時の上山藩主土岐頼行は名君の誉れ高く、沢庵のために小庵を建て、
自身も沢庵に帰依してその教導を仰いだ。
沢庵はこの小庵を春雨庵と名付け、三年間の上山での生活の間、
禅や詩歌、風流の道、さらには水利、築庭の設計など京都の文化を上山に伝えた。
現在の春雨庵は昭和30年7月復元。
春雨1

春雨2

春雨4

春雨5

春雨6

右は澤庵漬名称発祥の地の碑
春雨7

マウスオン・クリック、3枚です 
<

茶室
春雨10

マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<


沢庵禅師が使用してた井戸
春雨14

春雨15

春雨20

春雨22
所在地・・山形県上山市松山 2-10-12

春雨庵で詠んだ歌 二首
花にぬる 胡蝶の夢を さまさじと ふるも音せぬ 軒の春雨 
浅くとも よしや又汲む 人もあらば われにこと足る 山の井の水



     
スポンサーサイト
  1. 2016/12/30(金) 09:46:59|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東北の旅   山形県

楢下宿  (ナラゲシュク)

奥州街道と並び、東北の二大街道とされる羽州街道は、
奥州街道から桑折(コオリ)宿で分岐し、
金山峠を越え出羽国(現在の山形県と秋田県)を縦断、
油川宿(青森県青森市)で再び奥州街道(松前道)と合流する
江戸時代の脇往還(五街道に次ぐ主要街道)。
街道は、かつて諸大名の参勤交代で利用され、
物資や文化を運ぶ奥羽の大動脈だった。
楢下宿は、この羽州街道に、慶長7年(1602)に開設された宿場町で、
大名の宿泊や休憩所である本陣、脇本陣をはじめ、
問屋、旅籠屋、茶店などを備え交通の要所として栄えた。
現在、当時の面影を伝える歴史的遺構が復原され
往時の町並みがそのまま保存されている。
楢下宿1

楢下宿2
楢下宿3

滝沢屋      マウスオン2枚です 
<

楢下宿6

マウスオン2枚です 
<


楢下宿11
マウスオン2枚です 
<

楢下宿12

楢下宿13

楢下宿14

楢下宿15

楢下宿16
楢下宿17


楢下宿20
マウスオン2枚です 
<

大黒屋
マウスオン2枚です 
<
楢下宿21

楢下宿24

楢下宿28
楢下宿25
楢下宿26

楢下宿27


浄休寺
宝暦3年(1753)に建立。
境内には樹齢300年といわれる銀杏の大木
楢下宿30

マウスオン2枚です 
<

楢下宿33


消防団??
楢下宿34
楢下宿35
何と読むんだろう~
楢下宿36

楢下宿37

楢下宿38

楢下宿39
住所/山形県上山市楢下


  1. 2016/12/27(火) 10:00:07|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   山形県

烏帽山八幡宮

寛治7年(1093) 清原武衡が乱を起こし源義家の弟が当国に下向して鎮定したが、
その弟加茂二郎義綱が北町八幡沢に祠を建て、勝運の長久を祈ったのが起源。
明治23年、社殿を新築遷座した。
烏帽山1

烏帽山2

マウスオン2枚です 
<


烏帽山8
烏帽山7
烏帽山6

摂社 舛形神社
烏帽山9
摂社 津島神社 
烏帽山10
摂社 温泉神社
烏帽山11
摂社 赤湯神明宮
烏帽山12


烏帽子山2
烏帽子山3
烏帽子山1

烏帽山15

烏帽山16

烏帽山17

烏帽山18

烏帽山19

烏帽山21

烏帽山22

烏帽山23

烏帽山24

烏帽山25

烏帽山26
所在地・・山形県南陽市赤湯 1415


  1. 2016/12/24(土) 10:43:22|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東北の旅   山形県

大聖寺

亀岡文殊堂1

亀岡文殊堂27

大聖寺の山門の前を右に曲がって
亀岡文殊堂2

亀岡文殊堂3

智惠の水 利根水(リコンスイ)
これは亀岡文殊堂の裏側にもあるが、この水には効能があり
一口飲めば文殊の知恵を授かれるという。
マウスオン2枚です 
<

亀岡文殊堂5

亀岡文殊堂6

亀岡文殊堂7

亀岡文殊堂8

松尾芭蕉の句碑
マウスオン2枚です 
<

亀岡文殊堂10

亀岡文殊堂11

亀岡文殊堂12

亀岡文殊堂
京都の切戸の文殊、奈良の安倍の文殊とともに日本三文殊の一つ。
大同2年(807) 勅命により徳一が文殊菩薩を安置したのに始まる。
戦国時代にこの地方を領した伊達政宗の崇敬を受け、
天正19年(1591)彼がこの地を去る時、岩出山へ共に移る資福寺の古鐘を納めた。
江戸時代には徳川綱吉の信仰篤く、中納言格と文殊堂領として朱印状が与えられた。
文殊堂は大正3年(1914)の再建。
亀岡文殊堂13 亀岡文殊堂14
マウスオン2枚です 
<


大黒天
亀岡文殊堂17 亀岡文殊堂18

縁結び観音
亀岡文殊堂19

智惠の水 利根水(リコンスイ)
マウスオン2枚です 
<

蔵王大士
亀岡文殊堂22
亀岡文殊堂23

亀岡文殊堂24

亀岡文殊堂25
所在地・・山形県東置賜郡高畠町亀岡 4028-1


11月8日撮影
陽が差しているのに雪が降って、止んでは降り、降っては止む・・・
山形ではこれが3月まで続くそうです。


  1. 2016/12/21(水) 09:40:01|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   山形

直江石堤
マウスオンして下さい

直江2

直江3

直江4
マウスオン2枚です 
<

直江7

直江10

直江9

直江8

直江11

直江12

直江13

直江14
所在地・・山形県米沢市大字赤崩
  1. 2016/12/18(日) 09:17:26|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   山形県

米沢城址

上杉神社1
上杉神社2

上杉神社4
上杉神社5

上杉博物館
上杉神社6

上杉神社7
上杉神社8


松岬神社
松岬神社1
松岬神社2
上杉神社31 松岬神社5
松岬神社3


上杉神社10
上杉神社11


上杉神社
上杉神社
上杉神社12

上杉神社13

上杉神社14

上杉神社15

上杉神社16

上杉神社17

上杉神社18
上杉神社19

冬支度
上杉神社20
所在地・・山形県米沢市丸の内 1-4-13


  1. 2016/12/15(木) 09:50:09|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   山形県

林泉寺  直江兼続夫妻の墓所

林泉寺1
林泉寺2

林泉寺3

林泉寺4

マウスオンして下さい

夫と妻が共に同じ大きさの墓になっている。
直江夫婦は仲睦まじかったと伝承にもあるように、
長い時を経た現在も、二人は共に寄り添って眠っている。
マウスオン2枚です 
<


武田信玄の六男 武田大膳大夫信清の墓
林泉寺8

侍大将 長尾権四郎家の墓
林泉寺9

上杉景勝の正室 甲州婦人菊姫の墓
林泉寺10

上杉綱勝の正室 会津夫人媛姫の墓
林泉寺12

鷹山公御室 お豊の方の墓
林泉寺13

上杉駿河守勝周の墓
林泉寺14

上杉謙信の姉 (中興開基) 仙洞院の墓   
林泉寺15

定勝の正室 鍋島夫人市姫の墓
林泉寺16
所在地・・山形県米沢市林泉寺 1-2-3


  1. 2016/12/12(月) 09:51:53|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   福島県

上杉家廟所  米沢藩歴代藩主の墓所。

戦国武将の中でも聖将として名高い上杉謙信は、
その死後も上杉家の精神的支えとして大切に祀られてきた。
遺骸は甲冑を身に纏った姿で甕に納められ、
甕には漆を流し込んで固めてあるという。
上杉景勝が越後から会津に移動の際も春日山城不識庵から
謙信の霊柩を移動させ、
その周囲にある一片の土も運ばせたと伝えられる。
さらに越後から会津、そして米沢に至る上杉家の領国代えの時も
謙信の霊柩は選ばれた僧侶その他の者により厳重に守られ運ばれた。
米沢入りを果たしてからは、米沢城の本丸の高台に御堂(霊廟)を建立して、
中央に謙信霊柩その左右に善光寺如来像と泥足毘沙門天像を共に安置した。
以後、上杉景勝の命により大乗寺、法音寺など
真言宗寺院の能化衆が毎日の供養を欠かす事無く厳修した。
その内容は、実に厳しく定められていたようである。
それは明治を迎えるまで厳格に行われた。
歴代の上杉家藩主も命日には精進を心がけ参拝供養したと伝えられる。
明治になって米沢城本丸から謙信の霊柩は上杉家廟所に、
善光寺如来と毘沙門天像は法音寺に移ったが、
当時の御堂は同米沢市の長命寺に本堂として移築され現存している。

昭和59年(1984)1月11日、米沢藩主上杉家墓所の名称で
国の史跡に指定された。
上杉家1

上杉家2

上杉家3

マウスオン2枚です 
<

上杉
上杉家6
上杉家7

世子  顯考公の廟
上杉家8

上杉家9
所在地・・山形県米沢市御廟 1-5-30

  1. 2016/12/09(金) 09:35:01|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東北の旅   福島県

新宮熊野神社長床
新宮と称しているが、本宮・新宮・那智の熊野三山を祀っている。
国の重要文化財に指定されている熊野神社長床(ナガドコ)は拝殿

マウスオンして下さい


熊野神社長床2

熊野神社長床3 熊野神社長床4
熊野神社長床5

マウスオン2枚です 
<


マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<

熊野神社長床9
熊野神社長床10
熊野神社長床11

熊野神社長床14
熊野神社長床15

熊野神社長床16

マウスオンして下さい


熊野神社長床18

熊野神社長床19

熊野神社長床20

熊野神社長床23
熊野神社長床22
熊野神社長床21
熊野神社長床26

熊野神社長床25
2016.11.8 撮影

所在地・・福島県喜多方市慶徳町新宮字熊野 2258
  1. 2016/12/06(火) 09:30:18|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東北の旅   福島県

母成峠(モナリ) 会津戦争の激戦地

母成峠2

マウスオン2枚です 
<


母成峠9

母成峠10

母成峠11

母成峠12

マウスオン2枚です 
<


母成峠8
母成峠13
母成峠14

マウスオン2枚です 
<
所在地・・福島県耶麻郡猪苗代町蚕養

  1. 2016/12/03(土) 10:29:09|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR