すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

杉並区高円寺

高円寺i氷川神社

文治5年(1189) 源頼朝が奥州征伐の時に当地に立ち寄り、
安達藤九郎盛長に命じて社殿を建立させた。
高円寺村小名原郷の鎮守。
第二次世界大戦で社殿が焼失し
現在の社殿は昭和46年(1971)に再建された。
高円寺i氷川神社1

高円寺i氷川神社3 高円寺i氷川神社4

マウスオン2枚です 
<


気象神社
祭神は八意思兼命(ヤゴコロオモイカネノミコト)。
元は、馬橋4丁目(現在の高円寺北4丁目)にあったが
昭和19年(1944)4月10日に大日本帝国陸軍の
陸軍気象部構内に造営され
気象観測員が勤務前に気象予報の的中を祈願したという。
戦後の神道指令で撤去されるはずだったが、
連合軍宗教調査局の調査漏れで残存した。
昭和23年(1948)当局に申請して払い下げを受け
氷川神社に遷座した。
一般の知名度はさほど高くなかったが、
気象予報士の制度が始まると、日本で唯一の
気象(天気)の神様として、気象予報士を目指す
受験生などに存在が知られ、
合格祈願や快晴祈願などで参拝されている。
気象神社1
マウスオン2枚です 
<

気象神社4
気象神社5
気象神社6

マウスオン2枚です 
<
所在地・・東京都杉並区高円寺南4-44-19






スポンサーサイト
  1. 2017/08/30(水) 09:18:20|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

杉並区高円寺

高円寺
弘治元年(1555)、中野成願寺三世建室宗正によって開山。
徳川家光が鷹狩りの際、雨宿りのために当寺に立ち寄り、
時の住職が家光を将軍としてではなく
一般の雨宿りの客として、
さりげなくもてなしたことが気に入られ、
家光は鷹狩りの度に当寺に立ち寄るようになった。
このような徳川家ゆかりの寺であることから
「三つ葉葵の紋」を所々で見ることができる。

高円寺という地名の謂われは
それまでは小沢村と呼ばれていたが、
徳川家光が当寺の名から高円寺村と改称したといわれる。
高円寺

寛保2年(1742)、弘化4年(1847)、明治33年(1900)、
昭和20年(1945)と4度罹災し、堂舎や古記録類の多くを消失した。
現在の本堂は昭和28年(1953)に再建されたもの。
高円寺1

山  門
高円寺2
高円寺4
高円寺3

高円寺5-1

高円寺6

高円寺7

高円寺8

本  堂       マウスオン2枚です 
<
高円寺11

高円寺13

高円寺14

高円寺15

開運子育地蔵堂       マウスオン2枚です 
<


稲荷社
門柱に龍の細工が施された石鳥居「双龍鳥居」がある。
双龍鳥居は西に 1km ほど離れた馬橋稲荷神社にもあり、
礎石に同じ石工の名が刻まれている。
品川区にある品川神社にもあり
東京三鳥居の1つといわれている。
マウスオン2枚です 
<

高円寺20

裏 門
高円寺21
所在地・・東京都杉並区高円寺南4-18-11

  1. 2017/08/27(日) 10:40:21|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

埼玉県行田市 古代蓮の里

今年で10年目を迎える「田んぼアート」in行田

2015年「世界最大の田んぼアート」として
ギネス世界記録に認定された!

水田をキャンバスとして色の異なる稲を使って巨大な絵を作る、
ダイナミックな取り組み。
田んぼアート3


クリックして下さい⇒「田んぼアート」in行田 田植え体験」


2017年の田んぼアートデザインは日本神話と古代蓮
素戔嗚尊と稲田姫尊
田んぼアート2


古代蓮の里の南側の水田1㌶に、行田市を舞台とした
池井戸潤さんの小説「陸王」のテレビドラマ化を記念した
田んぼアートがお目見えした。
田んぼアート1
所在地・・行田市小針 2375-1 

  1. 2017/08/24(木) 10:32:07|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

埼玉県行田市

古代蓮の里

蓮田2

蓮田1

蓮田3

蓮田4

蓮田5

マウスオン2枚です 
<

蓮4

蓮1

構図の勉強?        マウスオン2枚です 
<
蓮7

蓮8

蓮9

ヴァージニア蓮     マウスオン2枚です 
<

ほていあおい       マウスオン2枚です 
<
マウスオン2枚です 
<

漢  蓮
漢蓮2

剣舞蓮
剣舞蓮2

行田蓮  (古代蓮)
マウスオン2枚です 
<

睡 蓮
睡蓮2

甲斐姫
甲斐姫1

青菱紅蓮
青菱紅蓮1

花弁数2000~3500枚、花径24~26㎝の千弁蓮
マウスオン2枚です 
<

大洒錦
大洒錦

輪王蓮
輪王蓮1MG_8502

雨が降ったあとの蓮の葉アート
マウスオン2枚です 
<


蓮13

蓮15

蓮16
所在地・・行田市小針 2375-1 

  1. 2017/08/21(月) 14:45:44|
  2.   花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

沖縄離島廻り  西表島

仲間川の表情
日本に植生するマングローブ林は約600㌶
その25%、約160㌶が仲間川流域に生育している。
流域一帯のマングローブ林は「仲間川天然保護区域」として
国の天然記念物に指定されている貴重な場所.

朝5時にホテルを出発して仲間川クルーズへ
仲間川

仲間川1

仲間川2

仲間川3

仲間川4

仲間川5

仲間川6

マウスオン2枚です 
<

仲間川9

サガリバナ        マウスオン・クリック、3枚です 
<

仲間川10

仲間川11

仲間川13

仲間川14

舟で行けるのはここまで、サガリバナが散っている。
マウスオン2枚です 
<

仲間川17

仲間川18

仲間川19

仲間川20

仲間川22

仲間川23

仲間川24

仲間川25

仲間川26

仲間川27

仲間川28

仲間川29

仲間川30

仲間川31

仲間川32

仲間川33

仲間川34

仲間川36

仲間川37

仲間川38

仲間川39

仲間川40

仲間川41

仲間川42
マングローブ林や映り込みが素晴らしくて夢中でシャッターをきった。
所在地・・沖縄県八重山郡竹富町字南風見 201



  1. 2017/08/18(金) 16:47:34|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

沖縄離島廻り  西表島 仲間川


サキシマスオウノキ

推定樹齢400年の日本最大の神秘の木
アオギリ科に属し、亜熱帯地域に自生する常緑大高木で
国の天然記念物、漢字で書くと「先島蘇芳木」
板根と呼ばれる発達した板状の大きな根
表面はザラザラで灰色または薄茶色の幹
楕円形で先が尖り、裏側が灰白色の葉
房状に鐘型の小さな花
楕円形で堅い実は、縦に背骨のような突起があり
最初は緑で熟すと茶色になる。
サキシマスオウ1

サキシマスオウ2

サキシマスオウ3

サキシマスオウ4

サキシマスオウ6


  1. 2017/08/15(火) 16:27:13|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

沖縄離島廻り  西表島

サガリバナ
常緑高木で、東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯に分布し、
日本では南西諸島(奄美大島以南)に自生し
マングローブの後背地や川沿いの湿地に生育している。

夜に開花して翌朝には川面に落ちてしまう幻の花。
西表島西部の仲良川上流で
バニラのように甘い香りを放ちながら咲きほこる花は、
川面にぽたぽたと落ちる様子、
そして川面に浮いて流れる様子を、
初夏の一時期だけ(6月下旬~7月下旬)見ることができる。
その落ちた花が、川を流れる姿は優雅で美く、幻想的。

サガリバナの花言葉は「幸運が訪れる」

夕方、ホテルの庭のサガリバナ   まだ蕾んでいる
マウスオン2枚です 
<

サガリバナ3
花が咲いているように見えるが昨日、葉の上に散った花
サガリバナ4

サガリバナ5

サガリバナ6

サガリバナ11

サガリバナ7

サガリバナ8

サガリバナ9

サガリバナ10

サガリバナ16
咲いて綺麗・・散っても綺麗なサガリバナ
サガリバナ17

サガリバナ15

サガリバナ24

本の写真を・・・
サガリバナ19

サガリバナ18

サガリバナ23-1

サガリバナ20

サガリバナ21

サガリバナ22


仲間川のサガリバナ
サガリバナ12-1

サガリバナ13

サガリバナ14


パイナップルに似た「アダン」
アダン1

アダン2



  1. 2017/08/12(土) 10:25:31|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

沖縄離島廻り  西表島

西表島

島の面積の90%が亜熱帯の自然林で覆われ、
山の斜面・森林ともに海の間近にまで迫っていて
平地はほとんどなく、
人の居住地は海岸線沿いのわずかな土地に限られる。
島の面積の約8割は国有林。
道路は一本しかなく電柱も街灯もない。
信号は島内に2ヶ所、うち1ヶ所は交通安全教育のために
小学校の前に設けられたもの。
電気は所々にある村の周辺だけで
どこまで行っても自然の中なので
コンビニや店舗もなく、車がなければ生活が出来ないため
人口が2366人のところ、自動車は6000台を超える。
が・・自然を満喫出来る素晴らしい島

西表島・大原港~バスで美原へ
西表1

西表2

西表3
お米は二毛作なので、これから田植えが始まるらしい
西表4
西表島 所在地・・沖縄県八重山郡竹富町



水牛車に乗って由布(ユブ)島へ
ゆぶとは砂州を意味している
由布島を航空写真で見ると、ほとんど砂に埋もれて
西表島と同化しているように見える。
満潮の時は腰の辺りまで海水が来ることもあるが、
潮が引くと西表島と由布島は陸続きになり、
徒歩や車で渡れるようになる。
由布1-1

由布2

由布3

由布4

由布5
歩いている人発見!
由布6

由布7

由布8

マウスオン2枚です 
<

由布11

由布12

由布13

マウスオン2枚です 
<

由布17

由布16

由布18

由布19

由布20

由布21

由布22

由布23

由布24

由布25

由布26

由布27

由布28

由布29

由布30

由布31

由布32

由布33

由布34
また見っつけ・・
由布35

由布36

由布37

由布38

由布39

由布40

由布44
マウスオン2枚です 
<

由布45


水牛は頭がいいいいんです。
1人で首輪をつけるんですよ。
由布46
由布47
由布48
由布49
由布50
凄いでしょう~~

逞しい体
由布51
♪♪
由布52

お疲れさま~
由布53

由布547
由布島 所在地・・八重山郡竹富町字古見

  1. 2017/08/09(水) 09:55:14|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

沖縄離島廻り  竹富島

竹富村の民家
手つかずの自然が残る竹富島。
サンゴが敷きつめられた道に黒い石垣、赤い屋根。
昔ながらの民家が数多くあり、沖縄の原風景に出会える。

サンゴが敷きつめられた道
水はけや美しさを維持するために、年に2度、
道や庭にしきつめる。
竹富12

黒い石垣
サンゴが堆積してできた岩・琉球石灰岩。
積み方は野面積みといい、外側と内側と両側に
大きな石を積み上げて、大きな石と石の間に
小さい石を詰め込んでいく。
小さいのが入るとせめぎ合い、引っ掛かり合って
セメントを使わなくても大丈夫なのだという。
竹富15
瞬間風速70メートルの風にも耐えられる。
石垣を抜けていく間に無風になるという。
また屋根自体が低い勾配になっているから強い風は
壁に当たらずに屋根から空に抜けるようになっている。
石垣は強烈な風を弱める、そして高さは、
風が家の壁を直撃しないよう絶妙な高さになっている。
竹富17

赤い屋根
竹富島22
赤瓦が白いもので囲われている
白と赤のコントラストが美しい屋根。
白いのは漆喰、強烈な台風に襲われる沖縄では
瓦が風で飛ばされないよう漆喰で留められている。
漆喰は雨や日差しで風化し、白から灰色へと変化する。
漆喰と赤瓦は共に年月を重ねながら
味わい深い表情になっていく。
竹富18

さらに赤瓦の屋根をより魅力的に見せるのがシーサー。
中国の風水思想にある魔除け。
よく見るとお茶目で可愛いものなどユニークでさまざま。
竹富13
シーサー4   シーサー3

沖縄の民家は中国と日本、
そして琉球の文化が混じった独特の形をしている。

石垣の門を入ると立ちはだかる壁は、「ヒンプン」という。
中国の風水の影響で、
魔物が家に入ってこないよう立てられている。
竹富8

「ヒンプン」を右に行くと、客が入る方向、
竹富7

左は家人が出入りする。
竹富10

特徴は玄関がないこと、広く取った開口部から自由に出入りする。

家屋の南側には壁がなく、南風をふんだんに取り込いれて、
広々とした庭や自然を感じることができる。
竹富19

母屋と別棟台所
かっては別棟は台所だったが、今は母屋に台所があるようだ。
竹富9

かって天水の溜めたり、井戸水を入れていたタンク
今は石垣市から送水を受けている。
竹富14


日本と中国との間に栄えた独自の文化。
そして厳しい自然条件がこの形を生み出した。
小さな木造平屋建てなのに激しい台風や
強烈な日差しに耐える強さがある。

島の美しい景観は、家と家族を守ろうとした
沖縄の人の知恵の結晶でもある。

  1. 2017/08/06(日) 11:51:54|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

沖縄離島廻り  竹富島

あか山丘
竹富島26

竹富島24

竹富島25

リュウキュウコノタンの木
竹富島27

1953年6月25日建立の「なごみの塔」
竹富島28

亀の甲台
竹富島29

丘の上から
竹富島30
竹富島31

ハスノハギリ1
マウスオン2枚です 
<


竹富島55

マウスオン2枚です 
<

竹富島32



マウスオンして下さい

西桟橋3

西桟橋4

西桟橋2

西桟橋6

西桟橋5

西桟橋7

西桟橋8


  1. 2017/08/03(木) 08:25:24|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR