FC2ブログ

すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

五島列島

井持浦教会・ルルド

玉ノ浦は福江島の西の瑞に位置し、
教会は波静かな入江の懐に抱かれるように
小高い丘の上に建ち、出船・入船を見守っている。
今は島内の道路網が完備し、不便を感じないが、
迫害の嵐を逃れて住み着いた信徒の苦労が思いやられる。
明治28年(1895)全五島の司牧宣教を委ねられた
フランス人宣教師アルベルド・ペルーの指導によって
建立された聖堂で、島内の木造から
レンガ造りへの移行のハシリになった。
井持浦教会1

井持浦教会2

井持浦教会3

井持浦教会4

井持浦教会5

境内にあるルルドは、フランスのルルドを模倣して
五島全域の信徒が島内の奇岩・珍岩を持ち寄り、
明治32年(1899)に建設され
聖母像は本場ルルドの聖母像を求めて洞窟に収め、
本場の奇跡の泉から霊水を取り寄せ洞窟横の泉水に
注ぎいれた、日本最初のルルドで
日本全国からの巡礼者は後を絶たない。
井持浦教会7
マウスオン2枚です 
<

ルルド参詣者のための宿泊施設があり
自炊での長期の滞在も可能。
井持浦教会10
所在地・・五島市玉之浦町玉之浦 1243  


スポンサーサイト
  1. 2017/11/28(火) 09:46:03|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五島列島

高浜ビーチ

海の透明度と白砂の美しさで
日本一といわれるビーチ
高浜ビーチ
高浜ビーチ1

高浜ビーチ2

高浜ビーチ3

高浜ビーチ5

高浜ビーチ6

高浜ビーチ4

高浜ビーチ7

高浜ビーチ8

高浜ビーチ9
日本の渚百選と快水浴場百選に
ダブルで選定されている。
高浜ビーチ10
所在地・・長崎県五島市三井楽町貝津 1054-1


大瀬崎断崖展望所

五島の最西端の灯台
東シナ海の荒波によってできた断崖が長さ20kmにも及ぶ
砂岩と泥岩が折り重なった地層が
大瀬崎に打ち寄せる怒涛の波によって浸食され、
高さ150mを超える断崖絶壁になって延々と連なっている。
側端には、九州本土で最後に夕陽が沈むと場所といわれる
大瀬崎灯台がシンボルのように建っている。
IMG_0552.jpg

大瀬崎断崖1
マウスオン2枚です 
<


IMG_0553.jpg
MG_0553-1.jpg
IMG_0554.jpg
所在地・・五島市玉之浦町玉之浦


  1. 2017/11/25(土) 09:20:31|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

新潟県

弥彦神社

弥彦神社1

弥彦神社2

弥彦神社3

弥彦神社6

弥彦神社5 弥彦神社7
弥彦神社4

弥彦神社8

菊まつり
弥彦神社9
弥彦神社10

マウスオン2枚です 
<

弥彦神社16

弥彦神社17

弥彦神社19

弥彦神社22

弥彦神社24

弥彦神社25

弥彦神社27

弥彦神社28

弥彦神社30

弥彦神社31

弥彦神社32

弥彦神社33

弥彦神社34

弥彦神社35

弥彦神社36

弥彦神社37

弥彦神社38

弥彦神社39

弥彦神社40

弥彦神社41

マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<
所在地・・新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦 2898


  1. 2017/11/22(水) 20:10:51|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新潟県


五島列島の旅を一寸お休みして
旬のもみじを観賞

弥彦公園もみじ谷へ

もみじ谷1

もみじ谷2

もみじ谷3

もみじ谷4

もみじ谷5

もみじ谷7

もみじ谷8

もみじ谷9

もみじ谷10

もみじ谷11

もみじ谷12

もみじ谷13

もみじ谷14

もみじ谷15

もみじ谷17

もみじ谷18

もみじ谷19

もみじ谷20

もみじ谷21

もみじ谷22

もみじ谷23

もみじ谷24

もみじ谷26

もみじ谷27

もみじ谷28

もみじ谷29

もみじ谷30

もみじ谷31
所在地・・新潟県弥彦村弥彦 667-1


  1. 2017/11/19(日) 12:01:44|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五島列島

コンカナ王国
大自然が広がる五島列島のリゾートホテル
客室は洋室・コテージ・和洋室と様々
コンカナ1

碑2
マウスオン2枚です 
<

入国専用道路
入国専用

五島ワイナリー
五島ワイナリー

メルヘン   1人宿泊者用
マウスオン2枚です 
<

聖カメリア教会
カメリア教会1

入国管理室   フロント
入国管理室

出  島
出島ホール

出島2
食事処 ぬくもり
ぬくもり
嵯峨乃茶屋
嵯峨乃茶屋
ランドリー
ランドリー

クラブ ロイヤル
クラブロイヤル1

鬼岳温泉
鬼岳温泉

プール
プール1
プール2

池4

紺加那神社
マウスオン2枚です 
<

丸太コテージ   
丸太コテージ2

フラワーコテージ
フラワーコテージ

和食処 ばらもん
和食処バラモン

釜戸

レストラン カーベル
レストラン カウベル

池1
池3
池2

碑1

センター1

五島ワイナリー3

ワイナリとメルヘン

薪小屋
薪小屋

出口専用道路
出国専用道
所在地・・長崎県五島市上大津町 2413


  1. 2017/11/16(木) 09:10:02|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五島列島

鬼岳展望所
標高315mの鬼岳は、シンダーコンと呼ばれる
珍しい形の火山として知られている。
300万年前の噴火によってできた楯状火山の上に、
5万年前の2回目の噴火で臼状火山が重なってできたもので、
あまり例を見ない山でハイキングや凧あげ、
草スキーなどが楽しめる。
マウスオンして下さい


鬼岳1

鬼岳2

鬼岳3-1

鬼岳4

鬼岳5

鬼岳6

鬼岳7

鬼岳8

鬼岳9

鬼岳10

鬼岳11

鬼岳12

鬼岳13

鬼岳14

鬼岳15

鬼岳16


鬼岳17
所在地・・長崎県五島市上大津町



  1. 2017/11/13(月) 09:44:26|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

五島列島

鎧瀬溶岩海岸 (アブンゼヨウガンカイガン)

鬼武火山から流出した溶岩が海へ流れ込み、
一気に冷やされることで形づくられた溶岩海岸。
7kmに渡って続く黒い岩肌の海岸線には、
対馬暖流の影響で亜熱帯植物が多く見られる。
1507年、第16代藩主・宇久囲(ウクカコム)が妹婿
玉浦納(タマノウラオサム)に攻められた時に馬で逃げたが、
この地で鐙が切れてしまった。
舟で黒島に落ち延びた囲だったが、
そこにも追手が迫ったため自刃したといわれ、
地名の由来となっている。
鎧瀬1

鎧瀬2

鎧瀬5

鎧瀬3

鎧瀬4

鎧瀬6

鎧瀬8

遠くに見えるのは100歳近い母親と70歳近い娘の
二人だけが住む黒島
鎧瀬9

鎧瀬10
鬼  岳
鎧瀬11
とっくり椰子
鎧瀬12

鎧瀬13

鎧瀬14
所在地・・長崎県五島市野々切町 1333-3


  1. 2017/11/10(金) 09:11:55|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五島列島

奈留港から海上タクシーで福江港に戻って
堂崎1
バスで移動   バスの窓から
堂崎2

堂崎3

堂崎4
マグロの養殖
堂崎5
堂崎6

堂崎7

堂崎8

堂崎9

この入り江は干潮にになると水がなくなる。
堂崎10
堂崎12
堂崎13

堂崎天主堂
マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<

堂崎30

マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<


堂崎21
堂崎22

アルメイダの宣教
マウスオンして下さい

マウスオン2枚です 
<


堂崎26
マウスオン2枚です 
<

堂崎31-1 堂崎32-2

公衆トイレも教会みたい・・
堂崎33
所在地・・五島市奥浦町堂崎 2019

  1. 2017/11/07(火) 09:25:29|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

五島列島

福岡空港からプロペラ機に乗換えて福江島へ
マウスオン2枚です 
<


五島列島は中通島、若松島、奈留島、久賀島、福江島の
五つの大きな島と周辺の小さな島をあわせて
大小140ある島のうち、人が住んでいるのは27島

満潮時、島の周囲が100mを島といい
その他は岩などという

福江港から船で奈留港へ
福江港1

福江港2

福江港3

福江港4

福江港5

福江港6

奈留3

奈留1
マウスオン2枚です 
<

廃校になった小学校
奈留6
パワースポット?  ハート形の枝
奈留11

マウスオンして下さい


奈留8

マウスオン2枚です 
<


奈留12
所在地・・長崎県五島市奈留町大串1131


  1. 2017/11/04(土) 09:40:06|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

奥日光

竜頭の滝
華厳滝、湯滝と共に奥日光三名瀑のひとつ。
湯ノ湖から戦場ヶ原を流れ下ってきた湯川の末流。
標高1350m、男体山の噴火によってできた溶岩の上を
全長210m、幅10mの階段状の岩場を勢いよく流れる渓流爆。
滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、
まるで大岩を噛むように豪快に流れ下る。
その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついた。
竜頭の滝1

上流から下る
竜頭の滝3

竜頭の滝4

竜頭の滝5

竜頭の滝7

竜頭の滝9

竜頭の滝8

竜頭の滝10
ここで二つに分かれる。
竜頭の滝11

竜頭の滝13

竜頭の滝14
マウスオン2枚です 
<


竜頭の滝15

竜頭の滝19

竜頭の滝29

竜頭の滝2

下流へ
竜頭の滝20


龍頭観音
竜頭の滝21
マウスオン2枚です 
<

竜頭の滝24

竜頭の滝26
所在地・・栃木県日光市中宮祠


続きを読む
  1. 2017/11/01(水) 09:30:09|
  2.   旅  
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR