すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県臼杵市

西光寺
文禄3年(1594)に播州三木(現在の兵庫県三木市)から転封された
岡藩初代藩主中川秀成が、その翌年の文禄4年(1595)に
恵明上人を迎えて、中川家の菩提寺として代官町に建立した。
西光寺11

安政5年(1858)に再建された現在の本堂には銃眼状の小窓が残っている。
小窓は二層入母屋造の本堂の正面に6つ、背面に2つ、側面に8つずつあり、
藩主の菩提寺であったこの寺院が軍事的な役割を果たしていたことを窺わせる。
寺院の堂宇が銃眼を備えている例は、全国的に見ても珍しい。
西光寺3

西光寺4

鐘楼は、棟札から元禄4年(1691)建立、大分県内で最古の鐘楼。
鐘楼に吊るされた梵鐘には、慶長14年(1609)5月27日鋳造の銘がある。
西光寺5
所在地・・大分県大分市小野鶴 70
スポンサーサイト
  1. 2015/07/15(水) 10:10:31|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県臼杵市 | ホーム | 九州の街道を巡る    豊前街道~肥後海道~中津街道  大分県竹田市>>

コメント

西光寺

 綺麗な形の屋根ですね。
豊後には黒田官兵衛も播州から移封されたのでしょう?
豊後と播州は因縁がありそうですね。
  1. 2015/07/15(水) 14:38:39 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
本堂に銃口があるんですか?
なんだかなぁ、ですね。
権力と宗教の密接な関係。
怪しいものがありますね。
  1. 2015/07/15(水) 20:55:03 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
この時代は国替えが多かったんですね~
豊臣や徳川時代、言われるままに移動しなければならない。
なんというか、理不尽ですよね。
まぁ そういう縛りつけがあったからこそ、
300年近い平穏が続いたのでしょうが・・・
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さん
この頃の寺の権力は政治に大きな影響を与えていましたよね。
時代劇を見ていても、殿様や皇族のそばに僧侶がいる・・・
この頃の仏教は民衆を救うというよりも
政治にかかわり権力を握ることに力をいれていたのでしょうか?
だから民衆は、キリスト教に救いを求めたのではないかと思います。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2015/07/18(土) 10:52:03 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/1007-127a0c36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (278)
  旅   (167)
街道巡り (338)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (15)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR