すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

四国  梼原街道を巡る  高知県

龍馬脱藩の道
文久2年(1862)3月24日、坂本龍馬は、自宅を出発。
途中、沢村惣之丞と落ち合い一路西へ
25日、佐川の斗賀野から土佐国内最大の難所・朽木峠を越えたものと思われる。
梼原に着いた龍馬と惣之丞は、那須俊平・信吾の家に宿泊した。
26日昼頃、龍馬、惣之丞、俊平、信吾の4人は、
土佐と伊予の国境・韮ヶ峠に着き、龍馬、惣之丞、俊平の3人は
韮ヶ峠から小屋村へと駆け下りて行った。
午後2時頃には3人は榎ヶ峠を通ったと思われる 。
河辺村の国木を経て神納へ・・
屋根のある橋、御幸の橋を通る。
横通りを過ぎ、封事ヶ峠を越え、峠をでると三杯谷
三杯谷から坂道を上がると日除。水ヶ峠から宿泊地・泉ヶ峠
26日夜、3人は脱藩後、伊予路での第一夜を、泉ヶ峠で過ごした。
27日朝早く泉ヶ峠の宿を出て、舟着き場 宿間村の亀の甲へ
龍馬と惣之丞は、宿間から長浜まで舟の旅。
ここで道案内人の那須俊平は梼原へ引き返す。
龍馬が乗った舟は正午頃大洲に着き、志保町あたりで昼食をとり
再び舟に乗って肱川を下った。
二人の乗った舟は肱川の河口、長浜の江湖に着いた。
27日夜、脱藩後2日目、四国路の最後の夜、龍馬と惣之丞は、
豪商の冨屋金兵衛邸で過ごした。
28日早朝、2人は長浜を出発、長州へ向かう。
28日夕方、船は風に乗り、瀬戸内海を越え、長州の上関に着いた。
29日朝、上関を出発した船は、その夜、三田尻に着いた
4月1日、下関の白石正一郎方に着いた。ここが脱藩の道の最終地点である。
脱藩の道

脱藩の道1

脱藩の道2

脱藩の道3

脱藩の道4
所在地・・高知県高岡郡梼原町梼原


維新の門群像1
和田城を模した
維新の門群像2

維新の門群像12

梼原町中心部の和田城跡の丘の上にある 維新の門群像
マウスオンして下さい


マウスオンして下さい


維新の門群像3

マウスオン2枚です 
<

掛橋和泉  28歳
この地で神官の家に生まれ、 勤王の志士たちに
いろいろと力を貸したが、家のことを思って叱る母との板挟みに、
ついに銃を使い自殺して果ててしまった。
維新の門群像6

マウスオン2枚です 
<
所在地・・高知県高岡郡梼原町川西路 2352-1


スポンサーサイト
  1. 2016/03/11(金) 09:34:58|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<四国  宇和島街道を巡る  高知県 | ホーム | 四国  中村街道を巡る  高知県>>

コメント

維新の志士たち

 この時代の若者達はどこから情報を得て止むに止まれぬ情熱を傾けて行ったのでしょうか。
今に生きる私には想像をはるかに超えるものです。
 冒頭の龍馬脱藩路の記述は、地名は知りませんが難路を選ばざるを得なかった固い信念を髣髴とさせてくれます。
 先のすたさんのコメントにあるように、数多くの無名の志士たちがいたでしょう。
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」のなかでは、これでもかこれでもかというほどの志士たちの名が紹介されています。
しかし印象に残っている名は主役やそれに順ずる人たちだけです。
いつの間にか、そういう志士たちのことを忘れています。
 このブログにあるように、記念碑や像で名を残していくことこは、大切なことでしょうね。

 心打たれた今夜でした。
  1. 2016/03/11(金) 20:10:19 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
龍馬の脱藩の道ですか。
そんなのが残ってるのですね。
龍馬と言うと寺田屋くらいしか知らない。(笑)
京都には行きましたよ。
  1. 2016/03/11(金) 20:18:34 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
新聞もテレビもなく、通信方法も飛脚または馬を走らせる。
まして山奥に住んでいる人たちが、江戸の様子や情勢を
どうやって知り得たのか? ましてや世界情勢を・・・
分からないことだらけです。
往時、四国から江戸まで何日かかったのでしょうね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さん
ブログを始める前は、京都といえば金閣寺、銀閣寺など観光して
京料理を食べるのが楽しみでしたが
今は、歴史や寺院の謂れに惹かれます。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。





  1. 2016/03/14(月) 19:50:17 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/1102-20d3b320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (183)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (13)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (18)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR