すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

四国の街道を巡る    香川県

源平屋島合戦の地巡り

源平屋島合戦6
源平屋島合戦7

源平屋島合戦8

源平屋島合戦9

源平屋島合戦10


義経弓流し跡
当時この辺りは遠浅の海だった。
源平屋島合戦14
源平屋島合戦13


源平屋島合戦31 
マウスオン2枚です 
<

駒立岩
マウスオン2枚です 
<

マウスオン・クリック、3枚です 
<


景清錣引き
源平屋島合戦34
源平屋島合戦35


源平屋島合戦11
源平屋島合戦12

源平屋島合戦1
源平屋島合戦2
マウスオン2枚です 
<
太夫黒の墓(馬)
源平屋島合戦5


洲崎寺 (佐藤継信菩提寺)
大同年間(806 - 810)に弘法大師により創建された。
源平合戦の際に負傷した源氏方の兵士がこの寺に運ばれた。
戦いが激しくなると戦災により当寺院は焼亡した。
源義経の身代わりとなり戦死した佐藤継信は本堂の扉に乗せられ、
源氏の本陣があった瓜生ヶ丘まで運ばれた。
これが縁で継信の菩提寺となり毎年3月19日には慰霊法要が行われている。
義経は焼亡した寺院を再建したと伝えられている。
マウスオン2枚です 
<

源平屋島合戦20

源平屋島合戦22
源平屋島合戦23

源平屋島合戦25
所在地・・香川県高松市牟礼町牟礼字宗時 2691

スポンサーサイト
  1. 2016/05/07(土) 09:04:14|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<四国の街道を巡る    香川県 | ホーム | 四国の街道を巡る    香川>>

コメント

屋島の合戦

 戦場の域を想像しています。
陸と海の源平両軍は接近していたのかもしれませんね。
何故か屋島の合戦は悲哀を感じてしまいます。
すたさんも肌で感じられているように読み取りましたよ。
  1. 2016/05/07(土) 16:22:43 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
そう言えば屋島って源平の合戦の地でしたか。
源平の時代ってどんなだったのでしょうね。
吉川英治の新平家物語は読みました。
印象に残ってますね。
  1. 2016/05/07(土) 20:17:38 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
6年にわたる源平合戦は、平家、源氏ともに哀しいです。
屋島、そして壇ノ浦で平家が破れて、多くの人たちが命を落として・・・
世界中、いつの時代も戦いばかり・・・人間って哀しいですね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さん
この町が昔、海だったとは思えないほど、地形が変わっていて
往時の面影は見当たりませんでした。
江戸時代になれば人々の生活や町並みが、なんとなく理解できるのですが、
この時代の事は想像もできません。
戦いに巻き込まれた庶民は、どんな生活をしていたのでしょう~
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


  1. 2016/05/09(月) 14:34:25 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/1122-eafbcaf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (183)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (13)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (18)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR