すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

四国の街道を巡る     高知県

室戸岬
安芸山地が太平洋に落ち込む南端。
太平洋に大きく突き出し、紀伊水道と土佐湾を分ける。


最御崎寺
空海は都での学問に飽き足りず、19歳の延暦11年(792)頃からの約5年間、
室戸岬にほど近い洞窟で虚空蔵求聞持法に励んだ。
最御崎寺は嵯峨天皇の勅願により、弘法大師が開基。
本尊は大師が刻んだ虚空蔵菩薩。
歴代天皇の勅願所として栄え、江戸時代初 期には、最勝上人が入山。
土佐藩主山内忠義の援助もあって寺勢も強かったが、明治初年の廃仏 毀釈で荒廃した。
大正3年に復興し、現在に至る。
室戸岬1
室戸岬2
室戸岬3

山 門  (仁王門)
マウスオン2枚です 
<

最御崎寺3 最御崎寺9

最御崎寺7

最御崎寺8

大師堂
最御崎寺11

最御崎寺12
鐘つき堂
最御崎寺14
霊寶殿
最御崎寺16
多宝塔
最御崎寺15

最御崎寺17
最御崎寺18

本 堂
最御崎寺13
所在地・・高知県室戸市室戸岬町 4058-1



最御崎寺 を海に向かって下って行くと室戸岬灯台ある

明治32年(1899)初点灯で、海抜154.7m、実効光度と光達距離で日本一を誇る。
日本の灯台50選の一つで、歴史的価値から保存灯台。
黒潮の流れる沖合いは台風銀座でもあり、室戸岬は強風で知られる。
昭和9年(1934)の室戸台風や昭和36年(1961)の第2室戸台風では
台風が付近に上陸し、その名を残した。
大正6年より電化され160.0万カンデラの単閃白光で、
室戸の海を見守り続けている。
マウスオン2枚です 
<
所在地・・高知県室戸市室戸岬町

スポンサーサイト
  1. 2016/06/09(木) 09:32:44|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<四国の街道を巡る     高知県 | ホーム | 四国の街道を巡る  高知県>>

コメント

室戸岬

 「紀伊水道と土佐湾を分ける」・・・いい表現ですね。
室戸岬はとてつもない辺境の地だと思っていました。
知っているのは「室戸台風」だけです。
 「廃仏毀釈」・・・又出てきましたね。
中学か高校で習いましたが、詳しい説明は一切ありませんでした。
とても不思議です。

 空海19歳。昔の若者はすごいですね。
  1. 2016/06/09(木) 16:00:22 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
おかしいですね。
昨晩コメントを書き込みましたけど。
消えていますね。
最後にボタンを押すのを忘れたのかな?
何を書いたって?
室戸岬は名前だけ知ってるって書いたような。
  1. 2016/06/10(金) 22:42:55 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

是非行きたい

すたさん、こんばんは~(*^^)v
室戸岬は、主人も私も行ったことがなくて
是非、元気なうちに行きたい場所です・・・
最御崎寺は歴史ある立派な建物ですね。
日本建築の素晴らしさを感じます!
  1. 2016/06/11(土) 22:12:11 |
  2. URL |
  3. daiku56 #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
日本古来の神道とインドから中国を経て日本に渡ってきた仏教が
どうして一緒になったのかはわかりませんが
お寺と神社を合体させたり、今度は別れさせたり、理解できません。
時代によっては政治の後ろというか、影の権力者というか
僧侶に翻弄された時代もあったからなのかもしれませんね。
政治と宗教の関係は難しいですよね。
弘法大師の行動力、活躍は素晴らしいですよね~
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さん
コメント、気が付きませんでした。
室戸岬には随分昔に行ったことがある筈なのに、記憶がありませんでした。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


daiku56さん
最御崎寺は弘法大師が開基しただけあって、
境内のあちこちに大師の像がありました。
次回投稿する室戸岬の乱礁遊歩道など素晴らしいですよ。
是非いらしてください。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2016/06/12(日) 17:43:47 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/1130-db9b8e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (168)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR