すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

四国の街道を巡る     高知県

土佐国分寺
聖武天皇が発した「国分寺建立の詔」により全国に建立された国分寺の一つ。
天平13年(741)に行基が千手観世音菩薩を刻み本尊として安置し開創。
その後、弘仁6年(815)空海(弘法大師)が毘沙門天を刻んで奥の院に安置、
その頃真言宗の寺院となった。
国分寺周辺は古代から中世まで土佐国の国府の所在地であり、
「土佐日記」の作者紀貫之も国司として4年間当地に滞在した。
寺は度々兵火に遭ったが、永禄元年(1558)には長宗我部国親、元親によって金堂が再建。
明暦元年(1655)に土佐藩二代藩主山内忠義が山門を寄進した。
大正11年(1922)に境内全域が国の史跡に指定された。

山 門  (仁王門)  
仁王門

鐘楼
土佐国分寺2

開山堂
開山堂

大師堂
大師堂

金堂
土佐国分寺3

庭 園
土佐国分寺10
土佐国分寺12
客 殿
土佐国分11

光明殿
光明殿

酒断地蔵尊
マウスオン2枚です 
<
所在地・・高知県南国市国分 546


国分寺の隣に小さな神社  総 社
土佐国分寺18 土佐国分寺19
土佐国分寺15 

土佐国分寺20


スポンサーサイト
  1. 2016/05/31(火) 10:14:39|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<四国の街道を巡る     高知県 | ホーム | 四国の街道を巡る     高知県>>

コメント

寺社の焼失

 すたさんのブログを拝見していると、多くの寺社が焼失、再建を繰り返しています。
土地の権力者が再建したものが殆どのようですが、それほど民衆の信仰も篤かったのでしょうね。
 「総社」にしてはいかにもこじんまりしています。
この地域の「総社」でしょうね。
古の日本人のこころが伝わってくるようです。
  1. 2016/05/31(火) 14:03:00 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
土佐の国分寺ですか。
全国にどのくらいで来たのでしょうね。
地目だけ残っていたりしますね。
  1. 2016/05/31(火) 22:38:40 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
日本の寺院や城は天災だったり、戦火によって破壊、再建を繰り返しています。
聖武天皇の命に建てられた国分寺は、その殆どが荒廃し
建物が残っているのは僅かでしょう。
時の為政者によって多くの人たちが駆り出され働かされてきたのでしょうね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さん
往時は何十という国分寺が建てられたのでしょうが
建物が残っているのは極僅かだと思います。
東京の国分寺も地目だけです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2016/06/04(土) 17:45:35 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/1135-4a203fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (17)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR