すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

東北の旅   秋田県

大潟富士
平成4年(1992)に、秋田県測量設計業協会が創立20周年を迎えるにあたり、
大潟村に企画を持ちかけて共同で製作された
平成7年(1995)6月3日の測量の日に竣工。
もともと湖の底に積もった泥を主とする大潟村の地盤は軟弱で、
積んだ土がすぐに崩れるなど作業は難航したが、
道路工事の際に盛り土として使われる発泡スチロールを土台に用いることで解決した
大潟富士1
大潟富士2
大潟富士3
所在地・・秋田県南秋田郡大潟村

この橋を渡ると
大潟富士5

どこまでも続く大潟村桜ロード
見事な桜と菜の花のコラボレーション
大潟村桜ロード1

大潟村桜ロード2

大潟村桜ロード3

大潟村桜ロード4

大潟村桜ロード5
所在地・・秋田県南秋田郡八郎潟町


八郎潟
秋田県西部、男鹿半島の付け根に位置し、二級河川馬場目川水系に属する。
かつては面積220km²と、日本の湖沼面積では琵琶湖に次ぐ第2位だったが、
大部分の水域が干拓によって陸地化され、陸地部分が大潟村になった。
干拓地の中央付近に北緯40度線と東経140度線の交会点がある。
八郎潟2
八郎潟3

八郎潟資料館
八郎潟4

マウスオンして下さい

所在地・・秋田県南秋田郡八郎潟町




スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 09:25:06|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<東北の旅   秋田県 | ホーム | 東北の旅   秋田県>>

コメント

こんにちは

 なんともやさしい八郎太郎の竜でしょう。そんな姿が目に浮かびます。
伝説には何か奥深い謂れがあるのでしょうね。
 直線的な桜と菜の花の道。
見渡した瞬間は如何でしたか?
八郎潟の広さが想像できません。
やはり東北は広い!
  1. 2016/07/30(土) 15:02:01 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
日本一低い山、気になって調べました。
こちらは自称だそうですね。(笑)
私は飛鳥山と覚えていたのでびっくりです。
  1. 2016/07/30(土) 22:01:43 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

こんばんわ
日本一低い山ですか
これも登山ですね^^
八郎潟はオランダのように海抜が海より低いのですね
どれだけ広いのでしょうね
  1. 2016/07/31(日) 19:23:04 |
  2. URL |
  3. もひかん鉄っちゃん #1Tmake9s
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
地方に伝わる伝説には怖いのもあるけど、心温まるものが多いです。
菜の花・桜ロードは、11㎞だったかな~  行けども、行けども続いていて、とにかく長いんです。素晴らしかったです。
八郎潟は広いです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さん
大潟富士は人工の山(?)ですよね~
日本一低い富士山っていうから、期待して行ったら、この山でした。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


鉄っちゃん
大潟富士、山頂制覇してきました(笑)
八郎潟は昔は湖だった地ですから、開拓はどんなに困難だったでしょうに
館内を案内してくれたのが、第一回目の開拓民のおじさんでした。
辛いと思ったことも、出て行こうと思ったこともない。
幸せだったと聞いて、感動しました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。





  1. 2016/08/01(月) 09:34:27 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

あれでも山なんですね。。 ありゃぁ低めの丘でしょう。
言ったもの勝ちなのでしょうか(笑)
  1. 2016/08/01(月) 17:35:26 |
  2. URL |
  3. ふくやぎ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

ふくやぎさん
山とも、丘とも・・・よく分かりませんが、
八郎潟の人たちにとっては意味のある山なんだと思います。
そこで暮らす人達の思いは、他所の人に計り知れないものがあるんだと思います。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


  1. 2016/08/05(金) 22:48:46 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/1146-a81f1b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR