すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

東北の旅   青森県 

幸畑陸軍墓地
明治8年11月、弘前にあった東北鎮台弘前分営が青森に移駐した後、
病傷兵士埋葬の陸軍墓地として造営された。
明治36年7月、明治35年1月に発生した歩兵第5聯隊の
八甲田山雪中行軍遭難事故の慰霊地として整備、官修墓地として管理した。

世界山岳遭難史上最大の事故であった歩兵第5聯隊の
八甲田山雪中行軍慰霊地として、歴史的事実を知る上で極めて重要な文化財である。

 クリックして下さい⇒八甲田山雪中行軍

幸畑1

幸畑2

幸畑3

幸畑4

幸畑5

幸畑6

雪中行軍遭難者碑
幸畑7

少尉・士官の墓標
幸畑8

生存者合同墓碑 (11名)
幸畑9

幸畑10

幸畑12
幸畑11

幸畑13
幸畑14 幸畑15

地蔵尊     マウスオン2枚です 
<

地蔵尊     マウスオン2枚です 
<

供養塔
幸畑21
幸畑22


幸畑23
幸畑24
幸畑26

【あゝ陸奥の吹雪】雪中行軍遭難六十周年記念
幸畑

マウスオン2枚です 
<
所在地・・青森県青森市幸畑字阿倍野163 



マウスオンして下さい


八甲田山雪中行軍・後藤伍長銅像
遭難し、直立したまま仮死状態で発見された後藤房之助伍長の像
マウスオン・クリック、3枚です 
<
マウスオンして下さい


綺麗な白樺林・・でも中に入ったら方向も分からず迷ってしまうだろう
まして豪雪の冬はどんなだろう? 想像しただけで身震いした。
八甲田2
八甲田3
八甲田4
八甲田5


スポンサーサイト
  1. 2016/09/19(月) 09:36:39|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<東北の旅   青森県 | ホーム | 東北の旅   青森県東津軽郡>>

コメント

こんばんは

こんばんは。
八甲田山の遭難ですね。
新田次郎も読みました。
映画も見ましたね。
大して覚えてませんですが。
やはりこの時代の装備で雪の山で行動すること自体が無謀だったのでしょうね。
私も雪山はけっこう行きましたが装備が整った時代でも厳しいです。
それとリーダーの問題も大きいと思います。
  1. 2016/09/19(月) 21:00:59 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

八甲田山

 「クリックしてください→八甲田山雪中行軍」・・・・・ご指示に従い読みました。感動しました。
すたさんの狙いがよくわかりました。クリックを後回しにしなくてよかった。

 こういう人達のお陰で、私たちは平和に暮らしているのでしょうね。
「現在の価値観で歴史を観ちゃいかん」といったある評論家の言葉が、最近、少し理解できたような気がしていました。
 今夜は、充実した時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。


  1. 2016/09/19(月) 21:08:40 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

自転車親父さん
20年位前に東北を旅した時に、八甲田山にも行ったのですが
雪中行軍の事は知りませんでした。
貧しくて中学しか出ていなくて、ひたすら働き19で結婚して出産
2人の子供を育てる事と働く事でいっぱいの人生でした。
50を過ぎてやっと人並みの暮らしが出来るようになり
70を過ぎて今、日本中を旅して、歴史をはじめ学ぶ事ばかりです。
立ったまま仮死状態で発見された後藤伍長、そして亡くなった殆どの兵隊
辛くて言葉もありません。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


noratan
明治になって数年後、やっと国内での戦いがなくなったら
今度は他国に侵略、日清戦争、日露戦争、他国を攻めるための豪雪の中での訓練、
国は国民の事をどう思っているのでしょうか?
牛や馬?自分たちの戦略の手足?
国民の幸せを守るのが国(政治家)の役目だと思うのですが・・
国益ってなんなんでしょう?今でも分かりません。
第二次世界大戦で負けていなかったら、広島と長崎に原爆が投下されなかったら
今の私たちの平和な暮らしはあったのでしょうか?
胸が痛みます。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2016/09/20(火) 18:48:32 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/1155-a15d15e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (278)
  旅   (166)
街道巡り (335)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (12)
加  工 (0)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR