すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

東北の旅   青森県東津軽郡

義経伝説のロマンあふれる外ヶ浜三厩
三馬屋(ミウマヤ)→三厩村(ミンマヤムラ) 
厩石5

源義経龍神塔と静御前龍神塔
厩石1

義経伝説が残る厩石(マヤイシ)
厩石2
厩石4

源義経は鎌倉時代、将軍であり兄でもある源頼朝に命を狙われ、
奥州平泉の藤原氏へ落ち延び、鎌倉に対抗しようと足元を固めていたところ、
藤原氏に討たれ、首は鎌倉へ届けられた。

義経北行伝説
藤原氏が義経を討ったと偽り、ひそかに平泉から逃がし、
青森県を縦断し蝦夷が島(北海道)へ渡ったと言う伝説

義経の死後800年以上経つ今でも岩手県~青森県各地に
義経ゆかりの地や逸話が伝わっていて、
義経が蝦夷が島まで逃げ延びた痕跡が辿れる。

この厩石は、義経が蝦夷が島に渡る時に立ち寄った場所で、
次のようないわれがある。
蝦夷が島に渡ろうとこの地にたどり着いた義経主従一行は
津軽海峡の波が激しく足止めを食らってしまう。
義経はそこにあった岩場によじ登り、
肌身離さず持っていた観音像を掲げ、三日三晩
波が穏やかになるよう祈りをささげたところ
白髪の翁が現れ、三頭の竜馬(羽根がある馬)を与えられ、
穏やかになった海を無事渡ることができた。
竜馬がつながれていたこの岩は厩石と呼ばれるようになり、
現在の地名の三厩(ミンマヤ)は、三馬屋(ミウマヤ)から
起こった地名として現在も残っている。

義経が海を渡った方法については
津軽藩の1680年代の文献にあったとされ、
古くから伝わるものであることが分かる。

義経が掲げた観音像を見つけ、竜馬山義経寺に木像と共に
円空上人が祀ったと言われるなど、外ヶ浜町三厩には
多くの伝説が残っている。



松前街道終点之地
承応2年(1653)の津軽領道程帳で今別町が終点だった松前街道は、
享保2年(1717)の頃には三厩迄開削された、
これ迄小泊湊から渡海していた幕府巡見使一行は
初めて三厩湊を経由、渡海している。
藩の公簿に見る今別~三厩間の道は、石路、中石路とあり、
他村の道のような岩難所、大石路、登難所などと表現した難所は少いが、
波打際の磯辺路であった。
幅員2メートル余のこの道を吉田松陰、頼三樹三郎、
高山彦九郎などが駆け抜けていったのである。
厩石7


義経寺
厩石9
この山の上にあるが、今回は訪ねなかった。
厩石10

          
観瀾山公園
厩石11
厩石20
厩石12
マウスオン2枚です 
<


厩石17
マウスオン2枚です 
<

対岸の北海道が見える。
厩石18
厩石19
所在地・・青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜



合流の地・油川
羽州街道の終点、松前街道の起点
松前1
松前3
松前2
松前4



スポンサーサイト
  1. 2016/09/16(金) 10:09:11|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<東北の旅   青森県  | ホーム | 東北の旅   青森県東津軽郡>>

コメント

こんばんは

こんばんは。
義経は大陸まで逃れたのです。
そしてあのチンギス・ハンになったと言う。
この話はご存知でしたか?
小説になってましたよ。
チンギス・ハンは漢字で書くと「成吉思汗」と書きます。
これは静御前の句で「なるよしもがな」になると言われていますよ。
夢があって素晴らしい話ですよね。
  1. 2016/09/16(金) 22:23:35 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

義経

 義経の平泉以降の伝説を検証してみたら面白いでしょうね。
北海道ではどのような伝説が残っているのでしょう。興味が尽きません。 
 最近、北方領土のことが気になって仕方ありません。
北方領土が北海道とこんなに近いのかと気付いたのは最近のことです。
情報を発信するのは大切なことなんですね。また、私自身が無関心であったのかもしれません。

*昨日、このコメントを「拍手」の欄に投稿しました。
ここには反映されてなかったので転記しました。
  1. 2016/09/17(土) 14:48:08 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
義経が大陸に渡ってチンギス・ハンになったという伝説は聞いた事がありますが
成吉思汗・・なるよしもがな、これは知りませんでした。
義経伝説は、そうあってほしいという夢のある話で
私はこういう伝説は好きです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さん
元服の池にはじまって、烏帽子掛けの松や腰掛の松、
平泉、屋島、日本の各地に義経にまつわる伝説や遺跡があります。
やはり義経は英雄なんですね。

北方領土って、もともとどこの国だったんでしょう?
日本国内(太古の昔から江戸時代まで)は勿論、世界中で、
侵略して領土を奪う・・そんな事の繰り返しの歴史だったのでしょう~
北方領土の事は難しくて良く分かりませんが
日本の領土と主張する必要があるのでしょうか?
訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2016/09/20(火) 17:58:31 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/1167-7def17a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (182)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (13)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (18)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR