すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

東北の旅   岩手県

斗南藩
明治元年(1868)の戊辰の役に敗れ、廃藩の憂目にあった会津藩は、
翌明治2年、斗南藩としての再興が許され、旧盛岡藩領の北部へ移封された。
現在の青森県下北郡・上北郡を中心に会津から移住してきた藩士と
その家族は2,600世帯、17,300余人と記録されている。
この内、新しい藩庁が置かれた田名部(現むつ市)を目指して
新潟港から新政府借上げのアメリカの蒸気船ヤンシー号に乗船し
日本海廻りの海路をとって移住してきた一団1,800名が
この沖の大平橋に到着したのが明治3年6月10日だった。
斗南藩6
斗南藩7

斗南藩士上陸の地碑
碑は鶴ヶ城の石垣と同じ慶山石を会津から取寄せて使用し、
会津若松の方角に向って建てられている。
斗南藩8

斗南は、戊辰戦争に敗れた会津のサムライたちが抱いた
最後の夢の大地だったのかもしれない。
その夢は無情にも過酷な現実の前に打ち砕かれ、
数個の断片とわずかな残照を残したのみで、文字通り霧の如く消え去った。
しかし、会津武士としての誇りを失わず、決してうなだれることなく
逆境に胸を張り続けた彼らの生き様は、
今も「斗南」という名とともに下北の地に生き続けている。
斗南藩5

斗南藩9

斗南藩14

斗南藩15

斗南藩11

斗南藩17

斗南藩18


斗南藩
IMG_0003-11.jpg

斗南藩2

斗南藩3
所在地・・青森県むつ市


スポンサーサイト
  1. 2016/11/18(金) 10:01:00|
  2. 東北の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<東北の旅   岩手県 | ホーム | 東北の旅   岩手県>>

コメント

こんばんは

こんばんは。
会津から移住をしたのですか。
いやさせられたのですか。
大変だったでしょうね。
かなりの人数なのですね。
歴史を知らないからそんな事実も知らなかったですよ。
  1. 2016/11/18(金) 21:05:47 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

斗南藩

 政府軍に抵抗した会津藩を残したときの政府の計らいは何を意図したものだったのでしょう。
当時は、ここは原野だったでしょうから開墾も大変だったでしょう。
今でも、下北半島は田園風景が広がるところでしょう?大間も入っていたのでしょうか、地図を広げてみましたよ。
  1. 2016/11/20(日) 16:22:05 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

自転車親父さん
私も数年前から街道巡りのツアーに参加するまで
会津藩が本州の外れ、下北に移封されていた事すら知りませんでした。
会津の人たちの並々ならぬ苦しみを思うと、胸が痛みます。
幕府、明治政府・・いつの時代も為政者の力ってすごいですね。
その人たちが国民の幸せのための政治を行ってくれればいいんですが・・
お訪ねいただいて嬉しいコメントを有難うございます。   


noratan
下北に移住した人たちの苦労は、推し量ることが出来ないほど
過酷なものだったと思います。
下北半島は今でも、自然の原野です。
大間は今回は行きませんでしたが、入っていると思います。
お訪ねいただいて嬉しいコメントを有難うございます。

  1. 2016/11/22(火) 09:25:58 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/1186-7f90af95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (17)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR