すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

北海道   函館


函館山の麓には、海に向かって多くの坂道があり、
その道沿には明治末期から昭和初期にかけ建てられた
教会、領事館、商家などが数多く点在している。

麓に坂道が多いのは、函館が箱館といわれた、
開港間もない時代文化の中心が函館山ふもとの
西部に集中していたことによるもので、
当時の函館を偲ばせる名前が現在も残っている。

大三坂
函館1

函館2

亀井勝一郎生誕の地
マウスオン2枚です 
<


函館9
函館10


函館聖ヨハネ教会
英国聖公会の流れをくむ教会で、
中世ヨーロッパの建築様式を取り入れている。
上空から見ると4つの屋根が十字の形をしているユニークな外観は、
函館のシンボル的な建築物として人気。
マウスオン2枚です 
<
所在地・・函館市元町 3-23

函館17


函館ハリストス正教会
文久元年(1861)、聖ニコライが来日した日本正教会発祥の地。
ロシアビザンチン様式の聖堂は港町函館のシンボル的存在になっている。
初代の復活聖堂は安政6年(1860)に建立されたが、
明治40年(1907)に焼失、大正5年(1916)に現聖堂が建立された。
昭和58年に、大正時代の建造物としては
全国で2番目に国の重要文化財に指定された。
函館14

函館15
所在地・・函館市元町 3−13

函館14 (2)

函館19

函館20

函館21


カトリック元町教会
日本最古の教会のひとつで、安政6年(1859)に建てられた
仮聖堂が起源だと言われている。
徳川幕府によるキリシタン追放令以降の日本における
キリスト教宣教再開の先駆として、横浜の山手、長崎の大浦
と共に最も古い歴史を持つ教会。

明治10年(1877)にフランス人司祭によって木造の聖堂が建立されたが
後に火災で焼失したが大正13年(1924)に現在の建物が再建された。
ゴシック様式で、高さ33メートルの尖塔と鐘楼が特徴。
聖堂の裏には聖母マリアを祀るルルドの洞窟がある。
マウスオン2枚です 
<
所在地・・函館市元町 15-30


函館22
函館32
所在地・・函館市元町 11-13

スポンサーサイト
  1. 2017/06/16(金) 10:10:06|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<北海道   函館 | ホーム | 北海道>>

コメント

いよいよ市中へ

 いよいよ函館市中ですね。
キリスト教の布教活動はすごい。
各派別々にやるから、更にすごい。
 これをコメントしながら、正教会について知識に自信が持てず、ネットで確認しました。
すたさんのブログを読むようになって、「検索ページ」を開けたままにしています。
 亀井勝一郎、この人も初めて。
ネット検索の世話になりました。
 
  1. 2017/06/16(金) 12:04:30 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
函館は行ったことがありません。
坂道の町なのですね。
なかなか素敵ですよ。
聖公会と言うのはカトリックとプロテスタントの中間くらいなのかな。
建物は割りと派手ですね。(笑)
一般的にはカトリックの建物は派手ですかね。
  1. 2017/06/16(金) 22:33:20 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

オシャレ~

こんばんは~すたさん・・・
北海道~函館・・・どの写真(教会)もおしゃれ
坂の町?足腰が元気でないと生活できませんね~
函館も行きたい所です(笑)
  1. 2017/06/18(日) 20:28:00 |
  2. URL |
  3. daiku56 #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratan
イエスキリストの教えは一つだと思うけど
正教会・カトリック・聖公会・プロテスタントなど宗派があるんですね。
仏教も釈迦の教えが、数え切れない宗派に分かれている。
どれがいいのか分かりません。
お訪ねいただいて嬉しいコメントを有難うございます。


自転車親父さん
函館山から海に向かっていくつもの坂があります。
今回は下りが殆どでしたが、登るときついですよね~
聖公会、親父さんのいう通りみたいです。
建物は、どれもとても美しかったです。
お訪ねいただいて嬉しいコメントを有難うございます。


daiku56さん
函館は観光で行くのは素晴らしい町ですが
生活するのは、地形的につらいかな~
でも好きな町です。
お訪ねいただいて嬉しいコメントを有難うございます。


  1. 2017/06/19(月) 08:11:44 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/1264-0a021f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (176)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR