すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

奥の細道85  村上   

武家屋敷・旧若林家
明和6年(1769)の火災以後18世紀末に建てられた中級武家屋敷
若林家の祖は甲斐武田氏の遺臣で延宝2年(1674)以降
代々内藤家に仕え村上藩では当初200石(後150石)の中級上位の武士
寄棟、茅葺、曲屋形式(東西棟は居室系、南北棟は座敷系で構成されてる。)
18世紀末から大きな改造が少なく村上城下の中級武家屋敷の様子を残すもの
建築にあたっては多くの古材を使うなど、建物自体は非常に質素なもので
当時の武士の暮らしぶりを良く表している。
6309.jpg

63012.jpg

63011.jpg

63010.jpg
旧若林家・・村上市三之町7-13


63013.jpg

63014.jpg

63015.jpg

64016.jpg

63017.jpg

63018.jpg

63019.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/11/21(月) 14:14:01|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:8
<<奥の細道86   村上 | ホーム | 奥の細道84  鶴岡>>

コメント

こんにちは。
若林家。上藩の中級上位の侍屋敷ですか・・
質素ながら、とても住みやすい立派な家
に見えます。庭もまた立派です。
中も見せてもらいたかったですね。
きっと、かなり上位の武士なのでしょう。
  1. 2011/11/21(月) 19:07:52 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
立派な屋敷ですね。
武家だったんですね。
今でも残っているのが凄いですよね。
そういえば我家も武田の家臣だったようですよ。
  1. 2011/11/22(火) 00:03:30 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

枯雑草さま

Welcome (^∇^)ゞ
家の中も質素ながら落ち着いたお部屋でした。
写してくればよかったですね~
お庭は、素晴しく立派でした。
廊下に鮭が干してあるのに、気がつかれましたか?
この頃の、武家の生活が偲ばれました。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/11/22(火) 09:11:38 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

自転車親父さま

Welcome (^∇^)ゞ
どんなに立派な建物も、長い月日には火災や地震、
そして戦災のために焼失・崩壊してしまうことが多いのに
こうして残されているのがすごいことですね。
維持・保存される方々の思いが素晴しいですね。
>武田の家臣?
世が世であれば、ですね・・・
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/11/22(火) 09:17:20 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

中級武士の住まいですか。
古材などを使い質素な構えながら、日本
古来の住まいの形がいいですね。

住居は質素でもお庭は立派ですね。
中級武士のお庭でこれなら上級武士の
お庭や住まいはもっと立派なんでしょうか?
  1. 2011/11/22(火) 12:51:36 |
  2. URL |
  3. 風のたより #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

旧若林家・・・・寄棟、茅葺は、どこにでも見られるのでしょうが、
曲屋形式は、興味を惹かれます。
中級武士ですか、質素な構えから、当時の武士の暮らしぶりがうかがえますね。
でも、質素な中に、立派な庭です。
こうした庭を愛でる風流心もうかがうことができますね。

「おしゃぎり」「荒馬」・・・・当時の人々の心意気が、継承されている祭りですね。
大切に、保存してもらいたい文化遺産です。
  1. 2011/11/22(火) 16:18:07 |
  2. URL |
  3. 鎌ちゃん #/x0jLE/2
  4. [ 編集 ]

風のたより様

Welcome (^∇^)ゞ
材木を使いまわす・・昔からこういう知恵があったんですね~
お庭は広くて、綺麗に手入れされていました。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/11/23(水) 09:05:31 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

鎌ちゃん

Welcome (^∇^)ゞ
見た目は質素でしたが、住んでいた人の品格が滲み出た屋敷でした。
お庭は、この倍以上ある立派なものでした。
ここの山車は、高山の山車に負けないほど立派でした。
荒馬に子供たちが乗って走り回る姿を、見てみたいです。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/11/23(水) 09:21:45 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR