すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

奥の細道88 村上

岩船神社
大化4年(648)、朝廷の命を受けた阿部比羅夫(アベノヒラフ)が 
越・信濃の民を選び、蝦夷に対する最前線基地 「磐舟柵」を築いたという
「岩船」地区の歴史は古く「磐舟柵」が築かれる前すでに
石の小祠が祀られていたという。柵が作られて1300年を経て、
今なお住民に篤く信仰される石船神社の原初の形である。
63042.jpg

鳥居脇にある花咲きて七日鶴見る麓かなの芭蕉句碑
63060.jpg

本  殿
63039.jpg
63041.jpg

磐舟柵跡の石碑
63043.jpg

文月や六日も常の夜には似ずの芭蕉句碑
63044.jpg

岩船港につながる川と最明寺
63046.jpg
岩船神社・・村上市岩船三日市9-20
スポンサーサイト
  1. 2011/11/26(土) 21:23:23|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:10
<<写真講座    | ホーム | 奥の細道87   村上>>

コメント

こんばんは

こんばんは。
岩舟神社ですか。
ここも村上市なんですね。
凄く古そうですね。
日本海に面したところのようですね。
  1. 2011/11/26(土) 23:50:54 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

おはようございます

村上の記事が続きますね。
見所満載の地、行ってみたくなります。

阿部比羅夫が築いた最前線基地 「磐舟柵」、1300年も経ているのですか。
古き由緒の磐舟神社、みるからに、その歴史を感じさせますね。
「花咲きて七日鶴見る麓かな」
「文月や六日も常の夜には似ず」
芭蕉が、この地に寄せた思いが伝わってきます。
俳句の勉強になりますね。
  1. 2011/11/27(日) 05:22:00 |
  2. URL |
  3. 鎌ちゃん #/x0jLE/2
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
ここは、その昔、縄文人との戦いの
最前線だったのですね・・
素朴な神社です。芭蕉の句碑もしみじみ
としますね。
  1. 2011/11/27(日) 17:12:06 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

自転車親父さま

Welcome (^∇^)ゞ
岩船神社の歴史は古く、偉いお坊さんが開基したのではなく
地元の人たちで石の小祠が祀られていたという
民の信仰という気がしました。
ここは日本海、瀬波付近だと思います。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/11/27(日) 19:17:08 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

鎌ちゃん

Welcome (^∇^)ゞ
大化改新の後に磐舟柵が造られて1300年・・・
その前から地元の人たちに崇められ、慕われてきた岩船神社
綺麗に手入れされ、静寂の中で時が流れてきたようです。
行く先々で芭蕉は、素直にありのままを詠んでいるように思います。
誰にでも詠めそうで、(-_-;ウーン 詠めない。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
俳句って、難しいですね。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/11/27(日) 19:36:44 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

枯雑草さま

Welcome (^∇^)ゞ
枯雑草さんは、本当に歴史に詳しいですね。
この辺りは古い謂れがある地のようですね。
芭蕉の句は誰もが感じる、しみじみとした句ですね。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/11/27(日) 21:25:05 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

岩舟

結構残る地名ではないですか?
古代人好みなのでしょうか・・
  1. 2011/11/27(日) 22:43:09 |
  2. URL |
  3. ふくやぎ #.Z7RojJA
  4. [ 編集 ]

おはようございます

すたさんおはようございます。

岩船、懐かしい言葉ですね。私は前にも書きましたが、この地区は良く知っています。

この地区を新潟県岩船郡と云いますね。
やはり芭蕉の句が多いですね。
12月1日はまたご旅行ですね。お気をつけて行ってらっしゃい。
  1. 2011/11/28(月) 09:33:24 |
  2. URL |
  3. ken #0uLC0/Kw
  4. [ 編集 ]

ふくやぎ様

Welcome (^∇^)ゞ
岩舟、岩船、磐舟、どれもイワフネ・・日本の地名は難しいですね。
よく分かりませんが、縄文後期から出羽内陸経由で太平洋沿岸まで伝播し、
土器作製手法は最上川を遡り街道沿いに 伝えられている
と伝えられているんですって・・・???
とにかく歴史的に記録があるんでしょうね・・・・
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。「
  1. 2011/11/28(月) 21:38:23 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

Ken 様

Welcome (^∇^)ゞ
明日から奥の細道の最終・・・永平寺~大垣まで辿ってきます。
約二年間、よく頑張ったと思います。
一日のオフ会、みなさんに宜しくお伝えください。
Kenさん、自転車親父さん、ハナさん、のんのんさん、みなさんにお会いしたかったです(ウルウル)
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/11/28(月) 21:44:18 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR