すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

奥の細道98   旧北国海道・市振   

海道の松
昔の北陸道は、この海道の松から海岸に下りて、
西からの旅人は、いよいよ寄せ来る波に怯えながら
「天下の険・親不知子不知(オヤシラズコシラズ)」を東へ越え
西へ上る旅人は10km余の波間を命がけで掻い潜り、
海道の松にたどり着いて、ようやくホッとし市振の宿に入っていった。
宿の東入口にそびえるこの老松は、明治16年(1883)
崖の中腹に「如砥如矢(トノゴトクヤノゴトシ)」国道が出来、
大正元年(1912)に汽車が走るまで、その目印にされていた。
103165.jpg

103162.jpg
103163.jpg
103158.jpg

マウスオン2枚です 
<


103167.jpg
103156.jpg

長円寺にある芭蕉の句碑
マウスオン2枚です 
<
スポンサーサイト
  1. 2012/01/30(月) 11:25:12|
  2. 奥の細道
  3. | コメント:5
<<奥の細道99   射水 | ホーム | 奥の細道97   上越>>

コメント

芭蕉の宿

こんにちは。
奥の細道で芭蕉が泊った宿。
詠った句も、それにかかわる句や歌も
それぞれにおもしろいですね・・
  1. 2012/01/30(月) 18:45:37 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

とても立派なエノキの木ですね。
関所はなくなっても・・・今も歴史を伝えているのですね。
  1. 2012/01/30(月) 19:57:43 |
  2. URL |
  3. ケラ #JejGGrH6
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
市振は行ったことがあるんですよ。
ここから電車に乗りました。
と言うのは白馬岳からずっと日本海まで縦走したんですよ。
当時は道があまり明瞭では無かったです。
踏み跡に近い縦走路でしたね。
最後は日本海に出て市振の駅まで国道を歩きました。
とても懐かしい場所です。
  1. 2012/01/30(月) 22:22:03 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

月が見事だったのでしょう。。

風情を感じますね~
今の冬月は寒くて張りつめていますが。。。
  1. 2012/01/30(月) 23:05:02 |
  2. URL |
  3. ふくやぎ #AZV.4I.E
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

枯雑草さま
私は「一つ家に 遊女も・・・」の句よりも
翌日、道連れを断って・・あと 「かわいそうだったかな~」って案じた、その方に気がいきました。
色々想像できて楽しいです。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


ケラ 様
はい! 往年の建物が残っている事は難しいですが
宿場町には、昔に思いを馳せるものがありますので、楽しく旅が出来ます。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
白馬岳から日本海まで歩いて縦走とはすごいですね~
私達は、バスで行って、要所要所を歩くだけですから・・・
全部歩くなんて出来ませんo( _ _ )o
でも日本海側は、景色が素晴しい所が多いですね~
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


ふくやぎ様
「・・・萩と月」
空は澄み渡り、さぞ美しいお月様だったんだろうと思います。
寒いほど月や星は綺麗に見えるんでしょう?
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2012/01/31(火) 09:53:58 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR