すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

五箇山

五箇山
富山県の南西端にある南砺市の旧平村、旧上平村、旧利賀村を合わせた地域を指す。
赤尾谷、上梨谷、下梨谷、小谷、利賀谷の五つの谷からなるので
五箇谷間となり、五箇山となった。
平家の落人が住み着いたと伝えられている。
1183年、富山県と石川県の県境にある倶利伽羅峠で、木曾義仲(源義仲)と
平維盛(平清盛の孫)が戦った(倶利伽羅峠の戦い)
この時、義仲は火牛の戦法で平家に大勝した。
その残党が五箇山へ落人として逃げ隠れたとされる。
1213123.jpg

121315.jpg

121314.jpg
五箇山の建物の特徴は、三角の屋根の方が出入口
121312.jpg

村上家
マウスオン2枚です 
<


江戸時代には、加賀藩の流刑地とされ、加賀騒動の大槻伝蔵もこの地へ流された。
流刑地である五箇山には当地を流れる庄川に橋を掛けることが許されず、
住民はブドウのつるで作った大綱を張り、籠をそれに取り付けて
籠渡しとして行き来した(現在でも残っており、人の代わりに人形が川を越える)
マウスオン2枚です 
<

マウスオン2枚です 
<



1213122.jpg


雪に埋もれた白山神社の鳥居
一の鳥居は雪が積もり、二の鳥居はテントで覆われていた。

マウスオン・クリック、3枚です 
<

五箇山の合掌造りの屋根は茅葺である。
茅葺とは、イネ科の葦(あし、よし)、ススキ、チガヤ、
カヤツリグサ科のスゲなどの草で葺いたものを指すが、
五箇山の茅葺はコガヤ(チガヤ)を材料とする。
現在はチガヤの採取量が全ての合掌造りに必要な分を満たせず、
重要文化財や世界遺産を除く合掌造りは大茅(ススキ)で
屋根が葺かれている家屋がある。昭和30年代までは「結」、
集落の共同作業にて葺き替えを行っていたが、
現在は富山県西部森林組合(旧五箇山森林組合)が屋根の葺き替え、
茅場の管理・刈取りを行っている。

スポンサーサイト
  1. 2012/02/02(木) 19:09:48|
  2.   旅  
  3. | コメント:6
<<白川郷 | ホーム | 奥の細道100    倶利伽羅峠>>

コメント

どっぷりと雪景色!
茅葺き屋根と雪景色は画になりますね~
2枚目の写真、とても良い感じですね。
  1. 2012/02/02(木) 21:49:21 |
  2. URL |
  3. サクラびより #U8EhS8Vs
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
ずっと以前ですが。
訪れたことがあります。
もうすっかり忘れていました。
平家の落人の部落だったんですね。
  1. 2012/02/02(木) 22:40:45 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

茅葺の家

白川が有名ですが富山にもあるんですね。
ここが流刑小屋とは知りませんでした。

現在は有形民俗文化財として後世に伝えていくのでしょうね。
ただ現在も住まわれてるようですが、雪深いので大変なのではないでしょうか。

一度訪れて見たいと思いました。
  1. 2012/02/03(金) 09:22:22 |
  2. URL |
  3. えったん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
ここは流刑地なのですね。
それにしては随分立派な家がある・・
ちょっと不思議な感じもしますね。
  1. 2012/02/03(金) 17:41:21 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

五箇山

すたさま、こんにちは。。
五箇山・・・去年、2月に撮影でいきましたよ。
見覚えがある景色がたくさんあって、とっても懐かしいです。
今年の冬行かれたのですか?
ゆらはライトアップされたところを撮影する目的でいきましたので、暗い中での景色しか覚えていなくて・・・
でも、2~4枚目の写真は記憶にありますよ。
雪深い中で、人々が実際に暮らしている・・・
この文化遺産を守るために、住民の方々がとても苦労されているのを目の当たりに見てきました。
いつまでもこの素晴らしい遺産を受け継いでいってほしいですね。
  1. 2012/02/03(金) 17:45:22 |
  2. URL |
  3. ゆら #-
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

サクラびより様
憧れの合掌造りの雪景色でした。
観光客が多いので、歩く道は除雪がしてあって
滑ることもなく、しっかり楽しめました。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
私も随分昔、5月に五箇山に行った事がありますが
雪景色のせいもあるのか、殆ど記憶がありませんでした。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


えったん
合掌造りが有名なので、その歴史まで気が回らなかったです。
ブログをやっていなかったら、今回も見学して歩いて終ったと思います。
流刑された人たちは、小さな小屋の中で灯りもなく
勿論、暖もなく、過酷だったでしょうね~
村のあちこちで屋根の雪下ろしや、雪かきをしていましたが
次から次へと雪が降ってきて、大変な作業ですよね~
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


枯雑草さま
もともとは、平家の落人たちが住み着いたという事なので
殆どが大きな家でした。
長男だけしか結婚できず、他の兄妹たちは結婚できないで
一軒の家に同居して、みんなで片寄せあって暮らしたんだそうです。
今は、どうなんだろう?
若者は、他所に出て行っちゃうんだろうか?
聞くのを忘れちゃいましたm(*- -*)m
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


ゆら 様
1月の末に行って来ました。
いいな~ ライトアップを見たかったです。
観光ツアーと撮影ツアーの違いでしょうか
観光ツアーは、色々な所は行けますが
時間に追われてじっくりと撮影が出来ません(ノд-。)クスン
茅葺屋根の材料の調達が難しいうえに、張り替えられる人が
年々少なくなって、維持するのが大変みたいですね~
なんとか頑張ってほしいです。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2012/02/04(土) 12:45:44 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (183)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (13)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (18)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR