すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

大江戸街歩き   品川宿

品川寺
東海道五十三次の一番目の宿場となり「旅人の町」として栄えて来た品川。
古い歴史を持つこの町で、大同年間(806~810)に開創された。
この寺の大梵鐘は、1657年に鋳造された1トンもある大きなものだが
幕末の動乱に乗じて海外に持ち出され、慶応年間にパリ万博などで姿を
現わした後、行方不明になっていたが、スイスのジュネーブで見つかり
昭和5年にジュネーブ市から返還された洋行帰りの梵鐘として有名。
山  門
honnsennzi.jpg
本  堂
honnsen.jpg
洋行帰りの梵鐘
honnsenbon.jpg
江戸六地蔵の一つ
宝永5年(1708)に造られた銅造露座の仏像で江戸六地蔵の第一番。
現存する江戸六地蔵像のうち唯一頭上に傘を載せていない。
honrokuzizou.jpg
幹周り5.35m・樹高25m・樹齢600年のイチョウ
honsenziituxyou.jpg

金生(かのう)七福神 
20110124-022334-95778100.gif
品川寺・・品川区南品川3-5-17


スポンサーサイト
  1. 2011/01/27(木) 10:06:56|
  2. 東  京
  3. | コメント:16
<<大江戸街歩き   品川宿 | ホーム | 大江戸街歩き   品川宿  >>

コメント

今晩は

品川寺の大梵鐘、数奇な運命を辿ったのですね。
どうして、こんなことになったのでしょう。
ともあれ、戻ってよかったですね。
「洋行帰りの梵鐘」とくと拝見しました。

傘を載せていない地蔵さん、そういえば、珍しいお姿ですね。
笠をかぶせてあげなければ、この寒空お寒いことでしょうね。
・・・・・「笠地蔵」のお話です(笑)

  1. 2011/01/27(木) 17:49:07 |
  2. URL |
  3. 鎌ちゃん #/x0jLE/2
  4. [ 編集 ]

鎌ちゃん

Welcome (^∇^)ゞ
どうして鐘を??と不思議なんですが、新宿の正受院の鐘も
アメリカに持ち去られて、昭和37年に返還されています。
江戸六地蔵はみんな傘をかぶっておいでなので
お顔が見えにくいのですが、このお地蔵様は、傘をかぶせてあげる人がいなかったのか。。
お陰で、はっきりお顔が見られて良かったです。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2011/01/27(木) 19:51:42 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
品川寺がでてきましたね。
ここは品川寺と書いて「ホンセンジ」と読むんですよ。
京急の車窓から大仏が見えますよね。
今度お会いした時にいろいろお話しますね。
ここには書けない様な事もいろいろ知っていますから。(笑)
  1. 2011/01/27(木) 22:41:11 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

No title

樹齢600年のイチョウはとても立派ですね!
ご神木になるのでしょうか?
隣のビルと高さが一緒なのですね!!
  1. 2011/01/27(木) 23:05:06 |
  2. URL |
  3. サクラびより #U8EhS8Vs
  4. [ 編集 ]

自転車親父さま

Welcome (^∇^)ゞ
(゚∇゚ ;)エッ! 本当に・・・
楽しみです(ノ*゚▽゚)ノ わあ~~
早くオフ会をして下さい。その時に是非聞きたいです。
忘れないうちにね(=´ー`)ノ ヨロシク
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/01/28(金) 09:12:42 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

サクラびより様

Welcome (^∇^)ゞ
今は、周りにビルが沢山建ってしまいましたが
昔は、かなり遠くからでも見えたそうですよ(* ̄。 ̄*)
樹齢何百年という大きなは気になって、ついつい写してしまいます。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/01/28(金) 09:16:09 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは。
品川寺、行ったことありませんが、古い寺なのですね。
大同年間の開山と伝える寺、実に多いのです。なかには・・
伝説もあるでしょうね。
地蔵菩薩の座像も珍しい。立派ですね。
七福神があるところ、いかにも庶民の寺という感じで、いいですね。
  1. 2011/01/28(金) 17:40:42 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

こんばんは

すたさんこんばんは。
私は品川は良く知っていますが品川寺は初めてです。
この寺の梵鐘がスイスのジュネーブで見つかり
無事日本に帰ってきたのですか。
凄い歴史があるのですね。

すたさん良く調べていますね。感心します。
  1. 2011/01/28(金) 19:00:33 |
  2. URL |
  3. ken #0uLC0/Kw
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは~~♪♪
 
 梵鐘が、無事に日本に帰って来て良かったですね。。
 樹齢600年のイチョウとは、お見事だわw~~。。 
 秋の、紅葉の頃には見事でしょうね。。
 機会が、有れば見たいですね。。

 今日も、素敵なお写真と説明有難う御座いました。^^) 
  1. 2011/01/28(金) 19:58:45 |
  2. URL |
  3. みっちゃん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

いつも貴重な史跡を紹介して頂き ありがとうございます
テンプレートの件ですが 自分で作るのはとても難しいと思います
私もしたことがありません
私が FC2のテンプレートの中から 幅の広いものを選んであります
名前を 以下に書きますので 検索してプレビューで確認し
もし気に入ったものがありましたら お使いください

公式テンプレートでは black
共有テンプレートでは clock moonlight3 random-plant 
  1. 2011/01/28(金) 20:12:15 |
  2. URL |
  3. 北斗 #-
  4. [ 編集 ]

品川宿

すたさん おはようございます
洋行帰りの梵鐘 品川寺に戻ってよかったですね
ゆっくり見させて頂きました。

樹齢600年のイチョウ 見事です!!
七福神のスライドショー楽しいです
ご利益がありそうですね。

やっとコメントが送信できました
今迄良く分かりませんでした。
  1. 2011/01/29(土) 07:49:07 |
  2. URL |
  3. kei #-
  4. [ 編集 ]

枯雑草さま

Welcome (^∇^)ゞ
このお地蔵様は江戸六地蔵の一つで大きくて高い所にあるんですよ。
六地蔵と言っても今は五つしかないようですが・・・
金生(かのう)七福神は、このお寺の梵鐘を囲むように
七体、みんなあるんです。何箇所も歩かなくてすむのね。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/01/29(土) 09:35:20 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

ken様

Welcome (^∇^)ゞ
新宿の正受院の鐘も 、アメリカに持ち去られて、昭和37年に返還されていますが
この鐘は慶応年間にパリ万博などで・・・
そんな昔になんで?それもスイス??とっても疑問ですが
取りあえず戻って来た事を喜びましょう。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/01/29(土) 09:42:37 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

みっちゃん

Welcome (^∇^)ゞ
こんなにおおきな梵鐘をどうやって運んだのか?
売られたのか?盗まれたのか?買い戻したのか?
興味はつきません・・
このイチョウは、600年経っても、意気揚々と聳え立っていますよ。
紅葉の頃に是非言って見たいです。
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/01/29(土) 09:48:12 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

北斗さま

Welcome (^∇^)ゞ
テンプレートのご紹介、ありがとうございました(o_ _)o))
早速、変えました。これで大きな写真がUp出来ると思います。
お訪ねいただいて、ご指導をありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/01/29(土) 09:52:50 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

kei 様

Welcome (^∇^)ゞ
気に入ったテンプレートがあったと思ったら
幅が狭かったり、コメント欄がどこにあるのか分からなかったり(ノд-。)クスン
訪ねていただく皆さんに、ご迷惑をおかけしていますm(_ _)m
幅の広いテンプレートが欲しくて、また変えてしまいました。
コメント欄は下になりましたのでヨロシクオネガイシマス(ツ _ _)ツ))
お訪ねいただいて、コメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2011/01/29(土) 10:00:23 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR