すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

奥の細道・番外編 ⑥   大津

幻住庵
「奥の細道」の旅の翌年の、元禄3年(1690)4月から4ヶ月の間
芭蕉は近江の門人・曲水の勧めによって、この庵に滞在した。
ここでの生活の様子や、それまで辿ってきた芭蕉の俳諧道への
心境などを述べたのが「幻住庵記」であり、
「奥の細道」と並ぶ俳文の傑作とされている。

幻住庵に至る「せせらぎの道」              とくとくの泉
1243016.jpg 1243017.jpg

マウスオン2枚です 
<

1243025.jpg

幻住庵内部、織部燈籠、幻住庵からの眺め
<<<<<





Sakuraさんのソースをお借りしました


1243027.jpg
所在地・・大津市国分2丁目
スポンサーサイト
  1. 2013/01/23(水) 19:30:21|
  2. 奥の細道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<奥の細道・番外編 ⑦   大津 | ホーム | スカイツリー>>

コメント

こんばんは

幻住庵内部、织部灯笼、幻住庵からの眺め
面白い表現方法ですね。
拍手喝采!パチパチパチ!
  1. 2013/01/23(水) 20:19:22 |
  2. URL |
  3. いどきち #7m7FfJcE
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
幻住庵というのですか。
知りませんでした。
四ヶ月の間滞在したんですね。
  1. 2013/01/23(水) 21:28:31 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

こんにちは

 こうしてみると庵も結構贅沢だなと思います。
現代感覚で捉えるからでしょうか。
ゆったりした空間、溢れる自然、湧水の音がするような。
芭蕉が羨ましくなりました。こういう場所で4ヶ月も生活できるその境地が。
ガサツ者のnoratanは2日で頭を下げて失礼します。
  1. 2013/01/24(木) 16:53:34 |
  2. URL |
  3. noratan #e.OvduMk
  4. [ 編集 ]

幻住庵記というのが、あるんですか・・
全く知りませんでした。庵も立派ですね。
こうして見ると、芭蕉って随分満ち足りた
生活してたのだなー・・という気がします。
  1. 2013/01/24(木) 17:39:50 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

5枚連続写真 すごいテクニックですね
作り方 わかりません
  1. 2013/01/24(木) 21:00:26 |
  2. URL |
  3. ★元気ばば★ #UwJ9cKX2
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

いどきち様
面白いでしょう?
後でソースを送っておきます。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
ここは、門人・菅沼曲水の別荘で、近津尾神社境内にあり
芭蕉は当時の印象を「いとど神さび」と表現したそうですが
今もその趣が残っています。
ここで旅の疲れを癒したのでしょうね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


noratanさま
ここは元々は、門人・菅沼曲水の叔父さんの別荘だったそうなので
当時としては贅沢な造りなのかも・・
この頃になると芭蕉は、句会によばれ、審査を頼まれたり
人まみれで疲れ果てて、それを見かねた曲水が招いたのではないかと思います。
だから、こんな山里で一人暮らせたのではないでしょうか?
芭蕉はここで自炊していたんですよ。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


枯雑草さま
芭蕉は決して裕福ではなかったように思います。
深川の芭蕉庵にいた時には、色々な人が食べ物を持ってきたようだし
奥の細道にも全財産をはたいて、帰らない覚悟で旅だったようですから・・
ただ門人や周りの人が良かったんでしょうね~
この庵も、無明庵もそして行く先々でも
殆ど、人の招待ですから・・・
まあ、それにしても恵まれていましたよね~
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


元気ばばさま
私は、ばばさまのブログには感心しています。
字体を変え、大きさを変え、もちろん文才がある。
料理はうまい・・旅上手・・完璧です。
どうしたらこんなに素晴らしいブログが出来るんだろう~
と思います。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2013/01/25(金) 09:49:14 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/310-b8d59f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (176)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR