すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

山陽道⑫

平忠度腕塚
平清盛の末弟で、文武ともに優れ、源平一の谷合戦(1184)では
大将だった平忠度が、戦いに敗れ駒ヶ林へ落ちのびていたところ
源氏の武士・岡部六弥太忠澄と組み合いになった。
そこに忠澄の供の者が駆けつけ、忠度の右腕を切り落としたという。
忠度は静かに念仏して打たれ、そのエビラ(矢を入れて背に背負う道具)には
行きくれて 木の下かげを宿とせば 花やこよひの 主ならまし
という歌が書かれた紙片が結ばれていたという。
この腕塚は忠度の切落された腕を埋めた所と伝えられ
腕・腰・足の痛みがなおると人々から信仰されている。
マウスオン2枚です 
<


q126304.jpg
q126305.jpg


平忠度首塚
q126306.jpg
q126307.jpg
q126308.jpg
q126309.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/07/07(土) 10:15:12|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<山陽道⑬   神戸 | ホーム | 山陽道⑪   兵庫>>

コメント

こんばんは

こんばんは。
清盛の末弟ですか。
腕を切り落とされたんですね。
古い史跡なんですね。
  1. 2012/07/07(土) 21:41:28 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

首塚は、住居が密集した路地の一角に・・
胴塚は、普通の町の中に自然にありました。
町の人たちは大切に守り、信仰の対象にしています。
歴史はこういう近隣の方々の思いの中にあるんですね~
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2012/07/08(日) 08:30:43 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!
 山陽道も、大分進んできましたね。
 旅も、このように記録しておきますと、あとで振り返れば、良い思い出になりますね。

 平忠度腕塚は、沢山の人々の信仰が有るのですね。
 
 今日も、有難うございました。^^)
  1. 2012/07/09(月) 16:18:29 |
  2. URL |
  3. みっちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/375-31d5961b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (184)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (13)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (18)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR