すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

大江戸街歩    道玄坂

道玄坂
渋谷駅ハチ公口前から目黒方面へ向かう上り坂
坂名は、この坂に出没して山賊野盗のふるまいをしたという
和田義盛の残党、大和田太郎道玄に因むとも
道玄庵という庵があった事に由来するともいわれる。
道玄坂

坂を少し上って左折した所に東京新詩社跡がある。
与謝野鉄幹は明治34年(1901)麹町から渋谷に移り住み
晶子と結婚した。東京新詩社の機関誌『明星』を12号から発行し、
晶子も歌集『みだれ髪』を刊行した。
詩歌革新を目指して盛んに文学活動を行ったが、
明治37年に千駄ヶ谷に移るまでに、
この近くに2度住まいを変えている。
千駄ヶ谷に移り住んでから、東京新詩社は最盛期を迎え、
晶子も歌集『恋衣』や『夢の華』などを刊行したが、
新詩社の機関誌『明星』が100号で廃刊される事態となり、
明治42年に神田駿河台に移った。
東京新詩社跡

道玄坂6

坂を上った左手に三つの碑がある。
道玄坂1
与謝野晶子歌碑
マウスオン2枚です 
<

道玄坂道供養碑
渋谷氏が北条氏綱に亡ぼされた時(1525)その一族の
大和田太郎道玄が、この坂の傍に道玄庵を造って住んだ。
それでこの坂を道玄坂というといわれている。
江戸時代ここを通る青山街道は神奈川県の人と物を江戸に運ぶ
大切な道だった。
明治になり品川鉄道(山手線)ができると渋谷附近は開けだした。
近くに住んだ芥川龍之介・柳田國男がここを通って通学した。
坂下に新詩社ができたり、林芙美子が夜店を出した思いでもある。

スポンサーサイト
  1. 2012/10/22(月) 11:38:45|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<大江戸街歩き   円山町 | ホーム | 大江戸街歩き   渋谷>>

コメント

こんばんは

ただぼーっと歩いていたのではだめですね。
過去の歴史をひもといてみれば、この辺りは
文士がよく歩いた場所なんですね。
  1. 2012/10/22(月) 20:10:20 |
  2. URL |
  3. いどきち #7m7FfJcE
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
私の勤め先がまさに道玄坂でした。
でも歌碑は見たことなかったですね。(笑)
興味がなかったです。
  1. 2012/10/22(月) 23:11:46 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

いどきち様
私は渋谷育ちで、道玄坂は何百回も通っています。
東京新詩社跡の斜め前に、お気に入りのあんみつ屋さんがあって
どれほど通ったか分からないのに、この碑も
道玄坂の由来も、碑も知りませんでした。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
私も同じです。
このツアーに参加する少し前にも、ここを通ったんですが
道玄坂の碑に気がつきませんでした。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2012/10/23(火) 08:49:36 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/424-e29d9bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (178)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (17)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR