すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

奥の細道47   仙台・多賀城

陸奥国分寺跡
8世紀の中頃、鎮護国家を祈るため聖武天皇は国ごとに
国分寺を造ることを命じた。陸奥国分寺国分尼寺は、
最も北にある寺となった。伊達政宗が整備した薬師堂、
仁王門が残っており、芭蕉や大淀三千風の句碑・石仏がある。
<
仁王門
< < < < <
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

RIMG0214.jpgRIMG0213.jpg
陸奥国分寺跡・・仙台市若林区木ノ下2丁目8-28

多賀城碑
多賀城を修造したときの記念碑といわれており、
碑身は高さ約1.86m、幅約1m、厚さ約50cmの砂岩である
碑文の前半には、主な土地から多賀城までの距離が、
後半には多賀城が神亀元年(724)大野朝臣東人によって創建されたこと、
天平宝字6年(762)藤原恵美朝臣によって改修されたことが彫り込まれている。
この碑は「壷碑(ツボノイシブミ)とも呼ばれ、江戸時代初めの発見以降、
歌枕として広く世に知られていた。
芭蕉も旅の途中にこの碑を訪れ「奥の細道」には
深く感動したことが記されている。
群馬の多胡碑、栃木の那須国造碑と共に 日本三古碑の一つ。
tagamina.jpg
narazidaisiro.jpg
マウスオン・クリック、3枚です 
<
多賀城碑覆堂
ta.jpg
多賀城碑・・多賀城市市川字田屋場
今回はコメント欄を閉じさせていただきます。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/13(日) 12:49:53|
  2. 奥の細道

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (183)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (13)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (18)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR