すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

大江戸街歩き   駒場   

駒場野公園
この一帯は、かつて人の背ほどもある笹が一面に生え、
ところどころに松林がしげる広い原野で、駒場野と呼ばれていた。
明治になると、農業の近代化を図るため、
この広い原野を利用して駒場農学校が開校し、
近代農業の総合的教育・研究の場となった。
明治14年、この農学校にドイツ人ケルネル氏が
農芸化学の教師として着任し、
土壌や肥料の研究を行って大きな成果をあげた。
園内にある水田はこの実験を行った場所で、
農学発祥の地「ケルネル田んぼ」と呼ばれ、
稲作は筑波大学付属駒場中・高校の生徒によって
今でも行われている。
駒場農学校はその後、東京農林学校、東京帝国大学、
農科大学等を経て、東京教育大学農学部となり、
昭和53年に筑波へ移転した。
その移転跡地に造成されたのが駒場野公園。
駒場野1

駒場野2

駒場野3

駒場野4
所在地・・目黒区駒場 2-19-70                          

駒場駅


旧前田公爵邸
明治17年、華族令発布により前田家は侯爵の爵位を授与されて、
百万石大名の威信を保ったが、隣接して建てられた
東京帝国大学の敷地拡張のため、
本郷の地は、駒場の東京帝国大学農学部実習地4万坪と
交換され、加賀百万石大名の子孫の屋敷が、
目黒は駒場の地に出現した。
昭和4年から5年にかけて、前田家16代当主・前田利為侯爵は、
駒場の約1万坪の敷地に、地上3階地下1階建の洋館と、
これを渡り廊下で結んだ2階建て純日本風の和館とを
相次いで竣工させた。松・欅・公孫樹・白樫などが茂る
駒場野の林をそのまま生かした奥庭や芝生の広場。
使用人が100人以上いたという前田侯爵邸は、
当時東洋一の大邸宅と人々の目を見張らせたものだった。
戦後、昭和20年9月に連合軍により接収され、
昭和32年返された。
その後、東京都が建物と土地を買収し
東京都近代文学博物館、そして駒場公園と変わっていった。
前田邸3

前田邸4

前田邸2
所在地・・目黒区駒場 4-3-55 

スポンサーサイト
  1. 2012/12/10(月) 11:35:33|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<日の出桟橋~浅草へ | ホーム | 大江戸街歩き   代沢>>

コメント

こんばんは

こんばんは。
うっすらとした記憶ですけど。
井の頭線の端に小さな田んぼがあったような?
電車の中から見えましたよ。
  1. 2012/12/10(月) 21:58:38 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

駒場と言えば、何となく権威の象徴みたいな・・
いい印象はねーですが、その昔はこんな原野
だったのですか・・
  1. 2012/12/11(火) 10:05:10 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

駒場野公園

 駒場野公園、記憶しました。
是非、行ってみたいです。
明治維新は徐々に改革をしていったのですね。
大名はそれなりに旧体制の権益をある程度残していたのだろうことは、想像していました。
興味津々です。
  1. 2012/12/11(火) 11:20:17 |
  2. URL |
  3. noratan #e.OvduMk
  4. [ 編集 ]

こんばんは

昔、兄の受験で、合格発表の結果を見に
駒場にきました。もう、すかり公園になって
いるんですね。
  1. 2012/12/11(火) 20:24:17 |
  2. URL |
  3. いどきち #7m7FfJcE
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

自転車親父さま
浜田山、久我山と井の頭線沿線に長く住んでいましたが
駒場野公園は知りませんでした。
自然を大切にした公園です。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


枯雑草さま
駒場といえば=東大=頭がいい・・が私のイメージです。
ここも明治維新以降の影響が大きい土地なんですね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


noratan 様
明治維新の時に、期に乗じてのし上がった下級武士・・
また爵位を与えられて権威をふるった大名・・
さまざまな物語がありますね。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


いどきち様
お兄様は、東大?
素晴しいですね。
私は、公園を通りぬけ、東大の門をくぐるだけです【笑】
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2012/12/13(木) 16:29:45 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/474-5bb4b2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (169)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR