すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

山陰道   太田市

雅楽「ヤマタノオロチ」
ヤマタノオロチ(八岐大蛇、八俣遠呂智、八俣遠呂知)は
日本神話に登場する伝説の生物。
高天原を追放された須佐之男命は、
出雲国の肥河の上流の鳥髪に降り立った。
箸が流れてきた川を上ると、
美しい娘を間に老夫婦が泣いていた。
その夫婦は大山津見神の子の足名椎命と手名椎命であり、
娘は櫛名田比売(クシナダヒメ)といった。
夫婦には娘が8人いたが、年に一度、高志から
八俣遠呂智という8つの頭と8本の尾を持った
巨大な怪物がやって来て娘を食べてしまう。
今年も八俣遠呂智の来る時期が近付いたため、
最後に残った末娘の櫛名田比売も食べられてしまうと泣いていた。
須佐之男命は、櫛名田比売との結婚を条件に、
八俣遠呂智退治を請け負った。
まず、須佐之男命は櫛名田比売を櫛に変えてしまい、
自分の髪に挿した。
足名椎命と手名椎命に7回絞った強い酒(八塩折之酒)を醸し、
8つの門を作り、それぞれに酒を満たした酒桶を置くようにいった。
準備をして待っていると八俣遠呂智がやって来て、
8つの頭をそれぞれの酒桶に突っ込んで酒を飲み出した。
八俣遠呂智が酔って寝てしまうと、須佐之男命は十拳剣で切り刻んだ。
この時、尾を切ると剣の刃が欠け、その後尾の中から出てきた
草那芸之大刀(クサナギノタチ)を、天照御大神に献上した。
八俣遠呂智を退治した須佐之男命は、
櫛に変えた櫛名田比売を元の姿に戻し、
彼女と暮らす場所を求めて出雲の根之堅洲国の須賀の地へ行き、
そこで[八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を)と詠んだ。
22枚です。早めにクリックして下さい
<<
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
登り窯  (笹屋窯)
やき1

やき2

やき3


やき4

やき5
所在地・・島根県大田市温泉津町松山
スポンサーサイト
  1. 2013/06/19(水) 13:32:51|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<山陰道   世界遺産 石見銀山 | ホーム | 山陽道   世界遺産 石見銀山>>

コメント

ヤマタノオロチ

 丁寧な説明、痛み入りました。
22枚大急ぎでクリックしました。
はじめてみましたよ!

 温泉津には思い出があります。
20代の頃、ドライブで友人と山陰路を北上していました。
温泉津で夕方になり、鄙びた無名の温泉が近くにないか、路傍の小川で洗いものをしている老婆をみつけ、車を停めてたずねました。
「それなら美又温泉がいいじゃろう。まっすぐ行って最初の十字路を左に行けばすぐじゃ」
 しかし、行けども行けどもそれらしき所に行き当たりません。。
狐に騙されたのじゃないかと不安を感じながら1時間以上も走った頃、山中に一軒の粗末なバラック立ての旅館を見つけました。ここが美又温泉でした。
既に、8時近くになっていました。
  1. 2013/06/19(水) 14:44:10 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
登り窯が見事ですね。
こんなの見たこと無いです。
もっと小さいのを見ただけですね。
  1. 2013/06/19(水) 21:44:25 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

こんいちは~

こんにちは~(*^^)v
舞も見られたんですね~神楽の中で
私の一番のお気入り(^^♪ヤマタノオロチ・・・
凄い迫力です!すたさん、本当に地域のことを
確り見られてますね!凄い!!!
登り窯・・・私も数年前に窯開きの時に行きましたよ!焼き物は好きだけどお値段が~~~~
  1. 2013/06/20(木) 11:27:23 |
  2. URL |
  3. daiku56 #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
私もそういう経験が何回かあります。
地方の人の「すぐそこ」は、都会の人にとっては
かなり遠いし、説明が不十分なので、分からない事が多いです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
大きいですよね~
こんな大きな窯は、初めて見ました。
売っている器は、そんなに大きくはなかったです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


daiku56 さま
旅館に来てもらえるというので、別料金でお願いしました。
(みんなで割り勘でした)
地域の人達の舞と思っていましたら
凄~い・・・迫力満点でした。
次の日に、出雲大社でやっていたのですが
負けず劣らず・・・近くで見た分、こちらの方が迫力がありました。
高い物は買えないので、記念に小さい花瓶を買いました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2013/06/20(木) 18:58:37 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/617-36a9a6b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (278)
  旅   (167)
街道巡り (349)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (15)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR