すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

大江戸街歩き   千代田区九段   

二合半坂
名前の由来は、日光山が半分見えるから。
では日光山が半分見えるとなぜ二合半なのか?
それは、富士山は麓から頂上までを十合目と数える。
富士山と比べると日光山は半分の高さしかなく(五合)
この坂からその半分が見えるから二合半坂だそうだ。
勿論、今は見えない・・・
二合半坂

硯友社跡
硯友社跡1
今は「和洋九段女子中学校高等学校」
硯友社跡2
所在地・・九段北 1-12

冬青木坂 (モチノキザカ)
檎(モチ)の木坂とも書く。
冬青木坂1 冬青木坂2

滝沢馬琴旧居跡・井戸の跡
「南総里見八犬伝」の作者として知られる馬琴は
寛政5年(1793)から30年、この地に住んでいた。
全106冊を上「南総里見八犬伝」を書き上げるまでに
28年という膨大な時間を費やしたそうだ。
滝沢馬琴
所在地・・九段北 1-5-5

築土神社
天慶3年(940)6月、藤原秀郷らの手で討たれ
京都にさらされた平将門公の首を首桶に納め密かに持ち去り、
これを観音堂に祀って津久戸明神としたのが始まり、
江戸城築城後の文明10年(1478)太田道灌が
江戸城の乾(北西)に社殿を造営。
太田家の守護神、そして江戸城の鎮守神として厚く崇敬された。
平将門の首(頭蓋骨や髪の毛)が
かつてはこの社内に安置されていたといわれ、
多くの将門所縁の社寺の中で将門信仰の象徴的神社となっていた。
明治になって天津彦火邇々杵尊が主祭神となった。
将門の首を納めたという首桶、将門の肖像画(束帯姿)
木造の束帯坐像等が社宝として伝わっていたが、
昭和20年4月、戦災により社殿とともに全て焼失した。
平成6年に地上8階地下1階の「アイレックスビル」を建立。
アイレックスとは「モチの木」という意味
築土1
築土2
築土3
築土4

マウスオンして下さい。

築土8 築土9

末社 世継稲荷
2代将軍徳川秀忠がこの地を巡覧した時、
神木の橙(ダイダイ)が「代々」と同音だった事から
代々世を継ぎ栄える宮と称賛し、世継稲荷と呼ばれるようになった。
14代将軍家茂の正妻 ・和宮が子宝を願い参詣するなど、
子宝や後継者を願う人々に親しまれている。
マウスオン2枚です
<
所在地・・九段北 1-14-21


スポンサーサイト
  1. 2013/07/24(水) 08:23:11|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<大江戸街歩き   千代田区九段 | ホーム | 大江戸街歩き   千代田区富士見>>

コメント

おはようございます

 平将門。硯友社、太田道灌ーーーどれも教科書からの記憶です。
小説のひとつなど読んでおけばよかった。

 すたさん、久し振りの狛犬登場ですね。
ところで、沖縄には稲荷神社はありません。
稲荷神社とは商売の神様くらいに思っていましたが違うようですね。
  1. 2013/07/24(水) 10:26:12 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

滝沢馬琴の硯の井戸は私も見に行きました。
ビルの中の入口付近に井戸がありました。
わかりづらい場所でした。
  1. 2013/07/24(水) 20:45:06 |
  2. URL |
  3. いどきち #7m7FfJcE
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
二合半には驚きましたね。
解説が良く分かりました。
なるほどねって感じです。
東京は意外と坂が多いですね。
  1. 2013/07/24(水) 21:44:23 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

おはようございます

2合半坂とはおもしろい名前ですね
日光山が半分みえたのですか
滝沢馬琴が済んでたとこですね
硯の井戸とはいい名前ですね
  1. 2013/07/26(金) 06:23:08 |
  2. URL |
  3. たなちゃん #c7SWrKlU
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
平将門や太田道灌は、数えきれないほどの伝説がありますね。
沖縄には狛犬やきつねはないかもしれないけど
シーサーがありますね。
狛犬と似てる~ いわれも同じなのかな~
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


いどきち様
大江戸街歩きツアーだったのでビルのなかには入りませんでした。
残念です。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
富士山が見えるから富士見坂、日光山が半分見えるから二合目半・・よく考えたと思います。
静岡や栃木の山々が見えたという事は
東京は高台だったのでしょうか?
ならば山坂が多いのも納得です。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


たなちゃん
東京には沢山の坂がありますが
名前の付け方も安易なものから由緒あるものまで
中々面白いです。
先日、山陰道で、里見八犬伝のモデルだろうといわれる
里見家の八賢士の墓所に行ってきました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2013/07/26(金) 10:31:51 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/647-8aec4d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (293)
  旅   (182)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (13)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (18)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR