すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

山陰道・出雲神話の世界

須我神社
須佐之男命は八岐大蛇を退治した後、
稲田比売命と結ばれ、二人で宮を建てる場所を
さがしもとめて、出雲の国の各地をめぐった。
ある場所に来たときに、「私はここに来て、
清々しくなり、気持ちが良くなった」 と
須佐之男が言ったので、宮を作り住むことにした。
今はその地を須我という。
宮ができると不思議なことに、その地から雲が立ち上り、
それを見た須佐之男は、「八雲立つ 出雲八重垣 
妻ごみに八重垣作る その八重垣を」という歌を詠んだ。
これが日本初の宮殿ということで日本初之宮と呼ばれ、
この時に須佐之男命が詠んだ歌が日本初の和歌ということで、
和歌発祥の地とされている。
マウスオン2枚です 
<

須我3

須我4

須我7 須我8

マウスオン2枚です 
<
所在地・・島根県雲南市大東町須賀 260 

やくもたつ いずもやえがき
つまごみに やえがきつくる そのやえがきを

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を

古事記では
夜久毛多都 伊豆毛夜幣賀岐
都麻碁微爾 夜幣賀岐都久流 曾能夜幣賀岐袁

日本書記では
夜句茂多菟 伊弩毛夜覇餓岐
菟磨語昧爾 夜覇餓枳都倶盧 贈廼夜覇餓岐廻

スポンサーサイト
  1. 2013/09/05(木) 09:16:59|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<山陰道・出雲神話 | ホーム | 山陰道・出雲神話の世界>>

コメント

こんにちは

 八雲立つ・・・・・はここですか。
神社に立つ大木はひのきでしょうか、それとも、杉?
随分、年輪を重ねているようですね。
狛犬も社が建立された時代のものでしょうね。

 漢字だけのこの歌、万葉仮名と言うのですか。
表意文字を表音文字に読み替えたのも驚きですが、これを翻訳?した人たちも凄いですね。
  1. 2013/09/05(木) 12:22:45 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
和歌の発祥の地ですか。
そんなのがあるんですね。
驚きました。
  1. 2013/09/05(木) 19:46:22 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
この大木は杉だったと思います。
日本の言葉は難しいですね。
読みが同じでも漢字が違う・・・
須我神社も須賀神社だったり
特に古代のは分からないです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
日本初の宮殿に日本初の和歌、私もびっくりしました。
昔の人は色々な事を考えたのですね~
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2013/09/07(土) 08:29:07 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

すたさんのブログを読んでいると、大いに勉強になりますね。
和歌発祥の地などという所があるのですかね。
驚きました。
  1. 2013/09/07(土) 09:15:23 |
  2. URL |
  3. ken #0uLC0/Kw
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

Ken 様
私もびっくりしました。
○○○発祥の地って、言いますが
まさか和歌まであるとはね~
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2013/09/07(土) 15:35:34 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/653-266e12ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR