すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

山陰道・出雲神話の世界


イザナキが黄泉の国から帰ってきて、
汚れたところを川で洗い流した時に沢山の神が生まれた。
左の目から生まれた神が天照大神。
右の目から生まれたのが月読命。
鼻から生まれたのが須佐之男命。
イザナキは「天照大神は高天原を治め、
月読命(ツクヨミノミコト)は海の潮流を治め、
素戔嗚尊は天下を治めるように命令した。
須佐之男命はそれを断り、母神伊邪那美のいる
根之堅洲国に行きたいと願い、
伊邪那岐の怒りをかって追放される。
そこで須佐之男命は根の国へ向う前に
姉の天照大神に別れの挨拶をしようと高天原へ上るが、
天照大神は彼が高天原に攻め入って来たのでは
と考えて武装して応対し、須佐之男命は疑いを解くために誓約を行う。
誓約によって潔白が証明された須佐之男命は高天原に滞在するが、
そこで粗暴な行為をしたので、天照大神は天の岩屋に隠れてしまった。
そのため、世界に闇がおとずれ、色々な災いが起こったために、
須佐之男命は高天原を追放された。
高天原から追い払われた須佐之男命は、
出雲の国の肥の河の畔の鳥髪に降り立った。
一休みして、斐伊川に目をらると箸が流れてきたので、
斐伊川

八岐大蛇公園
箸拾いの碑
箸ひろいの碑

この上流に人が住んでいるにちがいないと、
人を探しに上流へ上って行った。
しばらく行くと、おじいさんとおばあさんが娘を囲んで泣いていた。
「お前たち、なぜそんなに泣いているのだ」と訊ねると、
「私には八人の娘がいましたが、毎年八俣遠呂智(ヤマタノオロチ)に
食べられてしまい、今年又やってくる時期なので
泣いているのです」と答えた。
「その八俣遠呂智はどんな姿をしているのだ」
「オロチは赤い大きな目をして、一つの胴体に、八つの頭、
八つの尾があり、その体には苔ばかりか、
杉や檜まで生えていて長さは八つの谷を渡り
八つの山を越えるほどで、その腹はいつも血がにじんで、
爛れています」 それを聞いた須佐之男命は
「娘と結婚させてくれ。私がオロチを退治してやろう」
「失礼ですがまだ、お名前も知りません」
「私は天照大神の弟で、須佐之男命という者だ」
「おそれ多いことです。ぜひ、娘と結婚してください」
須佐之男命は櫛名田比売(クシナダヒメ)の姿を
歯の多い櫛に変えて髪に挿し、八俣遠呂智を退治する。
そして八俣遠呂智の尾から出てきた天叢雲剣を
天照御大神に献上した。
この剣が三種の神器の一つ、草薙剣といわれている。
マウスオン・クリック、3枚です 
<
所在地・・島根県雲南市木次町新市

八俣遠呂智が住んでいたという天が淵
マウスオン2枚です 
<


スポンサーサイト
  1. 2013/09/03(火) 09:17:29|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5
<<山陰道・出雲神話の世界 | ホーム | 山陰道・出雲神話>>

コメント

高天ヶ原と出雲が繋がっている

 益々、神話に興味が湧いてきます。
日本書紀か古事記で読むのでしょうか。
早々に、本屋に行ってみましょう。
このように翻訳?された本がるといいですが。

 今、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読み直しています。
3度目ですが、ほとんど記憶にありません。
最終巻ですから読み終わったら本屋に行ってみます。

 すたさんの鏡姿がみたくてクリックしましたが、画像が拡大されても余り大きくなりません。
どうしたらいいでしょう?
  1. 2013/09/03(火) 15:41:43 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

神話

こんにちは。
神話の国、出雲ですねー
興味はつきませんねー
でも、この神話の国ほんとは何処に
あったのでしょう・・それが問題ですね。
  1. 2013/09/03(火) 15:46:52 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
ヤマタノオロチが住んでいた淵ですか。
そんなのがあるんですね。
驚きました!
  1. 2013/09/03(火) 21:47:18 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
私は小学生用の古事記を読みましたので
内容はかなり割愛してあります。
大人用の古事記を読んだ方が面白いと思います。
鏡姿は見えなくて正解です。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


枯雑草さま
神話は読み始めてから最後まで?・?・?ありえない事ばかりです。
おとぎ話だと思っても、(+o+) 理解できない (-"-;)
それなのに読んでしまうのはなぜでしょう?
黄泉国と根堅州国、これだって?
黄泉国は二度と帰れない死の世界で、根堅州国は生まれては死に・・を
繰り返す再生の世界でしょう?
イザナギが鼻を洗った時に生まれた、須佐の男の母親がなんでイザナミ?
なんてぶつぶつ言いながら読みました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
天が淵も、黄泉比良坂も神話に合わせて
後に造られたものだと思っています。
ととろの森があるように・・・
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2013/09/04(水) 14:05:35 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

神話ロマン人

島根県の安来は古事記では根之堅洲国というところでスサノオの活躍地ですね。正確には十神島根之堅洲国となりますが長いので古事記では省略されています。この省略された、十神島というのは出雲国風土記では砥神島という陸繋島であったであろう現在の安来市の十神山です。この島は安来市のシンボルと見いわれ、きれいな円錐形をした小山ですが、古代の人たちにの崇敬した島だったらしいです。この十神というのはイザナギ・イザナミ以前の神々を指し、両神を含めその後の神代の時代と分けて神世と表現されます。この神世七代の十柱の神々が宿る神聖な島だったのだと言われています。ここは、中海という湾岸にあり、例えば淡島と古事記に見える島と認識しうる粟島が対岸の鳥取県米子市にもあり、ここがオノゴロ(淤能碁呂)島と考えると、近くに国生みの神、イザナミの神陵地、比婆山もあることから合理的なのではと思われます。
  1. 2014/02/23(日) 14:58:16 |
  2. URL |
  3. 枚岡 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/654-60111d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/04 08:53)

雲南市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/09/04(水) 08:53:44 |
  2. ケノーベル エージェント

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (278)
  旅   (167)
街道巡り (349)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (15)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR