すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

山陰道・出雲神話の世界


天と地が初めてあらわれた時、
大地は水に浮かんでいる油のように、
クラゲのようにふわふわと漂っていた。
高天原の神たちは、伊邪那岐命(イザナキノミコト)と
伊邪那美命(イザナミノミコト)という男女の神に命じた。
「この漂っている国を固めて仕上げなさい」
イザナキとイザナミは、天の浮き橋に立って、
天の沼矛を大地にさし下し、「こおろ、こおろ」 と
かき鳴らして引き上げると矛の先からしたたり落ちた塩が
積もりに積もってオノゴロ島となった。
この島に降り立ったイザナキとイザナミは
沢山の子どもを作ったが、イザナミは燃えさかる火の神を
生んだため大火傷をして死んでしまった。
イザナキは妻のイザナミをひと目見ようと思い、
黄泉の国まで追いかけて行った。
そして、イザナミが黄泉の国の御殿で出むかえた時に、
心をこめて言った。「愛しい妻よ。
私とおまえが作ろうとしている国はまだできていない。
だから、この世の国に帰ってくれ」
しかし、イザナミは、「あなたが早くいらっしゃらなくて残念です。
私は、黄泉の国で作った食べ物を口にしてしまったので、
もう帰れません。でも、愛しい夫よ。貴方が来てくださったので、
黄泉の国の神と相談しましょう。
その間、けっして私を見ないでください。
と言って、黄泉の国の御殿の中に入った。
その間がたいへん長くて、イザナキは待っていられなくなり、
髪の左のみづらにさしていた櫛の歯を一本折って火を点し
御殿の中に入り、イザナミの姿を見てしまった。
なんと、イザナミの体にはうじ虫がたかって「ころころ」とうごめいていて
頭、胸、腹などには雷神がいるではないか。
イザナキは恐れおののき、黄泉の国から逃げ帰ろうとしたが、
イザナミは、「よくも私に恥をかかせたな」 と言って、
ヨモツシコメに後を追わせた。
イザナキが逃げながら黒つる草の髪かざりを投げると、
地面に落ちてやまぶどうの木が生えた。
シコメがやまぶどうの実を拾って食べている間にイザナキは逃げた。
しかし、また追いかけてくるので、
イザナキが右のみづらにさしていた竹の櫛の歯を折って投げると、
今度は筍が生え、シコメがそれを抜いて食べている間に
イザナキはまた逃げた。
そこで、イザナミは、自分の体にいた雷神達に
千五百の軍勢をつけて追いかけさせた。
イザナキは、剣を抜いて体の後で振りながら逃げたが、
まだ追いかけて来る。
イザナキが、黄泉比良坂の麓に来た時に、
そこに生えていた桃の木から実を三つ取り、
待ちかまえて投げつけたところ、雷神達は黄泉の国に戻って行った。
とうとう、イザナミ自身が追いかけて来た。
イザナキは、千人で引くほどの重い大きな岩で、
黄泉比良坂をふさぎ、その岩を間に置いて向かい合って立った。
イザナミは、言った 「愛しい夫よ。あなたがこんな事をするのなら、
貴方の国の人を一日千人、殺してやる」
イザナキが答えた「愛しい妻よ。おまえが千人殺すなら、
私は、一日に千五百の産屋を建てよう」
こういう訳で、一日に必ず千人死に、
千五百人が生まれるようになったと伝えられている。

黄泉比良坂
黄泉比良坂1

黄泉比良坂2

黄泉比良坂5
黄泉比良坂3
黄泉の国とこの世をふさいだという千引岩
黄泉比良坂4
所在地・・島根県八束郡東出雲町揖屋
スポンサーサイト
  1. 2013/08/30(金) 09:45:47|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<山陰道・出雲神話 | ホーム | 山陰道・倉吉市>>

コメント

神話

 判りやすくて面白かったですよ。
そう云えば、出雲の国は「神話の国」とかそういう言われ方をしていたような気がします。
  1. 2013/08/30(金) 16:51:43 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
こう言うところがあるのですね。
出雲の国が起源と言うことですかね。
時間が出来たらその辺り調べると面白そうですね。
  1. 2013/08/30(金) 20:38:44 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
古事記や日本書紀は難しくて読めないので
小学生用の古事記を読んだのですが
アメノミナカヌシノカミ?タカミムススノカミ? 名前がカタカナなので???
頭がこんがらがっちゃいました。
正しいかどうかわかりませんが、短く要約して
こんな事が書いてあったと思います。
ありえない事ばかりで、信じられないって言ったら
友達は、物語だから・・っていうけど
そののちに、神武天皇から今の天皇に続いているっていうでしょう?
やっぱり理解できません。
と言いながら記事を書く私です。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
出雲の国を神話の里だと言います。
神が天から降りてきて国を造ったというから
この地方が日本の中心だったのでしょうか?
こういう所は神話(物語)を基に造られたのでしょうね。
山陽地方は、明治維新に深く関わりがあり
山陰地方は、神話の世界・・・とても面白いです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2013/08/31(土) 10:08:49 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

、出雲は「神話」の里ですね。
よこよく聞いてみると、だんだんそのような気分になってきます。漫画にしたら、もっとおもしろいかも。

  1. 2013/08/31(土) 19:30:01 |
  2. URL |
  3. いどきち #7m7FfJcE
  4. [ 編集 ]

神話の国

すらさんおはようございます。
出雲の国の神話、楽しく読ませていただきました。
出雲の国には神話が多くあるのでしょうね。
ずいぶんと長い旅行ですね。
おつかれさん。
  1. 2013/09/01(日) 07:06:52 |
  2. URL |
  3. ken #0uLC0/Kw
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

いどきち様
古事記は難しいと思って敬遠していましたが
小学生用のを読んだら分かりやすくて
が、かなり端折ってあるので大筋だけです。
正式な古事記を読んだ方が良いのでしょうが・・・
イザナキとイザナミは神なのでしょうに
痴話げんか? なんかガッカリです。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


Ken 様
出雲神話、もう少し続きます。
良かったら又、いらしてください。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。

  1. 2013/09/01(日) 17:12:16 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/655-63da778b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (292)
  旅   (178)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (17)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR