すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

山陰道・松江市

松江城 (千鳥城)
慶長12年(1607)松江開府の祖・堀尾吉晴が
5年の歳月をかけて完成した。
以来、堀尾氏三代、京極氏の治政を経て
寛永15年(1638)からは松平氏が城主となり
その間一度も戦乱に巻き込まれることもなく
明治維新を迎えた、山陰地方唯一
全国に現存する12の天守閣の一つ。
最上階は望楼式で、下見板張りの壁や
狭間、石落しなどがあり、桃山風の壮重雄大な姿である。

マウスオン2枚です 
<

井戸
地階(穴蔵の間)は、籠城用生活物資の貯蔵倉庫で
中央には、深さ24メートルの井戸があり
北方の池の底とほぼ同底で常時飲料水が得られた。
松江城6

石落とし
2階の四隅と東・西・北壁にある幅広い穴が石落としで、
石垣に近づく敵に石を落とすようになっている。
外部からは発見しにくいように構造物を利用している。
松江城7

桐の階段
板の厚さ約10cm、階段の幅1.6mで、
階段を引き上げたり、防火防腐のために桐を使った
他の城では見られない特殊なもの。
松江城9

寄木柱
柱は、肥え松の一本の柱の外側に板を揃えて寄せ合わせ、
これを金輪で締めて太い柱が作られている。
この寄木柱の方が普通の柱より力学的に強く吉晴の苦心の作。
松江城14

天守閣からの眺め
クリック・4枚です。
<<堀川が見える
non_nonさんのブログの小技からお借りしました。

二の丸にある松江神社
堀尾吉晴(松江開府の祖)松平直政(松平初代藩主)
松平治郷(第七代藩主)徳川家康という、
かつての松江代表+日本代表の面々をを祀った神社
松江神社1

松江神社2

松江神社3 松江神社4
所在地・・松江市殿町


堀川めぐり
15枚です。クリックして下さい
<<内堀から舟に乗って
 non_nonさんのブログの小技からお借りしました。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/17(土) 09:43:18|
  2. 街道巡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<山陰道・松江市 | ホーム | 山陰道・松江市>>

コメント

 出雲、松江は総称して出雲地方って言うのでしょうか。
それとも、松江は別の呼び方があるのでしょうか。
天守閣が12も現存しているとは驚きました。

 最後は狛犬ですよね?
ワニのような、蛙のような顔にみえますが・・・。

 もう一度よくよくみると尻尾で、右は顔が欠けているのでしょうか?
  1. 2013/08/17(土) 16:01:57 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
寄木の柱には驚きましたね。
現代が雅のこの柱が多くなってます。
針などはけっこうこれが多いですよ。
集成材と呼んでいます。
現代では接着の技術が進みましたから丈夫ですよ。
金の輪で締めていたのですね。
  1. 2013/08/17(土) 22:05:20 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

そうそう!

松江城は、遠くからチラっと見たことが有ります。
そのころはカメラに興味が無かったもので(ポリポリ)
  1. 2013/08/17(土) 22:22:49 |
  2. URL |
  3. ふくやぎ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

気が付きませんでした

すたさん、こんばんは^(*^^)v
寄木柱・・・強度があるんですねぇ・・・
なるほど、そこまで観ていませんでした。
階段はかなり急だったですよね?
松江城は好きなお城です!

堀川遊覧は、寒い時期に乗りました。
こたつがありましたよ~
  1. 2013/08/18(日) 20:47:18 |
  2. URL |
  3. daiku56 #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
私もよくは分からないんですが
松江は、たぶん出雲地方には入らないのではないでしょうか?
この狛犬、片方は頭がないんです。
???で載せちゃいました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


自転車親父さま
天守閣の柱に寄木が用いられているのは、あまりないと思います。
この柱は、松の一本柱の外側に張付けられているので
今の集成材とは違うのでしょうが、よく考え付いたと感心します。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


ふくやぎ様
私もブログを始めるまでは、さらっと見ていただけで
写真も撮りませんでした。
随分色々な所に行ったのに残念です。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


daiku56 さま
炬燵に入って舟めぐり・・粋ですね~
いいな~~~
女性の船頭さんもいるみたいで
もう少し・・・いや、20年早く知っていたら私も船頭
やってみたかった・・・と友達みんなが。。。
もちろん私も、一丁前に言いました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2013/08/19(月) 20:24:53 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/666-1f7c2426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (282)
  旅   (177)
街道巡り (352)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (16)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR