すたのピンコロ日記

旅をして、美味しいものを食べて、毎日を楽しく!

大江戸街歩き 赤坂   

赤坂見附跡
赤坂見附3
赤坂見附2

諏訪坂
もと諏訪氏の邸宅あったからだという。
また、別の名を達磨坂ともいわれているが、
旧宮邸が紀州藩であり、その表門の柱にダルマににた木目が
あったため達磨門とよばれ、その門前を達磨門前、
坂の名も達磨坂と呼んだそうだ。
諏訪坂1

清水谷

清水谷公園
明治23年3月に開園。
辺り一帯は、江戸時代の紀伊家、井伊家の屋敷境にあり 、
この境が谷であったことと、 紀伊家屋敷内に霊水(清水)が
湧き出ていたことから 清水谷と呼ばれていた。
開園当時は自然の地形を残した背景と、
藤、桜など四季折々の風情があり花見の時期は賑わった。
現在でも大都会東京の中心部にある緑豊かな貴重なオアシス。
マウスオン2枚です 
<

清水谷6
清水谷5
所在地・・千代田区紀尾井町2-1

弁慶橋
江戸城外堀の弁慶堀にかかる橋。
掘割工事を請負った弁慶小左衛門の名に由来する。
堀の対岸は、彦根藩井伊家の屋敷跡地で、
橋を挟んでホテルニューオータニと
赤坂プリンスホテルが建っている。
マウスオンして下さい。

弁慶橋2
                          
スポンサーサイト
  1. 2013/11/06(水) 09:16:24|
  2. 東  京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<大江戸街歩き   赤坂 | ホーム | 山陰道・京都>>

コメント

こんばんは

こんばんは。
いやいや大江戸になりましたね。
楽しみですね。
私も今日は無縁坂を撮ってみました。
坂って写真撮るの難しいですね。
  1. 2013/11/06(水) 19:14:50 |
  2. URL |
  3. 自転車親父 #ZnvuYEkc
  4. [ 編集 ]

こんばんは

東京都水道歴史館(本郷2丁目)にも江戸の水道
を見ることができたと思います。
年末は、すごいきれいなカレンダーをくれますよ。
  1. 2013/11/06(水) 21:45:21 |
  2. URL |
  3. いどきち #7m7FfJcE
  4. [ 編集 ]

懐かしい

こんにちは。
この辺、仕事でも散歩でも・・
よく行ったところです。
懐かしい・・
  1. 2013/11/07(木) 07:32:43 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

自転車親父さま
赤坂見附の界隈を歩きました。
今回は坂が多いですが、昔の坂の面影は中々見られません。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。   


いどきち様
今のように機械や電動工具がない時代に
こんなに大きな石をノミで削るのも運ぶのも
すべて人力・・ただただ頭が下がります。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


枯雑草さま
赤様見附の周辺は年々変わっていきますが
かすかに江戸の面影が残っている所もありました。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2013/11/07(木) 09:20:01 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

お帰りなさい

 漸く、山陰路の旅は終わりましたか。
ありがとうございました。たくさんの事を学びました。
裏日本と呼んでいた時代の後遺症があったのでしょう、日本全土を鳥瞰しても、山陰には歴史の一翼を担っているという感がありませんでした。

 江戸幕府は精力的にインフラをやっていたのですね。
参勤交代をさせるには制度だけでは無理だったのでしょうか。
土木工事は大名に押し付けたのでしょうが、それでもすごいと感じました。

 これからも、記事を楽しみにしています。
  1. 2013/11/07(木) 14:05:22 |
  2. URL |
  3. noratan #m8YbUcX2
  4. [ 編集 ]

弁慶さん

実際にいた人物が関わった橋、弁慶さんっていたのですね !
やっぱりあやかったのでしょうかね~
  1. 2013/11/07(木) 22:37:09 |
  2. URL |
  3. ふくやぎ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

Welcome (^∇^)ゞ

noratanさま
山陰道はやっと京都に入ったところです。
園部、篠山、朝来、福知山を経て京都市内でゴールです。
徳川幕府が300年近く続いたのは、江戸の町づくりに力をいれ
参勤交代をはじめ、地方の整備も 大名の財力で成し
大名に財力を持たせなかったこともあると思います。
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。


ふくやぎ様
そうかもしれませんね。
義経を支えた武蔵坊弁慶に憬れていたのかも・・・
お訪ね頂いて嬉しいコメントをありがとう♪(#^ー゚)vございます。
  1. 2013/11/08(金) 09:48:13 |
  2. URL |
  3. すた #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taishi445.blog136.fc2.com/tb.php/704-2e801370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

すた

Author:すた
毎日笑って、楽しく過ごしたい!

カレンダー


カテゴリ

東  京 (278)
  旅   (167)
街道巡り (350)
大江戸街歩き (82)
奥の細道 (149)
ウォーク (12)
鎌  倉 (21)
横  浜 (8)
東北の旅 (60)
  花 (15)
加  工 (1)
その他 (10)
未分類 (8)
動物・鳥 (1)

電力使用状況&電気予報

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR